ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【茨城】名物!?ピラミッドチャーハン…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【茨城】名物!?ピラミッドチャーハン

こぼれスーラータンメン&げんこつ酢豚【静岡】36cm吊るしロングエビフライ!タルタルを愛しすぎる社長と専務【埼玉】行列中華!!大忙しでディレクター再びお手伝い!?

詳細情報
出演者
【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】片瀬那奈、若槻千夏、森崎ウィン
URL
https://www.ctv.co.jp/omouma/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 若槻
  2. 片瀬
  3. ハハハ
  4. 森崎
  5. 片桐D
  6. スタッフ
  7. 面白
  8. タルタル
  9. 専務
  10. 社長
  11. 清彦
  12. 芳子
  13. 本当
  14. 店主
  15. 番組
  16. ヤバイ
  17. 最高
  18. 家族
  19. 兄弟
  20. エビ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<テレビの前の皆さん>

<日本の
とある町で見つけました>

(小峠)うわっ 何か…。
(ヒロミ)中華は もう怪しいよな。

うわ~っ!もう。
(片瀬)あっ たれてる。

(若槻)何か[笑]
(片瀬)めちゃ たれてたよ。

う~っ!すごそうだな これ。

(片瀬)えっ?(若槻)え~っ。

(片瀬)あっ もう すごいたれてる。
か~っ!

(森崎)ハハハ…[笑]
(片瀬)ちょっと。

ちょっと あふれすぎじゃない?
(森崎)これ 何ですか?これ。

う~わ すげぇ!
(片瀬)すごい これ 何なの?

何なの?これ。

何なの?この食べ物。
(若槻)何 頼んだの?これ[笑]

(片瀬)うわっ めっちゃ…。
(若槻)あ~あ~っ…!

ちょっと あふれすぎじゃない?

これ ちょっと すごいな。
(片瀬)すごいね もう。

(若槻)ハハハ…[笑]

(片瀬)あらかじめ
受け皿ついてるんだ もう。

(若槻)もう たれてる[笑]

わっ!たれた たれた!
ハハハ…[笑]

(片瀬)たれまくってるよ。

(若槻)たれちゃってる。
そうなるよ うわ~っ すげぇ。

もう そりゃ もう しょうがない。

(若槻・片瀬)ハハハ…[笑]

これ すごいな ちょっと。

なに?これ。
(片瀬)えっ 何なんだろう?

なに?これ この食べ物。

う~わ すげぇ。
何だよ!これ。

(片瀬)すごい!

スーラータンメン!
(片瀬)スーラータンメンなの?

マジで?
(片瀬)スープどこ いったの?

うわ~っ 面白いね これ。
いや 面白いね。

(片瀬)タンメン!
麺入ってるんだ 中。

(若槻)麺 たどり着く?
(片瀬)ヤバイ しかも熱そう。

いや これ麺 たどり着かないよな。
ねぇ。

「魂を入れっぺ」[笑]

いいね。

いいね。
魂だ。

お~っ いいね。
(片瀬)すごいね。

いや~ すげぇ。

(スタッフ)油?

(若槻)魂じゃないの?[笑]

(スタッフ)魂っていうと
どういうことですか?

(店主)心を入れるって 今[笑]

いや~。

(店主)気合を入れて。

(若槻)あっ 麺 入った!
あいだに挟むの!?

(森崎)なるほど なるほど。
うわっ すげぇ これ はさむんだ!

(森崎)すごいな。(片瀬)なるほど!

いやいや もう表面張力 もう。

越えちゃってるじゃん。
越えてますよね。

(片瀬)これラーメンか?
(若槻)うわうわ…!

う~わ~!
(片瀬)すごい でたでた。

ハハハ…[笑]
(若槻)これもう…え~っ。

四川の心ね。

(若槻)ハハハ…[笑]

麺 たどり着けないだろうな これ。
ねぇ。

(森崎)わっ すごいな。

(若槻)うわっ もう皆さん
なれてますね。

(片瀬)まず まぜるんだ。
でも 食べたいわ。

(若槻)おいしそう。
いや これ うまいんだろうね。

すごい。

いや~ 俺 こういうの好き。
うん。

ハハハ…[笑]出た。

出た 食べる人アップ。

(片瀬)熱いんだろうね。

熱いよね。(若槻)ハハハ…[笑]

(片瀬)熱いもん だって もう。

この番組だけだよな 知らない人の
食べるの ずっと見させられるの。

ハハハ…[笑]
(片瀬)頑張れ!頑張れ。

(片瀬)進化なんだ。
(店主)進化していかないと

そのまま黙ってると
衰退しかないですもん。

進化しないと退化しちゃう。

(若槻)えっ そうなの?
(片瀬)えっ?

