遠くへ行きたい「山田純大が出雲国・島根へ!天然記念物・竜渓洞に大興奮!」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遠くへ行きたい「山田純大が出雲国・島根へ!天然記念物・竜渓洞に大興奮!」[解][字]

今回は俳優の山田純大が出雲国・島根へ▽最高級ノドグロの干物▽安来節発祥の町で巨大どじょうに遭遇▽仰天!ベタ踏み坂▽天然記念物・竜渓洞へ▽名物あご野焼きに舌鼓!

出演者
【旅人】
山田純大
番組内容
今回は山田純大が、神々が集う出雲国・島根を旅する。旅の始まりはJR安来駅から。「安来節発祥の町」で驚きの歓迎を受け、巨大どじょうを使った絶品料理を頂く!CMなどで有名な「ベタ踏み坂」の橋に仰天!大根島で天然記念物・竜渓洞へ潜入し、高麗人参の栽培を訪ねてその滋味深いお茶を頂く!最高級ノドグロの干物に感動し、夜のアゴ漁に大興奮!さらに名物あご野焼きに舌鼓。知られざるディープな島根の冒険に出発です!
音楽
【テーマ曲】
「遠くへ行きたい」
歌手:森山直太朗
作詞:永六輔
作曲:中村八大
制作
ytv
テレビマンユニオン
番組ホームページ
★https://www.ytv.co.jp/tohku
★http://www.to-ku.com
★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!
取材地
島根 安来~松江

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 朝倉
  2. ホント
  3. 洞窟
  4. トビウオ
  5. 一宇川
  6. ウナギ
  7. ノドグロ
  8. 安来
  9. 山田純大
  10. 島根
  11. お願い
  12. デカ
  13. 人参
  14. 早速
  15. 挑戦
  16. 美喜子
  17. 野焼
  18. アゴ
  19. イチ
  20. お楽しみ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(山田純大)
<神々が集う出雲の国 島根>

<列車が到着したのは…>

お~!
<山田純大です>

(上田さん) おはようございます。
おはようございます。

(上田さん)おはようございま~す。
何ですか? おはようございます。

そうなんですね。

<滑稽ないでたちで踊るのは
どじょうすくい>

<週末は出迎え隊の皆さんが

観光客を
楽しませているそうです>

♪~

♪~ おぉ… 何だ?

♪~ すごい。

<どうじょうをすくう
しぐさもリアル>

♪~

<古くから続く伝統芸ですね>

へぇ~。

うれしいですね。
だから 皆さん そんな

予想されてませんよね
僕らの姿 見ると

「え~」ってビックリされて
こんな感じ。

せ~の。

(一同) 遠くへ行きた~い!

♬~ 知らない街を 歩いてみたい

<闇夜の海で
謎の魚をキャッチ!?>

≪入った 入った! 入った…!≫

どじょう デカっ。

<ウナギのように
さばいて作るのは…?>

<溶岩洞窟に潜入!>

いたいた! いました!

<そこで発見した
未知の生物とは?>

<石畳の港町で
幻の魚にノックアウト>

参りました。
おいしいでしょ 参りましたか。

<知る人ぞ知る
ディープな島根を大冒険>

<さぁ 行くぞ!>

<早速 どじょうの町へ>

俺 初めて来た。

そうなんですか。
(きゅっきゅちゃん) そうなんです。

これも かわいいね。

エッサくん?
はい 小学生です。

ちょっと似てますね。
ホントですか?

<案内してくれるのは
安来のアイドル…>

同姓同名なんですよ。

キュ~!
どうしたんですか? こんな所で。

きゅっきゅちゃんだ!と思って。
うれしい ありがとうございます。

きゅっきゅちゃん 有名人ですね。

(女性) そうなんです有名です
また~!

さよなら。
(女性) さよなら。

ここも古いね。

江戸時代から残る建物が。

<今も土蔵造りの屋敷が立ち並ぶ
安来は

かつて
鉄の流通で栄えたそうです>

<町外れには
田園風景が広がってました>

田んぼあってさ
のどかでいいですよね。

ホントのどかです。

あそこに
網 張ってる池みたいなの

あれ何ですか?
何だと思いますか?

何だろう?

