それって!?実際どうなの課[字]【森川葵が最強のワザに挑戦!!】【ワケあり駐車場】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【森川葵が最強のワザに挑戦!!】【ワケあり駐車場】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【森川葵がダイス・スタッキング最強のワザに挑戦!!】
【狩野英孝&大島てる“ワケあり駐車場”を調査】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/狩野英孝/大島てる
番組内容
①【森川葵の知られざる世界“ダイス・スタッキング第2弾”】
様々な世界の達人たちが長年かけて習得したワザを、たった1日で成功させてしまう、“何でも出来ちゃう女優”森川葵。
今回はサイコロを一瞬にして積み上げる「ダイス・スタッキング」。
その最高難度の大技に挑戦する!
果たして今宵も“ワイルド・スピード”本領発揮なるか!?
番組内容2
②【狩野英孝・大島てると共に、超絶難度の駐車に挑戦!】
どうやってここに停めたの?と思ってしまう駐車場には何かワケがあるはず! 
そんな“ワケあり駐車場”を、狩野英孝&大島てると巡る企画!
今回は激セマ路地の先にある柵に囲まれた駐車場に挑戦!
あまりの難しさに狩野も大島てるもパニック寸前!?
果たして、車庫に入れることは出来るのか!?
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大島
  2. 森川
  3. 狩野
  4. 大丈夫
  5. サイコロ
  6. ダイス
  7. 駐車場
  8. スタッキング
  9. ゾエ
  10. ハハハ
  11. 今回
  12. 成功
  13. カット
  14. ワケ
  15. 挑戦
  16. 本当
  17. 両手
  18. オン
  19. チョモ
  20. 一気

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/25 19:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

(生瀬)おっ。

<達人たちが 長い年月をかけて
磨いてきた 技の数々を>

<空気を読まずに…>

<一切…>

(森川)あっ きた!

(華丸)ここだけの
DVDが欲しいもん。

森川さんだけの。

<こよいは
ワイルド・スピード森川 誕生の

きっかけとなった…>

<…に 再び 挑戦!>

(大吉)うわ~!
増えてるよ。

<しかし 今回
待ち受けていたのは…>

<…の 連続技>

<森川は 再び…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(森川)お願いします。

もう 何だろう?

…もう。
(森川)いやいや…

(森川)ワイルドさん?全然 名前が

えっ?[笑]
(華丸)ハハハ…[笑]

でも…

…感じ ありません?
だって…

(森川)そうなんです。

…これは。

<以前の放送で

ダイス・スタッキングの達人に
弟子入りし>

<…した 森川>

<この瞬間…>

<…を 一切 守らない…>

<もはや…>

<ダイス・スタッキングを
他番組でも披露し…>

(大島)きた。

うわ~!
(大島)何?何…?

(森川)うわっ!

(森川)うわ~っ!

すごい!

<待っていたのは
前回 弟子入りした…>

<2人の達人>

<しかし…>

(すごろくさん)そうなんですよ。

<そう 前回いた…>

(すごろくさん)辞めちゃったんです
あまりにも…

(森川)え~っ!

引導 渡したの?

<…は すぐさま…>

(森川)もう消えないで!

<今回 達人が

満を持して用意してきたのは

いずれも 上級者レベルの

4つの連続技>

<久々に触るため まずは…>

滑らかだな おいおい。

<サイコロを…>

すごいんやけどな。
これが できないんだから。

<さらに>

<一気にサイコロを立てる
瞬間スタッキングも

難なく成功!>

<遠心力を使って狙った場所に
サイコロを立たせる…>

<…は どうか?>

えっ あっ えっ?

(森川)懐かしすぎて ちょっと。

(すごろくさん)おぉ!(ゾエさん)おぉ。

(森川)あっ!いった いった。
(ゾエさん)うまい!

<これも…>

<サイコロを 上から1つずつ
取っていく…>

<…は どうか?>

(すごろくさん)うまい!

<カット・スタッキングも…>

(すごろくさん)素晴らしいですね。

(すごろくさん)1年ぶり。

<あっという間に
ダイス・スタッキングの勘を

取り戻した 森川>

<いよいよ…>

<まずは…>

え~っ!