これ。

(スタッフ)えっ?

(スタッフ)あっ これなんですね。
うわっ 写真これなんだ。

(若槻)えっ 全然 違うじゃん!
ハハハ…[笑]

(若槻)これ頼んだら あれ来るの?

こんな逆の詐欺みたいなのあるの?
(片瀬)すごいね!

これ 頼んだんだもんね。

(若槻)いやいや 違う違う
違いすぎる!

違いすぎるよ!
(片瀬)それで これだもんね。

(片瀬)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(若槻)初めて行った人
びっくりだろうな。

いや これ 女子無理だろう これ。

(若槻)いや ほらほら
もう びっくりしちゃってる。

うろたえてるもんね
いや そうなるよな。

ハハハ…[笑]そうね。
そうだよ。

そうだよ 正しいリアクションだよ
そう そう そう!

あの写真 見て 頼んだんだから。

(片瀬)初見は びっくりだよね
これか。

ちょっと1回 考えるよね。
(片瀬)そうね。

面白いわ。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]面白い。

(若槻)間違いなんじゃないかと。
これ一体 何なんだろう?って。

ねぇ 間違い[笑]
(片瀬)間違っては いないんだな。

(若槻)もう1回 確認して。
(片瀬)うん。

<このお店 どこだ?>

出た 茨城!
(若槻)茨城ね。

茨城。
よく出る。

…て いうのでSNSとかで…

… て いうのが ぶわ~って。
ハハハ…[笑]

茨城の。

いや もう本当!本当そうですよ。
本当に。

(店主)魚が基本だって
教わったんで。

魚が基本で。

(店主)キャビアですね。
(若槻)わっ きれい。

(片瀬)すごいの作ってる。

氷で やるやつね。

(若槻)あんな繊細なことやってた
シェフなのに

何で こうなっちゃったのか。
ねぇ。

(若槻)ねぇ すごい繊細だったのに
どこで こうなったんだろう?

(片瀬)どうしたの?ねぇ。

麺に たどり着くのかな?
ねぇ。

(若槻)いや~ すごい。
う~わ!

いや これだけで
腹いっぱいに なっちゃうな。

でも うまいんだろうな。
うまいんでしょうね。

(若槻)あ~っ おいしそう。
うわ~っ。

すげぇ。
(森崎)あ~っ いい。

(片瀬)わ~っ おいしそう
わ~っ すごい。

うわっ 最高。

いや~ うまそうだな これ。
(片瀬)うわ~っ 多いな。

あ~っ うまいだろうね これ。

食いてぇな。
うん。

(森崎)えっえっ…!

(若槻)へぇ~っ
味は間違いないんだ。

(若槻)ハハハ…[笑]

よろしかったら これ
使ってください。

(森崎)あっ 持ち帰り用。

(片瀬)その下のね。

下のだけで相当な量だもんな。

あ~っ あります あります。

めっちゃ笑ってるよ。

(片瀬)めちゃめちゃ皿に[笑]
(若槻)みんなタッパーに。

(片瀬)そのぐらいの量なんだ。

楽しいだろうな。

楽しいよ。

(若槻)もう笑いが止まらない[笑]

<さぁ いくら?>

これ[笑]これ いくらだろうね。

あ~っ いいね。

(片瀬)1000円か。
(森崎)安い。

やっぱ ちょっと茨城は
そういう文化があるのかな?

あるかもしれないですね。
大盛り文化というか。

<酢豚も 進化>

(若槻)でかい!
あっ でかいわ。

(片瀬)角煮より でかいね。
(森崎)でかい!

でかい でかい。
(片瀬)でも おいしそう。

か~!
(片瀬)うわ~っ おいしそう!

