激レアさんを連れてきた。[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

激レアさんを連れてきた。[字]

今回の激レアさんは「ダンスが嫌いだったのにいつの間にかYouTubeにダンス動画をあげられ、世界の歌姫マドンナの目にとまり一緒にワールドツアーを回った人」

◇番組内容
★激レアさん1★
ダンスが嫌いだったのにいつの間にかYouTubeにダンス動画をあげられ、世界の歌姫マドンナの目にとまり一緒にワールドツアーを回った人

★激レアさん2★
自分の顔の仮面を作ったら世界中に拡散しちゃった人
◇出演者
【研究員】若林正恭(オードリー)
【研究助手】弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)
【客員研究員】滝沢カレン、向井慧(パンサー) ※50音順
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/geki_rare/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. バンビ
  2. 向井
  3. マドンナ
  4. 滝沢
  5. 自分
  6. ダンサー
  7. 仮面
  8. オオカワラ
  9. ダンス
  10. 時間
  11. 世界
  12. バス
  13. 脱走
  14. 格好
  15. 若林
  16. 本当
  17. ケープ
  18. 一緒
  19. 一同
  20. 激レア

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



今日の『激レアさん』は

世界から注目されちゃった
天才と仮面スペシャル。

♬~「I’m gonna carry on」

♬~「Living for love」

ある日 突然 世界的歌姫
マドンナの目に留まり

なぜか一緒にワールドツアーを
回る事になっちゃった人。

マドンナの
お気に入りダンサー。

Mには よくしてもらいましたね。

(若林・滝沢・向井)M?
(バンビさん)はい M。

マドンナのおうちに行くと…。

タイピングミスにしか見えない…。
本当にね…。

突然 目撃者になった

そして…。

バンビさんが引っ張り なんと…。

(若林・滝沢・向井)ええー!

…って言われて。
(向井)うわあ!

更に 世界が注目する
不思議な仮面で…。

今回の激レアさんは…。

1人目は

(向井)おっ! なんか…。
(滝沢)すごい…。

(向井)雰囲気ありますね。
(滝沢)格好いい。

バンビさんです。
よろしくお願いします。

(バンビさん)お願いします。
バンビさん?

バンビさんでございます。
なんか すごそう。

皆さん どんな激レアさんだと
思いますか?

なんか もう… モデルさんかな?
(向井)確かに。

ハハハハ…!
(向井)カジュアルですね だいぶ。

格好 こんな感じなんですね。
令和版。

今回の激レアさんは…。

すげえ!
格好いい!

マドンナと?
そうなんです。

ぼーっとしてた。
ぼーっとしないで みんな。

ぼーっとしないで。
(向井)マドンナ出てくるんですか。

そうなんですよ。
今回 改めてなんですけれども

このマドンナがですね
いかに すごい人なのか

VTRにまとめてみました。
マドンナは いります?

マドンナは知ってるけど。

♬~「I’m gonna carry on」

世界的歌姫 マドンナ。

82年か!

現在までの…。

(向井)3億枚。

…に認定。
すげえ!

バンビさんは そんな世界的歌姫に
気に入られ…。

世界55都市を回り
およそ105万人を動員した

ワールドツアーに
専属ダンサーとして参加。

すげえ。 うわっ!

しかし 起きてしまった…。

何? それ。
(向井)なんですか?

世界的ニュースになった大事件の
犯人は

まさかまさかのバンビさん!?
(向井)えっ?

ある日…。

ええー…。
(向井)すごい。

予告がボリューミーですね
だいぶ。

映画みたい。

ハリウッド映画並みの
予告のスケール。

ねえ。 世界で 一番

レコードが売れたとして
登録されている

マドンナのお気に入りダンサー
だったんですよね。

お気に入りっていうのは ちょっと
おこがましいんですけども

よく…。

(若林・滝沢・向井)M?
(バンビさん)はい M。

一応 ファミリーっていう事で

マドンナのチームは みんな
マドンナの事を「M」。

「ハロー M!」みたいな。

ああ… なんか アメリカって
あるよね そういうのね。

スーパースターになればなるほど。

マドンナって…
スーパーボウルのロケで行ったら

トゥース やってくれたんだよね。
えっ! 嘘!

つまみ出されるかなと思って
なんか…

「トゥース やってください」
っつって 訳してもらったら

「何? どうやるの?」
って言われて

「トゥース!」って…。
「これでいいの?」っつって。

優しい!
(向井)すげえ!

嘘! すごいですね。
すごいよね。

だって あの… でも 至近距離でさ
ダンスしてたら

よっぽど あの… ねえ。
っていう事じゃないとね

近付けない…。
そうですね ありがたい事に。

なんで
その人が首を絞めるの?

