日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館[字]

噂は本当!?検証ハナタカ…マニキュアは氷水につけると早く乾く!?という噂の検証▽目をつぶると足のどの指を触られているか分からない!?という噂の検証

◇番組内容
ウワサは本当!?検証ハナタカ
・氷は水から作るよりお湯から作った方が早くできる!?という噂
・マニキュアは氷水につけると早く乾く!?という噂
・風鈴の音を聞くだけで体温が下がる!?という噂
・キンキンに冷えた氷水に足を入れてもお札を数えると冷たく感じない!?という噂
・目をつぶると足のどの指を触られているのか分からない!?という噂
◇番組内容2
ひとりひとつ選んで!実演ハナタカ
・生卵の片手割りに挑戦!
・ジャガイモを調理する前にやるべきことは何?
・足だけで空き缶の積み上げに挑戦!
ほか
◇出演者
【MC】上田晋也(くりぃむしちゅー)、有田哲平(くりぃむしちゅー)
【ゲスト】柴田理恵、長嶋一茂、若槻千夏、久間田琳加
【進行】山本雪乃(テレビ朝日アナウンサー)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/hanataka/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – クイズ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. 若槻
  3. 柴田
  4. 長嶋
  5. 山本
  6. 久間田
  7. ホント
  8. トンカツ
  9. 一同
  10. 全然
  11. ウワサ
  12. 一茂
  13. クリア
  14. 時間
  15. 首里城
  16. カラ
  17. 結構
  18. 検証
  19. 三谷
  20. 普通

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



その情報やウワサは本当なのか?

検証ハナタカ。

水よりもお湯の方が
早く氷が作れる?

まさか… それ 本当なの?

どう考えても 温度の低い水が
先に凍りそうだけど

そんな事があり得るのだろうか?

(スタッフ)では
同時に凍らせていきます。

1時間経ちました。
チェックしてみます。

シャーベット感って感じですかね。

(スタッフ)ちょっと
お湯の方 触ってみて。

(スタッフ)ちょっと触ってみます。

(たたく音)
(スタッフ)あっ… すごい!

確かに お湯の方が早く凍った!

なんで?
えっ?

「ムペンバ効果」
っていうみたいなんですけど

なんか 原因は
よくわからないんですけど

なんか 物質によっては

温度が高い方が
早く冷える事があるみたいです。

(スタッフ)えっ どういう事?
そんな事あるの?

もっと こっちの方が早いという
不思議なウワサ。

(スタッフ)マニキュアって 普通
どうやって乾かすんですか?

では まず 普通に乾かすと…。

(若槻)結構かかるよね。

(スタッフ)やっと乾きました。

綿棒に付かなくなるまで12分。

(長嶋)そんなかかるのか。

では ドライヤーだと…。

(スタッフ)まだまだですね。

3分では まだ乾かない。

(若槻)ドライヤーより早いの?

その後
1分間隔で確認したところ…。

(スタッフ)あっ 乾きました。

結果 6分。

(スタッフ)じゃあ
氷水でやってみます。

情報によると

マニキュアを塗ったら
30秒くらい待って

氷水に入れるみたいです。

ぬらすと なんだか
逆効果のような気もするけど…。

本当に
乾燥させるよりも早く乾くのか?

(スタッフ)ちょっと確認してみようか。
(スタッフ)はい。

(スタッフ)本当?
(スタッフ)本当です。

(若槻)3分で?

(スタッフ)マジ?
(スタッフ)マジです。 乾いてます。

通常の4分の1
ドライヤーの半分の時間で乾いた。

なんでも マニキュアは
温めると やわらかくなり

冷やすと固まる性質が
あるのだそうだ。

料理にまつわる
こっちの方が早いウワサが。

魚料理をする時って

塩で余分な水分を抜くのが
一般的だけど…。

実は 砂糖の方が
効率良く水抜きできる!?

(スタッフ)これ
味とか大丈夫なんですかね?

(スタッフ)まあ
とりあえず やってみるか。

(スタッフ)そうですね。

塩と砂糖で比べてみると…。

(長嶋)あっ ホントだ。
すげえ出てる!

30分で
これだけの差が出ましたが…。

ぶっちゃけ 味は どうなの?

甘くなっちゃってないの?

両方とも同じように焼いて

何も伝えず
和食のプロに食べてもらった。

(スタッフ)どっちの方が…?

(スタッフ)あっ そうですか。
(冨澤さん)はい。

こちらはね 多分ね…。

(スタッフ)えっ わかるんですか?

これはね

(スタッフ)あっ そうなんですね。

もちろんね

(スタッフ)へえ~ なるほど。

なんでも 砂糖は

塩に比べて分子が大きく

中に入りにくいそうで…。

浸透圧で
より水分が抜けるのだそうだ。

夏に試したい こんなウワサも。

スイカって
種は付きものだけど…。

種なしになる切り方がある?

えっ ウソ!? どうやって?
(長嶋)マジで?

