ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

田山涼成が小田急線でぶらり旅▽透明スープの鯛煮干し塩ラーメン▽ワゴン車を改装!便利でレンタルもできるキャンピングカー▽自家焙煎超濃厚コーヒー「ドロップショット」

出演者
【旅人】田山涼成
番組内容
田山涼成が小田急線でぶらり▽透明スープの鯛煮干し塩ラーメン▽ワゴン車を改装!ダブルベッド付き!レンタルもできるキャンピングカー▽自家焙煎超濃厚コーヒー「ドロップショット」▽不用品で作る!おしゃれな逸品の専門店▽美味カレー&スパイス入りジェラート▽牛乳とブルーベリーのソフトクリーム▽次回予告!木下ほうかが東西線でぶらり旅自分で叩いて作るバナナジュース&人気パン
音楽
【番組テーマ曲】「リタルダンド」sumika
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. カレー
  3. コーヒー
  4. 鯛煮干
  5. お店
  6. キャンピングカー
  7. 煮干
  8. 種類
  9. ジェラート
  10. 井本
  11. 牛乳
  12. スパイス
  13. ドロップショット
  14. ブルーベリー
  15. ラーメン
  16. ラーメン屋
  17. 失礼
  18. 面白
  19. お願い
  20. ジェラード

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



♬~

<本日の待ち合わせは
東京・町田市にある

こちらの公園>

<いや~ のどかな所ですね>

<あっ いました いました!
田山さ~ん!>

(田山) あっ こひちゃん!

おはようございます。
<おはようございます>

こひちゃん こちら 見てください。
<はい>

この丈の長い葉っぱ。

この草むらなんですけどね

何か すごい
懐かしい気持ちになっちゃって。

僕が育った所はね こういうのが
いっぱいありましてね。

この中で 隠れんぼやったり

こっちで 秘密基地 作ったりね
いろいろやって。

いい感じだなと思って
今 気持ちよくなってたんです。

ここは
町田薬師池公園の中にある

草むら探検の小径っていうんです。
<へぇ~>

懐かしい感じですよね。

<去年4月にオープンした

町田薬師池公園
四季彩の杜 西園>

<園内では
地元で取れた新鮮な野菜や

名産品などが並ぶ直売所が
人気を呼んでいます>

<その隣には カフェレストランも
あるそうですよ>

こひちゃん。
<はい>

これ。
<どれ?>

「YAKUSHI SOFTCREAM」。

よろしいです。

えっ?
<何?>

「町田 北島牧場の牛乳を使った

薬師ソフトクリーム」。

ソフトクリームは
分かりますけど

町田に
牧場なんてあったんですかね。

<あったんですね>

ちょっと…。

この蒸した感じもありますし。
<アハハハ>

ソフトクリーム
頂戴したいと思います。

<いいですね>

(電子音)

(店員) こんにちは。

店内 ご利用か テイクアウトも
できますが どちらに?

店内で。
かしこまりました。

ご案内いたします。
お願いします。

失礼いたします。

薬師ソフトクリーム。

ありがとうございます。

お味が
当店 3種類ございまして

ミルク ブルーベリー
あと ミックスという種類も。

お薦めといいますか…。
一番人気があるものが

一番下の
ミックスのソフトクリームで。

北島牧場さんという
町田の牧場から

直送の牛乳を使っているのと

ブルーベリー も町田産を使用してるので
ここでしか味わえない。

ぜひ。
よろしくお願いします。

では ミックス1つ
お持ちいたします。

あっ。
ミックスソフトクリームです。

ありがとうございます。

うわ~!