いや~!
(大島)ヤバイ なんだ?これ。

これは もうだって
お客さんに見せるやつじゃん。

<ダイヤモンド状に並べた
サイコロを

一瞬で立てると

今度は 2つずつに分け

上の段から 鮮やかに
カット・スタッキング>

<これが…>

かっこいい!
いや~ すごい。

<しかし この技は

ダイヤモンド状に並べた
サイコロを

一振りで立てる 第1関門と>

<そこから サイコロを
2つずつに分け

上の段から順番に カットしていく
第2関門を

突破しなければならない>

<まずは
強い遠心力が必要となる…>

<…の突破を目指す!>

(森川)あぁ~。
(すごろくさん)ということは…

(森川)あ~っ。

(すごろくさん)まずは…

(すごろくさん)一振りで。

(すごろくさん)ハハハ…[笑]

<うまく遠心力を
かけること ができない>

(森川)あ~っ 立ってない。

いや なるよ。

(森川)あぁ~!

<すると>

(すごろくさん)もうね 一気に。
(森川)あぁ。

(森川)あれ?

<一振りでは なかったが…>

<そして>

いった。
あ~ いってるよ。

(森川)きた!(すごろくさん)きた!

<なんと わずか10分で

第1関門の ダイヤモンド
瞬間スタッキングを突破>

<しかし さらに ここから

連続で カット・スタッキングを
行う

第2関門が 立ちはだかる>

(すごろくさん)ここから2個 取ります。

分ける。で この状態から 取る。

(森川)え~っ!

(すごろくさん)次 これ取ったあと…

(森川)あ~っ!

<そう!手で
円を描くようにして

カップの進行方向に 1つずつ
サイコロを取っていく

正確なカット・スタッキングが
できなければ

技の成功は 不可能>

(大島)何?これ。

<まずは 上の2つを
カット・スタッキング>

<ここまでは クリア!>

(森川)あ~っ!

<しかし 最後の
カット・スタッキングの…>

(森川)上 1個 取って
こうするじゃないですか。

(すごろくさん)このまま 落ちる前に
ここまで 行っちゃう。

トン トン…うんうん。
(森川)あっ。

(森川)あっ!ダメだ
全部 入っちゃった。

<そう これが…>

<さすがに 難易度が高すぎたか>

(森川)あ~っ!(すごろくさん)惜しい!

「思われたが」?
(大島)「思われたが」

え~っ!?
えっ?

(ゾエさん)完璧でした 今。
(森川)よし!

<森川 なんと…>

(大島)すげぇ。

<これには 達人も>

<この表情>

<…のだが…>

(ゾエさん)完璧でした 今。
(森川)よし!

<一切…>

<降臨!>

<しかし ここから…>

<まずは…>

(大島)え~っ!

(森川)お~ すごい!

<両手で サイコロを取って
一気に 積み立てると>

<最後は 両手 同時に
瞬間スタッキング>

<これが…>

(すごろくさん)これね…

(森川)お~ 堺さん!師匠!

(森川)え~っ。

<しかし…>

<すぐに…>

<まずは 見よう見まねで挑戦>

(森川・すごろくさん)ハハハ…[笑]

(森川)あれ?

(すごろくさん)いいですよ 別に
どっちでも。

<すると>

「すると」?

(森川)こういうことですか?

<いきなり…>

<…を見せたが…>

<そう 両手 同時の
スタッキングは

難しさの…>

「はずだったが」?

(大島)あら。

(大島)あっ えっ?
おい!

(すごろくさん)すごい!
(ゾエさん)すげぇ。

<森川 駆け足で…>

<またしても 成功までに
かかった時間は

たった20分>

<恐るべし…>

(森川)何か…

…みたいに。何か 本当に!

何か…

…みたいな感じで。

<森川の…>

<…とは 裏腹に>

<…2人>

<まずは…>

(森川)えっ?

(ゾエさん)あっ。

<このレベルの技になると…>

いや 難しいよ。

うわっ!

<両手で 一気にサイコロを取り

先に 片手で
4つ立てると>

<最後に サイコロの上に
ポイント・スタッキング>

<これが…>

一緒に
動いちゃうね。

<一気に…>

(ゾエさん)今回は…

(森川)え~っ!

<そう 技の成功には…>

<…をする感覚が 必要不可欠>

<皆さんも この…>

<…を まねしてみて
もらうと…>

<…が 分かるはず>

まず
これを取れる。

(森川)で?