情報どおりに やってみます。

(スタッフ)まず スイカの

(スタッフ)そうしたら
模様と垂直に包丁を入れます。

すると
こういう形の筋が出るのですが

この間を切りぬくと

種なしスイカになるという。

(スタッフ)
1個ぐらいはありそうだけどね。

(スタッフ)そうですよね。

(長嶋)ああ そこの間だけか。

(スタッフ)あっ ホントだ!
種が全くないです。

(長嶋)そこだけね。
(柴田)そこだけを切る…。

(長嶋)ここだけです。

スイカの種は
大体 真っすぐ並んでいるため

避けられるのだそうですが…。

1玉からは数切れだけ。

試したい方は どうぞ。

この時期 特に美味しい
アイスだけど…。

カチカチで食べづらい事
ないですか?

(若槻)ある。
うん。

それが 保存袋に入れ凍らせると
かたくならないらしい。

冷気が直接当たらない分
凍りづらそうではあるが…。

そこまで
違いが出るものなのだろうか?

丸一日凍らせ 比べてみた。

そのまま冷凍した方は
もちろん…。

(たたく音)

(若槻)カッチカチ。

では 保存袋に入れたアイスは?

(スタッフ)見た目 どう?

(スタッフ)若干 やわらかくなっている
ようには見えます。

(スタッフ)スプーン入れてみて。

(スタッフ)わっ! やわらかい。

おっ!
めちゃめちゃやわらかいです。

なんか 食べやすいような

すごいやわらかいような感じに
なってます。

なんでも
アイスのやわらかさの要因となる

空気が逃げないため

かたくならないと考えられる。

缶の飲み物を超高速で冷やせる
というウワサ。

買ったばかりで ぬるいけど
すぐ飲みたいって時…。

氷や氷水を使うって人も
いますよね。

キンキンに冷えるまで
1時間かかりましたが…。

(長嶋)1時間 置けばね。

もっと早く冷やせる方法が
あるらしい。

なんでも
電車のおもちゃを使うそうだが…。

では やってみます。

(スタッフ)電車の後輪だけを
缶の上に乗せるみたいです。

(スタッフ)スイッチを入れます。

(スタッフ)うわっ 回った 回った。

(スタッフ)すごい。
氷の上を滑るように回ってる。

(柴田)あれ なかったら
どうすんの?

(長嶋)手で回せば…。
(柴田)手で?

回転する分 早く冷えそうだけど
どれほど早いのか?

(スタッフ)これ
どのくらい回せばいい…?

(スタッフ)2分?

2分後の温度は?

(柴田)うわっ すごい!
(長嶋)早え。

4.6度。

氷で1時間 冷やしたのと
同じ結果に。

へえ~!
これは早い。

早急にプラレール買いたいね。
(柴田)プラレール欲しい。

あんな 2分ぐらいで
冷えるんならね。

なんか あるじゃん 人が来て

あれ? ビールぬるいのしかない
冷蔵庫 冷えてないみたいな時ね。

焦りますよね。

あれ

どっかで聞いた事ある話。

ネットで見つけた情報は
本当なのか?

とりあえず試してみよう。
検証ハナタカ。

試してみたくなる
体の不思議なウワサ。

風鈴の音を聞くと
涼しく感じたりしませんか?

実は
本当に体温が下がるらしい。

風鈴の音だけを聞いてもらい

サーモグラフィを見てみると…。

(若槻)えっ…。
(柴田)ああ~?

確かに 表面温度が下がった。

番組の検証では
5人中4人に変化があった。

多くの日本人は 風鈴を聞くと

風が吹いているから涼しいと
連想するらしく

脳が 実際の神経に
影響を与える事もあるそうだ。

キンキンに冷えた氷水。

これに足を入れると 当然…。

まあ こうなりますが…。

ホント?

先ほどの女性に1万円札を渡し
氷水に入ってもらった。

一緒だろ そんなもん。
そうだよね。

ええ~?
ハハハハハ…!

ホントかよ?
(若槻)すごい。 長い。

でも 数え終わると…。

こちらの方も…。

ハハハハハ…!
(若槻)数えるのが速い。

なんでも お札を数える事が
快楽と感じる事もあり

人によっては 痛みが
軽減すると考えられるそう。

目をつむると 足の どの指が
触られているかわからない?

ウソ?
へえ~。

では 目を閉じてください。
はい。

この状態で
人さし指 中指 薬指の3本は

どれを触られたか
当てられないという。

(長嶋)そうか?

いきますね。
はい。

(スタッフ)何指でしょう?

えっ? えーっと…。

(スタッフ)薬指です。

全然わかんないです。

なんで わかんなくなっちゃうの?
へえ~。

色んな人で試しても…。

(スタッフ)どの指でしょうか?

中指です。

どこの指でしょう?

人さし指です。
えっ ホントですか?

スタジオでも検証してみましょう。

一応 じゃあ 目 つぶって…。
目 つぶろうか。

目で… うん。
でも 久間田さんの場合はな

だから 見ててもわかんない可能性
あるもんね 久間田さんの場合は。

(一同 笑い)
えっ なんでしたっけ? みたいな。

久間田さん…。

ウワサを検証!