(一同 笑い)
(向井)あの事件 気になるな。

気になるところだと思いますが

のちのち
ご紹介していきたいと思います。

さあ… ねえ
バンビさんなんですけれども

元ダンサーだったお母様の勧めで

5歳から
ダンスを始めるんですが…。

あら!
そうなんですよ。

そもそもですね バンビさんは…。

こんな風に
思っていたという事なんです。

ダンスの醍醐味だもんね。

集団で ピッタリ合ってる
っていうのが。

(向井)合わせるっていうのもね。
そうそう そうそう…。

気持ち悪かったら…。
気持ち悪いって思っちゃった。

5歳の時から
ちょっと思っていたと。

お母さんがダンサーを…
ミュージカルのダンサーを

目指してたんですけど
それを断念して…

無理やり
自分が5歳の時に

「ダンス やれ!」って
やったのが

きっかけ
だったんですけど

ずっと逃げていて。
「イヤだ イヤだ やりたくない」。

一緒に踊る時とかも

「なんで みんな
同じ動きしてるんだろう?」。

「じゃあ
私だけ違う事やろう」

で 怒られるとかいうのも
あったりとか。

でも 天才のスタートですよね
これ 結構。

これ 憧れるわ!
わかる わかる。

…っていう始まり。
確かに格好いいね。

「もともと お笑い
あんまり好きじゃない…」。

「好きじゃなかったんですけどね」
って入りたかった。

俺と向井は お笑い大好き…。
大好きだから。 これ 憧れますね。

似合う。 背負えるよね
それを なんか… オーラが。

弘中ちゃんもそうだもんね。

女性アナウンサーに
なるつもりなかったけど…。

ああ そうですね。

(向井)かっけえ! かっけえ!
かっけえな!

スタートダッシュ
ばっちりじゃない。

やめてください 本当に。
すみません はい。

バンビさんは
こんな風に思ってらっしゃった

という事なんです。
そんなバンビさんがですね

ダンススクールに通わされた事で
こんな風になってしまいます。

まずですね ダンスレッスン中に

「トイレへ行く」と言って
脱走します。

次に
マンション2階のベランダから

ジャンプして脱走します。

最後 ダンスの専門学校を
半年で脱走します。

ええ?
(滝沢)全部 脱走する…。

脱走グセがあったと。
脱走グセがあるよね。

悪い人みたい。
当時は 特に

ダンサーを目指していた
っていうわけじゃないんですよね。

全然 目指してなかったですね。
なんか…。

そういうのに なんか
なりたいなぐらいのテンションで

そういうのを抱いてたぐらいで

そうなんだ。
(バンビさん)はい。

当時ですね バンビさんが

どういったダンスを
されていたのか

VTRで ご覧ください。

これ バンビさんですよ。

(滝沢)すごい!
(向井)格好いいね。

♬~

黒を基調とした
メイクやファッション。

ヴォーグダンスと呼ばれる

まるで モデルのポージングを
踊りにしたかのような

華麗な動き。

バンビさんは
このような個性的なダンスを

得意としていたんです。
へえー!

格好いい。
(バンビさん)ありがとうございます。

特徴的なダンスですね。
そうですね。

このヴォーグというのに
出会ったきっかけも

自分の憧れのダンサーさんがいて

そのダンサーさんの世界観に
どうしても入り込みたくて。

そうか。 やっぱり 自分の世界観で
やりたいっていうのがあるから

みんなと同じのダンスとかが
イヤだったんですかね。

そうですね。 イヤでしたね。

脱走しちゃうんだもんね?
みんなと一緒だと。

高いダンススキルはあったものの

将来の夢はなく バイト生活だった
バンビさん。

でも そんな中 なぜか 奇跡の
マドンナチャンスが訪れるぞ!

ある時ですね
バンビさんのダンスの先生が

ダンススタジオで
踊りを教えるという事で

バンビさんも お手伝いで
教える事になりました。

その時にですね ダンス映像を
ダンススタジオがPRのために

YouTubeに
投稿したそうなんですね。

投稿したまま
数カ月が経ちまして

バンビさんたちのもとに
1本の電話がかかってきました。

電話はですね
ダンススタジオの方からで…。

へえー…!
(滝沢)見てるんだ。

実はですね このバンビさんたちの
個性的なダンス動画が

知らぬ間にバズりまくって

1000万回再生以上
されていまして

あの世界の歌姫 マドンナが

偶然 見ていた
という事なんですね。

そして マドンナから

「イギリスで
音楽の祭典があるから

ぜひ 自分の横で踊ってほしい」と

直接オファーがあった
という事なんです。

ええー…。 直接?

これ ビックリされましたか?

(バンビさん)マドンナ…
世代じゃなくて 自分。

マドンナっていう名は もちろん
知ってはいたんですけど

お電話を受けた時に

「マドンナ? ああー
あの アメリカの?」みたいな。

…ぐらいのテンション。

(向井)話が全部。

いや すごい!

でも その…
ユーチューブに流していた…

アップしていた動画が そんなに
バズっているっていうのは

ご存じだったんですか?