<休耕田を利用して珍しいものを
育てているそうです>

<早速 見せていただきましょう>

どじょう? え~ どじょうが。

そうやって入ってるんですか?
(仙田さん) そうです。

この中に餌を入れてありますんで
それをめがけて入って来てます。

元気だわ。

<やっぱり
どじょうすくいの町だけあって

養殖に力を入れてるんですね>

すごいね。

地元の方も
どじょう 結構食べるんですか?

小学校の給食で
どじょうが出るの?

そうです。
いいね~ すごい。

へぇ~。

デカ~い。
大きい!

ここまで育つんだ。

<中には こんな大きいものも>

すごい すごい すごい…。

デカっ!

<こんなに太くて
立派になるんですね>

<食べる時は酒で締めて>

<特上サイズはウナギのように
背開きにします>

<片栗粉をまぶして 揚げ焼きに>

どじょうってそのまましか
食べたことないんですけど。

大きいサイズだと
こうやって開く…?

ちょっと ウナギっぽい感じも。

そうですか。
(内田さん) タレをかけます。

<高タンパクで低カロリー

カルシウムはウナギの
およそ9倍もあるそうです>

おいしそうですね。

出来上がりました。

<どじょう重 うまそ~!>

いただきます。
食べてみてください。

<その味は?>

おいしい!
キュ~!

タレの この甘味と苦味。

一緒に来てこれは…
でも さっぱりしてますよね。

そうですよね 淡泊で。

あっ 「土用」じゃなくてね。

安来のどじょうを皆さんに
食べに来てもらいたいです。

ですよね。
はい。

こんなにおいしいとは
思わなかった。

<どじょうの町ならではの
ごちそうでした>

今日はですね 名人を…。

<僕もどうじょうすくい踊りに
挑戦したくなりました>

「どじょうすくい踊り
一宇川流家元」。

そうなんですか。

こんにちは お邪魔します。

山田と申します。
キュッキュ~。

<踊りの名人に弟子入りします>

<豆絞りの手ぬぐいを
頭に巻いて

横になって腰の動きを覚えるのが
コツだそうです>

(一宇川さん) それ腹。
お尻 突き出す。

こういうことですか?
(一宇川さん) そうそう。

(一宇川さん) イチ ニ イチ ニ…。

難しい。

伴奏を付けて…。

<さぁ 本番です>

♪~

<かつて
鉄を扱う商人でにぎわった

料理屋などでの宴会芸>

<滑稽なしぐさや表情で

人々から愛されて来ました>

♪~

(拍手)
はぁ…。

ありがとうございます。
(一宇川さん) なかなか

様になってます。
ありがとうございます。

これは でも 汗 結構かきますね。

動きが面白いし表情も…。
そうだね。

気持ちいいですね。

皆さんの歌とね 三味線と鼓と。

(一宇川さん)癖になりそうでしょ。
はい。

最初からどじょうをすくう
っていうことから

始まったんですか?
どうだろうね。

いろんな説があるけどね…。

伝えて行かないとですもんね
この踊りね。

そうそう。

<安来の人々のおもてなしの心
得がたい体験でした>

もしかして。

<実は今 渡っている橋

CMやSNSで超有名なんです>

ここから見るとさ
かなりすごい角度だけど

今 通って来たとこだよね?

橋っていうかさ
上に のびてる道路。

<ほら
皆さんも見たことあるでしょ>

<アクセル ベタ踏みの坂です>

何で こんなふうに見えるんだろ?

目の錯覚ですね。

<横から見ると
なぜか傾斜は緩やか>

<不思議ですよね>

<この橋を渡って向かった
大根島>

<ここにはさらに珍しいものが
あるそうです>

こんにちは
よろしくお願いします。

ここは何なんですか?

ここから洞窟になってる…?
はい。

えっ!?

あそこから噴火したもの
ってことですか?

へぇ~!

<早速 地底の溶岩洞窟へ>

天井低いですよ
頭を下げて入って来てください。

うわ~。

何かホント
洞窟!って感じの洞窟ですね。

お~ すごいね。

えっ?

こっち側から奥のほうに向かって
流れたってことが分かりますね。

へぇ~。

だから
こういう形になってるんですね。

20万年前の そのままですよ。

成長して行かないです。

<溶岩に覆われた大根島には

こうした洞窟がアリの巣のように
広がっているそうです>

<ここには
貴重な生物がいるそうです>

え~ ここに?