(山本)では 参ります。

(山本)はい。

(山本)はい
正解は中指です。

えーっ!?
(長嶋)わかんねえんだ…。

(山本)ちょっと もう一回だけ
こっちの指でしましょうか。

はい こちら側の指でいきます。

(長嶋)わかんないんだ。
そうなんだ。

えっ どっちだろう? えーっ…。

(山本)薬指です。

ホント わかんなくなるんだね。
えーっ ウソ…。

やっぱ 全然わかんなくなるの?
目 つぶると。

なんか 多分 3本とも
同じ感覚に思えるんですよ。

あっ そう。
(長嶋)ホントですか?

なんでも この3本の指は

脳に伝わる神経回路が同じなので

間違えやすいのだとか。

前掛けのリュックが
一瞬で後ろに?

腕を
このように内側でクロスさせ

思いっきり
上に向かって広げると…。

以前 こんな事を
紹介しましたが…。

今回は ショルダーバッグが

一瞬でリュックになる
というウワサを検証。

では やってみまーす。

まずは
ショルダーバッグを裏返して…。

首に かけます。

そして 両腕を内側から通します。

最後に このまま
後ろに投げるみたいです。

後ろに投げるって何?
(一同 笑い)

じゃあ いきます。

(若槻)ハハハハッ!
(柴田)おおっ!

(久間田)ちょっと…。
(若槻)子ども 好きそう。

(山本)確かに。
(若槻)子どもやりそう これ。

すっげえ上の方に
来てるけどな。

(柴田)すごい上。
ぎゅんってなります…。

ひもの間に腕を通して

かばんを
頭の上に放り投げると…。

(久間田)あっ そういう事か。

こういう状態になるみたいです。

じゃあ あれ
一茂さん やってみますか。

(長嶋)あっ いいですよ。
(山本)では ご用意します。

これぐらい… どうやるんだっけ?
こうやって かけるんだっけ?

(山本)反対ですね。
反対にしてください。

裏面にして リュックを…
で かける。

で 腕 通して…。
(山本)両手を中に入れて

そのまま かばん持って頂いて
後ろに投げてください。

(山本)はい…
で 調整してください 自分で。

これは… どうだろう?

大リーグ養成ギブスみたいに
なってるから。

(一同 笑い)

リュックっていう感じでは
ないけどね。

でも 子どもとか好きそうですよね
こういう…。

ジョギングとか? ジョギング。

これ できますよ。 これで。

ちょっと走ってみてもらえます?
せっかくなんで。

財布とか入れる場所がない場合
あるじゃない。

携帯とか。
うん。

そういう時は これね
トレーニングの時とか

いいかもしれないですね。
(長嶋)はい。

(一同 笑い)

しばらく ちょっと 一茂さんには
そのままでいて頂いて…。

離れていても
ヒソヒソ話ができる!?

いや これ ホントに
聞こえてないんですか?

離れていても
ヒソヒソ話ができるとの情報が。

(小声で話す声)

耳元でささやくボリュームなのに

これくらい離れていても
聞こえるというが

普通にやると 当然…。

(若槻)絶対 聞こえないよ。

情報によると
使うのは 傘とアルミホイル。

このように
内側にアルミホイルを貼り

向かい合わせに設置。

これで 互いのヒソヒソ話が
聞こえてくるというが…。

(小声で話す声)

(小声で話す声)

(スタッフ)えっ なんて?

確かに 聞こえていたようだ。

あれ ホントに聞こえるのかね?

これも ちょっと
実際にやってみましょう。

じゃあ 有田さんと一茂さんで
これ いってみようか。

これで?
ええ。

アルミホイルを貼り付けた傘を

およそ5メートルの距離に設置。

これは…。

(山本)はい 聞こえない声で…。

多分 そういう事なんでしょうね
ヒソヒソ話だから…。

(山本)私が 今 やるような
声の大きさでお願いします。

こんにちは…。
あっ それぐらいでいいんだ?

(久間田)ちっちゃい!
(山本)もう 寝起きドッキリの…。

なるほど なるほど。
あのぐらいね。

(山本)じゃあ どちらに…。
いきますよ。

じゃあ 有田さん… うん。
いいよ。

(小声で話す声)

(若槻)聞こえない。

(小声で話す声)

俺は 全然聞こえない。 ホントに。

(柴田)全然聞こえない。
聞こえない? そっちも…。

(若槻)聞こえないです。
一茂さん 聞こえました?

なんて言ってました?

(スタッフの笑い)
違います。 もう一回 言います。

もう一回…。

キュウリ おめでとうございます。

あっ そうです そうです。
(柴田)おーっ!

全然 聞こえない?
(久間田)わからなかったです。

わからなかった…。
すごい!

ホントに… キュウリの件。
なんで 俺が キュウリなの?

堂々とは言えなかったので
これを使って…。

言ってる ずーっと。 堂々と。

ちょっと ちっちゃい声で…。
俺も 聞きたい 聞きたい。

じゃあ
ちょっと 一茂さんの方から…。

いい? 言って。
はい。

マンゴー 持ってくから。

あっ なるほど。
えっ なんて?

あっ そう。 よかった よかった。
(若槻)よかった!