これは あれなんですね
ブルーベリーの。

こちらが ブルーベリーの味と

白色が 先ほどの
北島牧場さんから届いた

新鮮な牛乳の
ミルクソフトクリームです。

こひちゃん 見てください。
<はい>

見た目に おいしい!って感じで。

早く食べて!って感じありますね。
<はい はい>

まずは
都内にあるという 北島牧場。

知りませんでした。

そのミルクを使った。

頂戴します。

えっ。
<どうなの?>

牛乳そのものが
す~っと落ちて行く感じ。

<へぇ~>

何の混ざりっ気もない感じですね。

そして
この辺にしてみましょうかね。

もう 見た目に
ブルーベリーですよね。

<で お味は?>

爽やか~!って感じ。

本当に 果物が持つ…
ブルーベリーが持つ酸味。

よろしいですね。

<地元の牛乳と
地元のブルーベリー>

<ここでしか味わえない
コラボレーション>

やっぱり 甘いもの
ちょっと食べると 元気 出るね。

さて ここから
バスで 町田駅まで出て

小田急線で
ぶらりしてみましょう。

<はい!>

<間もなく 夏本番>

<小田急線の沿線では

どんな出会いが
待っているんでしょうか>

<最初の途中下車は狛江>

あ~ 狛江ですよね。

久しぶりかな。

こっち 真っすぐ行ってみますか。

あっ! 「南入口」って書いてある。

狛江の… 世田谷通りね。

うわ~! まだ残ってる。

昭和の感じが。

へぇ~。

もう 古いんでしょうね。

街中に生きる お菓子屋さん。
<いい雰囲気>

あ~。

修理か何かなさってるのかしら。

ちょっと 人と会ってないし…。

すいません! ごめんください。

車の修理か何かですか? 今。

キャンピングカー 造ってます。
はい?

キャンピングカーを造ってます。

キャンピングカーですか?
はい。

ちょっと
お話 聞いてもいいですか?

はい 大丈夫です。
すいません。

キャンピングカー!

俺 すごい興味があって 今。
はい。

あら! わずかに
木の いい匂いがしますけども。

えっ?

あっ 確かに
これはパネルを外した…。

そうですね 元々あったパネル
今 外して

断熱材とか
配線関係 いじってるとこです。

ここに 木が だ~っと。
そうですね。

この屋根と
全く同じものが ここに。

このラインから
大体 このラインにかけて。

よろしいじゃないですか!

出来上がったものが 向こうに
あるんで それを見てもらえたら。

向こうというのは どこ?
これ 真っすぐ行ってもらうと

右側にオフィスがあるので
そっちで聞いてもらえれば。

完成品… 右側ですね。

ありがとうございます。
は~い。

行ってみましょうよ。

へぇ~。

これかな?

これですね。

今どきですよね
こういう消毒液も置いてあって。

じゃあ ちょっと 失礼して
ここで よろしいんですよね。

ごめんください!
(井本さん) は~い。

あら! 薪なんかもあって。

(井本さん) こんにちは。
突然 すいません。

今ね 車の修理を
なさってると思って聞いたら

キャンピングカーとおっしゃって。
そうです。

こちらに来たら それがあるから

訪ねてみたらと言われたんです。
ありがとうございます。

こっちにも 工房があって
駐車場があるので。

向こうに完成したものがあるので
ちょっと 見ますか?

もちろんです。
ぜひ ぜひ。

ハイエースベースなんですけど。
ハイエースベース?

こっちにあります。

こっちで 車を
みんなで改造してまして。

みんなで改造!
みんなで改造してまして。

本当だ!
工房なんですけど。

ここで 車を造っていて。

造った車を 販売と
レンタルもしてるので。

外見は 全くのハイエースで

キャンピングカーとは
思えないですけど。

中を見るのは可能ですか?
反対側 ドア あるんで。

こっちから。
へぇ~。

外側はハイエースなんですけど

中側は こんな感じで。

キャンピングカーみたいな内装に。

「みたいな」と
おっしゃるんですけど

キャンピングカー じゃございませんか。

ちょっと 家っぽい内装が特徴で。

中をのぞくのは可能ですか?
どうぞ どうぞ。

あっ 先ほど 見ました!
天井も木ですよね。

これはベッドですね。
ベッドです。

あら~!

一応 クイーンサイズの

大きいベッドが入っているので。
<へぇ~>

車だってことを忘れますよね。

車でも このぐらい 家みたいに
造ると すごい落ち着くので。

ですよね。

社長のジェラードに…。

(ジェラードさん) お願いします。
よろしくお願いいたします。

社長は外国の方ですか?

どちらのご出身ですか?
(ジェラードさん) イギリス。

イギリスは どちらですか?
マンチェスター。

(英語)

ここも 何か余裕がある…。

あっ! 隠し扉。

(井本さん)
隠し扉 めちゃめちゃあります。

(ジェラードさん) シャワー。

(井本さん) アウトドアシャワー。
<えっ?>

(井本さん) 結構 いろんなものを
外で洗えるっていうような。

体も洗えるってこと?
(井本さん) 洗いたければ。

(井本さん) 海水浴の後とかは…。
落とすぐらい。

これは 下着とか お洋服?

あっ 下着じゃないや。

そうだよね 忘れてました
食器類ね。

面白い!
他に 何か入ってるんですか?

