新しいカギ 2時間SP【キンプリ岸落下!?新企画笑わせナイトドクター】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

新しいカギ 2時間SP【キンプリ岸落下!?新企画笑わせナイトドクター】[字]

新コント連発!月9キンプリ岸が挑む笑わせナイトドクター粗品のニセ沢村一樹を笑わせないと落とし穴▽キスマイ二階堂▽満点連発発音カラオケで荒牧陽子七変化

番組内容
チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、霜降り明星(せいや、粗品)、ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)がメインキャストを務める、コント中心の総合お笑いバラエティー番組『新しいカギ』。今回も2時間スペシャル!人気の定番コントや「力見引越センター」「ぶっとび!飛美男くん」の他、大人気の発音「カラオケ」も!そしてもちろん、新作コントも続々登場!是非お楽しみに!
出演者
チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿) 
霜降り明星(せいや、粗品) 
ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大) 

ほか
ご案内
【公式HP】
https://www.fujitv.co.jp/newkey/ 

【公式Twitter】
https://twitter.com/atarashiikagi  

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/atarashiikagi/
スタッフ
【制作統括】
中嶋優一 
【チーフプロデューサー】
矢﨑裕明 
【プロデューサー】
山﨑貴博 
【総合演出】
木月洋介 
【演出】
中嶋亮介
スタッフ2
【ディレクター】
杉野幹典、田中良樹、千葉悠矢

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 秋山
  2. 岡部
  3. 長田
  4. 粗品
  5. 飛美男
  6. ナオト
  7. 粗悪
  8. 松尾
  9. 一同
  10. 大丈夫
  11. 紗絵
  12. 古畑
  13. アヤベ
  14. 男性
  15. 菊田
  16. 今日
  17. 発音
  18. レイナ
  19. 問目
  20. OSA

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



[みんな…]

(ホンゴウ)みんな 集まれ。

(ホンゴウ)これで 全員だな。

(ホンゴウ)指導医の ホンゴウだ。

笑わせ Night Doctorは
常に 患者を笑顔にする

笑いを追求する ドクター。
誰もが やりたがらない 貧乏くじ。

それを
あえて やろうとする連中なんて

よっぽどの訳ありか
物好きなんだろうな。

(ホンゴウ)と 言いたいところだが

この中に 笑わせ Night Doctorに
向いていない者が

紛れ込んでいるらしい。
(一同)えっ?

今から
抜き打ちで チェックする。

(ホンゴウ)よし。 まずは…。

長田。 前に出ろ。

(せいや)怖え。

「メス」 「汗」に 続けて

どさくさに紛れた
お願い事を してください。

(長田)
「メス」 えっ? 「メス」 「汗」

(一同)むずっ。
落ち着け。 大丈夫だ。 落ち着け。

(せいや)ここ乗ったら
頭 真っ白になる…。

分かりました。

メス。 汗。

(悲鳴)

(一同)うわーっ!

怖っ。 長田さん。
長田執刀医。 いなくなった。

(ホンゴウ)レギュラー?

笑わせ Night Doctorに
向いていないやつが

他にも 紛れてるらしいな。
(せいや)もう いないっすよ。

(一同)もう いないです。
長田だけです。

(ホンゴウ)次は…。

せいや。 出てこい。

(せいや)助けてくれ。

この お医者さん
テンション 高いな。 どんな感じ?

(せいや)
どんな感じ? どんな感じ?

感じた方 初めてなんですけど。
(ホンゴウ)どんな感じ?

(せいや)ばーん。 おーっ。

もう いいよ。
俺 今日 一人で やるからね。

はーい。 打ち上げの店。 OK。
決めた?

叙々苑。

(一同)うわーっ。

うわっ! うわっ。

(ホンゴウ)お前たち。 常に 患者を
笑顔にしないといけない。

分かってるな?
(一同)はい。 もちろんです。

岡部。
(岡部)うわ。

(ホンゴウ)前に出ろ。
(松尾)岡部。 お前

重いから 気を付けろよ。
(岡部)えっ? えっ?

(岡部)そんなことある?
(菊田)落ちるスピードが

たぶん 速くなる。
(岡部)うわ。

えっ? ちょっと待って。
うわ。 ヤバいんだけど。

うわ。 もう ヤバい。
ここ 立ってるだけで ヤバい。

大声川柳。 昨日の思い出を
五七五で お願いします。

五七五で? 五七五?

(岡部)ヤバそう。
うわ。 ヤバい! ホントに。

(悲鳴)

(一同)速っ。 鈍い音した。

(一同)えっ?
≪(岡部)刺さってるかも。

(深澤)どうなってるんですか?
(ホンゴウ)深澤。

(深澤)はい。
(ホンゴウ)前に出ろ。

(深澤)私ですね? 深澤ですよね?

(深澤)はい。
(一同)大丈夫…。 絶対 大丈夫。

(深澤)大丈夫ですか?
(一同)気を付けて。 絶対 大丈夫。

(深澤)ホントですか?
ドキドキしてる。

「痛いの痛いの 飛んでいけ」より
効く おまじないを

大声で 教えてください。

いきます。 痛いの痛いの
飛んでいけってことですね。

すいません。 ホント すいません。

(松尾)どう 判断するんだ?

かたい…。 かたいから
やわらかくして 和らげるっていう。

(一同)うわーっ。
(深澤)嘘!?

(一同)うわっ!

(ホンゴウ)じゃあ 始めよう。

≪(チャイム)
(秋山)あっ。 来た。 はい。

(秋山)うわ!? うわ!?
えっ? えっ?

えっ? えっ!? 何すか?

すいません!

(斑目)
あっ。 どうも。 Uzer Eatsです。

すいません。 遅うなりまして。
すいません。

めちゃめちゃ 混んでましてね
ホンマ。

急いで来たんすけど ホンマ
途中で 自転車 パンクするし。

(秋山)すごい しゃべる。
すごい しゃべるぞ。

パンクして
どうしようかな 思って。

(秋山)すいません。
(斑目)他の…。

(秋山)すいません すいません。
(斑目)はいはい。

(秋山)あのう。 配達で?
(斑目)ああ。 そうです そうです。

すいません。
(秋山)すごい 関西人なんですね。

(秋山)えっ? 何すか?
何か 出てます。

何か 出てますけど
大丈夫ですか?

えーと。
カラスで よかったですかね?

カラスで。
(秋山)気持ち悪い。 違います。

唐揚げ弁当。
(斑目)あっ。 唐揚げ弁当。

分かりました。
(秋山)何が光ってんすか それ?

すいません。 ちょっ…。
それ それ それ! 床! それ!

ちょっと! 何 描いて…?

出そうとしてます? 唐揚げ弁当。

魔方陣みたいな。

急に しゃべらんくなった。

あんなに 冗舌だったのに。

(唱える声)
(秋山)うわ…。

(唱える声)
(秋山)出せるんすか?

(唱える声)
(秋山)唐揚げ弁当 出せるんすか?

(唱える声)
(秋山)えっ? うわわ。

(唱える声)
(秋山)うわ。 何 それ? あーっ。

(唱える声)
(秋山)いやぁ。 床。 床。

落ちますか それ?
(唱える声)

(秋山)ああー。

お待たせしました。
こちらで よろしかったですかね?

(秋山)これは すいません。
これは 何でしょう?

(斑目)すいません。
すいません。 癖で。

(秋山)癖?
(斑目)癖で やって…。 すいません。

(秋山)癖なんですか?
(斑目)申し訳ないです ホンマ。

困ります。
(斑目)いつも やったら あかん

言うてるんすけどね。

(秋山)慣れてますね。

(岡部)紗絵ちゃん。
めちゃくちゃ いい家 住んでるね。

(紗絵)やだ。 恥ずかしいから
あんま 見ないでね。

(岡部)彼女の おうち
初めて お邪魔するから

何か 緊張しちゃって。

(紗絵)そう? でも
男の人 呼んだの 初めてかも。

えっ? 俺 初めて?

えっ? ホントに?
(紗絵)うん。

そっか。 そっか そっか。

(紗絵)あっ。 そうだ。
この動画 知ってる?

これなんだけど。

えっ? あっ…。
(紗絵)見て 見て。

これ。

(岡部)うわ。 カワイイ。
(紗絵)ねっ。

(岡部)めちゃくちゃ カワイイじゃん。
(紗絵)カワイイ。

(岡部)うわ。 鳴いてる。

(通知音)
(岡部)うわ。

(紗絵)ああ。 カワイイ。

ほらほら。 3匹になったの。 見て。
(岡部)えっ?

ホントだ。 白いの カワイイ。
白いの カワイイ。

(紗絵)カワイイ。
(通知音)

(紗絵)あっ。 ほら ほら ほら。

落ちちゃうんだよ。
こっからが面白いから 見て。

あっ。 うん。

(通知音)

(岡部)サトシ?
サトシ?

白い子が カワイイんだよね これ。
(岡部)白い子?

(紗絵)うん。 そう。
(通知音)

(岡部)サトシ。 サトシ。 サトシ。
ちょっと待って。

紗絵ちゃん。 待って。 ちょっと待って。
(紗絵)どうしたの?

