ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

舞の海が中央線でぶらり旅▽飲む!チーズケーキ▽本格的!具材も豊かな鉄観音パフェ▽7種類!ラザニアの専門店▽可愛い柴犬のスマホ立て?動物にこだわった面白雑貨専門店

詳細情報
出演者
【旅人】舞の海
番組内容
舞の海が中央線でぶらり旅▽手作りチーズケーキの店のドライフルーツ入りチーズケーキ&飲む!チーズケーキ▽本格的!具材も豊かな鉄観音パフェ▽7種類!ラザニアの専門店▽可愛い柴犬のスマホ立て?動物にこだわった面白雑貨の店▽友人にサプライズメッセージ?軽くて楽しい紙の便利グッズ▽動物椅子▽次回予告!なぎら健壱が丸ノ内線でぶらり旅!絶品のどんぶり出汁茶漬け&妄想カレー▽今後旅人予定!小島奈津子などお楽しみに
音楽
【番組テーマ曲】「Lamp」sumika
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. チーズケーキ
  2. 鉄観音
  3. 椅子
  4. 面白
  5. モチーフ
  6. ラザニア
  7. 動物
  8. イチジク
  9. ショップ
  10. チー
  11. チーズ
  12. 火花
  13. 中国茶
  14. 本当
  15. アイス
  16. エコバッグ
  17. お店
  18. ゴルゴンゾーラチーズ
  19. サツマイモ
  20. ドライフルーツ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/25 19:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

<うわ~! 気持ちいい>

<街中のオアシス
って感じですね>

<あっ いた いた!>

<舞の海さ~ん
おはようございます>

(舞の海) おはようございます。
<何を見てたんですか?>

小日向さんが好きなのが
いるんですよ。

<えっ? 何?>

♪~ そっとのぞいて みてごらん

<もしかして…>

<あ~! やっぱり メダカ>

小日向さん
確か ご自分で飼ってるほど

好きなんですよね?
<そう そう!>

<眺めながら ウイスキー飲むのが
最高なんですよ>

ここ 立川の
GREEN SPRINGSにはですね

ホテルとかショップが

いろいろ立ち並んでるんですよ。
<へぇ~>

で その中心に

このビオトープがあると聞いて
やって来たんですよ。

<いや~ いい所ですね>

本当に気持ちいいですよね。

<去年 4月にオープンした
立川の複合施設 GREEN SPRINGS>

<その中心にあるのは

多摩地域の原風景をイメージした
ビオトープ>

<およそ350種類の草花が
季節によって表情を変え

一年を通して
癒やしを与えてくれます>

<こちらは
GREEN SPRINGSの敷地内にある

SORANO HOTEL>

<部屋の窓からは
ホテルの隣にある

昭和記念公園の緑を
一望することができます>

<屋上には 天然温泉を使った

空に溶け込むような
SORANO SPAも>

<いや~ ここ 泊まりたい!>

ここは
いろんなお店がありそうですね。

あ~ ここは…。

ランチをいただく所なんですね。

へぇ~。

う~ん。

えっ?
<何?>

あれ?
<どうしたの?>

小日向さん。
<はい>

あれ 飛行機ですよね。
<えっ?>

奥にある 黄色い。
<本当だ>

こちらは
何のお店なんでしょうね。

「TAKEOFF-SITE」。

テイクアウトじゃないんだ。
<えっ?>

テイクアウトステーキだったら

最高なんですけどね。
<ちょっと 何 言ってるの?>

ちょっと 見てみますか。
<はい>

(電子音)
<正常ですか?>

はい 大丈夫ですね。

あ~ うわ~!

これは すごいですね。
<ねぇ>

これ 本物じゃないですか?
<どうでしょう?>

すいません
ちょっと よろしいですか?

(高橋さん) はい。

この飛行機って本物ですか?

(高橋さん) 本物の飛行機です。
<へぇ~>

やっぱり 本物なんですね。

こちらが 立川で造られた
飛行機なんですけれども

戦後 初めての
国産の飛行機の一機になってます。

今回 修復されまして

こちらのショップに
展示されることになりました。

乗られますか?
いいですか? 乗ってみて。

これ 靴 履いたままで?
どうぞ そのままで。

前から… 頭から。

よいしょ。

お~ 狭い!