うまそう。

(店主)中国料理の基本を守りつつ。

いやいや…

(若槻)こんな波あります?
ないよ。

ヤバイよ お前 この番組
また火つけちゃってるよ。

ハハハ…[笑]

(片瀬)また大きくなるんだろうな。

量 多くなったら…うわ~っ。
うわ~っ。

(片瀬)うわっ 何か予感するな。

なに?これ。
(片瀬)えっ?なに?

あ~っ!ハハハ…[笑]

(若槻)え~っ!
(森崎)すごいな!

(片瀬)想像を超えてくるんだよな。

かっこいい!
(若槻)フカヒレなの?あの下。

フカヒレなの?これ。
(片瀬)フカヒレ入りすぎじゃない?

(若槻)1000円で食べれるの?

面白いね ここ。
(片瀬)すごいな。

(片瀬)おいしそう。
えっ なに?これ。

天津飯かな?
天津飯。

(片瀬)え~っ!

(若槻)中に入ってるんだ。
うまそう。

(片瀬)すごい!
(若槻)おいしそう。

わっ うまいだろうね これ。
(森崎)絶対うまいよ これ。

(片瀬)えっ きつねラーメン[笑]
(若槻)きつねラーメン?

(森崎)ラーメン?ハハハ…[笑]

(若槻)卵じゃないの?
あげだったの?

(若槻)卵だと思ってた。
あげだったの?

あげ?あれ!
(片瀬)天津飯だと…。

お~お~っ…あげかよ!

(スタッフ)はい。

(片瀬)すごい とにかくチャレンジ
進化したいんだ。

ハハハ…[笑]
(若槻)はやってるの?

何か いいフレーズ[笑]
うん。

店主さん
1フレーズ持ってるよな。

あ~っ。

(店主)これが
面倒くさいんだけど…

すげぇな。

(店主)誰もが言う…

(店主)俺も そうだもん。

「うまい!」とか
喜んでもらうのが楽しみで

やってるんだよね みんな。

中華包丁でやってるからね。
(片瀬)包丁[笑]ワイルドだな。

あ~っ 面白いね。

(若槻)ハハハ…[笑]
(片瀬)あっ すごい 大ごと!

大ごとよ。
刺したね。

(若槻)業者の方にも?

(店主)かけて食えよ
何やってもいいよ。

何しても かまわないから食えよ。

(若槻)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(若槻)あれ?リアクションしない。
ハハハ…[笑]

してあげてよ!
今のは しょうがないよな。

今のは まぁ そうなりますよ。

<話は変わり>

<今度は…>

はぁ~。
和食屋?

和食。

ないですね。
(若槻)すてきな場所。

はぁ~ いいですね。

(片瀬)うわっ おめでたい。

やるんだよ お店 こうやってね。
へぇ~っ。

ハハハ…[笑]
(若槻)かわいい。

お待ちしておりました
本日は おめでとうございます。

今までに ない感じだね。

何か ないですね うんうん。

まぁ これ…はい。
うんうん…。

(片瀬)うわ~っ すごい。
あっ うまそうだね。

何か ちゃんとした番組に
なりたいの?

何かねぇ。

何か…ねぇ?

(片瀬)おいしそう。

はい。
あ~っ うまそうだな これ。

(若槻)でかいけど。

あまりにも テイストが
違ってきてるけどね。

何ですかね?何か あるんじゃ
ないんですか?でも。

何か あるのかな?
何か あるでしょう。

(スタッフ)あっ こんにちは。
ごめんなさい。

(スタッフ)すいません。

(スタッフ)よろしくお願いいたします
すいません。

ありがとうございます。

あっ 本当ですか?

えっ 本当ですか?
ありがとうございます。

ありがとうございます。

(若槻)そうそう そうなのよ。
うんうん…。

高級店だもんね。

うん 何かね。
うん。

おっ ちょっと何か
変なの来ましたよ。

(森崎)えっ えっ…?
おいおい なんだ?あれ。

(片瀬)ハハハ…[笑]
(若槻)突然 何?(片瀬)突然!

突然 何?

(若槻)怖い 怖い!何?
怖いよ これ。

(若槻)こんな 怖い…[笑]
(片瀬)ちょっと待って[笑]

なんだ?おい。
(片瀬)何?急に。

急に どうしたの?
ハハハ…[笑]

(若槻)なんで 急に?
おい!なんだ?これ。

(森崎)隙間から ヤバイ[笑]
(若槻)ちょうど 隙間から。

なんだよ これ!