その… 回数は
わかんなかったんですけど

いろんな方が リツイート
リツイートをしてくれて

ああ ありがとうぐらいの。
へえー!

無頓着だったんだね 回数に。

あと Mが…

「オファーした理由 知ってる?」
って言われて。

のちに?
(バンビさん)のちに。

それで 「ママ」みたいな。
「この2人 雇った方がいいよ」。

へえー!
(バンビさん)「連絡しようか」って

お電話いただいて。
そんな出会いが。

で バンビさんのもとに
連絡がきたと。

きて それで
パートナーさんと共に

じゃあ 行こうかっつって
行ったのが最初ですね。

へえー!
カレンさん いかがですか?

今までのお話 聞いて。
いや 本当に…。

いい時代?
だって 私も…。

そう A A。 どこかで
つながるんじゃないかっていう

なんか 希望が… 一人ひとりに
希望が持てる感じがしました。

見付けてもらったっていう人が
現にいるわけですからね。

お声が掛かって すぐに じゃあ
ニューヨークに飛ばれたと。

そうですね。
もう すぐに行きましたね。

実際にですね
マドンナと初対面の時も

マドンナがですよ…。

こんな風に
おっしゃっていたそうなんです。

奇跡的にマドンナに見いだされ

完全にシンデレラストーリーに
なるかと思いきや…。

バンビさん このあと

世界的ニュースになった
大事件を起こすぞ!

そこからですね 本番まで

1カ月の準備期間が
あったんですけれども

バンビさん 慣れない海外で
英語も話せずですね

緊張やホームシック
集団生活のストレスか

爆発します。

また
脱走グセが出ちゃうわけですね。

ニューヨークで?
脱走しようと計画するんですが…。

かわいそう。
そんな時もあったと。

だいぶ追い込まれてたね。
(バンビさん)そうですね。

やっぱり
ダンスの振り付けを知るにも

立ち位置を決めるにも
全部 やっぱ 英語で。

でも 全部通訳してもらうわけにも
いかないので。

で やっぱ Mの… もう
お仕事してから わかりましたよ

すごい方だっていうのは。

そのプレッシャーに
ちょっと 耐え切れなくて

もう 号泣したり…。
へえー…。

そんな事もあったんですけれども

なんとか 練習期間の1カ月を
乗り切りまして

イギリスで最も栄誉ある
音楽の祭典の一つ…。

へえー!

しかし この大舞台で

とんでもない事が
起きてしまうんです。

えっ?
世界の歌姫…。

しかも なんと
バンビさんが容疑者という。

(滝沢)ええー! 容疑者?

この大事件のですね
状況をご説明します。

さあ これ ブリットアワードの
会場でございます。

会場にはですね 2万人以上の

お客さんが
いらっしゃるんですね。

そんな中 はい これ…
これ マドンナですね。

これ マドンナですよ はい。

マドンナがですね
もう キレイなケープ…

マントみたいなのをかぶって

その裾をですね ダンサーの

バンビさんが持って登場すると。

で 曲が流れて

マドンナが
格好良く階段を上って

こう ステージに着くと。

そうすると この首に巻かれた
ケープのひもを緩めて

バンビさんが このケープの裾を
引っ張ると

マドンナがですね 全身が映って
格好良く歌い始めると。

けれども 本番で

あり得ない事態が
起きてしまったんです。

なんと こうね
順調にいっていたんですが

このステージに着いたところで

マドンナの首に着けていた
ケープのひもが ほどけずに

バンビさんが引っ張り なんと

階段からズドーン!
(向井)ええー!

はい… マドンナが

転落してしまったと。
ええー!

(向井)これは まずいでしょう。

この衝撃的瞬間の写真が
残っていたぞ!

これね 階段を上る

マドンナでございます。

バンビさんは
写っていないですが

右の方でケープを持っています。

そして
ひもを解こうとしますが…。

ほどけない!

その状態で
ケープを引っ張られまして…。

(向井)ええー!

うわっ!

はい 地面まで
真っ逆さま!

いやいやいや…。
(滝沢)大丈夫?

ですが なんとか起き上がり…。

続きをちゃんと歌ってます。
プロだね。

パフォーマンスを最後まで
やりきってみせました。

うわあ…。

結構 背中からって
めっちゃ怖いじゃん。

しかも高さもあるし。
そうなんですよ。

マドンナが倒れてきた時
どんな風に思いましたか?

「あっ 死んだ…」って思って。

あと 「あっ 私たち
終わった」と思って。

(向井)思うよなあ!
(バンビさん)たったの…

映像で見ると
たった数分なんですよ。

でも 体感が
もう30分ぐらい

全部スローモーションに
見えちゃって…。

でも 訂正させてください。

(滝沢)えっ?
どうなの? どうなの?