よいしょ。
乗れましたか?

小日向さん。
<はい?>

巨漢力士が
タクシーに乗る時の気持ち

分かりました。
<ハハハハ!>

そちらが 実際に操縦も…
ハンドルを動かすこともできる。

これ 何か 随分 上下…。
そうです。

そうすると
こちらの羽が動きます。

<お~!>

すごいシンプルな
操縦方法なんですけど。

だからこそ難しかったと
言われています。

気を付けて お降りください。

よいしょ よいしょ。

ハァ… ハァ…。

いや~ ありがとうございました。
ありがとうございました。

自転車でも
操縦してるような感じですね。

へぇ~。

ところで ここは
どういうショップなんですか?

こちらが 福永紙工という

立川にある ペーパープロダクトの
メーカーをやっている企業が

運営させていただいている
ショップになりまして。

セレクトしているエリアと

自社製品のエリアに分かれている
ショップになります。

ちょっと
見させてもらっていいですか?

もちろんです。

<どんな商品が
あるんでしょう?>

ペーパーカードを集めてます。
ペーパーカード?

いろんな仕掛けがある
カードになってまして。

え~っと…。

ここの ひもを
引っ張ってもらっていいですか。

少し ここを広げるように持って。
広げるように持って…。

もっと引っ張ってもらって ここに
リリースと出たら離してください。

リリース?

あっ 「RELEASE」! これですか。

これで…。
手を離してください。

(破裂音)
お~!

えっ?
フフフフ!

大成功です。

これ もしかして クラッカー?

大正解です。
<へぇ~!>

え~!

これが
メッセージカードになっていて

「お誕生日おめでとう」とか
書いていただくと

驚いた後に いろんなこと
書いてくれてる!っていう。

<なるほど>
へぇ~!

宛名を書く所があるんですけど
こちらに お相手の住所を書いて

こちらに ご自身の住所を
書いていただいて

このまま 郵便で送れます。

そうなんですか!?

切手は?
切手は ここに貼っていただいて。

面白いですね。

この 紙の壺っていうのは
何ですか?

こちらはですね…。

これも 仕掛けがあるんですけど。

このパッケージの中には
こちらが入ってます。

はい。

ちょっと こう…
細かくスリットが入ってるような。

こちらをですね
組み立てていただくと…。

こんな形になるんですけれども。

空きのペットボトル
よくあるじゃないですか。

そういったものに
かぶせるんですけど。

こんな感じで。

<お~!>
お~! ハハハハ!

ウフフ!

素っ気ないペットボトルも
彩ってくれるような。

へぇ~!

いや~。

確かに 全く別世界ですね。
そうですね。

向こうは何ですか?
ぜひ ご覧ください。

こちらは ペーパーゲームっていう
ゲームのコーナーになってます。

ペーパーゲーム?
はい。

シンプルなものでいうと

こちら センコウハナビシっていう
バランスゲームになるんですが。

ちょっと されますか?

いいですか?
もちろんです。

これが
火の玉になるんですけれども…。

まず ここからスタートです。

こういったパーツがあるけれども
これが火花なんですね。

ここに こんな感じで
火花を付けて行きます。

どうぞ。
はい。

火花を付けてください。
火花を。

いろいろ スリットがあるんで

そういった所に付けていただき…。

それで この火の玉を
落とした人が負けなんですけど。

付けて…。

お~!

あ~…。

よし! 行くよ。

<行けるかな?>

うわ~!
キレイ。

だんだん 線香花火…。

火花が大きくなって来ましたね。

あ~!
どうぞ。

火花の長さも違ったりするので。

こういうのが大きかったりとか。
これは いいですね。

よし!

いよっ!

あ~~~!
<あ~~! アハハハ!>

あ~!

キレイでした。

いや~ これは…。

あっ 何だろう?