出ましたね。

(井本さん)一応 外で使えるコンロ
そこで料理ができるような。

へぇ~!

なかなか ここで 普通の生活が…。

長くはできませんけど
1週間なりね 4~5日の。

4~5日とかだと 全然 問題ない。
楽しそうですね。

<イギリス出身の
ジェラードさんが創業した会社

DREAM DRIVEでは

バンやワゴン車などを
キャンピングカー に改装しています>

<欧米で盛んな
車で寝泊まりして

旅をしながら暮らす
ライフスタイル バンライフ>

<ジェラードさんは

道路の舗装の行き届いた
日本に適してると思い

販売やレンタルを
始めたそうです>

<こちらは
後部座席がフラットになり

ベッドが2段式になる
最新モデル>

<他にも
2人乗りのワゴン車タイプなど

いろいろなキャンピングカーが
あるそうですよ>

<いや~
バンライフ 楽しそう!>

<さて
こちらは のんびり 電車の旅>

<続いては 経堂で途中下車>

経堂駅 降りたら
何げに 雨 降って来ましたね。

真っすぐ行ってみましょうか。
<はい>

あっ 学生さんらしい人たちが。

歩いてますよね。

ここは?

あ~ あ~!

東京農業大学の門ですか。

<あ~!>

それで 学生さんらしき人が
いっぱい歩いてたんですね。

うわ~ ラーメン屋さんですか。

ねぇ。

あら ここにも ラーメン屋さん。

ラーメン屋さん 多いですね。
<本当>

へぇ~。

笑っちゃうけど…。

ここも?
<えっ?>

これ ラーメン屋さん。

これ 何mぐらい?

10mぐらいに
3軒も ラーメン屋がある。

ここは何ですか?

「タナカロボ」。

面白い名前ですね。
<ねぇ>

はい?
<何?>

「ラーメン」。
<え~?>

ラーメン屋さんですか!

えっ? 「鯛煮干しの塩そば」。

鯛煮干しって
僕 初めて聞くんですけど。

こひちゃん。
<はい>

聞いたことあります? 鯛煮干し。
<いや 初めてです>

ですよね。

鯛の あらで取ったダシの
鯛ラーメンは

食べたことあるんですけど。
<はい はい>

何か違うのかしらね?
あらと煮干し。

<行ってみます?>
ちょっと 入ってみましょう。

失礼します。
(田中さん) いらっしゃいませ。

1人ですけど。
(田中さん) どうぞ。

どちらでも よろしいですか?
(田中さん) お好きな席 どうぞ。

じゃあ こちらでいいですか?

(田中さん) いらっしゃいませ。
すいません。

え~っと…。

鯛煮干しの塩そばですか。
はい 塩そば。

それをお願いします。
ありがとうございます。

前金制になっておりますので。
失礼しました。

750円
トレーの上にお願いします。

分かりました。

ありがとうございます。

鯛煮干し。

へぇ~。

<どんな
ラーメンなんでしょうね>

お待たせしました
鯛煮干しの塩そばです。

ちょうど お預かりします。

よいしょ。

うわ~!

<うわ~! これが鯛煮干し?>

<透き通ってる!>

<経堂で出会った
鯛煮干しの塩そば>

お待たせしました
鯛煮干しの塩そばです。

ちょうど お預かりします。

よいしょ。

うわ~!

スープが透けてますね。

<本当!>

上に大きな具が
どっ!と 一つあるのみ。

まずは スープを
頂戴しましょうかね。

ほら こんなに透き通ってますよ。

<どんな味なんでしょう?>

あ~。

何て言ったらいいんでしょう?

料理屋というか料亭の
お吸い物みたいな感じですね。

す~っと入って来ますよ。
<なるほど>

あ~! いいあんばい。

塩の… 出てるのかしら。

そして この どん!と
のってるものは何ですかね。

ちょっと これ 端だけ…。

<鯛ですかね?>

あっ!
<何でした?>

これ…。
<はい>

私が一番好きな味。
<えっ 何?>

これだけで幸せ!

うわ~!

<何だったんだろう?>

ご主人 これはチャーシュー。
<あっ チャーシュー!>

ですよね?
それはですね ソーキになります。

ソーキ?
沖縄のソーキそばに のってる。

<あ~!>

豚バラ軟骨っていうんですけど
それをのせてます。

あっ そうですか。
はい。

そうしますと あれですか?

