関ジャム 完全燃SHOW【初の東京事変特集で「変ジャム」?King Gnuも初登場!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

関ジャム 完全燃SHOW【初の東京事変特集で「変ジャム」?King Gnuも初登場!】[字]

初の東京事変特集で番組が「変ジャム」に!?東京事変の魅力を語るゲストとして、King Gnu常田大希&勢喜遊が初登場!ゲス・ちゃんMARI、本間も迎え、東京事変を紐解きます!

◇番組内容
初の東京事変特集!と思いきや…「関ジャム」ならぬ「変ジャム」!?今回は東京事変メンバーそっくり?の方々が、東京事変の裏側を解説!そして、東京事変の魅力を語るゲストとして、King Gnu常田大希・勢喜遊が番組初登場!ゲスの極み乙女。ちゃんMARI、音楽P本間昭光も迎え、東京事変を紐解いていきます!初の「東京事変特集」はカオスな展開に!?
◇出演者
関ジャニ∞
支配人:古田新太
アーティストゲスト:東京事変、本間昭光、常田大希(King Gnu)、勢喜遊(King Gnu)、ちゃんMARI(ゲスの極み乙女。)
トークゲスト:高橋茂雄(サバンナ)
◇おしらせ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

☆番組Twitter
 https://twitter.com/kanjam_tvasahi

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – 音楽バラエティ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 村上
  2. 高橋
  3. 常田
  4. 椎名
  5. 大倉
  6. 丸山
  7. 一同
  8. 亀田
  9. 伊澤
  10. 東京事変
  11. ベース
  12. 安田
  13. Gnu
  14. King
  15. MARI
  16. キーボード
  17. ギター
  18. バンド
  19. 椎名林檎
  20. 事変

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



♬~

いつものように
『関ジャム』スタート!

…かと思いきや。

「変ジャム」!
(2人)「森羅万SHOW」!

(拍手)
(丸山)こんばんは!

(横山)こんばんは!
(村上)こんばんは…。

(大倉)なんか変やぞ。
(椎名)本日は 皆さん

お集まりいただき
ありがとうございます。

通常ですと この時間
ご覧のチャンネルでは

関ジャニ∞の皆さんによる
至高の音楽番組

『関ジャム 完全燃SHOW』の
お時間ではありますが

本日は
「変ジャム 森羅万SHOW」を

届けて…。

走り出し むちゃくちゃちゃうか?
これ。

すみません。 お届けいたします。
(古田)大丈夫かな?

今夜は
『関ジャム』ならぬ「変ジャム」と題し

東京事変を特集!

スタジオには
東京事変メンバーに

よく似た方々から

まさかの初登場
King Gnuの2人に

普段とは反対側の席で
ポツンとたたずむ丸山など…。

まずは メインテーマである
東京事変を軽くご紹介。

♬~「演技をしているんだ」

2004年 『群青日和』で

センセーショナルなデビューを
果たした東京事変は…。

♬~「待ってよダイナマイター」

そもそも 椎名林檎が
自らメンバーを探し

結成したグループで
そのメンバーが…。

♬~(ベース)

(高橋)うわー!
(大倉)格好いい!

(丸山)かっけえな!
(高橋)うわー!

ピアノ キーボード 伊澤一葉。

♬~

メンバー5人の
センスとテクニックを融合させ

生まれた楽曲は

♬~「女の子は誰でも」

♬~「魔法使いに向いている」

♬~「さようなら」

そして 昨年の再生を経て…。

今月には
10年ぶりとなる新作アルバム

『音楽』をリリース。

今夜は 豪華メンバーで

(拍手)
(高橋)おおー!

(横山)すげえ格好いい。
(大倉)すげえ!

(古田)あっ…!
こんな振られ方するんや。

そうですよ。
(古田)そうですね…。

あの… 東京事変
椎名林檎さんの大ファンなので。

本当ですか?
(古田)はい! もう ずっと…

ずっと聴いてます。
今日は 非常に なんか あの…。

(村上)そうですね。 ちょっと
アミューズメントパーク感が

ありますからね 今日は。

では 早速 こちらの方々が
何者なのか自己紹介。

「変ジャム」のMCを担当します

(高橋)伊澤甘王?
(丸山)甘王?

