全力!脱力タイムズ【よゐこ濱口優&渡邊圭祐、CMとったどー!の巻】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

全力!脱力タイムズ【よゐこ濱口優&渡邊圭祐、CMとったどー!の巻】[字]

よゐこ濱口優が大注目俳優・渡邊圭祐と真剣クイズバトル!おバカは偽装だった!?イメージ戦略発覚をコンプラ委員会が問題視?▽滝沢カレン絶品トリュフ美食実況

出演者
【メインキャスター】
アリタ哲平(くりぃむしちゅー 有田哲平) 
【全力解説員】
岸博幸、齋藤孝 
【ゲスト】
渡邊圭祐、濱口優(よゐこ) 他 
【「THE美食遺産」ナビゲーター】
滝沢カレン 
【キャスター】
小澤陽子(フジテレビアナウンサー)
番組内容
特集のテーマは「令和商戦のカギを握るイメージ戦略」。昨今、さまざまなビジネスにおいて成功のカギを握るポイントとして注目されている“イメージ戦略”について、解説員の経済評論家・岸博幸が徹底解説していく。

岸は、企業のイメージ戦略の実例として、まず某健康器具メーカーの取り組みを紹介。すると突然、渡邊圭祐が割って入ってきた。そして岸も舌を巻くほど、より詳しい解説を加え始める渡邊。その積極的な姿勢に、
番組内容2
横にいる濱口はすっかり気圧(けお)され、苦笑いを浮かべるばかり。

続いて話題は変わり“タレント・濱口優”のイメージについて考察が始まる。MCのアリタ哲平によれば、かつておバカなキャラクターで注目を集めた濱口は、実はイメージ戦略として、あえて“おバカを演じていた”のだという。意外な真実に、渡邊ら出演者一同が感心していると、スタジオに、ある児童学習塾の代表が現れる。濱口が本当は頭脳明晰(めいせき)な
番組内容3
人物だといううわさを聞きつけ、塾のCMのイメージキャラクターに起用したいというのだ。そこで急きょ、濱口の賢さを実証すべく学力テストを行うことに。かくして、濱口vs渡邊の頭脳バトルの幕が切って落とされる――!

「THE美食遺産」は、東京・神田にあるフレンチビストロの「洋風茶碗蒸し」を、滝沢カレンがナビゲート。濱口の知性と人柄が白日の下にさらされる、今回の『全力!脱力タイムズ』に乞うご期待!
ご案内
【公式HP】
http://www.fujitv.co.jp/DNN/ 

【公式Twitter】
https://twitter.com/datsuryoku_cx
スタッフ
【企画】
狩野雄太 
【チーフプロデューサー】
神原孝(FCC) 
【プロデューサー】
大泉正太(ファウンテン) 
中村倫久(ハイホーTV) 
大川泰(STAY TUNED) 
橋本孔一(FAT TRUNK)
中垣佐知子 
鈴木裕奈(FCC) 
【総合演出】
有田哲平 
【制作総指揮】
名城ラリータ(FCC) 
【制作協力】
FCC 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 濱口
  2. 渡邊
  3. ヒコロヒー
  4. 小澤
  5. 齋藤
  6. スタッフ
  7. お願い
  8. 意味
  9. 正解音
  10. イメージ
  11. 成功
  12. 大事
  13. タニタ
  14. コンプライアンス委員会
  15. ホンマ
  16. 英語
  17. 有野
  18. ancReto
  19. Reto
  20. uncle

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(小澤)こんばんは。
『全力!脱力タイムズ』です。

有田キャスターは…。

もう 立てられましたか?

(有田)日本全体が。

こちらです。
えっ?

今…。

(濱口)えっ?

(小澤)でも ここに 緊急の会見…
前の様子があって

それに…。

て感じですけど これは…。

できないんですよ。
え~!

やりたい やりたい やりたい…!
やりましょうよ~!

すいません スタッフの皆さん…。

(小澤)では 本日の すてきな
コメンテーターを ご紹介いたします。

(小澤)まずは
俳優の 渡邊 圭祐さんです。

(小澤)そして お笑い芸人
よるこの 濱口 優さんです。

(濱口)いや… あの…。

んっ?

ちょっと こう…。

そうですよ。
(小澤)あっ そういうことか。

(小澤)では
あらためて ご紹介いたします。

(小澤)もう一方 お笑い芸人
よゐこの 濱口 優さんです。

よろしくお願いします。 濱口です。

浮かない顔されてます。
(齋藤)いやね 先ほど…。

今…。

(齋藤)どうかと思いますよね。

仮名の…。

よゐこを?