(岡部)
「どうしたの?」じゃなくて。

ショウとか サトシとか 誰?
(紗絵)えっ? 友達。

「最高の夜だったな」って。

(紗絵)あっ。 最近ね
同窓会が あったんだけど

最高に楽しい夜だったの。

いいの。 そんなこと いいから
ちゃんと 見て。

あっ。 うん。
(紗絵)カワイイから。

(岡部)あっ。 うん。
(紗絵)ほら ほら ほら。

におい 嗅いでるの。
(岡部)カワイイね。 カワイイ。

(通知音)
(岡部)マサキ。

(通知音)
(岡部)ジュン。

(通知音)
(岡部)カズナリ。

カワイイ。

ショウ。 サトシ。 マサキ。
ジュン。 カズナリ。

嵐?
嵐と 俺で 6股してる?

俺と 紗絵ちゃん。
付き合ってるよね?

(紗絵)何? どうしたの?
付き合ってるよ。

(岡部)大丈夫だよね?
(紗絵)ちゃんと 見てって。

こっからが いいんだから。

(通知音)
(岡部)大谷?

大谷。 大谷。 バッティング。

紗絵ちゃん。
大谷に アドバイスしてる?

これ 大谷って。 大谷 翔…。

(通知音)
(岡部)えっ? バッハ?

会長? 携わってる?
オリンピックに 携わってる?

紗絵ちゃんと 付き合っちゃ
いけない気がする。

(紗絵)あっ。

あっ。 ハロー。 ガガ?
(岡部)ガガ!?

ガガ?
(岡部)何者?

(紗絵)ホント?
(岡部)紗絵ちゃん。 何者?

(秋山)それでは 今日も
元気よく 返事してください。

(秋山)キクタ君。
(キクタ)はい。

(秋山)レイちゃん。
(レイ)はい。

(秋山)サカガミ君。
(サカガミ)おはようございます。

今日も よろしく お願いします。
(秋山)おはようございます。

(サカガミ)いやさ 先生さ。

また 隣の人 来てないんだけど。
(秋山)あれ?

オオタ君。

(秋山)いた いた。
(オオタ)シーッ。

(オオタ)
誰にも 見つからないようにさ

裏口から来たんだ。 裏口。
裏口入学。 誰がだ!?

どうも。 お騒がせしております。

星野 源です。
(秋山)オオタ君でしょ?

(オオタ)みんなで 踊ろう。
恋ダンス。

(秋山)そんなダンスじゃないよ。

『サザエさん』の
エンディングじゃない? 今の。

(秋山)今日は
お楽しみ会の 劇の練習をします。

(キクタ)やったー。 劇だ。
(秋山)劇 しようね。

(レイ)『うさぎと かめ』だよね。
(秋山)そう。

じゃあ みんな。
頭 これ 着けましょう。

(レイ)レイちゃんね ウサギだよ。
(秋山)レイちゃん ウサギね。

(サカガミ)えっ? えっ? えっ?
ちょっと。 ちょっと待ってよ。

(秋山)どうしたの? サカガミ君。
(サカガミ)何で? 何で? 何で?

ちょっと待って。
(秋山)どうした? 奥 行って。

(サカガミ)何でさ 僕らはさ
役が ないわけ?

この前 みんなで話して
役 決めましたからね。

(サカガミ)これさ…。

パワハラだよね?

すごい ためたね。

それじゃ みんな
練習 始めましょう。

(一同)はい。

(秋山)用意。 スタート。

(レイ)私 すっごく 速いのよ。

(キクタ)
僕だって 誰にも負けないよ。

(秋山)上手。
(レイ)じゃあ あの山まで 競走ね。

(秋山)いいよ。
(サカガミ)オオタ君。 どっちに賭ける?

(オオタ)うーん。
悩ましいけどね

でもね パドック 見た感じは
ウサギかな。

(秋山)そんな せりふ ないよ?

(サカガミ)たぶん
カメ 後半 強いと思うんだよね。

(秋山)えっ?
(サカガミ)俺は カメかな。

(オオタ)じゃあ 僕 ウサギ いく。

(秋山)何やってんの?
(キクタ)用意。 スタート。

(オオタ)よし。 行け 行け 行け。
(サカガミ)行け行け! 行け行け!

(オオタ)いいぞ いいぞ。 逃げろ。
(サカガミ)行けよ! ほら! 行けよ!

(秋山)サカガミ君。
(サカガミ)行けよ! カメ!

(オオタ)先行してるぞ。 逃げろ…。
(サカガミ)何やってんだよ!

(オオタ)逃げろ 逃げろ 逃げろ。
(秋山)落ち着いて。 サカガミ君。

(レイ)よし。 カメの姿が
見えなくなった。

(オオタ)そのまま 逃げろ 逃げろ。
(レイ)ちょっと 一休みしようっと。

(オオタ)何でだよ!
(秋山)お話。 お話。

カメ! カメ 差せ!
(秋山)そういう お話。

(サカガミ)差せよ カメ!
(秋山)差せって 言わない。

カメ! 差せ!
(秋山)差せって 言わないの。

(サカガミ)やったー!
(オオタ)何だよ。

落ち着いて サカガミ君。

(サカガミ)やったー。 これ
1, 000円 賭けてんだよ 1, 000円。

(秋山)賭けてんの?
(サカガミ)1, 000円だったら 幾らに…?

(秋山)つかないよ。 単勝。
これ どこで 買ったの?

(オオタ)これ すごいね カメ。
(秋山)カメ。

2人とも ギャンブルじゃないよ?
(サカガミ・オオタ)えっ?

(秋山)みんな お友達。
仲間なんだから。

仲間 由紀恵です。
(秋山)えっ?

お前ら あの夕日に向かって
走ろう。

(秋山)その仲間じゃないよ。
レイちゃん?

(レイ)仲間 由紀恵です。
(秋山)急に どうした?

仲間 由紀恵も いいんだけど

こうやってね 競走して
どっちが勝つ みたいな

この話って
僕 古いと思うんですよね。

だって 今は
一人一人が 違う道を。

みんなが 1等。

みんなが 自分の道を 目指して
頑張ってんだ。

敗者も 勝者も ないんだよね。

(サカガミ)何 言ってんの? ねえ?

オオタ君さ たまにさ こういう
真面目な話 するけどさ

これさ 誰が求めてんの? これ。
(秋山)こら。

ふざけてばっかりで こら。
いいかげんにしなさい。

お母さん 呼びますよ?
(オオタ)これ まずいね。

ちょっと 光代だけは
勘弁してください。

さあ この後は
バイデン大統領 生出演です。

(秋山)来ませんよ。
(オオタ)すごい会だね。

(粗品)おお。 つっこみの達人や。
今日も やろか。

(太鼓の音)
つっこみの達人。 大喜利モード。

なるほど。
よう 聞いたけどね。

痛いの痛いの 飛んでいけ。

♬「それが何か 見せつけてやる」
(粗品)新しいやつね。

よっしゃ 来い。
フルコンボ 目指すで。

(長田)どうしたの?

「死なへんから
大丈夫やで」 言うて。

(岡部)大丈夫?

気ぃ使う 子供が。

(菊田)♬「ボボボン ボン
ボボボン ボン」

♬「ボボボン ボン
ボボボン ボン」

♬「ボボボン ボン」

♬「ボボボン ボン
ボボボン ボン ボボボン ボン」

円 広志よ。

(秋山)あっ。 泣いちゃってんの。
そう。

そんなんじゃ 無理よ。
痛い 言うてんねん。

(せいや)どうしたの? 痛いの?
見ていてね。

(粗品)何じゃ そりゃ?

やったね。 フルコンボ。

縁 出たよ。 今日は。

≪(ノック)

(古畑)はい。 みんな。
本番前に ちょっといい?

(古畑)今日から 担当マネジャーになった
新人の秋山君。 紹介するわね。

OSA。 SHUN。

聖夜。 そして DIE。

(秋山)新人なので 迷惑を
掛けることも多いと 思いますが

一生懸命 頑張ります。
何でも おっしゃってください。

(OSA)漆黒に漂う 熱き液体。

(秋山)はい?
(OSA)漆黒に漂う 熱き液体を

欲している。
(古畑)ああ。 はいはいはい。

ホットコーヒーね。
(秋山)ああ!

(秋山)漆黒に漂う 熱き液体。
あっ すいません。

えっと。
ブラックで 大丈夫ですか?

(OSA)月夜に漂う おぼろ月。
(秋山)はい?

(OSA)月夜に漂う おぼろ月。
(古畑)ミルクあり。

あっ。 ミルクあり。
(古畑)ああ そうそう。

月夜に…。 ああ なるほど。
あのう。 ていうか

歌詞じゃないときも こういった
しゃべり方なんですかね?

(古畑)当然よ。
ヴィジュアル系バンドなんだから。

(秋山)ああ。

(DIE)黄金の雨を 降らせたい。
(古畑)ハァ。 もう。

さっさと 行ってきなさい。
もう 早く。

(DIE)黄金に輝き…。
雨を降らせたい。

(古畑)早く。

あっ。 トイレ! おしっこ?
(古畑)そうそうそう。

じゃあ 私は
先方との 打ち合わせついでに

ホットコーヒー 買ってくるから。
ここにいて。 よろしくね。

あっ。 一人 不安なんですけど。
(古畑)大丈夫 大丈夫。 頑張って。

(秋山)一人 不安です。 えっ?
(ドアの閉まる音)

(秋山)強いです。

(OSA)はかなく 崩れ落ちる
甘き満月。

はい?
(OSA)はかなき 崩れ落ちる

甘き満月。

おまんじゅう…。
おまんじゅうとかですか?