ちゃんと理由はあったんですね。
(バンビさん)あります。

私たちはケープを
軽く引っ張って

それが ヒラヒラ ヒラヒラ
っていう演出をします。

そしたら 後ろにいる…

我らの後ろにいる
メンズのダンサーが

ガラガラ ガラガラって
引っ張って

それを舞台袖に投げるんですよ。

でも 外せないじゃないですか。
私たち 見えてるんですよ。

「えっ どうしよう どうしよう…」
と思ったら

メンズのダンサーの方が
ダイヤモンドの仮面をしていて。

してたね。
してた してた。

視界が
これっくらいしかないんですよ。

(バンビさん)全く見えなくて。
なるほど。

で ガンッて引っ張ったんですよ。

で 落ちちゃって。
(向井)なるほどな…。

「終わった…」。

でも 角度的には
私たちが持ってるので

容疑者には
もう されちゃうんですよね。

で もう ダンサーの人たちが…。

「ええー!」みたいな。

でも
自分も英語がわからないので…。

でも 自分たちのせいにされてる
っていうのは わかったので

また 号泣です…。
そうですよね。

これですね かなり海外メディアで
大きく扱われていまして

記事もございます。
こちらです。

(向井)ええー…。
これはですね

マドンナが言っている
コメントなんですけれども…。

(滝沢)勘違いされてんだ。
ちょっと Mにも伝わってないね。

この記事が出た事によって

何か バンビさん
影響ってありましたか?

街行く人に こう

「あれ?」みたいな顔されたりとか。
一番ひどかったのが

空港で
パスポート渡すじゃないですか。

顔をチェックするじゃないですか。

「えっ 何? 何? 何?」と
思ったら…。

うわあ…!
大ニュースだったんですね

世界的に。
つらかったですね。

かなりですね 大きな出来事として
扱われたんですが

事件から数日後

マドンナとですね
直接会った時に

こんな事を
言われたそうなんです。

うわっ 格好いい…
アメリカだな!

(一同 笑い)

持っていき方が。
(向井)粋なね!

粋ですよね! 粋なんですよ。

いや もう すごくうれしくて。
でも その前に ああやって

「やってくれたね」
「殺そうとしたね」とか

言ってるんですけど 裏では…。

すごい言ってくださってて。

カリスマじゃん M!
(向井)カリスマ!

マジでカリスマ!

(一同 笑い)

わかります! 本当に。

これ カレンちゃん 憧れる?
こういうリーダー。

はい リーダー大好き。

カレンちゃんはね
リーダーになりたいんだよね?

そうです。 ありがとうございます。

こういうMに憧れるの?
やっぱ こう…。

私 今まで 結構
有吉さんみたいなリーダー

目指してたんですけど…。

(拍手)

(滝沢)…って思いました。

ここから
バンビさんは およそ1年

マドンナと一緒に
行動を共にするんだけど…。

超一流スターとの
過酷すぎる生活と

マドンナの知られざる秘密を

知る事になるぞ!

まずですね ツアーの前に

リハーサルの期間が
あるんですけれども。

超一流のマドンナの
ツアーのリハはですね…。

ええー!
うわー 大変!

これ 自分が踊らない曲を
練習する日もあるんですけれども

そんな日もですね…。

ええー!

いやあ きついね。 軍隊だね…。
確かに。

この時間で 約3カ月やって。

で 自分たちの他に
いろんなダンサーさんがいまして。

まあ… ビヨンセのバックダンサー
やってる方だったりとか

ケイティ・ペリー
やってる方だったりとか

もう 一流のダンサーさんが
そろってるんですけど

その人たちが言うには

「Mが一番きつい」って
みんな言っていました。

っていうか Mがすごいよね
年齢的に考えても。

すごいですよ。
うん!

このダンス練習に加えて

フィジカルトレーニングも
あるんですけれども

そのトレーニング
始まるのが なんと朝6時。

(向井)うわー!
ここまで練習して

朝6時から筋トレと。
(滝沢)筋トレ?

しかも 罰金制度もあった…。

違う意味でね。
確かに…。

これ 取られたりしてる人もいた?
罰金。

たくさんいました。
ほとんど みんな…。

寝坊したりして?
「もう行かない」みたいな…。

…っていう方も 全然いました。
Mは毎日やってるの?

やってます。 あっ だけど
我らと一緒ではないですね。

メニューは違うけど?
メニューは違く…。

(向井)すごいな…。

(滝沢)めちゃめちゃ濃い時間…。

(向井)すごいですね 皆さん。

こんな風にね まあ ものすごく
つらかったんですけれども

バンビさんが
耐えられたのはですね

たまに うれしい事も
あったからなんだそうです。

たまに マドンナからですね
電話で 「私の家に集合よ」。

はい 呼び出しがかかります。
何?

で マドンナのおうちに行くと

全容は
把握できなかったんですけれども

20以上LLDDKK。

バカでかい庭付きのおうちに
呼ばれまして

そこで なんか
おもてなしをされる?

おもてなしというか
そこに もう ジムがあるので。

(滝沢)ええー! いいな!
家に?