今回の司会を務めるのは

事変のキーボード
伊澤一葉の又従兄弟の

ジャーナリストだそうで…。

まあ なんか…。

絶対 言うたらアカンで
「設定」って。

(村上)早い事 ガワ 破りましたね。

「変ジャム」の
アシスタントを務めます

よろしくお願いいたします。
(安田)てく乃? てく乃なの?

あの椎名林檎の従姉妹で
アナウンサーという てく乃さん。

てく乃さん…?
(伊澤)てく乃さんですね。

あっ てく乃さんなんですね。

全然答えてくれへん。

そして 関ジャニ側に座っている
こちらの3人は…。

ベース 亀田誠治の弟で
会社役員の亀田誠三さん。

ギター 浮雲の双子の兄
エンジニアの闇雲さん。

ドラム 刄田綴色の
縁戚にあたるという

海水魚研究家 鰰都市紀さん。

(高橋)今日 ちょっと
むちゃくちゃじゃない? これ。

(椎名)今夜 「変ジャム」にて
東京事変の魅力を

存分に語っていただく
ゲストの皆さんは こちらです。

(拍手)

まずは おなじみ
本間昭光さんです。

はい よろしくお願いいたします。
(高橋)よろしくお願いします。

(本間)これほどまでの
スーパーボーカリストが

旗を振って そして
あらゆるクリエーターを集めて作った

まあ 一大プロジェクトですよね
バンドというよりは。

こういうのって あまり今までに
例がなかったと思うんですよ。

だから 多くの人は やっぱり
ミュージシャンだけじゃなく

広く 一般から やっぱり ちょっと
尊敬の目で見られるような

身近であり 遠い存在。

なんか その
ちょっと距離感としては

King Gnuさんの
サウンドの作り方とかも

やっぱり 近い感じというのを
僕は感じてまして。

なんか そういう知的な要素
っていうのが すごく加わってる

稀有なバンドだなという風にね。

さて このお二方も
お越しくださいました。

King Gnu
常田さんと勢喜さんです。

(拍手)
(丸山)貴重だよ!

ねえ。 どういったご関係ですか?
事変の皆様とは。

メンバーさん… 刄田さんと

LINE
つながってるんですけど。

(安田)「来てしまって」?
(勢喜)僕も しゃべり

結構 苦手なんで あの… すごい
受けようか迷ってたんですけど

もう 本人から来てしまうと
しょうがない…。

(一同 笑い)
(村上)スタッフ飛び越えて。

直やったから?
(勢喜)断れない状況に。

(丸山)刄田さん…。
(村上)…ではないんですよね?

(高橋)「聞いてない」?

そういうのを送ったんですかね?
刄田…。

常田さんは どういったご関係で?

(安田)長いんですか。
(村上)えっ 連絡はどなたから?

今回は。
(常田)椎名…。

(高橋)椎名さんから?
(常田)指名されたみたいな…。

それは てく乃さんとは関係ない?
(村上)関係ない?

関係ないとは思うんですけど。
そうですね…。

(丸山)てく乃さん…。

(一同 笑い)

(村上)てく乃さん…。

♬~「今の僕には
何ができるの?」

♬~「何になれるの?
誰かのために」

では

初めてやった…
東京でやったライブを

見に来てくださって…。
(村上)林檎さんが?

(常田)そうです。
二十歳ちょっと超えたぐらいの時。

へえー!
そこからの じゃあ ご関係で?

(一同 笑い)

渋々 お見えになったんですね。
(常田)断れなかったです。

(安田)よほどやな。
(丸山)つかまっちゃったんや。

あの… King Gnuの方とは

しばらく 何年も気付かずに
ヒットを眺めていたそうです。

(横山)ええー!
(高橋)どういう事?

(椎名)一致しなくて。
(村上)同一人物とは?