何が ぶら下がってるんだよ。
(若槻)どんなアングルですか?

(片瀬)めちゃ でかくない?
これ そもそも。

エビにしちゃ でかすぎるな。
何?これ。

(若槻)なんで こんな状態なの?

なんで エビ
こうなっちゃったんだろう?

こちらの薬味で…

冷静!

(若槻)全然 説明が入ってこない。

いやいや…
全然 説明 入ってこないから!

ず~っと エビ揺れてるんだ もう
こうやって。

全く入ってこないよな。

(若槻)エビの揺れしか
気にならない。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

[チリン チリン]
(片瀬)おっ?

(若槻)むしろ名物なんだ。
あぁ~。

お待たせいたしました。
へぇ~!面白いわ これ。

(若槻)うわ~ 楽しい!
なんだ?これ。

(片瀬)そう!どう いくの?
どう いくの…?

(若槻)熱い[笑]
ハハハ…[笑]

(若槻)気を付けてください
出てるから 出てるから!

面白いね。
面白い。

人の動きって
面白いわ。

やっぱ ほら ちょっと
みんな アレだもんな。

かけるのかい!
ハハハ…[笑]

(片瀬)1回 かけた…。
(森崎)戻すんだ[笑]

あれ 戻すんだ!あ~ 面白い。

(片瀬)かわいい!かわいい。

はぁ~!
すげぇ。

衣が でかいわけじゃ ないんだ!
本当にエビも でかいんだ。

(若槻)へぇ~。
うわ~。

(若槻)うわ~!すごい。

いや うまそうだな
これ食べてみたいな。

(若槻)ハハハ…[笑]
あら。

あら!ハハハ…[笑]
「デリシャス」いただきました[笑]

「つるし ロングエビフライ」

(森崎)2本。
2本!ヌンチャクだよ ヌンチャク

(若槻)2本バージョン。
ヌンチャク かけてるみたいですね 本当

アチョ~!

(若槻)うわ でかい!
うわ~ でかい!

これなんで こうなったんだろう?

(片瀬)確かに 揚げるのにも
この大きさのって。

どうやって揚げてるんだろう?

(若槻)見たい 見たい!

(森崎)なるほど!
(スタッフ)伸ばしてるんですか?

≪伸ばしてます。
(若槻)うわ 伸びた。

(片瀬)うわ すごい!
(スタッフ)で 36cm?

≪はい 大体。

≪これで もし…

≪多分 細いと思うんですよ。

おぉ。

≪これが…

(片瀬)あ~ なるほど!

そうか!しんじょ エビしんじょ!

≪太さに合わせて この
エビの すり身の量を変えて。

それは うまいよ!
(若槻)すごい!

パン粉で
膨らませてるわけじゃないんだ!

≪結構 大変です。
(若槻)それは大変!

(片瀬)だいぶ 手間だな。
手が込んでるね。

(若槻)うわ きれい!
あぁ 時間かけて。

いいね。
(片瀬)うわ~ すごい。

そりゃ おいしいわ。

いいね。
(片瀬)え~っ…!

それが 全部 入ってるんだ。

あぁ~ なるほどね。

<つるし ロングエビフライ>

(スタッフ)すごい 重い。
すごいな。

<さぁ いくら?>

そうだよ。
(若槻)そうだ いくらだろう?

(一同)え~っ!

<ヒューマン グルメンタリー
オモウマい店>

<今夜も どうぞ
よろしくお願いします>

(片瀬)これ 世界に羽ばたける番組
ハハハ…[笑]

(片瀬)全世界に見てほしい。

これ 多分 見たら
平和になると思う。

<つるし ロングエビフライ>

<どこだ?>

(小峠)これ どこだろう?

(ヒロミ)何か ちょっと しゃべりが。
うん。

(森崎)静岡。
ほぉ 静岡。

これ 面白いね。
「なすび総本店」さん。

すごいな 何?これ。
何?これ。

面白い。

へぇ~!

(若槻)御膳でね。
十分 十分。

なんだ?これ。
すごいな なんで この。

(副店長)
ジャンボエビフライとかの

ああいう つり下げちゃおうとか
ああいうのは…

(副店長)…語れるかもしれない。

そうね。

あぁ やっぱな。
(片瀬)いい車!いい車ですね。

(片瀬)これ見よがしに そんな…。
いいよ アップしなくて。

(若槻)いいの!
どういうカメラワークだよ。

カメラの限界じゃねぇか 寄り方が
ハハハ…[笑]

なんで[笑]なんで エンブレム
アップするんだよ。

そんなに
BM珍しくないじゃんな!