やっぱ ちゃんと聞こえるんだ!
いや ただ…。

ホントにクリアに聞こえるの?
クリア!

(若槻)なんにも聞こえない。
っていうか

この辺ぐらいから 普通に…。

今のは 「マンゴー 持って帰る」
って言ってたんですけど

この辺ぐらいから 「俺 マンゴー
持って帰るから」って言われてる

こんな感じ。
(若槻)そんな大きな声で!?

ここにいて
全然聞こえないです。

専門家によると

発した声が アルミで反射し

傘の形状により

このような方向へ。

その音が
もう一方の傘にぶつかると

一点に集まるため

よく聞こえるのだという。

これ すごいね。 聞こえるんだね。

これ なんか… 変な感覚。
なんか ラジオみたいな…。

(若槻)へえ~!

調味料を自由自在に出せる!
というウワサ。

とはいっても 振り方次第で
なんとなく調整できるけど…。

(スタッフ)調味料容器を よく見ると

底のところが凸凹なんですよ。

ここをこすり合わせると

調味料が 出たり 止まったり
するみたいです。

(若槻)どういう事?
どういう事?

では やってみます。

(スタッフ)おお~ 出た 出た 出た!

おおっ!
こすってると出るんですね。

(スタッフ)じゃあ 止めてみて。
(スタッフ)はい。

おっ 止まった。
(スタッフ)出して。

(スタッフ)おおっ!
(スタッフ)止めて。

(スタッフ)おおっ!

(スタッフ)止めて 出して。
止めて 出して。 おお…!

(スタッフ)おお~!

正直 役立つかわからないですけど
やってみると楽しいです。

(スタッフ)楽しかった?
(スタッフ)楽しかったです。

ここから じゃあ やってみますね。
はい。

(柴田)あっ 出る! あっ 出る!

(若槻)出てくる!
おお~!

(柴田)どうして?

(若槻)あーっ!
すげえ。

じゃあ 少しだけ… 少しだけ
出したいとか できるんですか?

(柴田)こんな感じで。

えーっ すごい!

確かに 自在だね。
(柴田)ねえ。

あれは 元々…。

誰かが発見して
ああなったのか…。

元々 それ用ではないでしょ…。
違うんですよ。

凸凹は ビンの強度を上げるために
付けられているそうなんですね。

(長嶋)じゃあ
誰かが発見したものなんだね。

ギザギザが噛み合う
振動に合わせて

出てくるみたいです。

結構 かさばって 邪魔な
空の卵パック。

思いっきり潰しても

これくらいになるものだけど…。

お湯につけると
一瞬で小さくなる?

とはいえ 熱で縮むのは
たかだか知れてますが…。

まあ とりあえず やってみます。

(スタッフ)わあ
すごい すごい すごい すごい!

何? これ。 速い!

(若槻)面白い。

(スタッフ)一瞬で
こんな ちっちゃくなりました。

(スタッフ)これ 超気持ちいいです。

(スタッフ)マジで?
(スタッフ)はい。 やばいです これ。

(スタッフ)
うわうわ… ホントだ すげえ。

(スタッフ)これ 感触が
ハマっちゃいそうです。

パック3つが

こんなに小さくなりました。

確かに 卵のパック
いっぱい捨てる時 大変だもんね。

かさばりますよね。

入れてみます。
はい。

(久間田)わっ! ああ すごい!

うわっ 不思議!
確かに あっという間にいくね。

(久間田)なんか もう…
フニャフニャだ しかも。

もう 触ると フニャフニャです。
ああ 確かに。

一瞬で
こんなコンパクトになるんだ。

(久間田)すごーい!
気持ちいいね 見ててね。

(久間田)気持ちいいです 結構。
すごーい これ! 気持ちいい!

これ すごい面白い…。
(久間田)これで3つ できました。

これ 熱湯ですか?

(山本)60度。 60度ぐらい。
60度ぐらいでいけるんだ。

(長嶋)じゃあ
そんなに むちゃくちゃね…。

たまごスープを作るじゃない
卵で。

そのまま たまごスープに
ぶちこんでもいいって事だよね?

いや たまごスープが
もったいないよ。

飲めるんでしょ そのあと。
だって 溶けないから。

でも 卵のパックが
ちょっと汚いと思うよ。

100度でやればいいんだよ。
100度でやって

滅菌 殺菌 除菌して
60度に下がったところで…。

食べログ日本一のトンカツは
普通と全く違った!

容器の油汚れを
こすらず落とせるというウワサが。

いや~ これ 知りたい。

まず 皆さんが
よくやると思うのが

容器に水と洗剤を入れて

シャカシャカ振る方法だと
思います。

スポンジで洗う前に

こうする人もいるかと
思いますが…。

そこに塩を足すと

ビックリするほど
きれいになるらしい。

(スタッフ)先ほどと同様に
水と洗剤を入れて

ちょっとだけ
塩を入れるみたいです。

これだけで
言うほど違いが出るのだろうか?

あれ やってみたいです。
(山本)はい じゃあ お願いします。

(山本)ちょっと
検証してみましょう。

あれ知りたいって言ってたもんね。
(若槻)そうなんですよ。 あの…

子どもがね お弁当を…。

容器が
結構ヌルヌルしちゃうんですよ。

な… 何するんだっけ?