ちょっと 締め付けられますね。
<え~?>

こんな楽しめるんですか。

これも よく考えましたね。

はぁ~。

<昭和38年創業の

紙加工会社 福永紙工が
手掛けるショップ

TAKEOFF-SITE>

<こちらは 見る角度によって
色が変わる 不思議な紙の容器>

<花瓶の周りの装飾や
ラッピングなどに

使うこともできます>

<店内には 動物の
かわいいペーパークラフトや

ドライフラワー専用の
一輪挿しなど

デザイナーやクリエーターが
手掛けた

紙製品が 200種類以上>

<どれも 面白いですね>

<おっ! お買い上げ?>
(電子音)

ありがとうございます。
ありがとうございました。

<何を買ったのかな?>
よし!

<ねぇ 舞の海さん
舞の海さんってば!>

はい?

これ 紙のクラッカー。

誰かを驚かしてやろうと思ってね。
<えっ?>

<そういうものでしたっけ?>

それでは 今日は ここ 立川から

電車に乗って
旅をしたいと思います。

<本日は 中央線に乗って

新宿 東京方面へ>

<夏を先取る 爽やかな出会いが
あるといいですね>

<東小金井で
本日最初の途中下車>

武蔵小金井とか 花小金井って
行ったことあるんですけど

東小金井は初めてですね。

<あっ そうでしたか>

こっち 行ってみますか。
<はい>

あ~ ここ 左 曲がってみますか。

<そうしますか>

うん?

えっ?
<どうしました?>

「飲むチーズケーキ
いかがですか?」。

飲むチーズケーキ?

知ってます?
<知りません>

チーズケーキって食べ物ですよね。
<食べ物ですよ>

え~? どういうことだ?

「コガネイチーズケーキ」。

へぇ~
チーズケーキの店なんですかね。

ちょっと 聞いてみましょうか。
<気になりますね>

あっ これですかね。

こんにちは。
(小柏さん) こんにちは!

お借りします。

ありがとうございます
アルコール消毒の協力。

いらっしゃいませ。
すいません こちらは

チーズケーキのお店なんですか?
そうですね。

レアチーズケーキの
専門店になってます。

これ全部 チーズケーキですか?
そうなんですよ。

はぁ~!

<うわ~! 全部 おいしそう!>

<東小金井で見つけた
レアチーズケーキの専門店>

これ全部 チーズケーキですか?
そうなんですよ。

はぁ~!

えっ?

こんなにあるんですね。
そうなんです。

へぇ~ おいしそうですね。

この キビ砂糖の プレーンの
チーズケーキをベースに

いろんなフレーバーで
お作りをいたしております。

これ ベースなんですか。
はい。

あと ハニーレモン…。

こちら 季節によって
替わってるんですけれども。

夏の 今の時期だけのお味に
なっています。

うちの 一番の人気商品が
ドライフルーツになりまして。

こちら 砂糖類 一切 使わずに

フルーツの甘さだけで作っている
チーズケーキになっています。

人気あるんですか?
そうですね。

あっ! あの… そういえば

入り口に 飲むチーズケーキって
書いてたんですけど。

飲むチーズケーキ よかったら
こちらに商品ございます。

「チーズケーキは
のみものです!? ノムチー」。

チーズケーキ 丸々1つ使いまして
氷と牛乳とシェークにしまして

お作りいたしております。

じゃあ これも いただこうかな。
ありがとうございます ぜひ。

プレーンのチーズケーキの
トッピング… フルーツソース。

今は ユズで さっぱりと
お召し上がりいただけるお品です。

一番上のプレーンですか。
そうですね。

じゃあ そのプレーンを1つと…。
はい。

この よく出る…。

人気のある ドライフルーツ。
ありがとうございます。

ここで食べられるんですか?

