それって!?実際どうなの課[字]【1週間ツボ押し続けたら!?】【生瀬の300ヤード挑戦】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【1週間ツボ押し続けたら!?】【生瀬の300ヤード挑戦】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【1週間ずっとツボを押し続けたら痩せるのか!?】
【還暦・生瀬課長の100日計画!300ヤード挑戦が完結】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/餅田コシヒカリ(駆け抜けて軽トラ)
番組内容
①【1週間ずっとツボを押し続けたら痩せるのか!?】
「ツボ」を押すだけで痩せるって噂、知ってますか?
ツボは臓器や器官と繋がっていると言われ、押すだけで血流が良くなったり、体の様々な不調を改善できると言われているが…
子どもの頃からずっとぽっちゃりだった女芸人・餅田コシヒカリが1週間ずっとツボを押し続けたら実際どうなるのか徹底検証!
果たしてどれだけ痩せたのか!?
番組内容2
②【還暦・生瀬課長の100日計画!300ヤード挑戦が完結】
アマチュアゴルファーではかなり難しいと言われる300ヤードを、飛距離207ヤードの課長が目指す!100日間トレーニングに挑んだ生瀬課長。
強者が出揃う「ドラコン大会」に挑戦!結果はいかに!?
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 餅田
  2. 森川
  3. 課長
  4. 大島
  5. ツボ
  6. 松本
  7. ハハハ
  8. ヤード
  9. スタッフ
  10. 吉田
  11. 本当
  12. 今回
  13. 松本プロ
  14. 生瀬課長
  15. 体重
  16. cm
  17. スタート
  18. 山本
  19. 飛距離
  20. お願い

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<皆さん ツボを押すだけで
痩せるって噂 知ってますか?>

(森川)あぁ 聞いたことある。

<ツボは臓器や器官と
つながっているといわれ

押すだけで…>

<…など さまざまな…>

<…できるといわれている>

<さらに「たった10秒で
やせるツボ」という本も

出版されているほど>

<しかし…>

<そこで我々「実際どうなの課」は
皆さんのために…>

<…を 徹底検証>

<…この人>

<果たして…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします!
(森川)お願いします。

今回は餅田君が痩せるツボを
1週間 押し続けてきたそうですと

(大島)自分で やってたら…

(大島)はい。

いや でも ずっと若い頃から…

えぇ~?

10秒だよ?

<1日10秒で それだけの効果が
出ると言われているのならば…>

<…出るのではないか?>

(餅田)…私。

<それでは
ガリガリになる前に餅田の…>

いや どうした?
(森川)すごい!

(スタッフ)また おなかがご立派に[笑]
(餅田)ご立派ですね はい。

<体重は?>

(スタッフ)97.5kg。

<今回で3回目だが

毎回 初期体重が増えている>

<ツボは…>

<…といわれているため…>

<なので今回は…>

<…を計測する>

<まずは…>

<しかし 恰幅が よすぎて…>

<さらに…>

<それでは…>

(大島)えぇ~ そうなんだ。

<専門家いわく ツボは…>

<…が あり…>

<…と されている>

<しかし足裏と手のひらは…>

<…と いわれている>

(餅田)はい。

湧泉。

<…できるツボといわれている>

(餅田)ちょっと待って[笑]えっ?

足の裏まで太ってるの?

(餅田)ちょっと待って。

<餅田は典型的な…>

(餅田)だけど…

ふぅ。

(餅田)すみません[笑]

<ツボ押しに…>

(餅田)出た!これ うわっ!

これ右と左 違うんですよね。

<まずは…>

(華丸)いや 無理でしょ。

(餅田)せ~の。

痛い!ちょっと待って[笑]

ちょっと待ってって。

ここ。

<ここが痛い人は…>

(スタッフ)…て書いてあります。

(餅田)そうじゃなくても…

すごい 正解じゃん。

<しかし…>

(餅田)あぁ~っ!

どこ?どこ痛い?