と思ってるんですけどね。
これだと思います。

東大生で よゐこと読むんですか?
そうですね。

いやいや いやいや…。

まあ ご本人はね
お恥ずかしいとは思いますが。

じゃ 今日のゲスト お願いします。
もう一方

お笑い芸人 東大生と書いて
よゐこの 濱口 優さんです。

よろしくお願いします。

[今 様々なビジネスにおいて
成功の鍵を握る

重要なポイントが
注目されている。 それが…]

[例えば あの
チョコレート菓子で有名な ブラックサンダー]

[以前は…]

[売り場でも 目立たず
売り上げも いまいち]

[多くの人が 親しみやすい
片仮名表記にしたところ

イメージアップに 大成功!]

[これが
大ヒットの一因となり

その後の売り上げは
右肩上がりとなった]

[さらに この後 健康計測機器で
有名な タニタを参考に

ビジネスの成功に 欠かせない
企業のイメージ戦略について

経済評論家 岸 博幸先生が
徹底解説いたします]

もう ホントに イメージひとつ…
例えば 何て言うんですかね。

とか ありますけど
大事なことなんでしょうか?

(岸)すごく 大事ですね。 いいイメージ
つけることに 成功すれば

今のデジタル時代は 広がりますので
売り上げも 上がります。

(岸)そういう意味で イメージは
大事なものといえるんですね。

(岸)で タニタというのは
今でこそ 健康機器メーカーとして

確固たる知名度を
築いているんですけども…。

(渡邊)タニタは
確かに 体重計以外の商品も

すごく 作られていて
体の水分バランスを測る 体組成計や

睡眠の質を測る 睡眠計など
様々な健康機器を 作っていて

「健康をつくる会社」というのを
モットーにしているんですよね。

(岸)まさに…。

すごい!
(岸)で そんな…。

一気に その…。

(渡邊)タニタ食堂は メニューが
ダイエットにいいと レシピ本 出して

一躍 知名度を上げましたよね。
それによって タニタ イコール ヘルシー

というイメージを植え付け タニタが
健康をつくる会社だという

モットーを広めることに
成功したと思います。

へぇ~!
すごい。

カッコイイね。

このテーマがあるってことで
勉強されてきたんでしょうけど。

濱口さん…。

それは 今…。

(渡邊)あっ すいません。

してしまいました。
やめて!

まあ いいんですけど。

ということで
実は こちらにいる よゐこの…。

いや…。

あれっ?

嘘でしょ。 そんなことはないです。
確かに 書いてありました。

「付け足した」…
いや それはね 有田さん…。

えっ?
あんまり…。

いや
われわれが聞いてる話は 違って

賢い…。

というイメージづくりを
してらっしゃって…。

に なってますね。 濱口さんは…。

かもしれませんが
おバカではなく 実は…。

[よゐこ…]

(有野)
こんばんは。 よゐこ 有野です。

[相方 有野さんだから 知る

濱口さんの
知られざる 本当の姿とは?]

一番知ってるんじゃないですかね。
知ってると思いますよ。

(スタッフ)濱口さんは
どんな方なんですか? 普段。

そうは
見えないらしいんですけど…。

(スタッフ)テレビだと ちょっと
おバカなイメージがありますけど。

そうね。

もう みんなが…。

濱口さん 思ってはるから。

そっちを
選んでるんじゃないですかね。

そんなん…。

(スタッフ)全然 見えないなと思って。

まあまあ…
成功してんですね まさに。

ここから 本題になってくんですが
今日 お話があるという方が。

先ほどから 気になってると思う…
そちらに お座りになってますね。

(小澤)子供向けの学習塾
「清水式」の代表 清水先生です。

どうも よろしくお願いします。

何でも 清水先生 全国72カ所に
子供向けの学習塾…。

それに当たって…。

へぇ~ すごい。

ということで
よろしいんでしょうか?

ホンマですか?
うれしいですけど。

今は…。

もちろん…。

もちろん。
(渡邊)それでしたら…。

いや えーっと…。

そうですけど! それは
誰だって 出たいんですけども…。

一応 じゃあ
一緒に参加してください。

どうぞ どうぞ。 すごいですね。

[ということで おバカイメージが
あるが 濱口さんは 本当は

頭脳明晰であるということを
証明するため

小中学校レベルの常識問題を
出題]

それでは こちら!

次のことわざに入る言葉を
書きなさい。

もちろん これは 小学生とかでは
誰でも 分かります。

(齋藤)小学生用の問題ですよね。

できましたでしょうか。

それでは 一斉に出してください。
どうぞ!

雨降って地固まる 雨降って
地固まるで よろしいでしょうか?