ちょっと探してみますね。
探してみましょう。

いれば動いてくれるんで
すぐに分かりますよ。

あ~ いたいた! いました!

いましたよ。

<次は 神秘の生き物発見!>

うわ~。

<山田純大
島根の穴場探しの旅>

<洞窟で見つけたのは…>

いました いました…。

これ? 動いてるよ。

<暗闇にすむ 珍しいエビの仲間>

アンモナイトみたいな。

<光が届かないので
色素が失われたそうです>

眼がないんですね 今ね。

たくましいですよね。
敵いないですもんね ここにね。

<太古の洞窟に眠る自然の神秘>

<ビックリです>

さっきからこういう畑
すごい見掛けるんだけど。

これ屋根付いてて
何なんだろうね?

あっ すいません。

こんにちは どうも。

これ 何を育ててるんですか?

(渡部さん) そうです。
え~!

そうなんですか。

日本でそんな 雲州人参ですか?

そういう人参育てるっていう
イメージがないから。

(渡部さん) 入ってみてください
どうぞ どうぞ。

何でこの屋根みたいな…
これ付いてるんですか?

全て この人参というのは…。

方向一緒なんですよ。

なるほど。

すごく黒い火山灰土を。

それがいいんですか?
いいと思います。

火山の灰の中に栄養が
たくさんあるってことですか?

すげぇ!初めて知った
そうなんですか。

<6年もかけて土の中で
ミネラルを吸収するため

ひげ根の先まで
栄養が詰まっているそうです>

こうやって出来てくんだ。

うわ~ 立派だな これ。

これが人参。

これから太るんで もうちょっと。

はぁ~。

うわ~ ホントいい匂いだわ これ。

<火山灰土で育つ雲州人参は
薬効が強く

滋養強壮の漢方薬として
名産品になっています>

こちらですね
高麗人参のお茶になってます。

ありがとうございます。

これは高麗人参だけで
作ってあるんですか?

お湯で煎じて。

深い… うわ 苦味と

このフワっと香る
この人参の香りと。

ものすごく おいしい。

<火山の島の自然の恵み>

<滋味深い味わいでした>

<次に向かったのは
島根半島の突端 美保関>

小っちゃい港だけど
風情があっていいね。

<江戸時代
北前船の風待ち港として

栄えたそうです>

<…は漁業や 商売繁盛

音楽の神様として信仰を集め

出雲大社と一緒に参ることで
御利益が増すそうです>

「美保関 青石畳通り」。

へぇ~。

ここ行ってみようか。

ホントに 青石畳だね これ。

ず~っと青いもんね。

<この石は 福井県から来たもの>

<北前船がバランスを取るために
積んでいた石を敷き詰め

重い荷物を
運びやすくしていたそうです>

こういう旅館があるんだね。

<雨に濡れると青みが増して
神秘的>

<梅雨にピッタリですね>

どうも こんにちは。

こちらは お魚屋さんですか?

あのおいしいノドグロ。
(桝谷さん) かの有名なノドグロ。

へぇ~。

<高級魚ノドグロ
干物にすれば

うま味が凝縮して
絶品だそうです>

ノドグロというと
喉が黒いと思われますよね?

だけどね…。

こういうふうにして
黒いのは取るんですけどもね。

こんなのが
最高に脂が乗ってるんですね。

<トロにも負けない
脂の乗りだそうです>

焼いてあげるから。
楽しみですね~。

うわ~ うわ! すごい すごい。

うまそう!

表面から脂がブツブツブツブツと
湧き出て来るんですよね。

これが また最高なんですよ。

焼けましたね
いい具合に焼けてますよ これ。

脂が乗って…。
すごいですよ 脂ね。

抜群ですね。

言葉も出ないぐらい
おいしいでしょ。

塩加減と この脂と

これだけで
ごはん何杯 行けるかなっていう。

これがこの島根県沖で取れる
ノドグロのおいしさです。

参りました。
おいしいでしょ 参りましたか。

ハハハ… ありがとうございます。

<この後 夜の海へ挑戦>

<山田純大 島根の穴場探しの旅>

<夜の美保湾で あるお楽しみが>

よろしくお願いします。
(朝倉さん)よろしくお願いします。

楽しみです。

何かを取るということですね?
それは行ってからのお楽しみです。

いいですね
夜に出航っていうのもね。

何か久々。

船長さんが沿岸沿いをずっと今。
ずっと見てらっしゃいますよね。

水面をずっと。
(朝倉さん) 水面に

見えて来るんですね。

あっ あああっ!