(餅田)本当に痛いの…。

<足の裏 全てに
激痛が走る!>

(餅田)こんな感じです。

(森川)ほぼ赤い。

(餅田)はい。

<「たった10秒でやせるツボ」
著者…>

(吉田さん)…あります。

(吉田さん)ここの…

はいはい あるある。

<…効果があるといわれている>

(吉田さん)ふぅ~っと…

(吉田さん)ぐ~っと。

(吉田さん)…ようなかたちです。

痛いですよね?(餅田)痛いです。

(餅田)はい。

(吉田さん)…にして
いただきたいんですね。

<…を置くことが必要>

<さらに 妊娠中や術後

飲酒後や食後の30分は
消化に集中させるため…>

<…と されているので
皆さん ご注意を>

(吉田さん)おなかの…

(餅田)ここに はい 当てました。

(餅田)はい。

(吉田さん)ふぅ~と…

(餅田)ふぅ~。
(吉田さん)1 2 3 4 5。

今度…

上下に。(餅田)ふぅ~。

(吉田さん)縦に
揺らしていただきます。

1 2 3。

<これも…>

<…行っていく>

<その他にも…>

<…など この…>

<…を基本に>

<他にも40個のツボを
教わった餅田は…>

<押し続けること…>

<餅田が楽しみにしている…>

<今回は食事制限されたと
思われたくないので

餅田の体形 体重から算出した

日頃と同じ摂取カロリー…>

結構だな。

<食事中も
ツボと向き合えるように…>

<…を用意>

<さらに…>

(餅田)毎回。

(餅田)さすがに…

(餅田)ハハハ…[笑]

<昼食後は…>

<また ひたすら
ツボを押し続ける>

(餅田)ちょっと…

<なるべく…>

痛いよ。

(餅田)いやいや…[笑]

(餅田)最後 何だ?これ。

最後…痛い。

痛い 痛い…!

バキッていった 痛い。

<そして先生の動画を見ながら
ツボを押し続けること…>

(餅田)えっ?

全然…

<確かに
もんだ右足の方が

明らかに赤い>

<さらに我々は…>

(餅田)…足 今。分かります?

(餅田)餅田目線。

<なんと 押していた右足の形が
変わっている>

<そして そこから
押しっぱなしで…>

<お待ちかねの…>

<夕食はボリューム満点の…>

<大好きな白米も
大盛りで食らう>

(餅田)なんか ちょっとだけでも…

(餅田)本当に分からないですね。

<さらに…>

(餅田)…体的には。

<それでは
体重の計測からスタート>

<取ったカロリーは…>

<…ツボを押すだけで…>

<いざ!>

<体重は?>

おっ!?
おぉ~。

(森川)あれ?

(森川)えぇ~!

<前日113cmだった
ウエストは?>

えっ?

<なんと…>

そんなに落ちるの?これ。

<そして下腹は-1.5cm>

<太ももは0.5cm増えたが

内臓脂肪は2.0減った>

へぇ~ すごい。

<さらに!>

(餅田)止まらなくて。

<なんと…>

(大島)ハハハ…[笑]
(森川)へぇ~。

<ツボを押したことで…>

<…しれない>

<この日は…>

<…なので>

これは痛いよ。

(森川)あぁ~。
(大島)痛いよ。

(餅田)…これで。

(森川)ハハハ…[笑]
(大島)ハハハ…[笑]

(餅田)痛いって!

(森川)ハハハ…[笑]

<無事…>

<収録中も足裏の湧泉を
刺激しながら>

<…も押し続ける>

<そして きょうのメニューは

焼きそばに
フライドポテトという

油たっぷりセット>

(森川)すごいな。

(森川)ハハハ…[笑]

<その後は商店街に…>

<しかし…>

心配になるわ。

ハハハ…[笑]

(森川)うわぁ~。

まだ
慣れないんだな。

<途中…>

いや~大変これ。

あぁ~ 大変。

<それでは 体重の計測から
スタート>

あれ?なんかちょっと。
なんか小さくなってる。

<そして…>

<…ガッツリ食べた 餅田>

<果たして
カロリーが勝つのか

ツボか勝つのか?>

<いざ!>

<体重は?>

(森川)どうだ?

(森川)おぉ~。

(大島)すごい。

<続いて
ウエストは?>

えぇ~。
(森川)えぇ~。

(大島)すごい。
(森川)すごい。

<さらに下腹は4cm減ったが

太ももは0.5cm
増える結果となった>

内臓脂肪が減ってるな。

<こうして餅田は…>

(森川)ハハハ…[笑]

(餅田)中カンです。

<痩せるツボを覚えるために…>

すごい!