うん… その時
ライブを拝見した彼と…。

ただ まあ 常田さんっていう
お名前が珍しいので

「もしや!!」と思って
こう 拡大して。

でも わからなくて。
で 友達に聞いたりして

多分
同一人物なんだなって…。

その時は King Gnuじゃ
なかったんですか?

(勢喜)そう… 当時 バンド名も
違ったんですよ。

(安田)なるほど。
(村上)じゃあ 最近なんですね

正体がわかられて…。
(常田)ここ何年かですね。

何年かですね。
ちょっと 1~2年…

そんな事ないか! 3~4年?
そんな事ないか。

(一同 笑い)

(横山)すげえな。
(常田)やりづらい。

(村上)いいな このスタイル。
(椎名)ちょっと あんまり

掘り下げてもしょうがないかなと
思いますので

次にまいりたいと思います。
続いては ゲスの極み乙女。から

ちゃんMARIさんです。
(高橋)ちゃんMARIさん。

(拍手)
(大倉)お久しぶりです。

感激です。

(一同 笑い)

(安田)ファンなんですね。
(大倉)観覧席やん。

ちゃんMARI的には
ファンなのね?

あんまり…。
(一同 笑い)

(椎名)そして
東京事変の語り部 5人目は

この方
関ジャニ∞ 丸山隆平さんです。

(高橋)なんで?
(大倉)めっちゃ緊張してる。

(高橋)えっ 丸山君は
なんで そっちなの?

なんで こっちじゃないの?
っていうか…。

そうなんです。
僕は 東京事変さんが好きで

ライブとかに何度か お邪魔させて
もらったりとかしてた

ただの本当に

(村上)林檎さんの
ご指示があったわけ?

そのスタッフさんを介して
そういう形では

聞いてはいるんですけど
俺は まだ疑ってる。

で もう 亀田さん… お兄様には
お世話になってんねやろ?

(丸山)ベーシストの方を
好きになって

そのバンドを
追い掛けるって事自体

やった事なかったんで。
このバンド格好いいなとか

ボーカル格好いいな
ではあるけど。

そこから 僕
亀田さん追い掛けて

ベースも
より好きになったっていう

きっかけになった
バンドの一つであるので。

それは 僕も あの…
知っていますよ。

うちの兄がですね

「関ジャニ∞と一緒に 僕は
つながりができてるんだ」

っつって いつも こう…。
本当ですか?

自慢ですよ もう。
うわっ! うれしいです。

(亀田)あとね 兄から
聞いたところによるとですね

よく あの… 本当に
コンサートを真正面から…

あの… 楽屋口とかじゃなくて

正面から 普通のお客さんで
丸ちゃんが…。

「丸ちゃん」っていうのは
うちの兄が言ってたんですけど。

(高橋)ちょっと待って。

(丸山)みんな メモしながら…
メモしながら。

無理 無理 無理。
(亀田)コンサート見て

あの… ねっ
そのあとに LINEで こう

夜な夜な語り合う。
(村上)感想であったり?

あの… 闇雲さんに関しては
まだ ひと言も

お話しされてないので。
(安田)そう 謎やねんな。

(闇雲)兄がですね

(一同 笑い)

必死にやってらっしゃるんですか。

東京事変さんが こう大人の余裕で
やられてるかと思いきや

結局 必死でやられてる方も…。

(一同 笑い)
(丸山)知らなかったです。

(村上)そうなんですね 変な服…。

たまに LINEで…。

(一同 笑い)

こういうのは
なかなか 聞いた事ないので。

そして このあと…。

そんな事さえも
言ったの初めてぐらいで。

今 初めて…。
(村上)えっ!?

を明かす!