(すごろくさん・ゾエさん)おぉ。
(森川)え~っ?

あっ きた!

<左右バラバラの手の動きを
物ともせず

右手で サイコロを立てた>

<このまま いってしまうのか?>

(森川)あっ ダメな気がする。

こっちが
中が そろってない気がする。

(すごろくさん)いや そろってます。
(森川)そろってます?

(森川)あ~っ!
(すごろくさん)ハハハ…[笑]

<残念ながら カップが机に…>

<サイコロが
飛び出してしまい…>

(森川)今のは。(すごろくさん)でもね…

(森川)よかった。
(ゾエさん)困りますね。

<…達人ゾエ>

<しかし…>

<…するという…>

<…を見せつけた 森川>

<だが ここから先に
待ち受けるのは

サイコロの上に
サイコロを立てる…>

(森川)あぁ~。

(すごろくさん)なので…

<下のサイコロが
崩れないように 真上から

正確に一点を狙って
立てなければ

ダイス オン ダイスは
成功できない>

(ゾエさん)振った…

(ゾエさん)…イメージです。

<まずは
透明なカップを使って…>

(森川)あっ。

<落とす位置のズレから

衝撃で…>

<感覚を つかむため
森川は 何度も繰り返す>

いや~ 大変!

<すると>

「すると」?

(森川)惜しい!

<徐々に乗せる位置を
掴んできたのか…>

<そして…>

(森川)あ~っ!(ゾエさん)おぉ~!
(すごろくさん)ハハハ…[笑]

<すると ここで森川が

こん身の ダイスさばきを見せる>

<ここまでは 順調>

<最後の ダイス オン ダイスは
どうか?>

2つ乗った!
(大島)惜しい。

<サイコロ2つが 落下してしまい
惜しくも…>

<諦めることなく

何度も挑戦し続ける>

<すると 森川の この…>

<…が 奇跡を起こす!>

<またしても ここまでは順調>

<最大の難関

ダイス オン ダイスを
突破すれば 成功だが>

<果たして?>

(すごろくさん)うわ~!(森川)きた~!

<森川 見事…>

(ゾエさん)素晴らしいです。
(森川)イェイ!

<左右バラバラの動きを
物ともせず

利き手と反対の右手で
サイコロを立てると

最大の難関
ダイス オン ダイスも

鮮やかに
決めてみせた!>

(森川)ハハハ…[笑]
やめてください!

<しかし 最後は…>

<その妙技を
とくと ご覧あれ>

すごろくさんが
出てきた。

ラスボス。

え~っ!
あっ!そういうことか。

いや~っ!
うわ~!

(大島)
これは ヤバイ。

<この技は
最速で サイコロを立てる…>

<そして>

<達人・すごろくでも
安定するまでに

3年かかったという

両手での ダイス オン ダイスを
組み合わせた…>

<…な 話!>

(森川)え~っ!

<…を目指し 走り始めた>

<まずは 第1関門>

<瞬間スタッキングよりも
早く立てる

ゼロ・スタッキングの
突破を目指す>

(すごろくさん)今度 1回きりなので

これだけじゃ ちょっと
距離が短いんです。

だから ガッと…

<森川も挑戦するが>

(森川)あ~!ごめんなさい。

あっ ごめんなさい。

<そして…>

(森川)あ~っ!

<しかし ここから さらに…>

<…が 立ちはだかる>

<…しか ない>

<森川も 挑戦するが>

(森川)あ~っ!

<両手となれば 一気に…>

<しかし 終了まで…>

(すごろくさん)大丈夫ですか?

<休んでいる暇は
ない>

<集中を切らさず
全力で走り続ける>

<そして…>

(森川)あ~!

<時間的に…>

<ラストチャンスに
全てを かける!>

これが できるのがな。

<ここまでは
クリア>

<最大の難関

両手での ダイス オン ダイスを
決めれば 成功!>

<果たして?>

えっ?
ウソだ。

<どうか?>

ウソだろ?

あっ!
あ~!

いや[笑]
おぉ~!

(森川)あと1個!

<無情にも 1つだけ
サイコロが こぼれ落ちた>

<残念ながら ここで…>

(すごろくさん)ぜひ ぜひ。

<今回は…>

(森川)最後。

<突破できなかった…>

<…という 森川>

<…で やってみると>

おいおい
おいおい!