(バンビさん)はい。
だから 朝6時の筋トレは

Mのおうちに行って…。
へえー! ジム付いてるんだ。

(バンビさん)…やったりとか。

これ 敷地内に複数おうちがある
っていうのは

どういった事なんでしょう?

Mのチームは
もう そこに住まわせるっていう。

メイクさんだったりとか
スタイリストさんだったりとか

マネージャーさんだったりとか
いっぱいいるんですけど

その人たちが みんな
同じ家に住んでるっていう。

LLDDKKだもんね…。

タイピングミスにしか見えない…。

本当にね 確かに。

でも 自宅に行けるぐらい…
そんな仲だったそうなんですね。

で おうちに行くと
マドンナからですね

両手で抱えられない量の私服を
プレゼントされる事もあったと。

すごい!
(バンビさん)そうなんです。 なんか

「筋トレ終わったあと 私の部屋
来なさい」みたいになって

行ったら ベッドに
こんもり洋服があって

「あげる」みたいな。
えっ!

(バンビさん)「いいの?」みたいな。
「好きなの選びな」みたいな。

今も大事に使っております。
へえー!

すげえな!
貴重なもの…。

ちなみに マドンナからはですね
チーム全員に…。

…が 出ていたそうなんです。
めちゃめちゃ高い!

5000円って いいよね!
(バンビさん)ハハハハ…!

一番いいよね 5000円って 1日。

先輩のライブ 手伝ったりして。
うれしい うれしい。

っていうイメージは
ありますけどね。

それは よくないよ 向井君。

これは もう 本当に

(向井)なんか もうちょい
こう Mだったらっていう気も

しちゃわないでもないです。

ギャラとは別になんですよね?
(バンビさん)そうです。

全然別で 「これで
ごはんを食べなさい」とか。

でも それは
マドンナ直接ではないんですけど

スタッフ経由で
「これが今週の」とかって…。

それ そのスタッフが怪しいな…。

(向井)ピンハネ疑惑 ありますね。
(滝沢)最悪だ!

(向井)でも うれしいは
うれしいですからね もちろんね。

超過酷なトレーニングを積み
いよいよ ワールドツアーへ。

でも ここからが
地獄の始まりだったんだ!

「マドンナって
私のこと 24時間 監視してる?」

えっ?

そして ついに脱走を決行!
更に…。

えっ?

マドンナが とんでもない事件を
巻き起こす!?

ワールドツアーで巻き起こる

事件の数々を見ていくぞ!

マドンナのワールドツアー
なんですけれども

7カ月かけて

全世界55都市
82公演を回るという。

うわー! すげえ!

スケール
でかすぎなものでございます。

すごいね!
はい。 で こちらですね

ほぼ バスで移動して
ライブをするという

スケジュールが
かなりギッチリという事で

バンビさんは 常に…。

移動中 休んでたりしたら
わかんないよね。

全くわかんなかったですね。

そのバスが
すごく大きいバスで

多分 日本では見た事ない…。

ツアーバスって
いわれるものなんですけど。

キッチンがあって トイレがあって
シャワー室もあって。

で 寝る場所も
三段ベッドが

いっぱいある
っていう。

その
もっと後ろに

ちょっとした居間が
あるみたいな。

ええー!
(バンビさん)大きなバスで。

バス?
(バンビさん)バスです。

(向井)バスに居間。

それはダンサーたちが移動する…。
(バンビさん)そうです。

で 公演が終わったら
そのバスに乗って

次の公演先まで行って。

だから 夜中 時間かけて
移動するんですけど

もう バスに乗ってると
わかんないんですよね。

どこなのかっていうのが。

で 気候も
ほとんど一緒だったので

本当に
いまだに記憶がそんなになくて。

へえー!
(バンビさん)全くわかんなくて。

で M自身も あの…
わかってなかったらしくて。

…っていうのが こう
マイクパフォーマンスで

「ロサンゼルス!」「ジャパン!」…
なんか 言うじゃないですか。

その時に… 本番では
しっかり やるんですけど

リハーサルの時に

「今 どこにいるの?」
っていうのを確認して

リハーサルをするっていう。
だから 彼女もわかっていない…。

どこなの… 自分が 今
どこにいるのか わからない。

わかってなかったですね。

55都市だもんね 全世界の…。

大変ですよね。

過酷なスケジュールの中ですね

限界状態になったバンビさん。

なんとか 食で ストレスを
発散するんですけれども

はい それが
予期せぬ方向にいきまして…。

結構食べましたね。

(向井)ちょっと まずいですよ。
カルボナーラ。

レッスンして
ライブしてだったら

飯しかないもんね。
(バンビさん)ないですね。

実はですね
このカルボナーラがきっかけで

バンビさんは
マドンナの恐ろしさを

知る事になるんです。
恐ろしさ?