(山本)まずは 洗剤を
ひと回し入れてください。

(若槻)はい。
はい 入れて…。

(山本)入れて…。

そこに少量の水。

そして

(山本)…で フタをして
シャカシャカ振ります。

(若槻)シャカシャカ 横ですか?
(山本)結構 もう…

かなりシャカシャカです。
もう 上下 横 全部。

で そうしてると

(一同 笑い)
発酵して?

(山本)なんか 変化あります?

(若槻)
いや 何も感じないですけど。

でも 全然 落ちてないですよ。
なんか 広がってるけど。

(長嶋)結構 長い事やってるな…。
確かに なんか…。

広がってる感じが すごい…。

(柴田)もうちょっと
水 入れた方がいいんじゃない?

こんなもんで いいんですか?
塩と同じぐらいですけど。

それぞれ30秒ずつ振って
比べてみる。

こっちの方が 正直 なんか…。

塩のとこは なんか
たまっちゃってる感じが…。

まず

(長嶋)そっちの方が
落ちてる気がするなあ…。

(柴田)
でも やっぱり落ちてないか…。

ああ でも やっぱり
まだ 残ってるね。

(若槻)めちゃめちゃヌルヌルです。
まだ 色ついてるもんね。

やっぱり どう? ヌルヌルする?
(若槻)いや もう…。

あっ そうなんだ。
(若槻)全然ヌルヌル。

(山本)では お塩 入れた方。
(若槻)えっ? 変わんない…。

ヌルヌルだったら ヌルヌルで。
(若槻)ですよね。 いやいや でも

ホントに だって 全然…。
ねえ。

(若槻)怖い。

(柴田)あっ でも…。
(若槻)怖い。

(柴田)でも 違うよ。
(久間田)もう すでに違う。

あれ… どう?

(若槻)あっ すごい!
マジで?

ヌルヌルしない?
(若槻)全然 違います。

あっ でも 確かに
落ちたかもしれない。

(若槻)ほら なんか
ヌルヌル感がない。

あの 上の方のオレンジの部分も
取れるの?

(若槻)ここも水で…
あっ 全然 違う。

もう なんか
指でスーッて感じで。

透けて なんか わかるね
さっきと違うのは。

(若槻)
そう なんか はがれる感じです。

(柴田)へえ~。 音が聞こえるもん。
(若槻)ヌルヌル感がない。

(柴田)うん キュッキュッて。
あっ すごいね。

(若槻)えっ 全然 違う!
ちょっと 比べて 比べて 比べて。

だって… えっ?
ホントに なんか…。

うわあ~!
ウソみたい!

全然 違う。
(若槻)だって これ あれですよ。

スポンジも使ってないんですよ。
(柴田)そうだよね。

(長嶋)スポンジいらなくなるんだ。
へえ~!

(若槻)うわっ 全然 違う!
(山本)検証 成功しました。

これ 実演販売できるな。
(若槻)やだ!

これでな。
売れちゃう。

結果にビックリ!

でも 塩だけで どうして?

なんでも 容器表面の凹凸に
油が入ると落ちにくいそうで。

塩の粒が隙間の汚れをかき出し

きれいになったと考えられる。

もう においも残ってない?
においも取れてます。

あっ そう。
こっち油っぽいけど。

これで のちに これでやってたら

塩よりも砂糖の方が
いいって事にはならないかな?

可能性あるね。
(山本)魚もそうでしたもんね。

そう そう そう。 あれが
当たり前だと思ってやってたから。

食べログ トンカツ日本一は

普通とは全く違うというウワサ。

グルメサイト 食べログ
評価3.5以上で

かなり美味しいお店とか
いわれたりするけど

日本一は なんと4.1。

では 何がどう違うのか検証。

(スタッフ)6200円!?

(若槻)トンカツで?
(長嶋)それは高い。

予約制のお店のようだが…。

(若槻)すごっ。

以前は 徹夜で並ぶ人がいるほどの
大行列となっていたらしい。

そんなうまいの?

(スタッフ)こんにちは。
いらっしゃいませ。

(柴田)うわあ すごい。
うわっ オシャレだな…。

予約していた
バンザイと申しますが

こちらは 食べログ日本一で
間違いないですか?

ありがとうございます。
おかげさまで。

聞けば 5年連続で

『ミシュランガイド』にも
掲載されているそうだが…。

そんなに言うほど
違いはあるのだろうか?

(スタッフ)とんかつ定食お願いします。
(三谷さん)はい わかりました。

と言って 出てきたのは…。

(三谷さん)プルドポークです。

シャレてるねえ。

プルドポークという
ほぐした豚肉。

続いて こちら 小鉢でございます。

うちはですね コース形式で
トンカツをお出ししてますので。

はい こちら キャベツですね。

(若槻)オシャレ!