(秋山・OSA)
はかなく 崩れ落ちる…。

甘き…。 甘き満月。
(秋山)ちょっと ごめんなさい。

(OSA)甘き満月。 甘き満月。
(秋山)SHUNさん。 すいません。

これ…。
(SHUN)甘き満月…?

(OSA)甘き満月。
(秋山)SHUNさんも…。

(DIE)クッキー。
(OSA)ジャスト ウエイト。

(秋山)ジャスト ウエイト?
すいません。 クッキーですね。

ちょっと 探してきます。
クッキーですね。

(DIE)月の日に 飛び上がりし
少年を見たい。

(秋山)えっ?
月の…。 何ですか?

(DIE)月の日に 飛び上がりし
少年を見たい。

(秋山)月の日。 月曜? 月曜?
月曜日に…。

月曜日に 飛び上がりし?
(DIE)少年。

少年。 ジャンプ。
『少年ジャンプ』?

『少年ジャンプ』 読みたい。
『少年ジャンプ』 読みたい。

『少年ジャンプ』 読みたいですね。
分かりました。 用意します。

(聖夜)茶色き世界と 白き世界に
真っ二つに 分かれしものを

銀のさじで すくうもの。

(秋山)カレーですね? カレー?
分かりました。

カレーか ハヤシで
カレーだと 思いました。

(聖夜)カレー。
(秋山)カレー。

(OSA)硬く閉ざされた
赤き繊維を

神の手で 解放してくれ。
(秋山)えっ?

(OSA)硬く閉ざされた
赤き繊維。

赤き繊維?
(OSA)赤き繊維の束を

神の手で 解放してくれ。

赤き繊維の束?

うわ。 DIEさん 分かってそう。
DIEさん 分かってそう。

DIEさんは
分かってそうだな。

えっ!? えっ?
ぴんと きました?

うわ。 全員 ぴんと きた。

(SHUN)顔の開きし処刑台に
寝かされ。

(秋山)えっ?

(DIE)一刹那に
3, 000の代償を払え。

一刹那に…。

(DIE)3, 000から 6, 000の
代償を払え。

マッサージですね?
(OSA)チェックメート。

よし!
(OSA)チェックメート。

(聖夜)ジャスティス。

(古畑)秋山君。 大丈夫?
(秋山)ちょっと 大変です。

ちょっと 分かんないです。
(古畑)一緒に 考えようか?

あっ。 いいですか?
(古畑)うんうん。

(聖夜)粘り気のある
ベールに包まれた 茶色き豆。

(古畑)分かった 分かった。

納豆。
(古畑)そう。

ジャスティス。

(秋山)いや。 あの人は
簡単なんですよ。

(古畑)そうだよね。
(秋山)あの人は いけるんですよ。

若きものが集まりし
巨大な遊び場に 行きたい。

(古畑)ああ。
(秋山)えっ? 分かんない。

簡単でしょ。
(秋山)えっ!? 遊園地ですか?

(古畑)違う。
(秋山)えっ?

フェス。
(DIE)えー。

違うの?

(秋山)はい。 ROUND1。
(DIE)ジャスティス。

(古畑)すごいじゃない。 秋山君。
(秋山)分かってきました。

(古畑)すごい!
(秋山)お好きなんですね。

(OSA)メンティスの槍。
(古畑)えっ?

メンティスの槍。

メンティス?
(古畑)メンティスの槍。

(OSA)メンティスの槍。
(古畑)ちょっと。 もうちょっと。

(OSA)メンティスの槍で
俺の…。

俺の漆黒のところを ほじくる。
(秋山)えーっ?

あっ。 分かりました。

(SHUN)メンティスの槍には

柔らかき羽根が
ついているのもあり。

(古畑)分かった。
(秋山)僕 分かりました。

分かりました?
(古畑)分かった。 せーので。

(古畑・秋山)せーの。

綿棒。
(古畑)耳掃除。

(OSA)チェックメート。
(秋山)綿棒。

(OSA)チェックメート。

(古畑)秋山君。 すごいわ。
秋山君。 すごいわ。

「ゆっくりね」

(男性)さあ 今夜 最後の
挑戦者です。 お名前は?

(長田)大田区から 来ました
長田です。

(男性)長田さん。
もう 三度目の挑戦ですね。

(長田)今週こそ
絶対に 10問連続 正解します。

(男性)頑張って
100万円 ゲットしてください。

もちろんです!

(男性)では 運命の10問。
スタートです。

(長田)よっしゃ。 こい。

3・2・1。

(長田)1問目。
(正解音)

(長田)2問目。
(正解音)

(長田)6問目。
(正解音)

(長田)6問目。
(正解音)

(長田)5問目。
(正解音)

(長田)6問目。
(正解音)

(長田)6問目。
(正解音)

(長田)RIMA? えっ?
えっと。

7問目。
(正解音)

(長田)よし。

(長田)9問目。
(正解音)

(長田)たかし君が
解いてるのは…。

6問目!
(不正解音)

(長田)あーっ!
(男性)残念。

くそ!

うわーっ!

(男性)残念。
10問連続 正解ならず。

チクショー。

あっ。 もしかして
8問目ですか?

(不正解音)

(男性)正解は 7問目でした。
(長田)やっぱ そっちか!

(男性)またの挑戦を
お待ちしております。

駄目だ もう。
合宿だ。 合宿!

(石川)ついに とんでもない薬
発見したぞ。

すごいことになるぞ これ。

(松尾)どうした?
(石川)おいおいおい。

(松尾)何だよ?
(石川)松尾。 岡部。

(岡部)どうした? どうした?
(石川)とんでもない薬 発見した。

(石川)大発見や。 大発見。
(松尾・岡部)大発見?

(石川)ついに 不透明人間になれる
薬 見つけた。

(松尾)えっ!? それ ホントか?

俺らよ 透明人間は
不透明人間になって

自分の姿を 見るっていうのが
長年の夢だったんだよ。

(岡部)生まれたときから
ずっと 透明だもんな。

早く飲もうぜ それ。
(松尾)おお。 飲もう。

(石川)ちょっと待って。 焦るな。
このまま飲んだら 俺ら 裸や。

だから 服 着なあかんねん。

(岡部)不透明人間は
服 着るもんな。

(石川)俺たちにも
おしゃれっちゅうもんが

できんのや これ。
(松尾・岡部)よっしゃ!

(岡部)やったぜ!
(松尾)服 着ようぜ。

(石川)そこに 服 あるからさ
みんなで 着ようぜ。

(岡部)ありがとな。
(石川)初めてやで。

(一同)うわぁ。 えーっ。

(岡部)どんな顔だと思う?
(松尾)俺は 何か こう

真剣佑的な?
(石川)ああ!

(松尾)あそこまでじゃないけど
まあ 近いとこまでは

いってんのかなっていう。
(石川)俺はさ たぶん

キンプリの感じ?
(松尾)ああ。

(石川)分からんで。
(岡部)俺 結構さ

ちょっと 声 2人より 低いじゃん。
(松尾)うん。 まあね。

(岡部)斎藤 工みたいな。
(石川・松尾)ああー。

(松尾)いいラインだと 思うわ。
(岡部)何か そんな感じ。

ちょっと セクシーな。

(石川)服が もう 斎藤 工に
見えてきた。

薬 飲むか。
(松尾・岡部)飲もう! よっしゃ。

(石川)新たな門出に 乾杯!
(松尾・岡部)乾杯!

(一同)おおー。 わっ。
なってきてる。 おおー!

(岡部)熱い 熱い。
(松尾)何だ? 何だ? きてるぞ。

(石川)透明じゃない感じする。

(石川)わーっ! あーっ!
(岡部)わっ!? えっ!?

(松尾)きたきた きたきた。
わっ。 すげえ。

(石川)顔 見てみようぜ。 やった。

(松尾)ああ…。

(松尾)まあ。 まあまあまあ。
まあだな?

(岡部)まあ そうですね。

まあまあまあ。
(岡部)まあまあ。 うん。

(松尾)まあ でも…。
まあ この中だったら 俺か。

(岡部)いやいや いやいや。
いやいや いやいや。

いやいや いやいや。
(岡部)いやいや。

♬「力見引越センター」

≪(ノック)
(秋山)はい。

(粗悪)すんません。
お待たせしました。

(秋山)ういっす!

(粗悪)あれ?
おしゃれな家で ちょっと。

サーフィン やるんすか?
(秋山)いいっすよね。 これね。

(粗悪)へえー。
いやいやいや。 お客さん。

ここは ワイハですか?
(秋山)おっ。 アロハ!

ノリ いいですね。 お客さん。
えっ?

じゃあ 取りあえず ここのもん
運んでいったら

いいですかね? 全部。
(秋山)ああ。 全部 お願いします。

(粗悪)じゃあ 運びますわ。
(秋山)お兄さん。 お兄さん。

この 1部屋 1万円?
これ 見たんすけど。

ホンマ 1万円ですか?
(粗悪)うちはね

作業員 1人が
スピーディーに 運びますから

その分ね
他社の 10分の1の値段で

お届けします。
(秋山)最高っすね。

そうなんですよ。 ほな もう
ちょっと 始めてよろしい?

(秋山)お願いします!
(粗悪)よっしゃ。 ええど!

≪(力見)いーっ。 きーっ。

きーっ。
(秋山)開けてください。

≪(力見)いーっ。
(秋山)開いてますんで。

(力見)ぎーっ。
(秋山)ああ。 そうっす。

(力見)いーっ。 ぎーっ。

(秋山)そうっす そうっす。

(力見)いーっ。

(秋山)もう 離して 大丈夫っすよ。
(力見)くーっ。

(秋山)離して 大丈夫っす。

(力見)力見 力です。
(秋山)お願いしゃっす!