一応 そちらのベンチで
お召し上がりいただけますね。

店 出た所の?
はい。

(電子音)
ありがとうございます。

こちら レシートでございます
お持ちくださいませ。

では ご用意いたしまして
お持ちいたします。

あ~ ここで いただけるんですね。

飲むチーと お薦めのチーズケーキ
楽しみですね。

<飲むチーね>

マイチー。
<はぁ?>

コヒチー。
<ハハハ! ちょっと!>

お待たせいたしました。
ありがとうございます。

ドライフルーツの
チーズケーキと

プレーンの
飲むチーズケーキになります。

ごゆっくり
お召し上がりくださいませ。

これが 飲むチーズケーキですか。

<飲むチーから行きますか?>

え~っと…。

じゃあ このチーズケーキから。

<あっ そっち!>

では。

おっ!

<どうです?>

う~ん!

うん!

あ~!

このチーズの香りとコクと…。

チーズケーキの生地と

ドライフルーツの甘みがですね
ちょうどいいですね。

<へぇ~>

うん!

う~ん!

<北海道産のクリームチーズに
生クリームを加えて作る

レアチーズケーキ>

<マンゴー アプリコット
イチジクなどの

ドライフルーツを入れた
チーズケーキは

砂糖や甘味料を使わず
素材の甘さを生かした

やさしい味に こだわっています>

<他にも ビューティーベリーの
レアチーズケーキや

かぼちゃレーズンの
レアチーズケーキなど

常に15種類以上のフレーバーを
楽しめます>

じゃあ いよいよ…。
<行きますか!>

<お目当ての…>
飲むチーですよ。

<いかがですか? マイチー>

アハハハ!

本当だ!
<何が?>

チーズケーキを飲んでますね。
<へぇ~!>

はい チーズケーキ 飲んでます。

んっ!
<えっ? どうしたの?>

あれ?

これ ちょっと 中に
サクサクするものが入ってますね。

下の クッキーの部分ですね。
<あ~!>

それと このユズの食感が
いいですね。

う~ん!

<飲むチーズケーキには

凍らせたチーズケーキが
丸ごと1つ入っています>

<そこへ
牛乳と氷とキビ砂糖を加えて

ミキサーにかければ

飲むチーズケーキ
飲むチーの出来上がり>

<さくらチェリーや
黒蜜抹茶なども人気です>

ごちそうさまでした。
ありがとうございました。

置いておきますね。
どうも ありがとうございます。

飲むチー 行けますね。
そうなんです。

自信作なんです 実は。
<アハハハハ>

どうも ありがとうございます。
<ごちそうさまでした>

<いや~ 新しい発見でしたね>

<マイチーは
再び 中央線に乗り

続いての途中下車は…>

西荻窪ですね。

何か 面白いもの ありますかね。

<あるといいですね>

こっち 行ってみますか。

うん?

えっ?
<何?>

これは何だ?

「この亀の文鎮は

児童館と公園の間の道へ
左折して

左手にある 文具店タビーさんで
購入しました」。

えっ?

これ 文鎮なんですね。
<かわいい>

何でしょう?
ここ 整骨院ですよね。

整骨院の人が
わざわざ ここの文房具屋さんを

紹介してくれてるんですかね。
<そうみたいですね>

へぇ~。

今 歩いて来た道になかったから

この先 もう少し歩くと
児童館 あるんですかね。

せっかくなんで 行ってみません?
<いいですね>

行ってみますか。
<はい>

「西荻児童館前」。

あっ! 児童館前ってことは
近いんですかね。

うん?

児童館と公園の間?

えっ?

<児童館は どこ?>

あっ これが児童館。

公園。
<なるほど>

そうすると あっちですかね。

<間って
書いてありましたからね>

もうちょっと行ってみますか。
<はい>

あっ。

ここですかね。
<ありました?>

「文具店タビー」。

ここですね。

へぇ~。

「ハシビロコウが…
いろんな文具になりました」。

<うん?>

えっ 何だろう?

面白そうですね。

<ちょっと のぞいてみますか>

こんにちは。
(吉田さん) こんにちは。

あの…
この西荻 歩いてたら

え~っと 整骨院の前に
カメの文鎮があって

こちらを
紹介してくださってたんですよ。

それで 来てみたんです。
(吉田さん)ありがとうございます。

うちは 動物のデザインされた
文具の専門の店になってます。

そうなんですか。

だから カメの文鎮なんですね。
はい。

ちょっと 見ていいですか?
どうぞ。

これは?