(餅田)ここ痛い。
(小野島)あぁ~ 痛い。

(餅田)いとうせいこう
三陰交って…

(小野島)本当だ
ジャパニーズラップの創始者か。

<足ツボを押しながら…>

なんで[笑]

それぐらい掲げてよ。

<足ツボ板に…>

<買い物も悲鳴をあげずに
行けるように>

慣れるもんなんですね。

(森川)すごい。

(餅田)これだけ…

(餅田)…ていうのにも
驚きましたし それがね…

(餅田)…だんだんと…

そうです
そうだよ。

<こうして…>

<…餅田>

1週間か。

<どのくらい
減ったのか?>

<体重は?>

こい!
(森川)どうだ?

あっ!
(森川)おぉ~!

(森川)すごい!

<そして113cmだった
ウエストは

どのくらい
減ったのか?>

(森川)おぉ~。

<なんと…>

すごい。
(大島)すごい。

<さらに すごいのは
下腹は初日から-12cm>

<太ももは-1.5cm>

<内臓脂肪レベルは
3.5も減った>

<検証前に比べると
おなか回りがスッキリし

お尻の位置が
高くなっている事がわかる>

あぁ~ 本当だ。
本当だ。

<この結果に吉田先生は>

(餅田)これです。

えっ!?

<初日と
比べると…>

(餅田)…ていうの 本当
分かりましたね。

<ということで…>

<…ご覧の通り 痩せた!>

出た。

(森川)あ~っ!
きた きた。

<課長の権力により…>

<名付けて…>

<アマチュアゴルファーでは
かなり難しいといわれる

300ヤードを

飛距離207ヤードの
課長が目指す この企画>

<ゴールは 6月に行われる

ゴルフの飛距離を競う
ドラコン大会に出場し…>

<…の 指導のもと>

<…に挑んだ 生瀬課長>

<こよい
長きにわたる挑戦が

ついに完結!>

<男・生瀬勝久が
60歳の意地を見せる>

おぉ~!
ナイスショット。

<果たして!?>

というわけで…

(森川・大島)おぉ~!
もう きょう全て。

<これは…>

<207ヤードから始まった
課長の挑戦>

(松本さん)…を高める。

細かい技術。で 最後に…

おぉ~ 精神力もある?

<300ヤード達成のため
日々 練習を重ねる 生瀬課長>

<そして…>

もう
42日目 きた。

<この日 我々は
都内某所に呼び出された>

<実は 自分に合ったドライバーを
見つけることも

飛距離を伸ばすのには
重要な要素>

<そう!きょうの目的は…>

<300ヤード飛ばすための…>

<この方が 今回 課長の
ゴルフクラブ選びを手伝ってくれる…>

<しかし 課長が
コネで つながっているのは

山本さんではない>

僕の…

四十何年だよね。

ねぇ。

…に なられて。

<なんと 西野さんは…>

<その代表取締役を務められる
すごい お方>

社長に?
(山本さん)そうです そうです。

そうなんですよ。

(山本さん)あぁ~ ちょっとね…

(山本さん)…しれないぐらい
自信があります。

OK OK…!それを ぜひね。

(山本さん)例えば 車でいうと
乗用車だとすると…

<コネを存分に利用し

特注のシャフトを
手配してもらった課長>

(大島)違うんだ。

(西野さん)あれ ヤバイですね。

<山本さんの…>

<その後も 課長は…>

<…を打ち込み>

<…も欠かさない>

<すると どうなの課メンバーも
異変に気付く>

(森川)確かに!

ねぇ。
あのね…。

<そして収録が終わるや いなや>

え~っ!
(大島)すごい[笑]

すごいなぁ。

(森川)すごい!

<番組収録の前後にも取り組む
ストイックぶり>

<そう それほどまでに

300ヤードへの道のりは険しい>

<とあるデータによると

アマチュアゴルファー 1347人の中で

300ヤードを超える人は

たったの1人>

<その難しさは これで伝わる
かと思う>

<しかし 接待48日目の時点で>

僕はね…

(スタッフ)すごい!