すごく…。

(一同 笑い)

まず 東京事変には

他のバンドには あまりない

稀有な特徴があるという。

それが…。

♬~「切り取ってよ」

メンバー全員が
作曲家であるという事。

♬~「OSCA ALFA
手なずけ走破」

椎名林檎のみならず
全員で曲作りを行う事で

変幻自在 無限のサウンドを
生み出している。

では そんな

1人とか2人とかが

作曲できる人が いるっていうのは
ある事だと思うんですけど

もう 全員 作曲して
それを1つのアルバムで

出しちゃってるのは
すごいと思います。

(村上)これは…
てく乃さん。

これは
そういう作曲の時って…。

作曲した本人が
イニシアチブを取るっていう形を。

そこからスタートして…。

(村上)ディスカッションありますよね?
(伊澤)ディスカッションっていうか

もう 音でのディスカッション
って感じですかね。

(大倉)格好いい。
言葉いらないんだ。

だから もう
みんな すごいからやもんな。

(村上)そこで
分かり合ってっていう。

(大倉)音楽がない場合

そこが すごい民主的なんですよ。
みんな 作家さんなんで

お互いに こう
多分 リスペクトが…。

あれ 俺 設定 忘れちゃってるけど
大丈夫?

(一同 笑い)
(丸山)大丈夫です。

(村上)問題ないですよ。
今 非常に聞きやすかったよ。

(村上)入ってきました
入ってきました。

(横山)もう 皆さん
早く忘れてください。

じゃあ それに乗っかって
1つ 質問 足しますね。

いろんな方々が作るので
やっぱり その

いろんな曲が
集まるじゃないですか。

その中で
どうやって曲を選ぶんですか?

それは 曲の選考会っていうのが
ちゃんと…。

(村上)コンペみたい… 事変コンペ
みたいなのがあるわけですか?

(伊澤)そうです。
(高橋)へえー! それぞれの曲

持ち寄ってっていう事ですか?
(伊澤)そういう感じ…。

(村上)次は まあ
じゃあ これを収録しようよ

リリースに向けて。
(伊澤)そうです そうです。

(村上)なるほど。
(高橋)ええの見付けましたね。

「そういう風に聞いてます」。
使えます これ。

(村上)へえー なるほど。
(大倉)有益な情報。

あの… てく乃さん。
(椎名)はい。

林檎さんは あの…
ソロでデビューしたんだけど

事変 作るにあたって やっぱり
バンドをやりたかったんですか?

「もうちょっと勉強したかったから
組んだ」

みたいな事 言っていました。
(大倉)へえー。

そうですね…。
聞いてないかなと思ってね。

いやいやいや…。

(村上)めっちゃ圧… プレッシャー
すごい かけられるやん。

(横山)めちゃくちゃ

(大倉)ハハハハ…!
(丸山)なかなか ないな。

King Gnuの無駄遣いは
ないよ!

(丸山)ここから。 ここからですよ。
(大倉)ハハハハ…!

そんな常田の

♬~「あなたと相思相愛で居たい」

曲の展開とか あの…
まあ サウンドもそうですけど

かなりプログレッシブな事を
なされ…。

これだけの規模で
鳴らせてるバンドって

他に いないんじゃないかな
っていう…。

そういうのって こう
直接 事変の皆様に

お話しされたり…?
(常田)いやいや しないっすよ。

(村上)あら。 じゃあ 今日初めて?
(常田)はい。 事変の

このアプローチ かっけえな
みたいなのをスタジオで…。

(村上)ええー!

(高橋)っていうか
King Gnuが その…

メンバー間で
そういう話をしてるのも

なんか すごい意外な…。
(大倉)知らないですもんね

みんな。
(村上)…っていう てく乃さん

お言葉でしたけれども。
(椎名)本人たちも あの…

感激してると思います。
ありがとうございます。

(高橋)へえー。

では ここで

東京事変の語り部たちに聞いた

メンバー5人それぞれの

しびれるポイントを紹介。
まずは…。

♬~

スピッツ 平井堅 いきものがかり

GLAY back numberなど
数多くのアーティストの

プロデュース 編曲
楽曲提供を行い…。

日本レコード大賞編曲賞を
2度 受賞。

椎名のデビュー当時から
楽曲制作に携わり

椎名が「師匠」と慕う人物。

♬~

King Gnu 常田が挙げた
亀田の魅力は…。

♬~(ベース)

♬~

この 歪み。

♬~

…と絶賛。

♬~

更に 本間は 亀田の演奏する

♬~「満開
死なない噫何でも彼でも」

♬~「O.A.できない私語に惨敗」

♬~「衣類没収(START TO STRIP)
5 4 3 2 1」

更に

そして 丸山は
亀田の一音へのこだわりに触れ…。

漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する
師範 ネテロが

正拳突きを極めすぎて

音を置き去りにした
シーンを

思い出したとの事。

(大倉)何? この表現。
(安田)どういう事?