15キロ太ってしまった
バンビさんを見かねてですね

マドンナが 「バンビ! もう
ハムとチーズは食べちゃダメ!」。

カルボナーラ禁止令を
出しました。

とはいえ マドンナと
いつも食事は別だったので

バンビさんは 隠れて

カルボナーラを
食べ続けていたんです。

しかし 食べた日は必ず
マドンナに

「あなた 今日 カルボナーラ
食べたでしょ」。

(滝沢)バレてる。
絶対見ていないはずなのに

毎回 注意されました。

更にですね
バンビさん 肌が弱くて

ニキビができてしまう事が
あったそうなんですが

マドンナと会っていないのに
スタッフ経由で 「バンビ

私の専属エステティシャンを
使いなさい」。

こんな風な事も言われたと。
バンビさんは

「まさか マドンナって
私のこと 24時間 監視してる?」。

考えすぎてしまって
10円ハゲまでできてしまったと。

追い込まれてるね。
追い込まれまして

ついに ワールドツアー中に

ガチで脱走してしまいます。

(滝沢)ええー! ツアー中?

どれぐらいして
戻ってきたんですか?

それが やっぱ まだ その時
英語がしゃべれなかったので

ブワー! 走って

「あっ ここ アメリカだった」って
すごい怖くなっちゃって。

確かに。
(バンビさん)街並みも知らないし

「やばい! 怖い 怖い 怖い…!」
みたいになって すぐ戻って。

みたいな
ずっと ショボーンと。

これ カレンちゃんが
もし リーダーだったら

バンビさんみたいに
追い込まれてたら どうする?

私が 多分
リーダーになるとしたら

横澤さんと春菜さんが
いるはずなんで…。

(向井)すごいチームですね!

(一同 笑い)

割と見るロケじゃないか それ。
確かに。

監視っていうよりは
結構 連れてきたがり屋なので

一緒にやらせていただきたい。
悩みを共有してね。

そうです そうです。

(向井)その3人は。
(滝沢)3人…。

ああー 楽しそう!
小さめの…。

脱走するほど追い詰められた
バンビさん。

しかし 次第に
マドンナの豪快さに魅了され…。

憧れの気持ちを持ち始めるんだ!

マドンナさんというのはですね

時間という概念が
あまり ないそうなんですね。

ですので

ある時は 18時開始のライブを

24時から
スタートする事があったと。

えっ! 6時間後に始まるの?
どういう事?

(向井)6時間押し?
聞いた事ないよ 6時間押し。

バンビさん
こういう事があったんですよね。

はい ありました。 もう…

ちょっと
この… 24時スタートは

私たちも
ちょっと いいかげんにして…。

イライラしちゃって。
そうですよね。

それこそ 会場…
待ってるお客さんたちは

えっと DJの方が
ずっと DJを回していて

ライブが始まったら交代…。

(向井)うわあ… 6時間。
(滝沢)えらい仕事量だ。

(バンビさん)Mが来るまで
ずっとやってて。

(滝沢)その人が一番可哀想。
(バンビさん)可哀想と思って。

それこそ お客さんも
ずっと待ってるので

ずっと… なんか こう
「早く来い!」みたいな。

「早くしろ!」って感じですよね。

(バンビさん)でも 中には
ずっと DJを こう

楽しんでる人もいたらしくて。
(向井)すごいな そいつ。

そいつ すごいね。
すごいな。

(バンビさん)いましたね。
面白い。

同じ曲 何回か かかってるだろ

6時間もやってたら。
確かに。

日本だったら
絶対に考えられない…。

絶対に考えられない。
事態ですけれども

どんなに怒っていた
お客さんもですね

マドンナが歌えば…。

すごいね! 6時間待たせて。

そうだったんですよね。
(バンビさん)そうですね。

もう だから 「早く来い!」とか
言ってたんですけど

始まったら もう
「うわー! マドンナ!」みたいな。

ああー…!
そうなんですか。

(バンビさん)ですね。
なるほどね。

大スターあるあるですよね。
うん…。

間近で ずっと バンビさんは
マドンナを見続けてきて

世界のトップであるゆえん
というのがわかってきたと。

やっぱ すごいな 改めてっていう。

こういう人になれたらいいなとか
すごく…。

でも やっぱり 人間としても
すごい温かい方だったので

憧れですね。
素晴らしい方だと思って。

その後 バンビさんは

マドンナに認められたダンサー
として 日本へ帰国。

帰国後は
一流のダンサーとして…。

活躍されているという事なんです。
なるほど。

現在はですね
アーティストだけではなく

女優としても活動されている
という事なんですね。

では 最後に若林さん

最終的なラベリングを
お願いします。

えー… バンビさんはですね

Mを喜ばせる

ダンス女王様です。

(一同 笑い)
格好いい!

続いては

えっ?
(滝沢)えっ?

(向井)何? 何 何 何 何…?

オオカワラさんです。
よろしくお願いします。

なんか ちょっと 危ないですね。
面白そう!