ようやく
食べログ日本一のトンカツが…。

はい こちら

シャ豚ブリアンかつでございます。

(スタッフ)めちゃくちゃ白いですね。
(三谷さん)そうですね。

うちのは よく「白いトンカツ」
というふうには言われますね。

白い衣のトンカツ。

その中身は…。

(スタッフ)うわっ すごいっすね これ。

(若槻)ステーキみたい。
(長嶋)すげえレア。

豚肉とは思えないほどの色味。

(若槻)ええ~ すごっ。
(長嶋)素晴らしい。

(三谷さん)生だと
トンカツ食べれないので

もう ギリギリの
火が通った状態を。

そこが一番やわらかい。

1頭から わずか
400グラム程度しか取れない

希少なお肉を使った…。

(長嶋)豚のシャトーブリアン。

そして…。

ロースかつでございます。

ロースかつも 衣は白く…。

(三谷さん)バラは ホントに
こう 脂身を食べて頂くような。

その うまみが
一番多い部分ですので

そこをしっかり
味わって頂ければなと思い…。

かなり高いね。
(若槻)トンカツで?

美味しく食べる揚げ方にしたら
白くなったみたいな感じで。

低温でゆっくり それも しかも
きれいな油で揚げていく事で

こういう白いトンカツができます。

130度以下という
超低温から揚げていき

7分ほどで
一度だけ引っくり返す。

(スタッフ)これで 火通ったんですか?
(三谷さん)これは…。

(スタッフ)あっ そうなんですか!

(三谷さん)これから
余熱で火を通していきます。

食べログ日本一は
見た事のないトンカツだった。

へえ~!
(拍手)

はい!
(長嶋・若槻)食べたい!

(山本)食べたいですね。
(柴田)ウソ~!

(一同)え~っ!

料理の事や 体の事。

この中から1人1つ選んで実演。

成功した人だけが試食です。

じゃあ 若槻さん いってみるか?
好きなの選んでいいよ。

じゃあ ジャガイモいきます。

ジャガイモいく?
はい。 ジャガイモ。

ジャガイモを調理する前に
絶対にやらなきゃいけない事。

料理をしない人でも わかるよね?

(山本)調理前にやる事です。
ああ いいね。 主婦っぽい。

(若槻)皮むきます。 皮むいて…。
皮むいて…。

で ここの部分で芽を取る。
ああ そこでね。

芽を取る!
いかが?

(山本)お見事です。 ハナタカ!

やったー! 食べられる!
(山本)ハナタカ!

芽に毒があるから
取った方がいいんです。

試食をかけた実演ハナタカ。

あなたには できる事が
1つくらいはあるかな?

食べログ全国1位の
白トンカツをかけた…。

成功した人だけが食べられる
選んで実演ハナタカ。

まずは 料理の常識。

ケーキなんかで使う
メレンゲ。

何でできてるか知ってれば
これくらい作れますよね?

(柴田)これだよ!
(長嶋)片手で?

(柴田)あのトンカツ食べたい!

柴田さん これだな。 もう 決定。
(長嶋)片手で?

黄身が潰れたり カラが入ったら
チャレンジ失敗!

一発でできるのは3割だけ。

あなたには できますか?

ここからは 健康チェック。

4割ができる事。

枠の中に立ち

目を閉じたまま
枠からはみ出ずに足踏み。

(柴田)意外と難しいんだよね。

気をつけた方がいいと思います。

枠から出ずに15秒キープ。

あなたの体は大丈夫?

お次は…。

前屈で手をつけ 10秒キープ。

ヒザは曲げず 指の一部がつけば
オーケーですが…。

(相良さん)そうすると…。

5割ができる事。

柔軟性は大丈夫ですか?

これができたら すごい!
筋力チェック。

(スタッフ)用意 スタート。

(柴田)おっ!
(長嶋)これ 時間制限あるんだ。

足を一度も着けずに
空き缶4個を積み上げる。

これは 腹筋 大腰筋

前ももの筋肉の
効果的なトレーニングになります。

なってしまいます。

制限時間は30秒。

あなたには できるかな?

料理の事から体の事。

自分ができると思うものを
1つ選んで実演。

成功者だけが

食べログ日本一のトンカツを
ご試食です。

まあ これ もう 柴田さんは
卵割り決定でいいですよね?

実は

どうぞ!
(柴田)よし。

(柴田)あっ ダメだ。

いや まだいける…。

(一同 笑い)

はい 終了!

入ってたとかじゃない
カラからいったから。

ふう…。

毎朝…
いつものとおり いつものとおり。

カラからだけは やめてくださいね
カラからだけは。

(一同 笑い)

さすがに…。
スランプに陥りましてですね…。

えっ?
スランプに。

違う…
「スランプに陥りまして」って…。

じゃあ そうね
まずは じゃあ

初登場の久間田さん
好きなの選んでいいよ。

えー! あっ
いいんですか?

どれだったら
いけそう?

足踏み 前屈

空き缶で
悩んでます。

じゃあ もう 前屈みたいなのは
女子がいってほしい。

(久間田)あっ… じゃあ
前屈 やらせてください。

いいよ
いいよ。

柔軟性のチェック。

前屈して手をつけたまま
10秒キープしろ。

じゃあ… はい。
自分のタイミングでいいよ。

じゃあ ついてから…
はい スタート!