まあ 読んでない方は
あれなんですけど。

ネテロ会長っていう
ハンター協会の会長で

むちゃくちゃ強い
キャラクターなんですね。

この方が あの…
1日に1万回

正拳突きをし続けるっていう
修行をやるんですよ。

それを何年間も続けて
そののちに

音を置き去りにしたっていう
描写があるんですけど。

これは なんで
亀田さんと重なったかっていうと

ベースを何年も
ずーっと弾き続けてきて

一音一音 大事にしてきた事の
積み重ねが

そのネテロ会長の正拳突きの
一音の説得力と

こう なんか
重なったような感じがしまして。

ありがたいお言葉と そして

まあ 単純に
年の功みたいなところも…。

(村上)ご自身では?
(亀田)…あるかもしれないですね。

だんだん こう いぶし銀の部分も
出てきているのではないかなと。

♬~(ベース)

亀田独特のベースの歪みについて
常田は…。

ベースの あの… 歪みって
一番強烈に出る楽器というか。

太くね ファットに出るので。

そういう 普通のベーシストがね

なかなか… なんていうのかな?

しない事というか
躊躇するような形で

前に出る出方も
すごいセンスがいいというか。

(村上)へえー!
(大倉)そうなんだ。

あの… 本人は さほど

歪んでるという意識は
なくてですね

とても美しい…
キレイな音で弾いてると

思っていると…。

(村上)
ご本人の感覚としては。

(高橋)てく乃さんが
笑てますけども。

じゃあ
他の現場で驚かれちゃった

っていう逸話は
聞いてらっしゃらないですか?

あっ! あの…
他の現場でですね あの…。

東京事変以外の仕事で
亀田がベースを弾いた時に

ある出来事が…。

あの… 他の現場でですね

「亀田さん ベース弾いて」
っていって こう 弾きに行って。

で こう いつもどおりの
東京事変のようなサウンドで

弾いて レコーディングしたらば

弾きに行った側の
アーティストさんに

「えっ こんな
歪んじゃってるの?」。

「もうちょっと 歪み
緩めてくれない?」って言われて。

受け入れられなかったんですね。
(亀田)はい。

スタジオの向こうは
困惑してる様子…。

ぶち当たった事あります。
(村上)でも ご本人は

歪んでると思ってないと。

至ってクリアな音で
弾いてるつもりなんですけど。

絶対嘘だ。 絶対嘘ですけど。
嘘ですか?

そして 本間がポイントに挙げた

ネック掃除しているような
ベースとは…。

(村上)動きがね もう…。
(本間)動きが もう…。

(高橋)手の動きが?
(大倉)そういう事か。

やっぱり その
ベースラインっていうのは

どうしても…
そのコードにね 合ったところ

いきがちなんですけども
そうじゃなくて

もう
フレーズになってるんですよ。

で それが 本当
歌っている感覚であって。

普通 ここに… 歌がいるところに
そこにいかないだろう

みたいなところでやるけれども
そのぶつかり合いが

バンドサウンドになっているような
気がするんですよ。

だから やっぱり
ポール・マッカートニーとかも

そうですよね。
だから やっぱり 最後に

歌っちゃってるんですよね
メロディー。

だから ベースラインだけで
メロディーが すごくわかる…。

(安田)なるほど。
(亀田)あの…

椎名林檎さんのレコーディングに
兄が行った時に…。

歌ってると… 椎名林檎さんが
ボーカル入れをしてると

ベースが こう 近寄ってくると
歌に。

歌のところまで
こう 忍び寄ってきて

歌を追い越すんじゃないか?
あーん! イヤーン! みたいな。

そういう気持ちになった
という話を聞いた事が…。

てく乃さん そういったお話は
林檎さんからは?

そうですね すごく…。

(一同 笑い)
(丸山)ええー!