(若槻)なんで?[笑]

バカじゃねぇの[笑]

もう ふざけてるな こいつら。

(スタッフ)よろしくお願いします!
すみません。

すみません。
(スタッフ)はい。

あっ!何か 専務 若いじゃん。
ねぇ かっこいいですね 何か。

(スタッフ)早川と申します。
(専務)よろしくお願いします。

(スタッフ)お願いいたします
ありがとうございます。

藤田さん。

(スタッフ)…なのかな?って
思ってますけども。

(専務)そうですね。

(専務)…で 使っていただく。

(スタッフ)こうやって
いろいろメニューを見て…

(専務)はい。

(スタッフ)いや…。
(若槻)ハハハ…[笑]

いやいや
「変ですか?」って言うと。

(若槻)ハハハ…[笑]

(若槻)真面目!専務の。

(森崎)面白いな。

ハハハ…[笑]
(若槻)ヤバイ ヤバイ!

ヤバイ ヤバイ!

もうヤバイ!ふざけられない。

(森崎)急に[笑]
もう けんか腰ですよね。

(若槻)もう目が真剣。

なるほど。

(専務)…みるか?っていって…

(専務)1cmでも 2cmでも…

説明しますよ。
(スタッフ)いいですか?

(専務)…の形に思わないですか?
(若槻)こだわりが。

面白いな。
(スタッフ)なるほど。

(スタッフ)あっ…!
(専務)揺れながら はい。

(片瀬)いや 見てますよ。
(若槻)揺らした 揺らした。

(専務)揺れ…

あぁ~ 楽しい 楽しい。
(片瀬)見たことない。

(専務)タルタルを いっぱい付けて
召し上がっていただく。

(スタッフ)おかわり自由なんですか?

ほぉ~。

うわ こんなに あるの?
(専務)これ やっぱ…

(専務)…じゃないですか。
あぁ そうね。

(若槻)分かりました!
分かりました。

分かりました!
(片瀬)そうそう…。

(スタッフ)お好きなんですね。
タルタル 好きだけどね。

(スタッフ)えっ そのままですか?

(若槻)うわ~!

タルタルね。

多分 タルタルのほうが好きだな!

ハハハ…[笑]
(片瀬)そうですね そうですね。

これは 面白い。
いや~ 面白いね。

(若槻)目力が強いですよね。
(森崎)ハハハ…[笑]

もう俺 専務 大好きだ!もう 俺。
いいよ いいね。

(森崎)最高だな もう。
(片瀬)すごい もう。

うわ!
これ 運ぶの緊張するだろうな。

(若槻)あっ 見てる。
見てる 見てる 専務が。

(若槻)ハハハ…[笑]
(片瀬)すごい近づくなぁ。

(若槻)専務 めっちゃ…[笑]
(片瀬)そんな近く…。

あぁ 納得してる うなずいてる。

「驚いてるな」
いいですね。

いいですね。

(森崎)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

≪はい。

ハハハ…[笑]

(片瀬)あんま言わなくてもね
伝わるよ 伝わる。

苦労をね
苦労を分かってほしいのよ。

≪はい。

(若槻)ハハハ…[笑]
「ゆっくり しゃべって」?

ハハハ…[笑]
(若槻)専務 相づち!

言ってないでしょ 普段。
(片瀬)かわいいな 何か。

頼んでない人も 見たいからね。
(森崎)最高だな。

何時ぐらいなら 結構ですか?
えっ 何?

(若槻)社長?(スタッフ)社長が?
社長ですね。

(片瀬)車…。
(若槻)来た 来た。

来た。
(片瀬)あっ。(若槻)2人で来た。

また同じようなの 来たね。
(森崎)ハハハ…[笑]

(片瀬)えっ 兄弟?兄弟じゃない?
同じ 何か。

(片瀬)兄弟じゃない?(若槻)これ
専務ですよね?後ろが専務?

♬~頭痛にバファリン (高畑)頭痛い…

《バファリン ちゃんと効いてくれるよね》

♬~ 《でも 眠くなると困るな…》

それでは…!