(粗悪)ほな ちょっと 先
お代の方だけ よろしい?

(秋山)ういっす ういっす。
(粗悪)1万円になります。

(秋山)1万っす。
(粗悪)はい。 毎度! 1万円な。

じゃあ 力。
お前 ちょっと これ…。

(力見)社長!
(粗悪)ああ。

こんなん もう 申し訳ないです!
(粗悪)かまへんがな。

よっしゃ。 力 いっとけ。
今日も いけよ。 力。 よっしゃ!

ほんなら まず
このサーフボード いこか?

サーフボード。
(力見)サーフボード。 分かりました。

(粗悪)サーフボード 運んだれ。
(秋山)頼みますよ これ。

いいやつなんで。
(力見)折り畳みですかね? これ。

(秋山)違います 違います。
折り畳みじゃないっす。

(粗悪)折り畳んでいけよ。
いけるか? 折り畳み。

(秋山)折り畳みじゃないっすよ。
(粗悪)いったれ!

(秋山)あっ!?
(粗悪)よっしゃ。 ええど。

(秋山)ボード。
大事なボードなんですよ。

(粗悪)いけ! いけ!

(秋山)ボード…。

(粗悪)ワオ。 ええど。
(力見)いーっ。

まんま 運んでもらえます?
ボードは。

これ 運んだれ。 これ。
(秋山)そのままで。 そのままで。

(粗悪)大丈夫か?
(力見)いーっ。

(粗悪)大丈夫か? 重たいな。
(秋山)気を付けてください。

(粗悪)いけるか?
(力見)いーっ。

(粗悪)ええど。 飛んだな。
よっしゃ。

ショートボードの完成やで!

いったれ いったれ。
乗ってもうてる。

(秋山)ああ!
(粗悪)乗ってもうてるね。

ええがな ええがな。
(秋山)ちっちゃくなっちゃった。

(粗悪)乗ってるぞ。 これ 何?
(秋山)サンオイルです。

(粗悪)いけるか?

(力見)いーっ。

(粗悪)力んでる。
(力見)いーっ。

(粗悪)よっしゃ。
(秋山)床…。 床 これ。

(粗悪)大丈夫か?

ここ もう 焼けへんからな。
サンオイルも ばっちりやで。

≪においが もう。

(粗悪)おっ おう ええな。 ハンモックも
いくか? ハンモックもな。

(秋山)臭い。
(粗悪)ハンモック いけるか?

運べそうか?
(秋山)運んでます?

運んでます?
(粗悪)よっしゃ。 力。 ハンモックや。

いったれ。
(秋山)ちょっと。

(粗悪)通るか? これ。
大丈夫か?

分解しないと 通らないですから。
(力見)ちょっと 手伝って…。

(粗悪)ああ。 手伝い?
お前 こっち 持て。 お前。

よっしゃ。
2人でやったら 大丈夫やな。

(秋山)怖い怖い怖い。

(粗悪)離したらあかん お客さん。
(秋山)そっちです。

(粗悪)ええど ええど。
こっち こっち。 運べ 運べ。

(秋山)もう。
(粗悪)てきぱき 動かんか お前も。

(粗悪)ソファ いこか。
力。 ソファ いける?

結構 ここ 下 すごいな。 下。

(秋山)高いっすよ それ。
(粗悪)よっしゃ。

これ でも 一人で いけるか?
お前。

(秋山)ゆっくりね。
(粗悪)おお。 ええな ええな。

(秋山)ゆっくりね。 ちょっと…。

(粗悪)わあ。 出た。 おお。
どうなった? どうなった?

これで よろしいな?

(秋山)見たことないぐらい
分解されて。

(粗悪)でも クッションみたいなの
あるから。 なあ?

(秋山)もう いいっす。 いいっす。
駄目ですよ もう。

(粗悪)客さん。 あのう。
引っ越し先 どちらでしたっけ?

(秋山)2丁目です。
(粗悪)2丁目は…。

2丁目 あっちや!

かしこまりました!
(秋山)えっ!?

うわーっ!?
(粗悪)よっしゃ いったで。

毎度!
(力見)いーっ!

(粗悪)じゃあ 行こか。

(竹沢)はい。 どうも。
W富美男です。 うん。

(松沢)ああ。
ありがとうございます。

今 みちょぱの カラコンを
頂きました。

ありがとうございます。

いやぁ。 こんなもん
いくらあっても いいからなぁ。

これは いいね。
いくらあっても いいよ これは。

いきなりなんだけどさ。
俺の母ちゃんが

毎朝 食べてた 朝食の名前
忘れちゃったらしいんだよな。

何で 忘れてんだよ。
バカヤロー!

しょうがねえな。
じゃあ お前の母ちゃんが

毎朝 食べてた 朝食のメニュー
俺が 一緒に 考えてやるから

特徴 言え。
(竹沢)何でも

甘くて かりかりしてんだよな。

それで
牛乳を掛けるらしいんだよ。

コーンフレークじゃねえか!
バカヤロー!

それ 完全に その特徴じゃ
コーンフレークじゃねえか バカヤロー。

あんたね 俺もだよ
コーンフレークと思ったよ そりゃ。

でもね 母ちゃんが言うには
死ぬ前に 一度は食べたい。

それ 食べれたら
死んでいいって 言うんだよな。

じゃあ コーンフレークじゃ
ねえじゃねえか バカヤロー。

そんな大層なもんじゃねえんだ。
コーンフレークはよ。

寿命に 余裕があるやつが
食うもんだ バカヤロー。

何で あんなな 栄養バランスの
五角形が でっかいか

分かんないんだよ 俺は。
(松沢)コーンフレークじゃねえか バカヤロー。

コーンフレークは 完璧なんだよ。
バカヤロー。

何だ バカヤロー バカヤローって。
あんた 俺に言ってるのか?

お前に言ってんだろ。 バカヤロー。
(竹沢)失礼だろ。

バカヤローって 言う方が
バカヤローだ。 バカヤロー!

バカヤローには バカヤローって
言うだろ! バカヤロー!

何だ バカヤロー。
(松沢)お前さんな

俺が 誰だか 分かってんのか?
(竹沢)えっ?

(竹沢・松沢)
300年に一人の 役者だぞ。

揃えてんじゃねえぞ バカヤロー!
何 揃えてんだよ!?

揃えるな バカヤロー!
(松沢)もういいよ バカヤロー!

≪(ナオト)おお。 飛美男。
(飛美男)ああ。 ナオト君。

(レイナ)飛美男君。
飛美男君?

(飛美男)あっ。
レ… レイナちゃん。 ブーン。

(ナオト)今日も!?

いやいや。 さすがに 慣れろや。
(飛美男)すいません。

(ナオト)ちょっと 丘の上まで
ジョギングしてたんよ。

(飛美男)そうなんだ。
(レイナ)いい汗かいたね。

(ナオト)何してん?
(飛美男)あっ。 はい?

(ナオト)何してんの?
(飛美男)あっ すいません。

ちょっと…。 ちょっとで…。

(ナオト)ちょっとで?
(飛美男)はい。

(ナオト)大丈夫か?
(飛美男)はい。 大丈夫です。

(ナオト)今日 ホンマに
天体観測するの? これ。

(飛美男)はい。 今日 実は
みずがめ座の流星群が 見れる

絶好のチャンスなんです。
(ナオト)みずがめ座の流星群?

(飛美男)はい。
みずがめ座の周辺から

放射状に 飛び出る
流星群がありまして。

みずがめ座η流星群と
みずがめ座δ流星群の

2種類あります。
例年では ゴールデンウイークと

夏休みに入るころが それぞれ
ピークと いわれてるんです。

今日も すごいね。
(レイナ)すごい。 飛美男君

星にも 詳しいんだね。
(飛美男)はいー。

飛美男はね あれやねん。
東大の 航空宇宙工学科やっけ?

星 詳しいねん だから。
(レイナ)そうなんだ。 すごい。

はいー。
(ナオト)よっしゃ。

じゃあ 星 見ていく?
(レイナ)やったー。 見たい。

いい?
(飛美男)どうぞ。

ピント 合わせて
見てみてください。

奇麗な星が 見えます。
(レイナ)これ ここだよね?

(飛美男)はい。 そうです。
(レイナ)うーん。 見えないな。

(ナオト)飛美男 やったれや。

あっ。 は… はいー。

(飛美男)そうです。 そこのところ。
じゃあ のぞいててください。

僕が ピント 合わせますから。
(ナオト)ああ。 ええやん。

(ナオト)飛美男。
落ち着け 落ち着け。

おい。 落ち着け 落ち着け。
(飛美男)ブブブブ…。

(ナオト)ああ。
いやいや いやいや。 大丈夫か?

うわぁ。 大丈夫?
(飛美男)くっ…。

ピント 合わせないと…。
(ナオト)ピント 合わすだけ…。

横から入ったら ええやん。
(飛美男)ピント 合わせないと

レイナちゃんが 星が見れない。
(ナオト)そうよ。 奇麗な星…。

あれ? えっ? えっ? えっ?
何してんの? これ。

何してんの?
ピント…。 ピント 合う?