そうだったんですか?
(高橋)あっ そうなんですか?

その帯域の… 土地の取り合いで。
こっちにくるなっていう。

この音域は 普通

お兄さんの方…。
(高橋)ベースが。

ギターとかドラムとかの人は
どう思ってらっしゃるんですか?

まあ…。

(一同 笑い)

いや ちゃんと 事変 聴いたら
そんな事ないから!

ちょっと ちゃんと…
ご兄弟の音 聴いてください。

事変のスタイルが まあ…

このメンバーじゃないと
それは成立しないっていうのは

魅力の一つかもしれません。
(村上)ええ ええ… ならではの。

「あなた いきたい? そうしたら
私が下がります」とか。

「じゃあ 俺は さっきいったから
私 いきますよ」みたいな事とか。

でも そんな事さえも
言ったの初めてぐらいで。

(椎名)今 初めて…。
(大倉)そうなんだ!

(丸山)なんて日だ!
(椎名)一瞬 その 8小節間

軽低音だ… 誰も重低音…
低い音 弾いてないね

みたいな時間があったりするのを
まあ 話し合いはしないけど…。

(高橋)へえー!
(村上)すごい理解度!

「東京事変メンバーの
ココにシビれた」。

続いて キーボード 伊澤一葉。

♬~

the HIATUSの
キーボーディストとしても活躍。

クラシックからジャズ
ロックといった

幅広いジャンルを
ポップスに落とし込む

そのセンスは 驚異的!

鍵盤のみならず
ボーカルやギターまでこなす

マルチプレイヤー!

同じくキーボードの
ちゃんMARIいわく…。

(村上)「すごいな」

♬~

♬~

更に ちゃんMARIが
大好きだというのが

曲の途中に 度々訪れる…。

(大倉)
「スーパーイザワタイム?」

では ちゃんMARI厳選の
スーパーイザワタイムを

ご覧ください。

♬~

♬~

(大倉)「格好いい」
(安田)「格好いいね」

♬~

♬~「お互いの」

♬~「相乗効果欠陥を美点として
動かせる凸凹なんだと」

♬~(ピアノ)

(高橋)「おおー!」

♬~

♬~「大嫌いの原理も
大好きの法則さえも」

そして ちゃんMARIが
特に好きだというのが

伊澤アレンジの この曲。

♬~「現在だけの気持
いっちゃいたいのに」

♬~「ah ah」

(村上)「すごっ!」

♬~「ah」

♬~「Himitsu girls,
ah ah」

♬~

♬~「パラッパラ パラッパラ
パラッパラ」

♬~

なんか やっぱり 鍵盤奏者なので

どうしても 伊澤さんのフレーズに
耳がいってしまうんですけど。

…だったりとか。

まあ あんまり音数は
多くないと思うんですけど…。

なんか きちんと構成されてる
フレーズが多くて

素晴らしいなって思います。

♬~「何にも云いたくない」

♬~「今宵の」

ちゃんMARIが絶賛する
このアレンジ。

実は 伊澤が生み出したものとは
別のアレンジがあったそうで…。

最初の事変で もう
実演されてたじゃないですか。

アレンジが…。

(伊澤)で 私が…
私が加入の話があった時に

『秘密』という曲を
与えてもらって それで…。

まあ 僕が勝手にアレンジを
バンバン バンバン こう

5バージョンぐらい持っていって。
(高橋)へえー!

今 流れてたのが 最終…
それになってるんですけど。

最初は…。

♬~(キーボード)

♬~

(伊澤)こんな この…。
♬~(キーボード)

(伊澤)Eマイナーと…。
♬~(キーボード)

(伊澤)これが
もともとだったんですけど。

まあ もちろん
ギターでやってるんですけど。

僕は その… 歌詞もあったし
『秘密』っていう題名から

インスピレーションを受けて
こう…。

♬~(キーボード)

♬~

(椎名)コードの当て方も
違いますね。

♬~(キーボード)