この真っ白な透明なスープは…。

鯛の煮干しっていうのは
どういう?

鯛が小さい時のものを
取ってしまうってことの?

本当に 鯛を干して
煮干しにしたものになるんです。

少々お待ちください。

鯛の煮干し… 錯覚してましたね。

煮干しっつうんだから
そんなこと あり得ないんだけど。

これが現物になるんですけど。
はい。

あっ!

小さい鯛ですね。
そうですね。

へぇ~!

これは すごく ぜいたくな感じ…。

お高いんじゃない?
値段は高いです。

<でしょうね>
はぁ~ そうですか。

<長崎県産の鯛の煮干しを
たっぷりと使って作る

鯛の煮干しスープ>

<あえて 火にはかけず

水に漬けて48時間 じっくりと
うま味を引き出します>

<鯛の煮干しの味を生かすため
加えるのは岩塩のみ>

<かんきつ類の果汁を
振りかけて

さっぱりとした味わいに
仕上げます>

<具は とろとろに煮込んだ
自家製のソーキ>

う~ん!

何か スープの味も変わって来た。
<えっ?>

錯覚ですかね。

食べてる途中に
ソーキから 脂が出て来て

だんだんと
味が まろやかに変化して行く。

変わって来ました!
変わりました。

だんだんと お吸い物から
ラーメンに変化して行く。

その過程を楽しんでもらいたい。
<なるほどね>

どうして こういう…
煮干しにするってことに

気持ちが行かれたんですか?

元々 煮干しのラーメンが
好きだったんですけど。

ラーメン屋を開く時に

せっかくなら 他で出てないものを
出したいと思いまして。

そこで
鯛煮干しを使うことにしました。

<元々は 料理の写真などを撮る

プロのカメラマンだった
田中さん>

<ラーメンの食べ歩きが趣味で
全国のラーメン店を回って食べた

5000杯以上のラーメンを
全て ノートに記録する

ラーメンマニアでした>

<50歳を機に
カメラの機材を全て売り払い

こだわりのラーメンを出すお店に
第二の人生を懸けました>

<看板商品の
鯛煮干しの塩そばの他にも

豚の肉でダシを取った
生姜塩の豚そばも

他では食べられない
ユニークな一杯です>

<どれも おいしそう!>

<いや~
こだわりを感じましたね>

<続いての途中下車は豪徳寺>

この道の形は
全然 変わってないんでしょうね。

周りの建物は
いろいろ変わっても。

残ってますね 昭和のお店。

おもちゃ屋さん。

うわ~ ものすごい数があるんだ
へぇ~!

おっ ここは…。

赤堤通りですかね。
<あ~>

そうですね。

こっち 行ってみましょうか。
<はい>

こういう所に
お店があったりしてね。

あらまぁ!
<どうしたの?>

自転車屋さんですか。

しかし こひちゃん
最近 あれだよね。

自転車も 本当に
スタイリッシュになって

カッコいいんだけど。
<本当ですね>

えっ? でも…。
<何です?>

あら? ちょっと 見てください。
<えっ?>

自転車以外に
物が いっぱいあるようですけど。

ちょっと 面白そうだ!
のぞいて行きますか。

<そうしましょ>

じゃあ ちょっと お借りして。

失礼します。
(見城さん) こんにちは。

こんにちは。

カッコいい自転車ですね。
(見城さん)ありがとうございます。

最初 自転車屋さんかと思って
見たら 物が いっぱいあって。

ここは何屋さんですか?
自転車と雑貨を販売してます。

自転車と雑貨ですか。

えっ 靴も?
靴も売ってますね。

靴 いっぱいありますね。
そうですね。

はは~!

ムーンスターってご存じですか?
昔 月星って…。

上履きとかナースシューズとか
キッチン履きの靴とか…。

結構 業務用の靴とかを
いっぱい作ってるんですけど。

今まで 業務用で培って来た
技術を使いながら

何て言うか…
デザインを しゅっというか。

いい感じにして出した
ラインアップなんです。

じゃあ
この中に そういう職業の靴が…。

全部 基になってるものがあって。

当てていいですか?
はい どうぞ。

看護師さん。
正解です。

見た目が清潔だし。

あと かかとが踏みやすいように
脱ぎ履きがしやすい。

これを 一般の人が

普段に おしゃれとして履く?
そうですね。

ちょっと 見せてください。

いや カッコいいですよね。
はい。

いやいや。

これ 私たち世代には
ぴったりかもしれませんね。

履きやすい。
ひもがね なかなか難しいんです。

腰が痛かったりして。

これは 色違いで黒ですか。
そうですね 黒とか 茶色とか。

これなんかは… えっ?