おいおい…!
やめてくれよ!

(森川)よっしゃ きた!

(すごろくさん)…では
あると思うんですけどね。

いや そうでしょ!

<女優と ダイス・スタッキングの
二刀流を目指し

今回も 本当に…>

<皆さん 町を歩いていると…>

<…と思ってしまう駐車場
見たことは ありませんか?>

<そこには きっと何か…>

<そこで 今回は…>

(狩野)どうも!

<そして ナビゲーターの
Mr.事故物件…>

<15年前に開設した…>

<…が 代名詞>

<これまでにも こちらの2人は>

<ぶつけたら 演者が代わるという
プレッシャーの中>

<いくつもの ワケあり駐車場に
入れてきた>

(狩野)危ない!危ない 危ない…!
うわ うわ!

<ならば 今回も…>

<狩野・大島てるコンビが…>

<本日 最初は…>

<…にある
ワケあり駐車場>

(大島さん)ハハハ…[笑]

<狩野が
目にしたのは

幅およそ
170cmの路地>

<車どころか
自転車が すれ違うことすら

気を使いそうな 道幅だが>

<今回の
ワケあり駐車場は…>

(狩野)えっ ちょっと待って
どうやって入るの?これ。

<信じがたいが
奥に車が停まっている>

(狩野)危ない。

<今回の とんでもない
ワケあり駐車場は

あり得ないほど…>

(狩野)…かも。

<…なってしまったのか>

<…に 話を伺う>

<今…>

(小林さん)そうですよね。

<こちらが
その…>

<20年前に 東京に…>

<喜びのあまり…>

<…らしい>

<ということで 挑戦の前に…>

<しかし 狩野…>

本当だよね。

<路地に進入する際の両側を
強く警戒>

(狩野)何で そんな…。
(大島さん)ハハハ…[笑]

<そして…>

<車幅を計測>

(狩野)大島さん そっち見といてね
(大島さん)はい。

<ということで駐車…>

<早速 立ちはだかる…>

<危険が迫ることを示す
警告音が>

[警告音]

<そして…>

(狩野)ちょっと待って。

(狩野)ぶつかるよ マジで これ。
(大島さん)まだ大丈夫。

(狩野)大島さん マジで言ってる?
(大島さん)いや ちょっと…。

<心配性な狩野は…>

<すると大島てるが>

(狩野)後ろ 行くよ?

<大島てるを信じ バックを継続>

(大島さん)ハハハ…[笑]
(狩野)ちょっと待って…。

(大島さん)いや 大丈夫[笑]

(狩野)大島さん 頼む!
(大島さん)あっ ちょっと止めて!

<車幅いっぱいのため
左右ともに ギチギチな状態>

(大島さん)はい。

(狩野)うわっ 怖い!

<ここも無事に
乗り越えられるか?>

<進入角度を整え…>

(大島さん)いや 大丈夫です。

(大島さん)だから…

<そう 進入時には
前方の電信柱にも

気を配らなければならない>

<何とか…>

<すると狩野が>

[警告音]

<しかし ここからが…>

(狩野)で 結構 今もう
段差のゾーンに来てるから。

(大島さん)そうですね はい。

(大島さん)いや そうなんですけど…

<大島てるの言うとおり

アクセルと同時に
ブレーキを踏まなければ…>

(大島さん)はい。

<無事に乗り越えられるか>

(大島さん)いいですよ いいですよ
おっと!はい 大丈夫です。

<ぶつかったか?>

(大島さん)いいですよ いいですよ
おっと!はい 大丈夫です。

<しかし2人は
このギリギリ具合を

はっきりと認識できていない>

<それにより繰り広げられる
この紙一重の攻防>

(大島さん)ちょっと じゃあ あの…。

少し前に…。
(狩野)前 行こうか 前行こうか。

<微調整のための動き1つでも

壁に ぶつかってしまいそうな
状況が続く>

大丈夫?

(大島さん)そうです そのぐらいで。

<アクセルの加減1つで
衝突してしまう>

(大島さん)はい 大丈夫ですよ
いいですよ。

<しかし…>

(大島さん)いや 大丈夫。

<初めて 大島てる側の…>

(大島さん)じゃあ このまま…。

(大島さん)大丈夫ですよ。

<大島てるを信じ
バックしていく>

<しかし こちらにばかり
気を取られていると>

(狩野)あっ 危ない こっちか!