ちょっと 1回
取っていただきましょうか

オオカワラさん。 仮面を。

ああ… オオカワラさん
笑顔だったんだ。

(向井)ご自分?
同じ顔なんですよね。

自分の顔に
自分の顔をつけてたの?

そうです。
変な人だ じゃあ。

(一同 笑い)

今回の激レアさんは

(向井)うん? どういう事?
(滝沢)拡散しちゃった?

自分で作ったんだ。
(向井)拡散しちゃった?

墨田区京島にある商店街。

商店街に入ってすぐ
徒歩1分の場所にあるのが…。

(スタッフ)こちらが…。

(向井)仮面屋?
へえ…!

そう 実は オオカワラさん

仮面専門店 仮面屋おもての
店長さんなんです。

早速 なぜか ちょっと低い
入り口をくぐると…。

(スタッフ)よいしょ…。

壁一面に掛けられた
おびただしい数の仮面がずらり。

へえー!

(向井)うん! 見た事ある。

中には お祭りのお面

エイリアンみたいな不思議な仮面

漫画みたいな美少女

ガスマスク。
ああ そういうのも。

200点以上の仮面を取りそろえ

映画『東京喰種』や
『DEATH NOTE』などの

劇中で
使用されるほど

仮面業界では
超有名。

(向井)仮面業界。
へえ~。

でも 新たな仮面を求め

ある理由で世界中に拡散され
大注目。

自分の顔が
世界中にあふれる事になった

奇妙な男の人生を見ていくぞ。

今回ですね 実際に 皆さんにも

ちょっと
間近で見ていただきたいので

人数分 ご用意しました。
へえー!

うわー! すごい!

うわっ! 怖いね!
(向井)怖い 怖い! なんか。

リアルだなあ!

どうやって この感じ
出すんだろう?

ちょっと こう…
吹き出物とかも。

そう 肌の感じ…。
リアル!

もうちょい剃ってからで
よかったんじゃないですか?

そうですね。
(滝沢)怖い!

すごい密着する。
うわー!

(向井)ああー!
オオカワラさんだ!

オオカワラさんだ!
(滝沢)めちゃめちゃ怖い!

(一同 笑い)

こいつの番組 イヤですね。

面白くなさそうな番組。

(スタッフの笑い)

やっぱ 今の動きは

素顔じゃ できないもんね
こんな事。

仮面をつける事で
解放された感じはある…。

そういう需要があるんでしょうね
でもね。

ちょっと当ててみるだけ…
カレンさんもいいですか?

あれ? いるな こういう人。

なんか 向井さん すごい…。

なんか この感じだったら
スタッフさんの…。

とか言っても なんかね。

普段 絶対 自分じゃ言えないけど
この顔には合いますよね。

オオカワラさん どうやって
作られているんですか?

顔面を3Dスキャンして

写真をたくさん撮るんですけど

その3Dスキャンしたデータに

写真を貼り付ける
っていうような工程で。

ハハハハ…!
面白い!

すぐVいくタイプのMCですね。

これ もう
何個も作ったんですか? これ。

割と売れてますね。
(滝沢)確かに売れそう。

世の中がおかしいなって
思ってます。

作ってる人が…
買ってくれてるんだから。

でも 好きな人は好きそう。

ちなみに
値段 聞いていいのかな?

大体 えーっと
スキャン代金も合わせると

40万ぐらいかかります。

はあ…!
いや そうだと思うよ。

それぐらいしますよ でもね。
この精巧さというか。

もしよければ 記念に

40…
今 ご注文もできるので。

えっ… ちょっと考えさせてよ。
40万。

ハハハハ…! 金銭感覚
Mじゃないと 無理ですね。

「実際に作ってよ」とは言えないよ。

これ 今 欲しいって言ったら
これは いくらなんですか?

私の顔に関しては
ちょっとお安くしてて…。

「安っ!」ってなりますよね。
全然違うじゃん。

これ 7万?
(滝沢)40万じゃない…。

このあと
この奇妙な仮面のせいで

オオカワラさんの顔が
なぜか世界中にあふれるぞ。

自分の顔の仮面を作ったんですが
オオカワラさんは

どちらかというと
シャイな性格でいらっしゃいます。

そうなんだ。
はい そうなんですよ。 本当はね。

広まっちゃってるのに?
広まっちゃってるのに。

自分の顔をした仮面を
大々的に売り出すのは

ちょっと恥ずかしいと
思っていたと。

そこで 他人の顔で
リアルな仮面を作るために

ある事を思い付きます。
それがですね…。

ホームページで

募集する事です。

(向井)ほう! 4万円っていう
この値段は なんでなんですか?

(オオカワラさん)
実際 顔をスキャンしたりとか

写真撮らせていただく事が
あるので

その手間賃っていう感じですかね。

この募集がですね
世界で注目されまして

海外のニュースで
変人扱いをされてしまいます。

こんな記事が出てしまいました。

悪質ですね これは。

タイトルの付け方が
ネットニュースだ これ。

ネットニュースならではで
ございます…。

奇妙な日本人として
世界中に注目されてしまい…。

更に ホームページで募集した
他人の顔の件も

おかしな方向へ向かうぞ!