え~っ!もう
ここまで きてるの?

うわ~!
どんどん。

(スタッフ)今の よかったですね。
よかったですね。

<課長は…>

<ひたすら
ボールを…>

うわ~!
(森川)え~っ!

本当に。

ねぇ?

<練習を積み重ね

順調に夢へと近づいているかと
思われたが>

(大島)うわっ
すげぇ。

何?
(大島)どうしました?

(森川)え~っ!
(大島)ヤダ!

え~っ!
(森川)ウソ。

(大島)痛い 痛い。

<ゴルフの…>

<骨には 異常は なかったが
筋を痛めたようだ>

<そして…>

<やって来たのは…>

<きょうは ここで…>

<…を 行う>

ハハハ…[笑]

…なんですけどね[笑]

<そして 今回の…>

<飛距離が 分かりやすいように

目印として
300ヤードラインを設置>

<つまり ここを越えれば…>

<ドラコン大会では
ボールは1人6球>

<2分30秒以内に
打たなければ ならない>

<今回は 大会を想定し
同じルールで行う>

はい。
(松本さん)もう…

全球マン振り。
(松本さん)はい。

はい。

…いきましょう。
分かりました。

<とはいえ 怪我の悪化を
考慮すると

あまり…>

6球 ちょっと なんとなくね。

<さぁ ここまでの成果を
出しきれるか?>

あ~っ。
(スタッフ)あぁ~。

<1球目は 大きく逸れて
林の中へ>

やっぱ
体かばってますね。

<その後も…>

<迎えた ラスト…>

おっ!
ナイスショット。

はい。

ハハハ…[笑]えっ?

<その記録が>

おっ!

あと。

<300ヤードには
届かなかったが…>

<…が 出てくる!>

<大事を取り…>

<ドラコンは
フルスイングするが故

真っすぐ飛ばすことは おろか

ボールを捉えることすら
難しい>

<しかし このあと
課長が…>

(松本さん)OK。
(生瀬)うん。

<松本プロから
アドバイスを もらった課長>

<ここで…>

<全身のバネを使った
会心の一発!>

(松本さん)行け!

おっ!
(スタッフ)ナイスショット!(松本さん)行け!

<打球は ぐんぐん伸びていく>

(大吉)行け もう転がれ!

行け!あっ!
(華丸)出てる。

どうだろう?
さっきと どうなんだろう?

(スタッフ)さっきより 遠くないですか

<果たして…>

うん?

(森川)え~っ!

(スタッフ)すげぇ すげぇ!

いや~ あそこ
ラフに いかなければ。

(松本さん)すごいです!
いや~!

<もう一度 ノーカットで
ご覧いただこう>

<課長の放った 鋭い打球は

その勢いのまま 転がり>

転がってる 転がってる。

<300ヤードラインの
ほんの手前で停止>

<結果は なんと…>

いや~ 本当…

<そして…>

これでね…

…とかって 言ってもらえるような

<いざ ドラコン大会へ!>

<果たして 生瀬課長は…>

<そして 運命の日がやって来た>

(森川)緊張する。

<戦いの舞台は…>

<今大会は日本プロドラコン協会
が主催する 公式試合>

はい。

<課長が出場するのは…>

でもね…

もう 震えちゃって?

(大島)そうなんだ。

その辺は 大丈夫だと
思うんだけどな。

うわ~っ 雰囲気。

風が本当に こっちで吹いてりゃ。

(松本さん)そんなに…

(松本さん)…かな?ていう感じです。

飯塚さん。

<松本プロが出場するプロの部>

<今大会の優勝候補の1人が
この男>

<通称
ドラコン会の阿修羅>

<そして
大会の開会式がスタート>

≪関東エリア大会いよいよ
スタートしてまいりたいと思います。

≪よろしくお願いいたします。

そして時間は…

友近やってるの?

(大島)友近さんに見えてきた。
友近じゃないよね?これ。

<つまり
ボールのセットを含めて

1球あたり25秒しかない>

<また コースの…>

<つまり>

<打ったボールは
この範囲に入らないといけない>

<パワーだけでなく コントロール
も必要とされる競技なのだ>

≪それでは
スタートしてまいりましょう!