<こちらもギリギリ>

<確かに明らかに大島てる側に
寄りすぎている>

<そこで再び
微調整するため前進>

(大島さん)で こっち
だいぶ余裕できたんですけど。

<目に見えて…>

(狩野)おっしゃ!
ちょっと見えてきたぞ!

<こちらも通過できそうな状態>

(狩野)ミラーたたみます。
(大島さん)はい。

<進入するため…>

(狩野)せ~の!

<そして前輪も ようやく
路地へ入っていった>

(狩野)うわっ!

<依然 左右ともにギリギリ>

<ぶつけないように慎重に…>

<ここまでくれば
あとは攻略したも同然>

(大島さん)そうですね はい。

<駐車スペースへ
進入する際にも

左右共に ぶつけてしまう
危険性が まだある>

(大島さん)いや ちょっと
もう ちょっと大丈夫です。

<大島てるを信じ>

<2人で乗り越えていく>

(大島さん)まぁ大丈夫ですね。

<ゴールが見えてきた>

(大島さん)電柱も大丈夫です 全然。

お~っ 電柱も余裕ですね
何もかも。

<しかし ここで…>

<鉢植えに ぶつかりそうな状態>

(大島さん)ちっちゃい鉢植えに
当たりそう…

<大島てるの言葉を信じる
狩野だが>

<いけるのか?>

<どうか?>

<いった!>

(狩野)下がります。
(大島さん)はい 大丈夫です。

<危機を乗り越え>

<見事 駐車 成功!>

(大島さん)ハハハ…[笑]

(狩野)いや~…

<ちなみに…>

<サイズが小さいため

スムーズに入れていく>

(大島)すごい。

<そして本日2軒目の
ワケあり駐車場は…>

(狩野)大島さん。

<実は…>

(狩野)柵があるんですよ。

<そう この駐車場は
柵に囲まれた

ワケあり駐車場>

<一体 車を…>

(森川)どういうこと?
どこから入れるの?これ。

(藤岡)<チョモランマU.F.O.>

<それは「U.F.O.」に もやしをのせる
改造レシピである>

♬~ チョモ~ ランマ~

<1 「U.F.O.」にチンした もやしをチョモる>
♬~ チョモチョモランマ~

<2 ごま油と塩こしょうで>
♬~ チョモチョモランマ~

<チョモランマU.F.O.完成!>
♬~ チョモランマ~

<なんて濃い焼そばなんだ‼>
♬~ チョモチョモ チョモチョモ チョモランマ~

♬~ チョモ! チョモ! ラン…

うぉぉぉぉぉ!

<濃い濃いソースだから
もやしがうまい‼>

<日清焼そばU.F.O.>
♬~ チョモ チョモ…

<そう この駐車場は
柵に囲まれた

ワケあり駐車場>

(狩野)大島さん…

(生瀬)あっ 本当だ。

<一体…>

<…に話を伺う>

(小澤さん)それがですね この家を…

(小澤さん)…が ありまして。
(狩野)えっ?

<そう こちらが30年前に
リフォームをした際

家を小さくして
代わりに駐車場をつくった>

<つまり…>

(狩野)さっきの ご自宅も
そうですけども。

意外と やっぱ…

(狩野)あんまり こう…

(小澤さん)そうですね。

<ちなみにガードレールを
外すことは可能だが

自己都合の場合は
自己負担になってしまう>

(狩野)ちなみに これ…

(小澤さん)もともと…

(大島さん)…と思ったんですけど。

<そう こちらも…>

<奥さんも一度…>

<…車を出そうとしたが>

<時間はかかるわ
ぶつかりそうになるわで

娘が号泣>

<以降 トラウマとなり…>

<それでは挑戦の前に…>

(狩野)で ここからは…

(狩野)もう大島さんが やっぱり
体を乗り出して…

(大島さん)あと ここ段差ですね。

<さらに この駐車場…>

<…存在する>

<それが>

(大島さん)ハハハ…[笑]
(狩野)えぇ~?