(若槻)すごいやわらかい。
余裕じゃん。

(長嶋)これは いけるでしょ。
6 5 4

3 2 1…。

はい クリア!
ああ やったー!

はいはい お見事 お見事。
ありがとう。

じゃあ 有田さん
どれいく?

うわあ…。
足踏み… 足踏みいってみたら?

でも
メレンゲだな。

メレンゲ…
それでもいいけどさ。

メレンゲいく?
メレンゲ。

いやあ でも

やった事ないんだけどな。
そうだろ?

料理をしない有田さん。

メレンゲ作りに初挑戦。

えっ?

えっ? やった事ないんだけど。

じゃあ なんで それ 選ぶんだよ。

もしくは 今
それ 片手で割ったら

もう それでクリアだよ。

(柴田)あっ!

(一同 笑い)

いや… いやいや でも

カラ入ってます カラ入ってます。
入ってます 入ってます。

できちゃったと思ったよ。

柴田さんよりは
うまくできてます 絶対。

で… どうするんだ? これ。

何をすりゃいいんだろう?
えっと…。

これは だから…。

こういう事かな?

白身だけを移動して…。

1個でいいのか
わかんないですけど…。

じゃあ まあ ちょっと
やってみようか。

あっ でも なんか
なってきたような…。

じゃあ 判定!

(山本)いいでしょう。
ハナタカ!

おお~!
(拍手)

ああ~ よかった!

そう メレンゲは

卵の白身をよく混ぜた
このようなものをいうんです。

砂糖を ちょっと入れると

より フワフワ感が
出るそうですよ。

じゃあ 一茂さん
いってみましょうか。

いや~ 結構な…
どっちにしようかな?

でも 空き缶
やってみたい気もするな。

空き缶 いきます?
あえて2割のやつ。

(スタッフ)用意 スタート。

足を着けずに
30秒で空き缶4個の積み上げ。

2割しかできない事
元アスリートは成功できるのか?

(山本)遠い方がいいかも。
(長嶋)ちょっと待って…。

最初のポジショニングだけ
やらせて。

そんな近づけてって
いいんですか?

(山本)遠い方がいい。

なるほど。
よろしいですか?

(山本)はい では いきますよ。

用意 スタート!

♬~

(久間田)ああ 怖い 怖い。

(久間田)あっ まだ20秒…。

ゆっくり ゆっくり ゆっくり…。

(柴田)全然 時間 余裕ある。
全然 時間 余裕ある… あっ!

いや これは いいでしょう。
乗っけようとしてないから。

(柴田)ゆっくり ゆっくり。
(久間田)頑張って 頑張って。

(山本)5 4 3 2…。

やったー! ハナタカ!

うわあ~!
(柴田)すごーい!

お見事!
すごい!

これは お見事 一茂さん。
もうダメだと思った。

俺ね 4缶目 失敗したのよ。
取るところを。

このまま乗っけたら
絶対 倒れるなと思ったから

1回 リセットして やりました。

しかも 3つ目が
ちょっと傾いてるでしょ。

だから 4つ目
難しそうだったんだよね。

よくクリア… これ かっこいい。
かっこいい。

かっこいい かっこいい。
(山本)2割です 2割。

という事で 一茂さん
キュウリゲット!

(長嶋)キュウリじゃない!

さあ じゃあ 柴田さん
卵割りでいいですよね?

はい 大丈夫です。

出た。 しばりえ体操。

柴田さん リベンジなるか?

生卵の片手割り。

黄身が割れたり カラが入ったら
チャレンジ失敗。

もう これで
今回 3回目になりますかね。

片手割りチャレンジに…。

1回目が カラからいった。

2回目は でっかいカラが
ボテッと落ちたっていう。

無残な形に…。

さあ 3回目のチャレンジ
クリアなるんでしょうか?

それでは 柴田さん
お願いします。

はい。

♬~

おっ?
(柴田)やったー!

(山本)おお~ すごい!
クリア!

(山本)ハナタカ! すごい!
(柴田)やったー!

かなり雑ではあったけども…。

でも これはクリアですよ。

(山本)お見事です。
ハナタカです!

よかった。

では 成功した全員で
食べログ日本一のトンカツを。

中もね 真っピンクというか…。

(柴田)ホントだね。
なんだ? これ。

(久間田)真っ白…。
(長嶋)うまい。

すごい うまい…。
(久間田)うーん!

一茂さん いかがですか?

塩とか 全くかける必要ない。
あっ そうですか。

(長嶋)なんにもいらない これ。
やっぱ 普通のトンカツと違う?

ギュッて切れる…。
あっ そう?

トンカツじゃ
ないでしょ? あんまり。

これ 歯 いらない?
はい。

トンカツの概念が
めっちゃ変わります。

へえ~。

やっぱ あれだけの行列ができるの
わかる?

(若槻)並ぶ。 並びますね これは。
すんごい…。

柴田さん いかがです?

もう ホントに驚くぐらい…。

美味しい!