♬~

ああ どうしよう。

♬~

♬~

(伊澤)みたいな感じ…。
(高橋)うわあ すげえ。

こう…。
シーンがね。

(一同 笑い)
(丸山)「疲れたな」。

(高橋)「ああ 疲れたな」や
ないんですよ。

(横山)いや こんだけ

そう思います。
(大倉)「うんうん」って。

「東京事変メンバーの
ココにシビれた」。

続いて ドラム 刄田綴色。

♬~(ドラム)

(高橋)「うわあ… すげえ」

♬~

シャープなグルーヴ感を生み出す
実力派ドラマー。

同じく ドラマーの
King Gnu 勢喜は…。

…との事。

♬~

(高橋)「うわあ でも 格好いい」

♬~(椎名)「鮮やかな色々」

♬~「あなたが笑ったり飛んだり」

♬~「大きく驚いたとき」

♬~「透き通る気持ちで」

♬~「ちゃんと応えたいのさ」

海外ドラマー的な…
なんだろう?

「2・4」のなんだろう?
こだわりみたいな。

なんか そういうのとは また
違うところに美学があるような

見え方をしてます 僕には。
あと その…

全ジャンルを すごい
取り入れると思うんですけど。

その… そのどれもを J-POPに
落とし込めるっていうのも

刄田さんの手腕によるものだなと
思います。

ええー!

逆に「聴かないようにしてた
時期がある」って

聞いておるんですけど。
(高橋)ええー!

まあ…。

ええー!
そんな方 おるんですか?

でも 「勢喜ちゃん
CDくれないよね?」

って言ってた。
すみません。

そこに着地します?
(安田)まさかの着地点。

ちゃんまつ…
ヒゲダンのドラムの子と一緒に…。

あの子は 毎回 こう
「CD聴いてください」…。

くれないんですよ。
(村上)くれへんかい。

ごめんなさい。
(鰰)なんでだろう? って…。

(勢喜)手元になくて 申し訳ない。
(鰰)でも まあ… ねえ

同じ このステージでね

頑張ってる人たちの…
人の影響を受けちゃうと

結局 その人をマネしても

その人は1人で十分じゃない?
っていうか

まあ その人が生きてる間…。

まあ 聴かない方がいいなって
思って。

いや でも…。

(高橋)そういう事なんですね。
(村上)そうですよね。

「東京事変メンバーの
ココにシビれた」。

続いて ギター 浮雲。

♬~

変幻自在のギターサウンドで
聴く者を魅了。

曲によって

♬~「忘れたら…」

同じギタリストの
King Gnu 常田は…。

…との事。

♬~

♬~「底無しで癒えない
癒えない」

♬~「嬲ろうか」

♬~「なけなしの羽振りで
羽振りで」

♬~「揺さぶろうか」

♬~「But you know her」

そして
ちゃんMARIが挙げたのは

浮雲のギターではなく 彼が

…との事。

♬~

(常田)っていうくらい…。

(常田)J-POPの曲に対する

ギターのアプローチ
っていうものに

かなり影響を与えてる人だなと
思います。

(高橋)へえー!

闇雲さん いかがですか?
天才という事ですけれども。

そんな でも…。

(村上)えっ 自分のギター
好きじゃないんですか?

(勢喜)あれだけでかい会場で
あれだけ… なんだろう?

オリジナル版と違うアプローチを

堂々と弾けるっていう
勇気っていうか。

(高橋)普通は
できないもんですか?