≪眠くなると困るな…≫

あっ…!

《その時…》
(姪)おねーちゃん?

≪眠くなると困るな…≫

<バファリンAは

眠くなる成分が 無配合なんです>

あ! そうだった!

いたみは止める

わたしを止めない
♬~《ぴんぽん》

あぁ そうなんですね きょう
何時ぐらいなら結構ですか?

(ヒロミ)えっ 何?

(若槻)社長?(スタッフ)社長が?
社長ですね。

(小峠)あら!面白いね。

(若槻)来た 来た。
来た。

(若槻)2人で来た。

また同じようなの 来たね。
(森崎)ハハハ…[笑]

(片瀬)えっ 兄弟?兄弟かな?
あれ?

すみません よろしくお願いします
(スタッフ)よろしくお願いします。

中京テレビの早川と申します
ちょうだいいたします すみません

お願いします。

(片瀬)藤田さん。
あっ!やっぱ そうなんだ。

(社長)やっぱり…

(社長)…だと思ってるんですね。

なかなか 今 何人 何十人と…

(社長)それでも 3~4人…

(社長)そうすると 油切りも
よくなるんじゃないか。

というところも ありまして。
へぇ~。

(社長)例えば…

(社長)あるいは…

タルタルソースが また
これ合うんですよ。

兄弟で やっぱ一致してるね!
ハハハ…[笑]

(若槻)藤田家は
タルタルが好きなのよ。

(森崎)そろってタルタル好き。

(専務)タルタルソースは もう…

(社長)だって あの…

(社長)…それと ごはんって。
(若槻)最高です。

そう!それ最高。
(社長)ていう 憧れが。

社長 ちょっと マスク
口に入りすぎてないですか?

(片瀬)気になってる。
社長…[笑]

(社長)じゃあ…

(若槻)そればっか
気になってきちゃって[笑]

(社長)すごい!失礼します。

(スタッフ)これなんですけど。

(森崎)ハハハ…[笑]
(若槻)タルタルの方が肝心なの?

(片瀬)めちゃめちゃ こだわり強い
タルタル大事なんだね!

すごいですね タルタルなんだ!

うれしそう
やっぱりタルタルなんだ。

(片瀬)うれしそう
タルタル1ショット。

あぁ~タルタルが。
(片瀬)ハハハ…[笑]

もう タルタルの話に
なっちゃった。

(専務)ゴツゴツした
タルタルなんですけど。

(若槻)ハハハ…[笑]
きのう聞きました それ。

きのう聞きました。
知ってる情報なんですよ 我々は。

(社長)全部タルタルってツルッて
なっちゃてるんじゃなくて

ゴツゴツ感が残ってるんですよ
すごく これが結構 特徴。

これが うまいんですよ 普通の
タルタルとは ちょっと違う。

本当に これうまいんじゃない?
このタルタル。

食べてみたいな このタルタル。

(専務)あっ 撮影用ですか。

(若槻)「これ何用ですか」[笑]

(森崎)ハハハ…[笑]
(片瀬)タルタル!?そうだね。

タルタル食べたいんだよ。
もう タルタルくれよ 本当によ。

無料のタルタル!

うわぁ~ うまそうだな。
うまいんだろうな このタルタル。

(片瀬)おいしそう。
食べたいな。

ハハハ…[笑]
(若槻)ハハハ…[笑]えっ!?

タルタルだけ
いってるもんな[笑]

ハハハ…[笑]
(若槻)最初にいくのタルタルなんだ。

好きなんだね
いいじゃない。

(若槻)もう タルタルかけてる。

(森崎)あっ ご飯?
ご飯に乗せてる。

いや 本当に
タルタル好きなんだね。

(片瀬)ねぇ。(森崎)はぁ~。

ご飯にかけてる人 初めて見た。

≪はい。
タルタルでしょ。

ハハハ…[笑]

(若槻)だから
おかわり自由なんだな。

(片瀬)タルタル食べに行きたい。

(片瀬)すごい。
すごいね。

(社長)ありがとね
ごちそうさまでした。

おいしかった。

ハハハ…[笑]
(片瀬)タルタルが でしょ。

(専務)ごちそうさま ありがとね。
(片瀬)タルタルが良かったのよ。

かわいい。
面白い。

ぜひ みんな行ってもらいたいね
このタルタルを食べに。

面白い。
(片瀬)いい兄弟だね。

面白いわ。

<話は変わり>

<皆さん 埼玉県の このお店

覚えていますか?>

あれ?
あら?あそこですよね?