これなんかは…。

これは
どう考えたらいいんだろう?

元々は 八百屋さんとか魚市場とか
市場で働く人たちのゴム長です。

元々 ゴム長靴 色合いを変えたり
表情を変えたり。

ベルトで アクセントをつけたり。
確かに おしゃれですね。

ショートブーツっぽい感じにも
履けたりとか。

元々は この辺が もう少し長くて。
長くて。

豊洲か何かで 「マグロ マグロ!」
言ってた人の…。

素材は 全く それで。
そうです。

だから 水にも強い。
もちろんです。

ちょうど 今の時期は
すごく売れました。

そんなに 月星さんは
業務用のものを

いっぱい やってるんですね。
実は そうなんですよ。

基本的に お店では
僕が気に入ったものとか

皆さんに喜んでもらえそうなもの
ご紹介してるって感じなので。

店長さんでよろしいですか?
そうです。

店長さんがご自身で…。

ある意味
店長さんのセレクトショップ。

そうですね おっしゃる通り。
そうですか。

これは 面白い生地ですね。

これは?
岡山のデニムを使った生地です。

実は このテーブルの上が

うちで オリジナルで作ってる
商品なんですよ。

コンセプトとしては
いろんなとこで 捨てられるもの

価値がないとされちゃうような
はじかれちゃったものとかを

素材として買い取って

そっから プロダクトを
作って行くっていうことを…。

分かりやすく言うと
アップサイクルみたいな感じ。

素晴らしいじゃないですか。

これ 開いてもよろしいですか?
どうぞ どうぞ。

この帽子がですよ 端切れと考えて
よろしいんですか?

端切れというか 実は

たくさん作ってると 中には
色のむらが出ちゃったりとか

傷がついちゃったりとかで…。

1反 50mの
丸々 生地があるんですけど。

1反そのまま
廃棄しちゃうって話を頂いて。

それを まぁ 捨てちゃうなら
買い取らせてくださいって

買い取って。

実際 帽子って
ピースが小さいので。

デニムにすると 傷が
目立っちゃったりするものでも

帽子にしたらいいんじゃないか。
いいですよね。

使えるものは使おうってスタンス。
素晴らしいですね。

<店主の見城さんがセレクトした
雑貨とオリジナル商品のお店

ニエンテ>

<お店のコンセプトは

「物事の見方を変えて
新しい価値をつくり出すこと」>

<質はいいのに

小さな傷などがあるため
商品には使えない>

<そんな革を使った
その名も そばかすグローブ>

<訳ありのキャンバス生地と

廃棄されるはずだった
車のシートベルトを

組み合わせて作った
ショルダーバッグなど

放っておけば
捨てられてしまう素材を使って

さまざまな
オリジナル商品を作っています>

駅に戻って来ましたけど

まだまだ 商店街が続くようで。

ちょっと 面白いので
こっち 歩いてみましょうか。

<いいですね! そうしましょ>

八百屋さんも出て来たりして。

ねぇ。

いつの間にか 線路が出て来て。

踏切ですね。

えっ?

これは… そうか 世田谷線ですか。
<ですね>

あら!

ここ 渡ってみましょうかね。

もう
住宅街に入って来てるんですね。

はぁ~。

アハハ!
<どうしたんです?>

すごい… すごい名前ですね。

梟ですかね これ。

「焙煎研究所」。

え~ 何だろう?

焙煎っていうんだから

コーヒーかな。
<ですかね>

あら?

何か 人がいらっしゃるね。

どうなんだろう?

何か 機械ばっかりだ。

あっ! 目が合いました。

こんにちは。
(高山さん) こんにちは どうぞ。

ここで…。

ここは 何の焙煎屋さんですか?

(高山さん) コーヒー屋さんです。
あっ コーヒー屋さん!

ここで いただけるんですか?
どうぞ どうぞ 大丈夫ですよ。

ありがとうございます。
どうぞ どうぞ。

傘 そこ 入れちゃってください。
ありがとうございます。

本当だ!
すごい いい匂いがしてますね。

へぇ~!

焙煎研究所
っていうぐらいですので

すごい あれなんですけど…
メニューなんかは?