まあ 多分 卵をクリアした興奮も
入ってるんでしょうね。

「東京や大阪と言えば?」で
思い浮かべる

自由回答の こんな
アンケート調査があるんだけど…。

全問正解でご褒美!
○○と言えばランキング。

(山本)では 頑張ってください。
(柴田)はい。

柴田さんの出身

まあ これは もう…。

これは私に任して。

6位 雪の壁で有名な
立山黒部アルペンルート。

では
ハテナで隠された

3 4 8 9位

どれか1つを
当ててください。

4つもあるじゃないですか。
これ 絶対当たる。

大丈夫よ。
だって ブリ出てないし

白えび 出てないし
ます寿司 出てないし…。

柴田さん まだ誰も答えてないので
しゃべんないで…。

(一同 笑い)
(長嶋)じゃあ 何 取る?

(久間田)私も 白えび
取ろうとしてたんですが…。

(柴田)いいよ いいよ いいよ。
あげる あげる 白えび あげる…。

でも 白えびじゃないですか?
(若槻)白えびって思いました。

(柴田)富山湾の宝石と呼ばれるね
白えびは富山湾のものですから。

これでいきましょう。

富山湾の宝石って 白えび…。
あっ 柴田さんじゃないんですか?

私は 富山県の宝石。
(一同 笑い)

えーっ!? まさか断らないとは…。

一応 候補 出した方が
いいんじゃない?

俺 白えび。
(若槻)私も白えび。

みんな 白えびですよ。
完全一致だ。

もう自信ある。 これ いこう。

他は いらないですか?
じゃあ いっちゃっていい?

富山と言えば…。

全部 入ってる!
全部 入ってる。

(長嶋)ます寿司か。
まあ ます寿司でもよかったし…。

薬もあったか。
(柴田)薬ね。

(長嶋)ます寿司は
富山 知らなかった…。

白えび 8位でしたけど
全員一致していたという事で…。

(柴田)いい感じですね。

沖縄と聞いて
真っ先に思い浮かぶ事は?

では ハテナで隠された

4 6 9位の どれか1つを

相談して当ててください。

いったん決まりました?
(若槻)はい。

じゃあ いってみましょうか。
(久間田)えっ なんだろう?

では 参りましょう。 せーの!

首里城。
安室奈美恵。

有田さんは?
首里城。

なるほど。
一茂さん。

ああ~。
まあまあ…。

(長嶋)いや 結構出てるよ。
知事?

知事。 だって
結構出てますよ。

だって もう
緊急事態の時とか…。

解説は結構です。
柴田さん。

那覇。
那覇ね。

久間田さんは?

砂浜…。

海とは別なんだ?
(久間田)海とは別です。

いや 僕は 砂浜派なんで
みたいな人がね…。

(久間田)えっ…。
(若槻)軽い。

若槻は?
(若槻)私 安室奈美恵さん。

(長嶋)人はいるよね。
なるほどね。

さあ じゃあ
話し合いスタート。

(長嶋)俺 あれがあるんじゃ
ないかと思う。 やっぱり 那覇。

自分のものにした。

(久間田)あれ どうです?
シークワーサーとか。

(柴田)あっ あるよ。
あるかも あるかも…。

でも あるかも ホントに。
(久間田)ありそうですよね。

海ぶどうとかは?
(若槻)ああ~。

みんな… そうやって
食べ物にしてったらダメか。

(長嶋)でも ゴーヤのあとだと
思うんですけど。

9位に
まりもっこりとか…。

まりもっこり。
(長嶋)まりも?

(柴田)まりもっこり
北海道じゃなかった?

あっ まりもっこり 北海道…。

(長嶋)ビックリした
まりもっこり…。

えっ…。

いや ホント
真逆 言ってたね そうだよね。

今の有田君のコメントで
だいぶ混乱した。

わかりました。
注意はあとで受けます…。

今 もったいないから 時間が。
ここで注意…。

ただ 何より 僕は
首里城を出してますから。

(若槻)サンゴとか…
サンゴ。

サンゴも
わかるけど

4位は 首里城 一点買いで
いいんじゃないですか?

もう 時間がないんで。
(長嶋)はい じゃあ 首里城。

じゃあ
せーの!

(一同)首里城。
どうだ?

沖縄と言えば…。

(長嶋)シーサーがあった…。
えっ ちょっと待って。 えっ?

(久間田)サーターアンダギー。
(若槻)サーターアンダギー。

首里城 入らない?
(柴田)入らないの?

これは もう
有田君に

ちょっと 責任
取ってもらわないと…。

かなりプッシュして
なおかつ まりもっこりで

混乱もさせて…。
そう 混乱させて

それで 俺たちは
有田に全員従おうっていう気に

なっちゃったわけ。
あの まりもっこりだけで。

いや まりもっこりは
ただの僕のミスです。

あれは置いておいてください。
その前に…。

これだけ ちんすこう
お土産 買ってるのに。

俺? えっ 俺?

いや 言ったよね?
なんて言ったんだっけ?

一茂さんもですよ。

だから みんな 出してるんですよ。

僕も 首里城で出してるんです。

出してないのに
出した人を捕まえて

混乱するっていうのは
おかしいですよ。

おかしい…。
なんにも出してないんだから。

(一同 笑い)
そんな事はない…。