(飛美男)ピント 合わせてます。
今。

(ナオト)行儀は悪いよ。 ちょっと。
見える? レイナちゃん。

(レイナ)もうちょっと…。
(飛美男)くーっ。

(ナオト)器用やなぁ。
(レイナ)あっ。 見えた 見えた。

わっ。 すごい! わあ。 奇麗。
(飛美男)はいー。

ホント 奇麗です。
(ナオト)飛美男。

飛美男。 何してんねん?
(飛美男)見れましたか?

(レイナ)見えた。
(ナオト)下りろって お前。

(飛美男)ブブブブ…。
(レイナ)ありがとう。

あっ そうだ。 これより
鮮明に見える レンズがあるんで

僕 取ってきます。
(ナオト)えーっ。 ホンマ?

ホンマー。
(ナオト)ホンマー。

ありがとう。 へえー。

なあ。 レイナちゃん。
言ったやろ?

飛美男 ホンマに あいつ
めっちゃ 星 詳しいねん。

(レイナ)ホント びっくりした。
でもさ 飛美男君って

頭もいいし。 優しいし。

何で 飛美男君に
彼女が いないのか

ホント 不思議。
(ナオト)ああ そう。

私 立候補しちゃおうかな。

(飛美男)ブーン。
(ナオト)ああ。 飛美男!

飛美男。 飛美男。
(飛美男)ブーン。 ブブブブ…。

(ナオト)落ち着け 落ち着け。
すごい すごい。

呼吸してるみたいや。 すごい。
(飛美男)ブブブブ…。

(ナオト)大丈夫か? 飛美男。
飛美男。 危ないぞ。

落ち着け 落ち着け 落ち着け。
(飛美男)ブブブブ…。 ブーン。

(ナオト)落ち着け 落ち着け。
大丈夫か?

おお おお おお。
おお。 大丈夫か?

向き すごいな おい。

飛美男。 おいおい。
大丈夫か? お前。

(飛美男)《およよ?》
(ナオト)おいおい。 飛美男。

こっち こっち こっち。 大丈夫?
(飛美男)あれ?

ナオト君。 動かしました?
(ナオト)俺 動かしてへんよ。

お前が 上 行ってる間に
回転してたんや。

このレンズがあれば
もっと 鮮明に見えます。

(レイナ)ホント? やったー。
(ナオト)流星群

ホンマに 見えんのかね?
(レイナ)ねえ。 楽しみ。

(ナオト)まだかな? 流星群。
楽しみやな。

どっから 見れんねやろ? これ。

あのう!
(ナオト)うわ! びっくりした。

レイナちゃん。
もし 流れ星が 流れてる間

僕が 願い事 3回 言えたら 僕と
デートしてください! あっ…。

(ナオト)ちょっ。 お前…。
アホか? お前。

そんな簡単にな
レイナちゃんと デート…。

いいよ。
(ナオト)えっ?

3回 言えたらね。

はい!
(ナオト)うわ。 すごいね。

これは チャンスやぞ 飛美男。
3回 言うたら いけるから。

よし。
(ナオト)よっしゃ。 流星群 見よう。

(レイナ)頑張って。
(ナオト)さあ どうや?

いつ くるか 分からんからな。
(レイナ)どこだろう?

(ナオト)どっから くるか
分からへんよ。

あっ…。
(ナオト)どこや? どこや?

(飛美男)あっ。 はっ…。
(ナオト)大丈夫か? おい。

あっちちゃう? 見とけ 見とけ。
(飛美男)こっちの方角。

うわ! 流れ星 きた!
飛美男。 いったれ!

(願い事を叫ぶ声)

(ナオト)何て!? 一文字も
聞き取れへんかったよ。

お前 何してんねん? お前。
(飛美男)すみません。

焦ってしまいました。
(ナオト)焦り過ぎやて。

まあ でも しゃあない。
これは もうな。 もう あかん。

でも 流星群も見れたし
もう 帰ろう。

はい。
じゃあ 自転車 取ってきます。

(ナオト)そうせえ そうせえ。
(飛美男)はい。

(ナオト)まあまあ。 見れたから
流星群。 何にせよな。 うん。

奇麗やったな。

(レイナ)私 聞こえたよ。
(飛美男)えっ?

飛美男君の願い事。
(ナオト)いや。 マジで?

あれ 聞き取れたん?
飛美男。 何て言ってた?

「レイナちゃんが ずっと 笑顔で
いられますように」でしょ?

は… はい。

じゃあ デート 行く?

えっ?

笑顔にしてくれるんでしょ?

ブブブブ…。

(ナオト)飛美男!

『E.T.』みたいになってるよ。

(ベルの音)

(ナオト)星なった?
星なったんか?

♬「はぁ?
うっせぇ うっせぇ うっせぇわ」

♬「あなたが思うより 健康です」

(男性)今夜 最後の挑戦者
常連チャレンジャーの 長田さん。

また いらっしゃいましたね。
(長田)来ました 僕です。

(男性)10問連続 正解で
賞金 100万円。 自信の程は?

(長田)はい。 えー。
合宿に行ってきまして

カレンダーに 1日1問と書いて
1問 2問と やってきました。

(男性)それでは 運命の10問。
スタートです。

3・2・1。

(長田)1問目。
(正解音)

(長田)2問目。
(正解音)

(長田)4問目。
(正解音)

(長田)4問目。
(正解音)

(長田)5問目。
(正解音)

(長田)9問目。
(正解音)

(長田)えっと…。

12問目。
(正解音)

(長田)1問目。
(正解音)

(長田)9問目。
(正解音)

(長田)けいこと
素数と よし…。

えっ? えー。
31問目。

(不正解音)
(長田)あーっ!?

(男性)残念。

(長田)うわーっ!?

(男性)答えは 32問目でした。
(長田)32問目ですよね?

やっぱ そっちだよ。 もう!

(男性)またの挑戦を
お待ちしております!

留学だ。 何問目留学だ。

(粗品)
AIが ジャッジ! 発音カラオケ。

[歌の うまさではなく

英語の発音の うまさを 採点する
発音カラオケ]

(長田)「irregular」

[採点に使うのは

今 子供たちの間で 人気の
アプリケーション…]

[スマートフォンに 向かって
英単語を話すと…]

(電子音)
(女の子)やった。

[AIが 100点満点で 採点]

[どこが間違っているのか

教えてくれる 優れもの]

(佐久間)今回も チーム戦です。

『新しいカギ』メンバーと
対戦するのは…。

Team モノマネ芸人の
皆さんです。

(シャチホコ)ワンダフル!

[これまで 見事な発音で
ハイスコアを 出してきた

Team モノマネ芸人]

(せいや)モノマネ芸人 すげえ。

[今回は 物まねクイーン
荒牧 陽子さんが 参戦]

[Adoの 『うっせぇわ』を
5人の声色で 歌い上げる

圧巻のパフォーマンスを 披露]

[こよいも 100点獲得者が 出現]

[超ハイレベルな
発音バトル 開演]

[オープニングソングは…]

[ミュージックビデオの再生回数
何と 1億回超え]

[優里の 『ドライフラワー』]

[発音する ワードは こちら]

[発音の違いが 難しい

「r」と 「l」を 攻略できるか?]

[前回 100点を
たたきだした

長田さんの挑戦です]

(せいや)いいよ。
いいよ いいよ。

(粗品)どうでしたか?
(長田)いけたと 思います。

「r」 ちゃんと はい。

これ 難しいのが…。

「r」 「l」 「r」なんですよ。
(せいや)ホンマや。

「Dry Flower」
(荒牧)顔。

(粗品)採点結果 出ました。

「Dry Flower」
発音の得点は…。

こい!

よし。 きた!

(粗品)空白を…。

何だ? 何の?

何だ これ?
変なの。

得点は…。

(長田)何?
あの変なやつ。

言った? 俺。 何か。

(長田)ケツ 言った?
俺 ケツ。

(佐久間)正しくは
「Dry Flower」

「l」を
意識し過ぎて

「f」を
強調し過ぎたのかなって。

いや。 でも 70点は
いいんじゃないですかね?

(せいや)悪くはないです。

(松尾)みんな 味方なのに
「まあまあまあ」

[続いては…]

[秘密のベールに 包まれた
女子高生シンガー

Adoの 『うっせぇわ』]

[発音する ワードは こちら]

[最難関の 「l」を うまく

発音できるかが ポイント]

[歌うのは 物まねクイーン
荒牧 陽子さん]

[何と 今回は Adoを含めた
5人の声色で 歌い上げます]

(シャチホコ)すげえ。

(礼)どうかな?
(菊田)カッコよっ。

いやぁ。 すごかったですね。

(荒牧)Adoさんの
「アーッ」の後に

「Melody」って
めちゃくちゃ 難しいんですよ。

(粗品)なるほど。 勢いもね。
(荒牧)喉が。

発音の得点は…。

得点は…。

(岡部)うわ。
(秋山)出た。

荒牧さん。 いかがですか?
100点です。

めっちゃくちゃ うれしい。
よかった。 よかったです。

(粗品)長田さん。
30点も 差ついてます。 正直。

(粗品)ブービー賞 出た。 松尾さん。
(礼)ブービー ブービー。

(粗品)最下位を 取れない男。

[圧巻の 物まねメドレーと
パーフェクトな発音で

荒牧さん 100点を獲得]

[今回も チーム戦]

[合計得点の高いチームの
勝利となります]

[続いては Team 『新しいカギ』]

[せいやさんと 秋山さんの
初デュエット]

[湘南乃風の
ヒットナンバー 『睡蓮花』]

[発音する ワードは こちら]

[「マ」を いかに弱く

優しく発音できるかが ポイント]

[発音するのは もちろん…]

(せいや)♬「俺!俺! 俺!俺!
Ole! Ole!」

(一同)おいおい。
おいおい おいおい。

発音の得点は…。

「r」 いってるよ。

ええんちゃう?