メニューってね ないんですよ
一応 ホットとアイスで。

はい!?
メニュー ないんですよ。

メニューがない!?
<えっ?>

お客様のお好み 聞いて
お作りして行きますので

こういうの飲みたいなとかあれば
おっしゃってください。

せっかくですので
研究所っていうのは…。

こちらで研究されたコーヒーは
ございますか?

うちの オリジナルの
コーヒーがあるんですよ。

ドロップショットっていう
コーヒーがあるんですけど。

濃いめのコーヒー お嫌いですか?
全然 嫌いじゃないです。

そしたら それにしましょう。

ホット500円 アイス530円。
ホットでお願いしたいんですけど。

分かりました。
すいません。

こちら よろしいですか?
どうぞ どうぞ。

これ お借りします。
はい。

いや~。

しかし 今

ドロップショット って言われましたよね。
<はい>

ドロップショット…
聞き慣れない言葉ですけど。

どんなコーヒーなんですかね?

お待たせしました。
ありがとうございます。

こちらが ドロップショットです。

はい?

すいません。
はい。

これ この量。
<え~!>

…だけですか?
そうです。

非常に濃いので
3口から4口ぐらいに分けて

召し上がってください。
3口から4口。

少しずつ 味が変わって行きます。
そうですか。

<へぇ~>

<1口目>

<どう?>

すっごい濃厚な
コーヒーって感じなんですけど。

<2口目>

<どう?>

苦味とか えぐみは 少ないですよ。

<変わりました?>

あ~ 終わっちゃいました。
<えっ!>

いや~。

終わりました?
はい。

そしたら 空いた器に

少しミルクを注いで
飲んでみてください。

お待ちくださいませ 今更…。
<ハハハハ>

そうですか 分かりました。

こひちゃん。
<はい>

今 ミルクですって。
<ハハハハ>

これ 全部 入れてよろしいの?
いいですよ。

お好みで。
好みで。

いっぱいいっぱいになって。

酒好きの人が

自分から口を寄せるような感じに
なっちゃいましたね。

<ハハハハハ>

(すする音)
<あららら>

<うん?>

何ですか? これ。

すごい爽やかな…。
<えっ?>

コーヒーの香りと…。

ちょっと 聞いてみようか これ
どういうこと?

すいません ご主人。
はい。

これ 何か ミルクに
秘密があるんでしょうか?

ミルクは 本当に 普通の 市販で
売られてるものと変わりません。

普通の牛乳?
普通の牛乳。

コーヒーとの相性がいいので

甘さとか香りが
より引き立つんですね。

そうですか。

これは あの~…。

エスプレッソっていうのは
僕らは よく知ってるんですけど。

それと ドロップショットは

どんな違いがあるんですか?

エスプレッソって 一般的に…。

もちろん
濃いコーヒーなんですけど。

それよりも
もっと少なかったと思います。

こういったマシンで 9気圧…
ちょっと 力を加えて

搾るものなんですよ
エスプレッソの場合は。

ドロップショットは
ぎゅ~っと搾ったりしないで

少しずつ コーヒーの
おいしいところだけを

搾り出すっていうことをしてます。

ということは この小さな杯の中に
コーヒー豆は

相当なコーヒー分量の豆。
普通のエスプレッソ 1杯の

3倍ぐらいは使用してます。
<へぇ~!>

でも
これは 皆さん 驚かれませんか?

こんな おちょこみたいな。
皆さん 驚かれますね。

<店主の高山さんは

元々は フレンチの
3つ星レストランの料理人>

<味へのこだわりは人一倍という
高山さんが生み出した

ドロップショットは
まさに コーヒーの滴>

<ぜいたくな一杯です>

ワンコインということで
よろしいですか。

こちらに置かせていただきます。

ちょうど頂きます。
ありがとうございました。

本当に新しい経験でした
ありがとうございました。

失礼します。

<いや~ コーヒーへのこだわりを
感じましたね>

<次は 下北沢で途中下車>

あ~ 駅でね…。

このホームは
まぁまぁ 覚えがあるんですけど。

こっち 行ってみますか。

この辺も
すっかり変わりましたね。

<本当ですよね>

全くありませんでしたもんね
こういう感じのお店は。

実は アパートが多かったんです。
<はいはい そうでしたね>

だから 下北沢に住む若者と…。
<はい>

中央線の高円寺なんかに住む若者。
<はいはい>

僕は高円寺のほうでしたけど。
<思い出しますね>

アハっ!