来た 何か 来た来た…!

(朝倉さん) あれ 実は…。

アゴ?

トビウオ。

<さぁ 僕も すくうぞ!>

これで行きたいです。

(朝倉さん)
あっ 来た来た チャンスですよ!

いるいる…!
速いな 動きが。

(朝倉さん) もうちょっと…!

来た来た… いた!

≪逃げた!≫
<しかし トビウオも逃げるのに必死>

<なかなか 網に入りません>

あ~!

難しいね。

≪入った 入った…!≫

イェ~イ 来た~!

やった~!

うれしい やっと すくえた。

<ほら 筋肉がすごい>

うお~! トビウオ!

(朝倉さん) いるいる!
入った~! 来た~ 来た来た…!

連チャンです。

連続来てます。
(朝倉さん) 入れ食いです。

<コツをつかむと
楽しくなって来ました>

(朝倉さん) 取れた!
入った~!

来ました!

生きがいい… うわ~ すごいね!

(朝倉さん) 危ない!
すごいわ。

おいしそう プリップリだ。

(朝倉さん) 取れだすと
ど~んと取れますから。

結構 取れましたね。

いやぁ 楽しかった~。

大漁どころの騒ぎじゃないですよ
これは。

<2時間で30匹ほどゲット>

これをこれから刺し身に
させていただきたいと思います。

普段はダシでアゴって
使われてると思うんですけども

生で食べれるのは
この山陰だけといわれています。

そうですか。
はい。

すごい貴重な時期で。

<甘めの甘露しょうゆで
いただきます>

合いそうですね
この おしょうゆ。

すごい いいんですよ。

<取れたての刺し身の味は?>

う~ん。

コリコリ。

すごい新鮮ですね
さっきまで生きてましたんで。

歯応えのあるアジ
っていう感じがします。

うん おいしい。

<旬のトビウオを使った
伝統食があると聞いて

松江にやって来ました>

蒲鉾屋さん。

おぉ 何だ あれ。

こんにちは。

すいません これは何ですか?

はぁ~。

野焼きって これは蒲鉾?

今 刺してるこれは何なんですか?

何遍も何遍もやるんですね。

(美喜子さん)
ホントに しつこいぐらい。

<トビウオをすり身にしたら…>

それは お酒ですか?

<…で のばします>

あ~ いい香り。

<紹興酒のような香りです>

あっ そういう…。

お父さんの代で
何代目なんですか?

14。
14代目。

で 15代目ですか?

大岡越前の頃から。

<すり身を薄く広げるのが
熟練の技>

<ヘラを使って
均等に巻き付けます>

へぇ~。

すごいなぁ。

<昔は浜で焼いていたことから

「野焼き」と
呼ばれているそうです>

<僕も挑戦します>

うわっ これは難しいわ。

難しい!

簡単そうに見えるけど
全然のびない。

くっついちゃいますね。

ここから
スパ~っと切っちゃうんです。

そう それで巻いちゃう…。

もう これで。

どうでしょうか。

<うまく回るかなぁ?>

(美喜子さん) キレイにされて。
いやいや。

(美喜子さん) 形はどうであれね。

かろうじて回ってるって感じです
僕の。

ここと ここに…。

このベルトを回しとった。

この機械で
何年ぐらいなんですか?

じゃあ
もう お母さんいらした時は…。

ありました ありました。

<うまそう! 早く食べたい!>

<僕の野焼きが
こんがりきつね色に>

これは 熱いよ。

この湯気。
うわ~。

煙突。

ちょっと いただきます。

熱つつつ… 熱つつつ!

熱~!

お母さん これは うまい。

ホントに うまいです。

買って帰ります。
ありがとうございます。

いや もう みんなに食べさせたい。

<これは いいお土産になります>

<出雲の国は 新たな発見の連続>

<パワーを
たっくさん頂きました>

<また来よう!>