(一同)お尻。
(粗品)得点は…。

(せいや)
まあまあまあ。

正しくは
「Summer Dream」

「m」って 聞こえるか
聞こえないかくらいで

いいんですよ。
(粗品)主張し過ぎた?

し過ぎて ちょっと お尻に
ついてきちゃった感じですね。

(秋山)低い点数じゃ
ないですもんね。 70って。

(粗品)低いて。
(せいや)どうですか? 長田さん。

[続いて Team モノマネ芸人。
歌うのは…]

(礼)はい。
私 西野カナが 歌います。

♬「会いたくて 会いたくて
震える」

♬「君 想うほど 遠く感じて」

[西野カナの
『会いたくて 会いたくて』]

[発音する ワードは こちら]

[「heart」は 喉の奥から

声を出すように 発音するのが

ポイント]

(礼)どうだった?
よさそう。

(粗品)大丈夫か?
(長田)どっち?

ノリで いくことに 決めたんで。
(粗品)流れるように いきました。

(粗品)発音の得点は…。

(礼)いいよ。
はい。 はい。

(礼)一緒なのに…。
いいよ。

「n」は いいよね。
「d」も いいよ。

「feelings」
「feelings」

(粗品)得点は…。

(礼)微妙。
(菊田)よしよし…。

正しくは 「my heart
and feelings」

(佐久間)
No No No…!

マイ イングリッシュ
イズ OK!

[現在のスコアは ご覧のとおり]

[続いて Team 『新しいカギ』が
歌うのは…]

♬「ドリームの見方を Inspired」

[ダサカッコイイと
人気を博した…]

[発音する ワードは こちら]

[最後は 「ジャー」ではなく

優しく 「ヂュアー」と言えるか?]

(粗品)ダンサー おるやん。 また。
(菊田)僕はね ホント ここまで…。

(粗品)「Teenager」の発音。
得点は…。

(菊田)お願いします。

(粗品)さあ 得点は…。

(長田)まあまあまあ。
まあまあまあ。

正しくは 「Teenager」
「Teenager」

最後 やっぱり
ポイントで

歯を閉じながら
唇を 出すんですよ。

(菊田)「ヂュアー」
(佐久間)そうです。

[続いて Team モノマネ芸人。
歌うのは…]

(松尾)はい。

(一同)出た出た出た。 きたよ。
これは 期待できない。 頑張れ。

(一同)いけ いけ いけ。
おっ。 おっ。

(長田)トライ。 トライ。
トライする? トライするの?

(一同)トライした。 誰やねん?
こいつ 誰やねん? 知らん ラガーマン。

[発音する ワードは こちら]

[採点ポイントが 少ない分

一つのミスが 命取りに]

[果たして…]

(粗品)せこい。
(せいや)せこいぞ。

(長田)ずるいよ。
(せいや)審議 審議。

(松尾)きゅっと…。

(粗品)発音の得点は…。

(松尾)これは
100点 取れるはず。

(粗品)得点は…。

(菊田)よっしゃ!
逆転した 逆転した。

(粗品)逆転してます。
『新しいカギ』チーム。

正しくは
「Try」です。

(松尾)「Try」

(粗品)普通に 発音してくれよ。

[現在 リードしているのは
『新しいカギ』チーム]

[両チーム 残すは 一人ずつ。
続いての曲は…]

[発音する ワードは こちら]

[2つの 「r」を いかに うまく
発音できるか?]

[歌うのは
ばっちり衣装の…]

(一同)どうだ?
どうだ?

(岡部)言えた 言えた。
(粗品)いけた?

(岡部)言えた。
(粗品)得点は…。

(粗品)得点は…。

(岡部)いったよ。

正しくは
「Fire Bird」

(粗品)Fukaseさんが 71点で…。

ちょっと うれしそうな 松尾さん。
これは?

(粗品)今回 びりが ありそう。

(せいや)何の戦いしてんの?
あの人。

[Team 『新しいカギ』
296ポイントで フィニッシュ]

[Team モノマネ芸人
大トリを 務めるのは…]

[前回 100点を
たたき出した…]

[現在 両チームの点差
80ポイントです]

(長田)いい勝負。
(菊田)これは いい勝負だ。

(シャチホコ)80 いったら
もう 勝てるってことね。

(粗品)80 いったら 勝てます。
(シャチホコ)発声練習しても ええ?

(粗品)どうぞ。
発声練習 お願いします。

♬「恋なんて 言わば エゴとエゴの
シーソーゲーム」

[曲は Mr.Childrenの
ミリオンヒットソング 『シーソーゲーム』]

[発音する ワードは こちら]

[「Cute」を 「キュートゥッ」と

最後 破裂させることがポイント]

(シャチホコ)聞かせて。
(一同)♬「イェー イェー イェー」

(粗品)強そう。
(菊田)ちゃんと 取りにきてる。

(粗品)桜井さんの物まね
うまかったですね。

(シャチホコ)ありがとうございます。
(長田)マジ ライブに来てる感じ。

(岡部)ライブバージョン。
(シャチホコ)これ いったっしょ。

(粗品)これは 自信あり?
(シャチホコ)もう もう もう。

(粗品)Mr.シャチホコさんが
81点以上 出せば

モノマネチームの 勝利と。

(礼)絶対 いける。
(菊田)頼むぞ!

(粗品)さあ 「She So Cute」
発音の得点は…。

(粗品)得点は…。

(長田)マジで!?
(粗品)というわけで

モノマネ芸人チームの 勝利。

♬(音楽)

(粗品)はい。
おめでとうございます。

(長田)これは すごい。

(粗品)Mr.PERFECTや。
これは 間違いない。

長田さん。 ちょっと 今回
あれちゃいます? 戦犯というか。

(長田)俺?
(粗品)だって 勢いが つかない。

向こう 100点ですよ。

(粗品)一番 似合うわ。

(せいや)チョコプラの
新しい キャラ。

(粗品)あんたら。 なあ。

(二階堂)お主も 悪よのう。

(菊田)いえいえ。
お代官さまほどでは。

(二階堂)何やつ!?
(男性)覚悟!

♬~

≪覚悟!

(気合)

(岡部)カット。 カット カット
カット。 止めろ。 止めろ。 止めろ。

(岡部)カット。
何だ? 何だ? 何だ? 何だ?

≪何だ? 何だ? 誰だ?

(岡部)あなたです あなた。
あなたです あなた。

(アヤベ)ご挨拶 遅れました。
ニューヨークから来ました アヤベです。

(岡部)アヤベさん? アヤベさん?
(アヤベ)はい。

(岡部)アヤベさん。
その格好は 何ですか?

(アヤベ)ああ。 これ?
ディス イズ ニューヨーク スタイル。

(岡部)おい!
(イシカワ)すいません。

(岡部)どうなってんだ? これ。
(イシカワ)すいません。 何か あの。

(イシカワ)自前の衣装で いいって
おっしゃったんで

てっきり 忍者の格好
持ってるのかなと。

(岡部)どこが 忍者なんだよ お前。
(イシカワ)すいません。

(岡部)忍者じゃねえだろ これが。
(イシカワ)すいません。

(岡部)あのう。 忍者なんですよね。
(アヤベ)うん。

(岡部)だから 目立たない格好を
してほしくて。

(アヤベ)まあ 一応 だから
黒で シックには まとめてみた。

(岡部)いやいや。
めちゃくちゃ 虎が。

めちゃくちゃ 虎が いるんで。
(アヤベ)そうなの?

(岡部)忍者って こういう
もっと 目立たない格好。

(アヤベ)目立たない格好ね。
OK OK OK。

(イシカワ)着替え 入ります。
すいません。

(岡部)ちゃんと やれ。 お前。
すいません。

(アヤベ)あのさ
ハーレー ある? ハーレー。

(イシカワ)ハーレー?
ハーレーって 何ですか?

(アヤベ)ハーレーって いったら
ハーレーダビッドソンに 決まってんだろ。

ハーレー ないのかよ? ハーレー。
(イシカワ)ハーレー ないですよ。

(岡部)おい! おい!
(イシカワ)痛っ。

(岡部)着替えさせろ。
(イシカワ)そうだ。 着替えだ。

着替えですよ 着替え。
(アヤベ)着替え?

(アヤベ)ハーレー またがれないの?
(イシカワ)ハーレーより 着替えです。

(イシカワ)シーン 187。
用意。 スタート。

(二階堂)お主も 悪よのう。

(菊田)いえいえ。
お代官さまほどでは。

(二階堂)何やつ!?
(男性)覚悟!

♬~

≪(アヤベ)覚悟!

(気合)

(岡部)カット。 カット。
止めろ。 止めろ。 止めろ。

(岡部)どうして? どうして?
どうして? どうして?

何 これ?
何で?

(アヤベ)いいんだよ いいんだよ。
もっと 全然 きていいんだよ。

遠慮しなくていいの。

三階堂君だっけ?
(二階堂)二階堂です。

(アヤベ)何で 乗らねえんだよ?

今んとこ 「三階なんで
階段で 上がったら

息 上がっちゃいます」ぐらい
言うんだよ!