こちらの募集の条件は

都内在住で
合格者1名だったんですが

なんと 世界中の
4万円欲しい やばいヤツらが

殺到する事になってしまうんです。
そうか。 くるか。

その一部を
今回 ご紹介したいと思います。

さあ まずはですね
東南アジアの方からの

応募メールでございます。

この方はですね

「このお金で
世のため 人のため」と

嘘っぽい文章を
長々と書いてくるタイプ。

題して
長文うさんくさいタイプです。

ああ…。
はい。 いますよね。

長いんだ。
はい。

更に
こちらのロシアの方はですね

「3人分 使っていいよ」。

1人で およそ12万円を
ゲットしようとする

がめつい欲張りタイプです。

なるほどね。 いそう 確かに。
いそう。

他にも ブラジルの方で
こんな方もいました。

「僕の顔を世界に広めたいんだ」
という。

自分の顔が好きすぎる
ナルシストタイプ。

いそう。
はい。 いそうですよね。

中には
使用目的はわからないけれども

撮影で使いたいという

オーストラリアの
セクシーな女優さん。

撮影で?
はい。 そんな方もいたんですね。

オーストラリアも どぎついな。
いろんな応募がきまして

オオカワラさん 思いました。

自分で募集したのに引いちゃって。
引いちゃった。

で 結果…。

へえー。
はい。

(向井)あっ その方の顔。

あら! キレイな方。
そうなんですよ。

(滝沢)女性?
女性の方。

この人が淡泊だったんですか?

まあ その…
ものすごい数のメールがくる中で

ちゃんと 募集要項を守っていて

かつ まともそうな方を選ぶと

すごい少なかったんですよね。
(向井)ハハハハ…!

まともで ふるいに掛けたら
あんまり残んなかったんですね。

(オオカワラさん)
文章 ちゃんとしてるとか

ほとんど
アトランダムに選んだ感じです。

へえー!

他人の顔で
仮面を作ったはいいものの

更に 自分の顔が
世界から注目され

今度は 世界中から

オオカワラさんに取材が殺到!

事態は またも
奇妙な方向へ進むぞ!

海外の取材が来まして
撮影をしたんですが

普段 そんな事 絶対しないのに…。

なるほど。
しかも そのまま

スーパーで
買い物をさせられるという。

あの… 「やって」って言われたら
やりますけど

普段 そういう事は
全然しないので。

普段 仮面をかぶって
生活とかもしないですし。

まあ なんか…。

…みたいな感じの

そういう演出をされる事は
よくありますね。

それは言わないんですか?
「ちょっと困りますよ」とか。

まあ 誤解は
されていくものなので…。

しょうがない?
はい。

誤解されてるなって思って。
覚悟してんだな。

さあ では 若林さん 最終的な
ラベリングをお願いします。

えー …人です。

確かに!
確かに!

さあ では 若林さん 最終的な
ラベリングをお願いします。

えー… 人見知り史上

一番 顔が広い人です。

(滝沢)確かに!
(向井)確かに!

このあと 若林が
今後の『激レアさん』について

革命的アイデアを提案。

次回とか …したいなって。

上の時間で
俺 大暴れできると思うんだよ。

さあ というわけで
本日の研究は以上となりますが

若林さん いかがでしたか?

まあ やっぱり
Mのスケールのでかさには

驚かされたっていうのは
ありますけど

なんかね 仮面はね つけた瞬間

何かがね
はじける感じしましたね。

ちょっと
ハマってらっしゃいましたもんね。

すごいパワー。
次回とか

オオカワラさんの仮面で
1本 収録 撮りたいな…。

面白い…。
もっと大胆に

コメントできるような気が
するんだよね。

あれ つけてたらね。
あれ つけてたらね

もうちょいね 上の時間で
俺 大暴れできると思うんだよ。

面白そう!

(向井)オール オオカワラの回
1回ね こっちも…。

みんなで 殻 破りましょうか。
(滝沢)やってみたい!

そして 今週はですね
私から告知があります。

ジャン! 現在 なんと

バーチャル六本木という
VR空間でですね

テレビ朝日の人気番組と連動した

さまざまなイベントを
開催中でございます。

私もですね アバターとして

このバーチャル六本木に登場して
なんか トークイベント…。

なんか イベントをやったり…
したりするかもみたいな事は…。

(向井)ふわっとしてる…。

甘決まりで告知ってあるんだね。

ちょっと
ふわっとしてるんですけど…

バーチャルだけにね。
「バーチャルだけに」じゃ済まない。

だからこそ しっかりやる…。

詳しくは こちらで
検索をお願いいたします。

今の動きは
素顔じゃ できないもんね。