こちらは?
(正解音)

正解でございます。
ありがとうございます。 もちろん。

ほらっ! ほらっ!
(岸)すごいですね。

まあまあ これぐらいは。

もう 数問やれば 証明できるとは
思いますが 一応 やりましょう。

こちら。

次の赤文字の部分を
尊敬語に直しなさい。

失礼ですかね この言い方だと。
(齋藤)ちょっと つっけんどん。

それでは
渡邊さん よろしいですか。

「ごらんになりましたか」
濱口さん。

これ… これは でも…。
言いません?

言うのかもしれませんが。
だいたい 後輩は こういうふうに。

言われますか?
「見はりました?」みたいな。

これは 今 もう 逆に…。

そうですよね。 関西では
多いかもしれませんからね。

(岸)
こういう方言 大事なんですよ。

の方が 丁寧なね。

(正解音)
ありがとうございます。

さすがです。 素晴らしいですね。
何か 変な空気になってません?

[おバカというイメージ戦略に
成功し

これまで 芸能界で活躍してきた
濱口さん]

[今夜…]

続いて じゃあ…
国民の三大義務を書きなさい。

これは 知っとかなければ
いけないですよね。

ちゃんと 定められてるものが…
これを 破ってる人というかね

最近は 増えてますが
あくまでも 義務ですからね。

権利ではございません。

国民の三大義務でございます。

それでは 渡邊さん お願いします。

これは 習いましたか?
(渡邊)はい。

それでは 濱口さん
国民の三大義務 お願いします。

納税して… 労働して お金を稼ぐ。

そのお金を 納税する。

そして ちゃんと 有休も
取りなさいということでしょうか。

(齋藤)これ 正解はね
あれですけれども 今…。

(小澤)確かに。

取らないと 駄目って。
今 特に…。

どちらにしても これは…。

正解ってことです。
(正解音)

続いて じゃあ… こちら。

非常な困難の中で 苦しみながら
一心に努力すること

という意味の四字熟語を
お答えください。

これは 小学生のときとか
中学生のときも

やったことあると思いますよ。
くれぐれも わざとみたいなのは

やめてくださいね。

はい それでは…
渡邊さん 見せてもらえますか。

どうぞ。

あ~ なるほど。
濱口さん お願いします。 どうぞ。

闘うという字… 伏せてますけど
こっから 持ってくるわけですか。

「闘戦粉闘」
(岸)ほぉ~。

ここに
答えが 書いてあったんですね。

ていう意味ですね。 闘え 戦え
粉のように闘えという意味。

(小澤)4分の3 闘ってますね。
そうですね。

『あしたのジョー』の
丹下 段平のような

闘え 戦え 粉のように闘え!
みたいな。

という意味では まあ…。

(正解音)
だいぶ 広く…。

(齋藤)センスがいいですよね。
こんな かばわれるか…。

もう これは 各自の考えとか
ないですからね。 こちらです。

これを 漢字で お書きください。

ホントに もう… 濱口さん
大丈夫ですよ。 覚えてるものは

素直に 覚えてるまんま
書いていただかないと。

漢字で おもしろ解答なんて…。
(齋藤)ちょっと ないですよね。

それでは 渡邊さんから
お願いします。

はぁ~ なるほど。 厳しい 格。

さあ 濱口さん どうぞ。

書きたかったんすけど…。

むしろ 病… 病格っていう…。

書いたつもりが…
びっくりしたんですけど…。

格は でも すごいですね。
格は 覚えてました。

病気のランクみたいなこと
なんでしょうかね。

(齋藤)やっぱり…。

(正解音)

続いて 「春はあけぼの。」で始まる
日本文学の

作品名と 作者は?

これなんかも もうね

間違いなく 学力テストに…。
(齋藤)そうですね。

今でも クイズ番組には
しょっちゅう 出てきますけど。

渡邊さん どうぞ。

というものだったんじゃないかと。

さあ 濱口さん どうぞ。
ちょっと…。

いや 合ってると思いますよ。
どうぞ。

「春よ 松とうや ゆみ」さん
ということですけどね。

「春はあけぼの。」から
始まりましたっけ?

これは テストですから。

(岸)でも 広い意味でいえば
やっぱり…。

未発表曲として
「春はあけぼの。」から…。

(正解音)
問題 変わったじゃないっすか。

ちょっと 英語の問題…。

次の単語を 英語で書きなさい。

英語… 英語!?

くれぐれも 濱口さん…
大事なスポンサーさんですから

くれぐれも 恥を…。

それでは
渡邊さん いきましょうか。

uncle。
「uncle」?

と言っておりますが 濱口さん
uncleでしょうか? どうぞ。

ancReto。

「ancReto」? しかも 突然…。

アンクレ… ancReto。
あっ ホンマや。

(小澤)ちなみに Lです。

(岸)これは…。

(齋藤)それに まあ…。

だから 今どきってやつなんです。

足首の方やったんか。

(岸)そうそう。
Retoおじさんっていう感じ。

うーん… アンクレットをしている
Retoおじさんとして…。

という意味では これは…。
(齋藤)そうですね。

(正解音)
ホンマですかぁ?