鉛筆ですね。

こういうふうに
完全に 動物が入ったものとか

そういうのを うちは扱ってます。
へぇ~。

あっ!

これは また 面白そうですね。

タコですね。

これは ペンスタンドで
かつ スマホスタンド。

どうやって使うんですか?
後ろ 穴が開いてるので

こういう所に ペンを。

机の上に置いたりする
ペン立てとして。

あと こことかも ペン立てとして
使えるんですけど

それだけじゃなくて

スマホとかも ここに置けるので。

はぁ~!

へぇ~!

このへんも 全部 そうですね
これも 全部 スマホスタンドで

ペン立てになる。
はぁ~。

あっ! これ 面白いですね。

これは?
これも スマホスタンドですね。

これ タヌキですか?
これは 黒シバですね。

シバイヌで… イヌですね。
失礼しました。

はぁ~!

どうやって立つんですか?

ここに スマホを置いて

本人が 画面を見てるような形に。

<アハハ かわいい!>
これは また…。

スマホを立てると
さらに かわいく見えますね。

ザリガニは観賞するだけですか?

眺めるだけでも
かわいいんですけど

背中にですね…。

この部分
マグネットが入ってまして。

机の上で こういうクリップとか
散らばってしまいがちですが

机の上にあるクリップを
まとめて

背中にキープしてくれる。

マグネットキーパーなんです。
<なるほど>

…だけでもなくて。

ハサミのところに
ちょっとしたペンとかを

置くこともできますし。
面白い!

眼鏡も行けるんです
こういうふうに。

置いてもいいですしね。
はぁ~!

ザリガニのイメージ 変わります。
ありがとうございます。

持ってみていいですか?
どうぞ どうぞ。

へぇ~。

これ 見てくださいよ。

このザリガニ君が

こうやって…。

こうでしたっけ?

一生懸命
仕事してる感が出てますよね。

<出てますね>

へぇ~。

これは何ですか?
どうぞ 広げてみてください。

いいですか。

これは サルですよね?

ナマケモノですね。
<ハハハハハ!>

いいんですか? これ。
はい。

うん? あれ?

あっ!
<あ~ エコバッグ>

これ 物を入れる…。

手提げ袋。
<手提げ袋!?>

エコバッグです。
エコバッグ。

へぇ~!

<何やってるんですか?>

似合ってますか?
<何が?>

エコバッグ。
<覚えましたね>

こちらの文具店さん 楽しめます。
ありがとうございます。

<2年前にオープンした

動物をモチーフにした
文具の専門店 タビー>

<店主の吉田さんは
元々 漫画家で

動物をモチーフにした
作品を

数多く描いていたそうです>

<店内のポップも
全て 吉田さんの手描き>

<店の隅々まで
動物への愛があふれています>

<こちらの商品は
マグネットキーハンガー>

<動物の口が磁石になっていて

鍵などを
掛けておくことができます>

<シェルフィッシュマグには

サワガニバージョンと
ザリガニバージョンがあります>

<吉田さん自らが
展示会などを巡り 集めて来た

かわいい 動物モチーフの
作品の数々>

<いや~ 何だか
癒やされますね>

ピピっと鳴りますんで。
<あら またお買い上げ>

残高 こちらになります。
はい。

<もしかして…>
はい。

買っちゃいましたよ ナマケモノ。
<エコバッグ>

こいつ ナマケモノだからね
がんがん働かせてやろうと思って。

<ハハハハ!>

ありがとうございます。
<面白いなぁ 舞の海さんは>

<西荻窪を さらに ぶら~り>

右に行くと
駅に戻っちゃいますね。

左 行ってみますか。
<そうしますか>

おっ!

ここは何ですかね?

おしゃれな感じのお店ですね。

えっ?

「金木犀茶店」っていうんですね。
<喫茶店?>

また かわいい看板ですね。

<本当だ!>

うん?