(二階堂)すいません。

(岡部)あのう。
何ですか? その格好。

(アヤベ)カムフラージュ。
ディス イズ ニューヨーク スタイル。

目立たない格好って言ったじゃん。
(岡部)イシカワ。 おい。

どうなってんだ? これ。
(イシカワ)一応 目立たないのは

目立たないんで。
(岡部)「目立たないんで」じゃねえ。

(イシカワ)すいません。 もう一度
着替え 入ります。 すいません。

(アヤベ)うん。 しょうがないね。
(イシカワ)申し訳ないです。

(二階堂)あのう。 監督。
(岡部)はい。

(二階堂)別日でも いいですよ。
撮影。

(岡部)今日だけなんすよ。
(二階堂)今日だけ?

今日しか 撮れなくて。
ごめんなさいね。

(イシカワ)シーン 187。
用意。 スタート。

(二階堂)お主も 悪よのう。

(菊田)いえいえ。
お代官さまほどでは。

(二階堂)何やつ!?
(男性)覚悟!

♬~

≪(アヤベ)覚悟!

(アヤベ)やあー!
やあー! やあー!

(岡部)カット カット カット。
カット。 何だ? 何だ?

何だ?
何が 起きてる?

何が 起きてんの? これ。
何が 起きてる?

おい! おい!
出てこい。 おい!

おい! 出てこい。 おい。 おい。
おい。 どこ 行った?

(岡部)おい。 どこ 行った?
どこ 行った? おい。 おい おい。

(岡部)おい。 おいおいおい。
出てこい 出てこい。

何回 やんだ? これ。
何 やってんだ? これ。

何 やってんだって
この時代で いったら 馬だろ。

馬だよ。
ニューヨーク スタイル。

メリーゴーラウンド。

(岡部)メリーゴーラウンドじゃ。
お前 せっかく…。

せっかく 忍者に なったのに。
何だ これ? お前!

(アヤベ)ああ!?
(岡部)「ああ!?」じゃねえよ。

これが 余計だよ。
(アヤベ)ああ!?

(岡部)「ああ!?」じゃねえんだよ。
もう 終わり。 今日 撤収。

(一同)お疲れっした。
ごめんなさい。 お疲れっした。

お疲れっした。
(アヤベ)ああ。 おいおい。

お前 俺より 後輩だろ?
後輩が 先 下りちゃ 駄目だよ。

すいません。

早く 下りてくださいよ。
(アヤベ)合格。

(二階堂)合格?
お疲れっした。

「まくり田ガリと いいます。
よろしく お願いします」

「コッペパンは
グルテンフリーですよね?」

「ばあさん!」

(佐藤)くりかえす疲れ目でお困りのあなたに!

《「スマイル40プレミアムDX!」》

この商品 目の疲れかすみを

《治すんです!》
(伊津野)《なるほど!助かるね!》

薬局薬店まで 《スマイルDXシリーズ!》
茶色が目印!

(高橋)《ギュルギュル 下痢です~》
ゲリポーテーション。

<高橋は下痢になったら
トイレに瞬間移動できるのだ>

よし。
(女性)…な訳ないから~。
だよね~。

<水なし1錠で
腸のギュルギュルを鎮め 下痢を止めます>

ギュルギュルに効いたぜ。 <「ストッパ」>

(粗品)投稿 コント大賞!

[視聴者の
皆さんから

コントのキャラを
大募集]

[応募いただいた
2, 275通の中から

『カギ』メンバーが 選んだキャラを
スタジオで 披露]

(粗品)今回 お茶の間作家の
皆さんに 募集した コントは

「とんでもない転校生が
やってきた!」編です。

「今日は 転校生が
来ています」と。

「さあ 入りなさい」

先生と 生徒の前に
現れるのは

いったい どんな
転校生なのか?

(秋山)転校生って 結構
わくわくする タイミング。

(秋山)だから
人気者が来るのか?

どんな人が 来るのか
すごい 気になりますね。

(粗品)それでは 参りましょう。

プレーヤー 岡部さんです。
どうぞ。

(教師)今日は 転校生が
来ています。 さあ 入って。

≪(岡部)失礼します。

(岡部)皆さん こんにちは。
運動 会です。

(教師)じゃあ 運動君の席は
あちらです。

(岡部)あそこですね。
よし。 いくぞ。

(岡部)よし。 それ。 よし。
いけ。 いけ。

ああ。 分かんない。
分かんない。 くそ。 いけ。 くそ。

(岡部)楽しい!
よし。

今日は 何時から
運動会ですか?

(教師)運動会は 3日後です。
(岡部)えっ? 3日後?

じゃあ 3日後
また 転校してきます。 用意。

(スターターピストルの音)

(岡部)楽しい!
(終了の合図)

プレーヤーは 丸山さんです。
どうぞ。

(教師)さあ 入って。

(礼)ごきげんよう。

美容の森学園から 来ました
常々 美々です。

(礼)大変。
この教室 乾燥してるわ。

教頭先生。 この教室に 加湿器と
観葉植物を 置いてください。

みんな。 植物が
呼吸をしているって 知ってた?

1に 潤い。 2に 潤い。
心の張り 足りてる?

常々 美々です。

(教師)席は あちら…。
ぷるぷる!?

(礼)張りが すごいでしょ。

わあ。 お肌が 真っ白。 何の
スキンケアを 使ってるの?

後で ぜひ 教えて。
先生。 今日の給食は 何かしら?

(教師)シチューと
コッペパンです。

もちろん コッペパンは
グルテンフリーですよね?

みんな 野菜が 足りてないと
思うの。

この オーガニック スムージーを
飲もうね。

全ては 20年後の 自分のために。
常々 美々でした。

(終了の合図)

(粗品)しゃべりきりましたね。
(一同)すごいな。 面白い。

(粗品)運動君。
(岡部)はい。

(粗品)毎日 やらんからね。
運動会。

(岡部)今 行ってきた。
(粗品)運動会 行ってきて?

(礼)あなた ホントに すてきね。

運動って 心を
うるやかにしてくれるよね。

心の潤い 足りてる?
常々 美々です。

(秋山)すごい しゃべるな。

(秋山)そのヒゲ 何なん?

(秋山)皆さんの投稿プレーで
やってよ ちゃんと。

(礼)私も…。

続いての投稿に 参りましょう。

プレーヤーは 長田さんです。
どうぞ。

(教師)今日は 転校生が
来ています。 さあ 入って。

(長田)失礼します。
初めまして。

まくり田ガリと いいます。
よろしく お願いします。

(長田)石巻から 来ました。

好きなタレントは
真木よう子です。

好きな食べ物は マクドです。
よろしく お願いします。

ちょっと 癖で
色々 まくっちゃうんですけど

ちょっと
よろしく お願いします。

ちょっと まくった方が いいね。

ちょっと まくった方が いい。
まくった方が いいよ。

うん。 きっと まくった方が いい。
ここら辺も。

ネクタイも まくろう。
ネクタイも まくった方が いい。

うん。 まくった方が いい。
まくった方が いい。

すごい まくった方が いいと
思う。 まくった方が いい。

(悲鳴)
(教師)どうしたの?

(生徒)スカート めくってきました。
(長田)めくってません。

まくっただけです。
(終了の合図)

(星夏)めちゃ 面白い。

プレーヤーは せいやさんです。
どうぞ。

(教師)さあ 入って。

(せいや)どうも。
真夏のプールから 来ました

トンボです。

(教師)じゃあ トンボ君の席は
空いている席です。

(生徒)トンボ君 こっち。

(せいや)とまっちゃう。
(終了の合図)

(礼)気まずそう 男の子の顔。

(粗品)嫌なんでしょうね。
自分では。

まくり田ガリさん。
(長田)まくり田ガリです。

(粗品)まくってますね。
(長田)まくってます。

腕は 分かるんですよ。

何? トップス
それ まくります?

(長田)うん。 うん。 うん。

(秋山)返事が 早いんすよ。
まくろうとしてるから。

このキャラクターは
何で これ 選んだんですか?

「まくり田ガリ」って いうのが
ばーんと きて。

でも ホントに「まくり田ガリ」しか
書いてないから。

(粗品)えっ? そうなんすか?
(礼)それで ここまで やった?

(長田)「まくり田ガリ」しか
書いてない。

「何でも まくっちゃう」という。

「何でも まくっちゃう
まくり田ガリ」しか 書いてない。

そっから 全部 想像して。
(粗品)長田さんが 考えた。 と…。

(せいや)真夏のプールから
来ました トンボです。

(粗品)何で
これ 選んだんですか?

(せいや)トンボやるか
また 踊るか どっちかだったのよ。

(粗品)ボリウッドダンス?

さあ 続いての投稿に
参りましょう。

(粗品)プレーヤー 松尾さんです。
どうぞ。

(教師)今日は 転校生が
来ています。 さあ 入って。

(松尾)どうも。 あのころに
戻りたくて やって来た

おじいさんです。

(粗品)プレーヤー 松尾さんです。
どうぞ。

(教師)今日は 転校生が
来ています。 さあ 入って。

(松尾)どうも。 あのころに
戻りたくて やって来た

おじいさんです。

(秋山)おじいさん 来た。
(星夏)おじいちゃんなんだ。

(松尾)先生も 奇麗な先生でさ

あのころのさ 先生なんて
みんな 怖くて

よく 怒られたもんなの。

よく 一緒に 怒られたのがさ
ばあさんなわけ。

ばあさん!