レディー ゴー!

<プロ・アマ問わず
飛ばし屋たちが集まるドラコン>

いい体してるわ。

(松本さん)尋常じゃないぐらい
速い人が1人います。

<しかし どれだけ強靱な肉体と

高い技術を持っていても

制限時間とプレッシャーから

コントロールが
乱れる選手も多い>

…と なりました。

<飛距離を出す前に まずは…>

<例えプロでも
記録にならなければ

勝負の舞台にすら立てない>

女子大生。

≪1番ボックス 鈴木真緒選手
お願いします!

≪お~っ!
≪これは いい!

<強いメンタルで…>

<これが…>

<今大会の中では
課長の出場する…>

<本番をイメージし

徐々に集中力を高めていく>

<すると先に…>

<実は松本プロは…>

≪公式最長飛距離422ヤード!

≪飯塚孝幸選手!

松本一誠プロです!

<2人の最長飛距離の差は
わずか7ヤード>

<運命のリベンジマッチが
幕を開ける>

それでは いきましょう!
レディーゴー!

1球目。

<先に打ったのは阿修羅プロ>

<続いて松本プロも追いかける>

<松本プロ>

≪そして いった!一誠!

≪これは 戻ってくるか?

<見事な放物線を描き>

≪OK!ナイスイン!

<フェアウエーに乗せた!>

≪きた!きた きた…!飯塚選手!

<2打目は阿修羅プロも
フェアウエーに入れてくる>

≪そして松本一誠!

<…が 繰り広げられる>

<そして
勝敗を決定づけたのが…>

≪そして松本一誠!
ここは くるでしょう!

<松本プロ
こん身のドライバーショット>

降りてこない
今 来た。

<その記録が>

<見事プロ部門は
351ヤードをたたき出し

松本プロが優勝>

<そして>

<運命の時がやってきた>

はい しましょう。

<生瀬課長…>

<今回の…>

<課長のライバルは こちらの…>

≪お待たせいたしました
本日の最終組の

選手をご紹介させていただきます。

よろしくお願いします。

いっちゃいましょう!

<果たして…>

≪2分30秒 レディーゴー!

≪さぁ 誰からスタートしてくるか

<課長の…>

<弾道が上がらず 失敗>

≪まずは様子見。

≪ナイスショット
さぁ倉持選手 右方向です。

≪ナイス!

<弾道は良かったが

右に大きく それてしまった>

<しかし ここで菅原選手が
決めてきた>

<フェアウエー…>

<さらに…>

<…に 乗せた>

<一方 課長は>

<ケガの影響か 緊張か>

≪ここから ここから!

<徐々に追い詰められていく>

<しかし課長 ここで…>

<いまだフェアウエーに乗れず

追い詰められる課長>

<だが ここで>

(大吉)ここで?

≪きたきた…!ナイスショット!

<弾道は 真っすぐ>

<フェアウエー!>

<しかし…>

<1位には届かず>

(華丸)とりあえず
記録は残った。

<だが練習の成果を…>

<ケガの痛みに耐え

持てる力を振り絞る>

(松本さん)いや 惜しい!いい球。

<飛距離は十分だが

大きくそれて 林の中へ>

<泣いても笑っても ラスト1球>

<生瀬課長よ…>

<目指すは300ヤード>

<運命の>

<一球!>

(生瀬)あ~っ しまった!

あ~っ。
≪ありがとうございました。

≪それでは大きな拍手を
お願いいたします。

<こうして生瀬課長の…>

<生瀬課長は残念ながら
247ヤードの記録となった>

(スタッフ)お疲れさまでした。
お疲れさまでした。

<ということでドラコン大会…>

(松本さん)いいんじゃないですか?
伸びたよ 転がってる…。

<課長 ドラマ以上のドラマを
見せていただき…>

いや~…

何か本当に いやもう…

だから…

でも…

…やって。
(大島)あ~っ そうですか。

何か つき物が取れたじゃ
ないですけど 何か…

(華丸)このあと練習
ないですもんね だったら…。

でも…

(一同)え~っ!

(森川)うわっ!
(大島)ハハハ…[笑]

(♪~)

(♪~)