よろしいですねぇ
何ですか? このゴチャゴチャ感。

シモキタ的といえば シモキタ的。
<本当だ>

これは何ですかね?

何と読んだらよろしいの?

フフっ!

字が面白い。

あっ ここか!

ス コン… 素今歩!

これ。

ちょっと 入ってみますか。
<行ってみましょ>

まぁ!

洋服屋さんがあって。

へぇ~。

ここですか!

あの字ですよね 素今歩。

へぇ~。

えっ これは…。

ちょっと 失礼して。

えっ!?
<何屋さんですか?>

何か 細かい箱が いっぱいです。

これは?

キレイな
アクセサリーじゃないですか。

ブレスレット ネックレス。

これ おしゃれなランプですね。

うわっ! ものすごい数ですよ。

また小さな箱に… うわ~!

いかにも シモキタに集まる若者が
好みそうな…。

個性あふれる。

箱。

<すごい数ですね>

すいません 突然。
(川上さん) こんにちは。

すごい数の箱なんですが
これは…。

こちらで お売りになってるもの?
そうですね。

一つ一つに 作家さんが
1人 いらっしゃる形なので。

作り手さんが ここで
自分の作ったものを販売している。

じゃあ この箱の分だけ…。

作り手さんが
いらっしゃる感じです。

作家さんという方たち 何人ぐらい
いらっしゃるんですか?

大体500名ぐらいは。
<え~!>

頻度が高い方ですと

週に2回とか 納品をしに
来ていただいております。

週に2回!
<へぇ~>

今 納品を
していらっしゃるんですけれども。

あちらのほうに いらっしゃると
思うんですけれども。

話 お伺いしてもいいですか?
大丈夫でございます。

ごめんください。
(笛田さん) はい。

今 お店の方に
話を聞いたんですけど。

どんな作品を作っておられるのか
ちょっと 気になりまして。

見せていただいていいですか?
どうぞ。

はい?

何か ユニークですね。
そうですね。

<えっ これ アクセサリー!?>

はい?

何か ユニークですね。
そうですね。

どっかで
見たものばっかりですよ。

アクセサリーにしたことがないものを
あえて デザインで作ってます。

なるほど!

今 ちょうど
納品してたとこだったんで。

見せていただいてもいいですか?
納品前なので よかったら。

<すみません>

あららら。

触ってもよろしいものですか?
どうぞ。

これ 巻き尺?

メジャー… 巻き尺です。
はぁ~!

メジャーが人気があります
すごい。

<へぇ~>
そうですか!

これは どうします? 重いですね。

南京錠は キーホルダーみたいな感じで
使ってもらえればいいので。

メインは 鍵で。

南京錠は 本当の南京錠?
本当の南京錠で 開きます 鍵が。

何か大切なもの
ガチャっとやっといて

開けたい時は ピッと外して…。

これで ガチャっとやって 開ける。

っていう遊び心を。

もし 納品をして 2週間ぐらい
そのデザインが動かなかったら

入れ替えたりとかします。

<笛田さんのオリジナルブランド
SAMEZAME>

<手作りながら ハイペースで
新作を量産しています>

<身近にあるものを
アレンジした作品の中でも

人気があるのは ひとと
かぶらないものなんだそうです>

<アマチュアの
ハンドメード作家さんたちと

それを応援し続けているお店
素今歩>

<この小さな箱から

大きく羽ばたくアーティストが
生まれるといいですね>

突然に ありがとうございました。
ありがとうございました。

ご健闘を祈ります
ありがとうございました。

<頑張ってくださいね
笛田さん!>

楽しかったですね。

こっち 行ってみましょうか。
<いいですね>

<シモキタ もう少し歩きましょ>

ここは 昔 踏切ですよね。
<そう そう>

それも開かずの。
<でしたね>

このガラス屋さんは
昔からあるんですが

他は ほとんど変わってますね。

これです。
<あっ ここは…>

本多劇場。
<はいはい>

僕らが ホームグラウンドのように
やってたわけですけど。

もう40年ぐらい前の話ですね。

<あ~ 夢の遊眠社ね>

あれ? ここはあったかな 昔。

この路地 よろしいですよね。

この路地 覚えてないけど。

雰囲気が変わったんだね きっと。

<こういう路地 いっぱい
ありますよね シモキタは>

えっ! 何ですか?

お店とか 飲食店とか
いっぱいあるようですが。

えっ?