「中国茶とスイーツと雑貨のお店」。

ほ~お!
<いろいろあるんですね>

(李さん) こんにちは。
こんにちは。

こちらは 中国茶のお店ですか?
(李さん) そうです。

中国茶と中国茶スイーツの
お店です。

中国茶のドリンクメニューと
こちら パフェになります。

あっ パフェ。

パフェなのに… 鉄観音。

へぇ~。

えっ? 「構成。

鉄観音のメレンゲ。

鉄観音のアイス。

鉄観音のクランブル」。

面白そうなんで 入ってみますか。
<行きましょう 行きましょう>

この 鉄観音パフェで
お願いします。

こちらになります。

よかったら お入りください。
はい。

これ お借りします。
どうぞ 使ってください。

お待たせしました
いらっしゃいませ 中へ どうぞ。

うわ~!

何か 落ち着いた
いい雰囲気ですね。

<ねぇ>

こういう喫茶店って
あんまり ないですよね。

お待たせしました。

横から失礼します。

こちら 鉄観音パフェの

イチジクの… こちらになりますが
バージョンになります。

構成のほう ありまして
確認しながら ごゆっくり どうぞ。

これが鉄観音パフェですか。

はぁ~!
<お~!>

あ~ キレイですね!

これを見ながらって
言ってましたね。

すいません。

これは 右から書いてますけども。

それは 上から だんだん…。
そうですね。

上から食べながら
下まで行くって感じで。

へぇ~!

せっかくなんで
一つ一つ 味わって行こうかな。

この「メレンゲ」って どれですか?

こちらの 円のパーツ。

これがメレンゲ。

ごゆっくり どうぞ。
はい。

このメレンゲを…。

あれ!?

あっ! サクっとしてるんですね。

あっ。

では いただきます。

う~ん!

あっ!

すぐに なくなってしまいました。

うっすら 鉄観音の香りがします。
<へぇ~>

う~ん!

「鉄観音と
イチジクのチーズケーキ」。

これは分かりますね これですね。

鉄観音とイチジクのチーズケーキ。

<今日は チーズケーキと
縁がありますね>

う~ん!

おっ!

おっ! おっ!
<どうしたの?>

これは面白い! うん。

鉄観音の風味はあるし。

これは 深みがありますね。

それから…。

「鉄観音のアイス」。

これは これでしょうね。

いただいてみましょうか。

ふ~ん… あっ。

甘みが ほとんどないです。
<あら>

でも それが ひと息つけて

うれしいです。

イチジク これかな?

うん! あっ。

イチジクも とろりとして。

あっ うん!

一つ一つ
構成 見ながら 食べて行くと

それぞれ また 味が変わってて。

あっさりしたものがあると
今度は コクのあるもの。

その後は アイスクリームで
さっぱりしたりとか。

これ まさにコース料理ですね。
<なるほどね>

いや 面白いです。

<2年前にオープンした
金木犀茶店>

<中国茶の深い魅力を

若い人たちにも
知ってもらいたいと

中国出身の李さん夫妻が
営んでいます>

<鉄観音パフェは 底の部分に

鉄観音のゼリーとパンナコッタ>

<さらに 中国でも親しまれている
ナツメを入れます>

<その上に フレッシュな
イチジクを敷き詰め

ブルーベリーアイスの上に

鉄観音のアイスや メレンゲを
のせれば 完成>

<旬の食材を使うので

季節によって
構成が変わるそうです>

<こちらは 同じく鉄観音を使った
薬膳パフェ>

<鉄観音のゼリーに
コーラとショウガのアイス

さらに 梅スープのアイスが
入っています>

<その他にも 鉄観音の
クリームソーダやマフィンも人気です>

<中国茶の新たな魅力を楽しみ
再び 電車に揺られます>

<続いての途中下車は高円寺>

久しぶりに 高円寺に来ましたよ。

この辺りは
あんまり変わってないですね。

おっ! ここ 曲がってみますか。

<脇道 いいですね>

この辺りは 道も狭いし

建物が
かなり密集してるんですね。

うん?

ここは何ですかね?
<どこ?>

<ここ?>

作業場ですかね?
<確かに 住宅街なのにね>

あっ 誰かいますね。

木工所ですかね。
<ですかね>

えっ?