なかなか その規模のバンドで

やってる方
いないと思うんですよね。

では
元の音源とライブで聴き比べ。

♬~「待って」

♬~「何とも思わない振りで笑う」

♬~

♬~「突き刺す十二月と」

♬~

♬~「突き刺す十二月と」

そう 全員… そう。

全員そうなんですけど

初めて出会う事に対して
我々は 奮起するっていうか。

(椎名)新鮮じゃないと…

こちらが飽きてるって事は
お客さんも

いずれ飽きるだろう というような
感じじゃないですかね。

「東京事変メンバーの
ココにシビれた」。

続いて ボーカル 椎名林檎。

東京事変の大ファン
ちゃんMARIは

…と絶賛。

更に ちゃんMARIが
注目したのは

椎名の声色について。

…との事。

♬~「嗚呼、疑わしい無罪」

♬~「そのデバイス」

♬~「Now 一皮剥ける合図」

♬~「お呼びでない」

♬~「女の子は誰でも」

♬~「魔法使いに向いている」

♬~「言葉を介さずとも」

♬~「肌で感じているから」

♬~「未来は不知顔さ、
自分で造っていく。」

♬~「多分あなたはそう云うと」

そして 丸山は

1人の女性の
多面性。

例えるなら
ジキルとハイドを

表現するような
歌声に

シビれたとの事。

それでは
椎名の変化する声色に注目して

お聴きください。

♬~

もう 今 聴いただけでも

本当に 曲の分だけ
声色があるんじゃないか

っていうぐらいに
なんか 思うんですけど。

あの… やっぱり 曲に対して

こういう風に歌おうとかって
思われて

こういう風になるんですか?

さだまさしさんが
ああいう歌い方なのは

バイオリンを弾かれるからだ
っていうお話 ご存じですか?

♬~「精霊流しが」

♬~「幸せを」

あれ そうなんですって。
でも わかる気がするんですよね。

♬~

さだまさしの歌い方と
椎名林檎のさまざまな声色。

そこには 共通点があるという。

オケ…
鳴ってるアンサンブルの中で

いていい場所にいくっていうか。
その…。

ああ…!
(椎名)空いてる隙間の帯域を

出そうとしちゃうんじゃ
ないんですか? 瞬間的に聴いて。

ピアノのバッキングだと
ピアノっぽい声が…

トンって出したくなったり

ちょっと まとまりのある声を
出したくなったり

ギター 自分でバッキング
バーン! としてると

うわー! って
言いたくなったりとか

そういう なんか 合う…

ちゃんと 負けないようにも
しなきゃいけないし

両立させる帯域みたいな。

じゃあ その ご自身の声を
なんか 楽器の一部で

アンサンブルのようにして
組み立てていらっしゃる。

多分…。 だけど

それは すごく スポーティーに
反射神経でやってるから

あまり考えてなくて。

だからこそ さっきの
亀田さんの出入りとかが…。

こっちに来ちゃうと
戦う歌い方になっちゃうとか…。

なるほど なるほど!
つながりました でも そこは。

あの… 低いとこに…
レンジにいてくれると

もうちょっと違う歌い方も
できるんだろうけどな

みたいな事が
あったりするんじゃないですか?

♬~「次世代へ
ただ真っ当に生きろと」

更に 本間は椎名林檎を

歴史に残るボーカリストであると
評価。

女性ボーカリスト史上で

まれを見るような
天才だと思うんです。

世の中には
椎名林檎フォロワーボーカリストみたいなの

いっぱい いるんですけども
誰も追い付けない。

もう 先 行っちゃってるから
どんどん どんどん。

そういう… なんていうんですかね
やっぱり 中で

東京事変のサウンドというのが

成り立っているんだろうかとか
思いますね。

でも 本当

急に…。
(伊澤)曲を持っていって

歌入れが
返ってくるじゃないですか。

その時 自分がイメージしてた
声色とも全く違うし

必ず こう 斜め上ぐらいの完成を
持ってくるんですよね。

(村上)へえー!
(安田)すごいな。

モジモジしちゃってると思います。

常田さんなんかは どうやって
書いてらっしゃるんですか?

レディオヘッドよりはオアシス…。
(椎名)あっ そうなんですか。

林檎の常套手段っていうか
口癖みたいな…。

次週は 「変ジャム」後半戦。

正解を決めると
不正解ができてしまうから…。

更に…。

このバンドがチョイスしてる
歪みが

すごい
荒い時期の歪みというか…。

King Gnu 常田の
事変サウンド分析。

常田さんなんかは どうやって
書いてらっしゃるんですか?

レディオヘッドよりはオアシス…。
(椎名)あっ そうなんですか。

(常田)そう。 あの…
アホっぽい感じというか。

愚直な感じ。

そして 今回から
TELASA TVerで

見逃し配信 スタート!

周りのみんなにも
教えてあげよう!