何ですかね? これ。
<何? 何?>

「スパイスジェラート」?
<ジェラートね>

あまり考えたこともないですけど。

<スパイスって
どういうことですかね?>

何でしょう?

ちょっと これ
中で聞いてみますか。

うお~!

すいません!
(内田さん) はい。

こんにちは。
(内田さん) こんにちは。

スパイスジェラートっていうので。

今 気になって 来たんですけど。
ありがとうございます。

ここは そういうお店ですか?

ここは
カレー屋さんでもあるんですよ。

南インドをベースにした
カレーと

カレーで使うスパイスを使った
ジェラートも提供してるお店です。

カレーだけでも大丈夫ですし
ジェラートだけでも大丈夫です。

カレーとジェラートの
セットもございます。

カレーの種類が
A B C 3種類あって

この中から 2種盛りと3種盛り
選んでもらえます。

ここで 人気といいますか
お薦めのものは どれですか?

カレー3種のジェラートセット。

これでよろしい?
そちらが一番人気です。

カレーセット。

いや~。

どんな感じですかね。

すいません お待たせしました
こちら カレー3種盛りですね。

重たいので 気を付けてください。
分かりました。

えっと… え~!?

<うわ~ おいしそうなカレー!>

こちら カレー3種盛りですね。

重たいので 気を付けてください。
分かりました。

えっと… え~!?

こんなの見たの初めてで
興味津々です。

ちなみに これが…。
サンバルですね。

これがチキン。
レモンチキン。

これが豚?
マサラポークですね。

最後は カレーとご飯 副菜とか

混ぜて食べるのが お勧めなので。
頂戴いたします。

どうしようか。
<何を?>

かけますよね。

<僕も悩む時あります>

<いかがですか?>
うん うん。

辛みがないと思ったんですけど

酸っぱ辛み!
<えっ?>

<南インドの料理をベースにした
こちらのカレー>

<スパイスの香りを
強く立たせて作るのが特徴です>

<味の決め手となるのは
およそ20種類のスパイス>

<ポイントは 独自の調合と
入れる順番だそうです>

<お店のオーナーは
インド全土を旅して

一日7食もカレーを食べるほどの
カレー好き>

<そのオーナーが考えた

時期によって替わる
3種類のカレーが楽しめます>

<それぞれ 混ぜて食べると また
違ったおいしさに変化するよう

計算して作っているそうですよ>

副菜全部まとめて 頂戴しますね。

どんな味なんだろう?

頂戴します。

<どうです?>

見事に味が変わる… 何だろう?

夏に ぴったりの食べ物。

こちらが ジェラートの
メニュー表になってるんです。

この8種類の中から
2種類 選べます。

2種類。

これは何て読む?
花椒。

中国のもの?
麻婆豆腐とかに入ってるような。

ショコラーデ。
チョコレートのことです。

<へぇ~>
そこでも びっくりですね。

アハっ!

「ブルーチーズ
ローストクミンシード」。

じゃあ 6番と8番。

お願いしてもいいですか?
かしこまりました。

<さぁ どんなジェラートが
出て来るんでしょう?>

すいません お待たせしました。

こちら 右手が 花椒ショコラーデ。

こちらが ブルーチーズの
ローストクミンシードですね。

では ちょっと…。

ショコラーデ。

<花椒が入ってるんですかね?>

不思議!

<どんな感じ?>

アジアの大陸の香りと

アフリカの甘さが相まって…。

<お~>

これも いけません!
<出た~>

で こちらが

ブルーチーズのですね
クミンシード。

<こちらは?>

甘~いチーズの…。
<はい>

翌朝…。
<翌朝?>

胃の感じが良くなるクミン。
<はっ?>

みたいな…。
<えっ?>

爽やかさ。
<爽やかってことね!>

来ますね。
<分かりづらいわ!>

<2種類のブルーチーズと

牛乳やスキムミルク グラニュー糖などを
合わせて作る

ブルーチーズ とローストクミンシードのジェラート>

<ローストしたクミンシードを
そのまま加え

混ぜながら冷やせば出来上がり>

<お店のオーナーが スパイスの
効いたチャイをヒントに

甘いものとスパイスを
組み合わせたら

面白いのではと思い付いた
スパイスのジェラート>

<混ぜて食べれば

さらに 新しい味に
出会えるそうですよ>

<いや~ 今日も 田山さん節が
聞けて 楽しかったです>

<もうすぐ
風鈴の音色が心地いい季節>

<今日も
ステキな出会いに恵まれて

いい一日でした>