すっげえ かばってくれるなぁ。

何か
すっごい かばっていただけて。

かばってるつもり
ないですけどね。

大事なね 「清水式」のスポンサーさん
いらっしゃってますので。

ちょっと ここでね…。

後半戦 頑張ってもらいたいと。
応援メッセージが届いてます。 どうぞ。

[相方の有野さんから 濱口さんへ
熱い応援メッセージ]

じゃあ 濱口君
テストの方っていうのかな?

ありがとうございます。

はい。 ありがとうございまーす。
(スタッフ)ありがとうございました。

(スタッフ)でも さっき 哲学書とか
本ばっかり 読んでるって

言ってましたけど。

見たことあります。

(スタッフ)頭がいいって
おっしゃってましたけど あれは

違うんですか?

ちょ ちょ ちょ ちょ ちょ…。

(スタッフ)そのまま…。

いや
テロップ がんがん 出てたけど。

そうです。 全力でね。 わざわざ
スポンサーさん 来ていただいてるので。

てことになっちゃいますけど。
そりゃ もちろんです。

あれは 強引でしたよ。

(清水)ちなみに…。

(渡邊)はい。

何やねん!

ここに…。

(滝沢)[ナビゲーターは 私
滝沢カレンが お送りいたします]

カレンちゃん。

惜しい!

「しゅみ」で 合ってるんですか?

もう1回 とってあげた方が
いいんじゃないかな。

違う 違う。

振っといたって 読み方。

何か ツッコミにくいもんなぁ。

「ありがとうございます」?

何か 混ぜて
煮沸してんじゃない? これ。

すごいな。

違う 違う。
何か 料理 作ってはんねやって。

何か 別の物語 読んでる?
ずーっと。

ここで 渡邊さんから
ニュースがあるということですね。

(渡邊)ドラマ 『推しの王子様』が
木曜 夜10時から 始まります。

(渡邊)女性社長が 出会ったのは
推しキャラにそっくりな 駄目男。

僕が演じる 駄目男を
理想の男に育てていく

ロマンチックコメディーとなっております。
ぜひ ご覧ください。

さあ 以前…。

いや…。

実は 今 テレビ業界 全体が…
コンプライアンスって よく聞きませんか?

で…。

えっ!? あっ そうなんですね。

[ということで 濱口さんには
本日 不適切な発言がなかったか

コンプライアンス委員会のチェックを
受けていただきます]

コンプライアンス委員会 初めて 参加する
みたいですね 濱口さんは。

見てみましょうか。

あれっ? ヒコロヒー…。

(ヒコロヒー)私たちが 『脱力タイムズ』
コンプライアンス委員会です。

よろしくお願いします。
番組中の発言にですね

不適切なものがないかどうか
チェックさせていただいておりました。

(ヒコロヒー)まずですね
冒頭の辺りですね…。

(ヒコロヒー)濱口さん…。

たぶん 言ってると思います。

(ヒコロヒー)これがですね…。

思いましてですね。

「食ったツッコミ」?

まあ 優しい男ですから。

現場も…。

シーンってして。

「落ち着いて」!?

あと…。

(ヒコロヒー)繰り返すのみで
終わられていたんですね。

(ヒコロヒー)さすがに…。

(ヒコロヒー)その うれしさというのは
ちょっと 他にも 出ておりまして。

(ヒコロヒー)と おっしゃったときに
濱口さんが…。

と おっしゃってたんですけど…。

やめろや! そんなん。

(あいなぷぅ)あと
全体的な話なんですけれども…。

(あいなぷぅ)
ふわふわ ふわふわ…。

クイズが始まって
濱口さんの ボケた解答を…。

かばわれていたときもですね
あの~…。

アンクレットをしている
Retoおじさんのことではないか

というふうに言われ
濱口さん 「ホンマですかぁ?」と

おっしゃって
いたんですけれども…。

はい。

ちょっと待ってくれよ。

(ヒコロヒー)チェックをしてます。
(あいなぷぅ)はい。 あの~…。

あの~…。

「顔が デカイ」!?

あとですね…。

他のキャスターの方…。

て言ったときに 濱口さんが
さらっと言った…。

おっしゃってたんですけど…。

うん うん うん うん。
的確だったということでしょうか。

(ヒコロヒー)以上をもちまして
審査は 終わりです。

われわれ コンプライアンス委員会から見た
結果を お伝えします。

(ヒコロヒー)濱口さん…。

(ヒコロヒー)またの出演
お待ちしております。

ありがとうございます。

(スタッフ)はい OKでーす!
お疲れっした。

それだけは やめてほしい!