いやぁ。 ばあさん…。

(粗品)何しに来たんや?

(松尾)ばあさんに 会いたいな。
あっ。

(松尾)若いころの ばあさん
そっくりじゃ。

名前は ばあさん?

ばあさんじゃ ない?
ばあさんじゃ ないの?

ばあさん!

(松尾)いやぁ。
ばあさん そっくり…。

(礼)そうだよね。

じゃあ じいさんは 先 天国で
みんなのこと 待ってるから。

じゃあね。
(終了の合図)

(菊田)何?
(粗品)何やったんすかね?

(粗品)あのころに 戻りたくて…。
(松尾)やって来た おじいさん。

(菊田)そうですよね。
(粗品)まくり田ガリさんとかも

おじいちゃん いるんですよ。

(松尾)懐かしいな。
(星夏)懐かしいの!?

(松尾)ああ!?
ばあさん!

(一同)投稿 コント大賞!
新しいキャラクター 募集中。

ご応募 お待ちしております。

(中嶋)ちょっとですね
おかげさまで

配信の方も
だいぶ 回ってまして。

(中嶋)「今夜のカギ」
ちょっと いったん 終了させて。

(粗品)そうなんや。
(中嶋)中嶋Pの

企画案 大募集って コーナー
あるの ご存じでしたか?

(粗品)そんなん ありました?
(中嶋)あるんすよ。

[ホームページで 『カギ』メンバーに
やってほしいことを 募集]

[すると 今夜は…]

[せいやが犯した
大失態とは…]

(中嶋)東京都の ココさん。
36歳 自営業の女性からです。

[昨年 大ヒットした
韓国ドラマ 『梨泰院クラス』]

[視聴者を 釘付けにした
毎回の エンディング]

[今回は この曲を使って
ドラマチックな日常を 演出]

(中嶋)皆さんには 設定から
演出まで 全部 自分で。

出演も含めて 全部 皆さんで
責任を持って やってくれたと。

韓国ドラマ 大好きの
丸山さんには

誰のVTRが 一番 よかったかを
判断していただきたい。

(礼)うれしい。

(長田)なるほどね。
(礼)分かりました。

(一同)いやいや。 何でですか?
ここが たまりやから。

(菊田)ここが たまりっす。
(せいや)ここが たまりやから。

(従業員)すいません。
61円の お返しです。

レシートは いりますか?
(長田)大丈夫です。

♬~

(粗品)めっちゃ ささいやん。

(秋山)あっ。 僕にも ちょうだい。

♬~

(粗品)続き 気にならんな。
(秋山)気にならん? 続き。

(岡部)うわ。 ヤベえ。

(岡部)あっ。
来た来た来た。

タクシー。 タクシー。

♬~

(粗品)ささいやな。
(せいや)これ いいな。

(粗品)腹 減ったな。
(男性)そうっすね。

(粗品)この辺 何か 弁当の
持ち帰りとか やってへんの?

(男性)最近 近所の中華屋で
弁当 始めたらしいっすよ。

(粗品)買ってきてよ 今。
(男性)全然 いいっすよ。

(粗品)ホンマ?
メニュー 何 あんの?

(男性)えーと。 ギョーザと
酢豚と マーボートウフ あります。

じゃあ マーボーで。

(男性)分かりました。
じゃあ マーボートウフで。

(粗品)うん。 頼むわ。
(男性)分かりました。

(粗品)ありがと。
(男性)いってきます。

マーボートウフ。

♬~

(長田)なるほど。
(せいや)ささいやな。

(長田)いいね。 いい。
(中嶋)丸山さん。 いかがでした?

(礼)この短い尺が
すごい 気持ちいいというか。

はまりますよね?
あの歌が すごく いい感じで。

ということで 4名さま
見ていただいたんですけども。

(菊田)やりましたよ。
(礼)見たい 見たい。

(中嶋)えーと。

(中嶋)ちょっと。 あのう。

(せいや)そうっすね。 こうやって
連続で 見ていったら…。

(菊田)ちょっとね。 まあね。
ちょっと 趣旨は…。

(粗品)日常の ささいなことを
ドラマチックに。

[同じ説明を 受けたはずなのに
せいやと 菊田は

どんな VTRを
作ってしまったのか?]

(長田)怖い 怖い 怖い。
(菊田)こういうことでしょ?

[同じ説明を 受けたはずなのに
せいやと 菊田は

どんな VTRを
作ってしまったのか?]

(菊田)今日 もう一人
女の子 来るんだよね?

(女性)そう。 もう 着くと思う。
(菊田)ホント?

(和泉)ごめん。
遅くなっちゃって。 ごめんね。

どうも。
初めまして。 和泉です。

♬~

(長田)怖い 怖い 怖い。
(菊田)こういうことでしょ?

(男性)てめえが 先に
がん くれてたんだよな?

(男性)ここまで来れば
ケンカできるって 言っただろ。

(せいや)ああ。
人さえ いなきゃ 俺は

フルパワーで
拳法を 使えるからな。

(せいや)いくぞ!

♬~

(中嶋)たまにある 大間違い?
(せいや)ちょっと待ってくれ。

(中嶋)今回 この選手権 優勝者?
(礼)はい。 優勝者は…。

岡部さんです。

(岡部)やった! うれしい。

(粗品)それ 懸かってたんや。

(岸)月9 『Night Doctor』
次回は 第5話 放送です。

(紗絵)田中 圭さん 演じる
成瀬の過去が ついに明かされる。

(岸・紗絵)ぜひ 見てください。

(岸)King & Princeの
サードアルバム 『Re:Sense』が

7月21日に リリースされます。

すごく カッコイイ 1枚に
なっておりますので

皆さん ぜひ
よろしく お願いします。

(長田)サンキュー。
ありがとうございました。

サンキュー。

(岡部)ついに 名古屋まで来たか。

(長田)お前らは
間違ってることを

間違ってるって 言えるか?
(一同)言えない。

(長田)言えないよな。
(岡部)言えない。

(長田)例えば 政治家たちのな…。
(岡部)また 始まった。

(長田)税金の無駄遣い。

間違ってると 思ったら 俺たちも
行動を起こさないとさ。 なっ。

(長田)駄目なときは 駄目って。
(岡部)いいこと 言うけどね。

(長田)言った方が いいんだよ。
NOって。

でも その NO 言えないよな?
(一同)言えない。

(長田)その NOを 言えない
その気持ちを 俺は 曲に託した。

だから 聴いてほしい。
なっ。 聴いてくれ。

その 迷う気持ちを 聴いてほしい。
(岡部)聴くよ。 みんな聴く。 聴く。

(長田)迷ったら
NOって言う 気持ちを

今から歌うから 聴いてくれ。
(岡部)聴く。 うん。

(長田)聴きたいよな お前らな。
(一同)聴きたい! そう そう。

(長田)聴きたいよな?

(岡部)いい いい いい。
そう そう そう。 聴くよ。

(長田)言えないよな? NOってな。
(岡部)聞かせてよ。

(長田)NOってさ 言える?
言えねえよな?

(一同)言えない。
(岡部)言えないから。 聴くよ。

(長田)UNO やったことあるか?
(岡部)UNO? UNO?

(一同)ある ある。
(岡部)UNOの話?

(長田)UNO やって
最後 あがるとき

何て言う? 何て言う?
(女性)UNO!

そうだろ? UNOの中にも そう。
NOがある。 あるよな?

(紗絵)ある。
(長田)でも どうだ?

(岡部)NOの歌か。
(長田)あがりそうなとき

前のやつが ドロー4
出してきたら どうだ?

(岡部)UNOの話 長くない?
UNOの話 長くない?

(長田)ドロー4 出された
こっちの身は 怖いよな。

(一同)怖い。
(長田)なっ。 怖いよな? でも…。

(紗絵)怖い。
(長田)ある。 お前たちには

心の ドロー4を 持ってる。

そうだよな?
心の ドロー4 あるよな?

(一同)ある! ある! ある!
(岡部)どういうこと?

(長田)ドロー4! ドロー4!
(一同)ドロー4! ドロー4!

(岡部)何で 盛り上がってんの?
何で 盛り上がってんの?

(一同)ドロー4! ドロー4!
(岡部)何? ドロー4が…。

(一同)ドロー4! ドロー4!
(岡部)「上! 横!」じゃないの。

(一同)イェイ!

(岡部)「イェイ!」じゃなくて。
「イェイ!」じゃなくて。

(長田)OK。
それじゃ 聴いてください。

(岡部)やっと くる。
(長田)今から 歌うから。

(岡部)こない。
(長田)聴いてくれ。 なっ。

全然 こない。
(長田)聴いてくれんのか?

(岡部)今日は すごいね。
(長田)聴いてくれるか?

(一同)聴く!
(長田)俺は 歌う!

聴いてください。
(岡部)歌って。

『間違ってる』

(長田)サンキュー!

(岡部)いやいやいや。
いやいやいや。 曲 短っ。

(長田)以上 フィフティーンでした。
また 会いましょう。

(岡部)何の歌?

(岡部)えっ? あっ。 来た。
(紗絵)嘘!?

(長田)モスコミュール。
(岡部)モスコミュール ここで?

直で 頼む人いる?

[今夜は あの幼稚園児も 参加]

[暑さも 吹き飛ばす
『ギリギリセーフ音頭』]

(ギリ田)さあ 皆さん
ご唱和ください。

『日本全国 ギリギリセーフ音頭』

(飛美男)ブブブブ… ブーン!