聞いてみますか。
<お仕事中じゃない?>

こんにちは。
(沢田さん) こんにちは。

こちらは木工所なんですか?
木工所です。

やっぱり そうだったんですね。
はい。

今 何を作られてたんですか?

椅子を作る作業をしてました。

椅子ですか!
<作業中に すみません>

見せてもらっていいですか。
<コラ コラ>

どうぞ どうぞ。
<本当 すみません>

これですか。
これです。

これ 何か分かります?
「分かります?」。

椅子って言ったじゃないですか。
椅子なんですけど

何かをモチーフにしてるんです
何をモチーフにしてるか。

何をモチーフに…。

<え~? 何でしょう?>

これ 何か分かります?
「分かります?」。

椅子って言ったじゃないですか。
椅子なんですけど

何かをモチーフにしてるんです
何をモチーフにしてるか。

何をモチーフに…。

<あっ 分かったかも!>

これは…。

それから行きますか。

これが 一番難しいと
思ってたんですけど。

これは だって あれですよ。

クワガタですよ。
<えっ?>

で これが…。

こういう角の…。
いいところですね。

角に見えるんですけど…。
<そう そう>

ヤギ。
<えっ?>

もうひと声。

同じようなものですけど。
<あれですよね>

これは…。
これ 分かりますよね じゃあ。

ヤギと来たら…。
ヤギと来たら これは…。

あの~…。
<角ですからね>

あれですよ。
<あれですよ!>

クモ。
<え~ クモ!?>

正解を お見せします。

隠されているんですよね。

これが シカで。

これが ヒツジなんですけどね。
<ですね>

これが

ウシです。
<あ~ ウシ!>

でも これ 椅子なんですか?
椅子です。

ちょっと 座ってみますね。

よいしょ。

うおっ!

どうですか?

角が
腰を ちゃんと支えてくれるんで。

角が腰を… そうですね。

ちゃんと
そういう角度も計算して。

あれ!?

でも 座り心地 いいですね。
ありがとうございます。

お尻も痛くならないし。

玄関先に置いていただいたり。

そうすると
靴を履く時に履きやすい。

あ~ そういう時に。

なるほど。

いろいろ考えて作られてる。
いろいろ考えてます。

持ってみていいですか?
持ってください。

これ 意外と重いですね。

重いんですよ。

ナラ材っていう
堅い木を使ってるんで

それだけ強度が出るんです。

作ってるのは椅子だけですか?
メインは椅子なんですけど

他にも 雑貨というか
小っちゃいものも作ってます。

へぇ~!

まず こういうやつですね。

また
クイズになっちゃうんですけど

これは 何か分かりますか?

これは…。
<どう見ても…>

便ですよね。
<アハハハハ!>

においを嗅いでみますか?
いいですか。

気を付けて お持ちください。

ちょっと においを。
<大丈夫?>

においを嗅いでみますか?
いいですか。

気を付けて お持ちください。

ちょっと においを。

あっ! いい匂いがしますね。
<えっ?>

何ですか? ソーダみたいな。
開けてみてもらっていいですか。

あっ。

そこに アロマオイルを
入れるようになってるんですね。

<へぇ~>
へぇ~!

形から 人間っていうのは

既成概念として においも
想像してしまうんですけど。

既成概念を吹き飛ばすというか
形にとらわれないで!っていう

メッセージが こもってます
こんな形なんですけどね。

これは何ですか?
これも 僕がデザインして

デンマークのメーカーに
今 作ってもらってるんです。

色鉛筆が
セットで付いてるんですけど。

いっぱい穴がありますよね。

差して行くと…。

何かに変わって来ませんか?