(スタッフ)だから マストで入れないと
いけないです。

<そう ゴールは
このボーダーラインより

中に入れること>

<少しでも はみ出た場合は

違法駐車 扱いとなってしまう>

<そして使用する車は…>

<…大きさを用意>

<ということで…>

<まずは激セマな
入り口へと入っていく>

(大島さん)ちょっと…まぁでも
大丈夫です。(狩野)今ね…

<お互いに…>

(大島さん)じゃあ左 はい
こっち行っちゃってください。

はい 大丈夫です。

ギリですけど 大丈夫です
大丈夫です いけます。

<双方ともに…>

(狩野)うわっ 怖い!
(大島さん)はい 大丈夫です。

<互いに声を掛け合い>

(狩野)まっすぐ行っちゃって
大丈夫?(大島さん)はい。

<ジグザグと前進していく>

(大島さん)えっ 本当ですか?

(狩野)大島さん もうちょい
そっち行けない?

<狩野側が この状態に対し…>

(大島さん)まぁ まぁ 大丈夫。
(狩野)大島さん その植木ちょっと

(大島さん)こうして はい。
(狩野)こういうのでも…

<もはや ぶつかっているのでは
と思うほど

ギリギリの通過を
余儀なくされている>

<だが それでも
狩野側にも…>

<いつガードレールと接触しても
不思議ではない>

(大島さん)えっ 本当ですか?

<細心の注意を払い…>

(狩野)揺らすと…

<大島てる分 傾くだけで

ぶつかってしまうほど ギリギリ>

(狩野)1回。(大島さん)はい。

(生瀬)本当に
1cmあるか ないか。

<そう この駐車場は…>

<…が求められる…>

<進入角度を整え…>

<今度は うまくいくのか?>

(大島さん)大丈夫です はい。

<一番 傷を負いやすい
ガードレール側に

細心の注意を払い

ゆっくりと ゆっくりと
前進していく>

(大島さん)あっ はい 大丈夫です。

<そして死闘を繰り広げること
10分>

<ようやく>

(狩野)OK OK いける いける。

(大島さん)見てます。

<すると 狙い通り壁際いっぱいに
寄せてきた>

(狩野)出た。
(大島さん)段差のとこです。

(狩野)おっと。
(大島さん)そうです はい。

(大島さん)はい。

<勝負の行方は このスペースに

いかに寄せられるか>

(狩野)ゆっくり ゆっくり…。
(大島さん)で 右…回転 あの…。

<大島てるが
モゴモゴ モゴモゴ

言っているにも
かかわらず…>

<…吸い込まれて
いく>

<確かに好位置につけた>

<あと数回の切り返しで
ゴール目前>

(狩野)あっ 大島さん!

(大島さん)でも大丈夫。
(狩野)ちょっと 大島さん!

ミラーが紙一重じゃん。
(大島さん)いや でも大丈夫です。

<後方ばかりに気を取られ
危うく…>

<その後もミリ単位の
タイヤ修正を続け

じわじわと中へ入っていく>

(大島さん)前輪も…。
(狩野)きてる きてる きてる!

<こんなに窮屈な
状態にもかかわらず>

(狩野)これでいいのかな?

<これでは…>

(大島さん)…入れます。
(狩野)いける?

(大島さん)はい ちょっと
すぐ…はい。

もうちょっと いけます。
(狩野)ハハハ…[笑]

(狩野)ハハハ…[笑]

<果たして ぶつけずに…>

<隙間いっぱいに
寄せることが できるのか?>

(大島さん)えっと…もう1回。
(狩野)もう1回?

(大島さん)さらに もう1回。

とめてください
で ハンドル まっすぐに。

<見事 駐車…>

<しっかりと
敷地内に収まっている>

(狩野)うわっ よく入ったな これ。

(狩野)すげぇ!

(華丸)めっちゃ ウケてるやん。
(生瀬)笑ってる。

<今回も見事…>

<ちなみに ご主人が
駐車する場合でも

何度も確認をしながら
安全に入れていく>

あぁ~。
すげぇ。

(森川)すごい。

(狩野)うちの駐車場
もっと難しいぞ。

狩野 これを停めてみろ!っていう
視聴者の方がいたらですね

ぜひとも 番組にメッセージ
お願いします!

どんな駐車場でも 俺たち2人で…

(大吉)ただ 面白いですね。

…ていうのが。
(森川)うん。

どうするんだろう?ぐらいは
思って。

(♪~)

(♪~)