これは クジャクの羽ですね。

そうです。
<面白~い>

お子さんが
色鉛筆とかで遊んだ後

お片付けをやらないお子様も
多いじゃないですか。

これだと 楽しみながら
お片付けができるっていう。

<なるほど>

よく考えられてますね。

<さまざまな木工作品を作り出す
沢田さん>

<元々は アパレルブランドに
勤めていましたが

およそ20年前
大好きだった木工の道へ>

<動物をモチーフにした椅子は

イタリアなど ヨーロッパ各国でも
高い評価を受け

イギリスの専門誌では

世界の椅子500選にも
選ばれたことがあるそうです>

<日本神話に登場する八咫烏を
モチーフにした椅子など

沢田さんの木工作品は

ネットなどでも
販売しています>

貴重なものを見せていただいて
ありがとうございました。

これからも頑張ってください!
ありがとうございました。

失礼します。
<お邪魔しました>

自分でイメージしたものを
形にするっていうのは

すごいですね。
<本当ですね>

<高円寺
もう少し歩いてみますか>

いい時間になって来ましたね。

<ということは?>

おなかもすいて来ましたよ。
<やっぱりね>

<今日は食べてませんもんね>

おっ!
<何か ありました?>

「ラザニ屋」。

へぇ~!

ラザニアか。

「熟成生パスタのラザニア専門店」。

ラザニアの専門店 あるんですね。
<ねぇ>

引かれますね。

ここ 入ってみましょうか。
<そうしましょ>

こんにちは!

これ お借りします。
(木村さん) いらっしゃいませ。

(木村さん) いらっしゃいませ
こちらの席に どうぞ。

いいですか。
(木村さん) はい。

<腹ぺこですね>

じゃあ 荷物を置かせてもらって。

失礼します。

ラザニアって
チーズとミートソースの…。

イタリアの料理ですよね。
そうですね。

あれ 1種類じゃないんですか?
ラザニアっていうのは。

当店は 7種類 ご用意してまして。

こちら
メニューになるんですけど。

こんなに種類があるんですか。

うちのメニューでいうと…
イートインで7種類。

へぇ~!

この
「ゴルゴンゾーラチーズと鴨と

きの子とさつま芋」ですか。

当店 一番濃厚。

ブルーチーズとか
チーズがお好きな方だと

たまらないんじゃないかなぁと
思いますね。

サツマイモとかっていうのが
意外って言われるんですけど。

そうですね サツマイモ。

すごい合いますよ。
合いますか。

甘みがあって。
へぇ~!

じゃあ これを お願いします。

お待たせしました。

ゴルゴンゾーラチーズと鴨と
きの子とさつま芋のラザニアです。

ありがとうございます。

<うわ~!
これ 間違いないでしょ>

<高円寺で見つけた
ラザニアの専門店>

お待たせしました。

ゴルゴンゾーラチーズと鴨と
きの子とさつま芋のラザニアです。

ありがとうございます。

へぇ~!

鴨とチーズとキノコとサツマイモ。

はぁ~! じゃあ いただきます。

これは たっぷりチーズを
絡めたほうがいいんですかね。

そうですね。

<おいしそう!>

う~ん! うん!

あっ これ 行けますね。

このゴルゴンゾーラチーズの
うま味と

ほんのり サツマイモの甘みが

合いますね。
<へぇ~>

最初 イメージつきづらいですけど
見た時とかは。

このパスタの生地なんですけど
もちもちして おいしいですね。

ありがとうございます。

鴨と一緒に いただいてみます。

うん! おっ。

あっ 鴨も おいしいですね。

ちょっと うっすら
スモーキーな香りがしていて。

これはハマりそうですね。
ありがとうございます。

<もちもちの生パスタの生地に
使うのは

100%カナダ産 デュラム小麦>

<ホワイトソースと重ね
そこに ゴルゴンゾーラチーズ

ローストした鴨肉

つぶしたサツマイモを敷き詰め

たっぷりとチーズをのせて
焼き上げます>

<濃厚なうま味が
ぎっしり詰まった

チーズ好きには たまらない
一品です>

<他にも パクチーと干しエビを
使ったグリーンラザニアや

トマトソースとクリカボチャが
のったラザニアを

卵でとじた
ふわふわオムレツのパンプニア>

<これも おいしそう!>

<身も心も とろける
ステキな出会いが

たくさんでしたね マイチー!>

<梅雨を忘れるくらい
気持ちが晴れやかになる

爽やかな出会いの数々>

<いや~ いい一日でした!>