あっ これ あれじゃんか。
取材で。

そうそう…。

お待たせしました
W唐揚げ 単品です。

(片瀬)すごい。
すごい量でしょ。

(片瀬)ねぇ。(若槻)へぇ~。
これ普通なの。

(森崎)これが
普通なんです?

いやぁ~
食いたいな。

(若槻)うん。
あぁ~。

(若槻)豚の唐揚げ
すごい。

(片瀬)わぁ~ おいしそう。
(若槻)うわぁ~ おいしそう。

(森崎)20個 びっくり。
(若槻)20個も入ってるんだ。

(片瀬)1500円。
あぁ~。

いくら?

(スタッフ)はい。

(森崎)えぇ~!
あれでだよ。

(若槻)安い。
(片瀬)ウソでしょ。

どうして?
(森崎)20個 しかも大きい。

(若槻)4人前で。
(森崎)うわぁ~ うまそう。

うまそうだな これ。
(片瀬)おいしそう。

(若槻)豚 おいしそう。
いやぁ 食ってみたいな。

(スタッフ)そういうふうに
決まってるんですか?

そう もう決まりなんだから。

(清彦さん)…よそで
修行してた時に。

(スタッフ)ハハハ…[笑]なるほど。
(若槻)ハハハ…[笑]

(スタッフ)もう そう教えられてるから
(清彦さん)そう。

(森崎)えぇ~。
(片瀬)ちょっと待ってよ。

(若槻)何よ 何なの これは。
漫画だよ 漫画。

(片瀬)日本昔話とかみたい。
(若槻)大盛り?

漫画盛り もう。

(スタッフ)あっ 無料ですか?
(森崎)えぇ~!

(片瀬)へぇ~。

(若槻)うわぁ~ おいしそう。

見て このホイコーロー。

うまそうだね。
うまそうですね。

(若槻)ハハハ…[笑]

(片瀬)やぼなこと聞いちゃだめ
もう決まってるんだから。

(森崎)気持ちいい。
(片瀬)変なこと聞かないで。

<うまい!安い!だから…>

いいよね あの人。

いい ご夫婦だったよな。
ねぇ。

ぶたから丼1つです。

(芳子さん)いいよ もう
そっちやって。

(片瀬)いいな このバランス。

(森崎・片瀬)ハハハ…[笑]

でもね 仲いいんだよ。
そう 仲いいですね。

(芳子さん)…早く。

(若槻)ハハハ…[笑]

(清彦さん)…一番 いいんだよ。
(スタッフ)はぁ~。

この先見てて
見てて。

面白いよ。

(スタッフ)なるほど。
うん そりゃそうだ。

人が いないんだ。
うん。

(若槻・森崎)ハハハ…[笑]

(片瀬)どうして
その流れになるの?

(若槻)その展開になるの?

どういう流れだよ これ。
すごいでしょ。

(片瀬)ハハハ…[笑]
(清彦さん)体験。

本気だもんな もう。

(片瀬)あっ 早速?
(芳子さん)1回脱いで。

最高よ。
(若槻)すごい 展開早い。

ハハハ…[笑]
(森崎)えぇ~っ!マジか。

(片瀬)めちゃめちゃ いいじゃん。

ハハハ…[笑]
(若槻)昔から働いてたみたい。

いそうでしょ?
(若槻)いるいる。

(片瀬)5年は やってるよ
もうすでに。

初日じゃねぇよな。
(若槻)ずっといたじゃん。

初日じゃないよ[笑]
初日の風格じゃないよね。

(片瀬)おいしそうな 何か
おいしそうなの作りそうだな。

いいじゃん。
(若槻)いるいる。

(片瀬)めちゃめちゃ いいじゃん。

こういうバイトいるよね。
います います[笑]

(片瀬)あぁ いいな 似合ってる。
最高だよ。

ディレクターさんだからね
これ。

これ取材中だからね。

(森崎)えっ すごいな。

面白いね これ やっぱ。
(片瀬)すごい こんな展開なんだ。

やっぱ 面白いよな。
笑っちゃうよ。

入ったばっかりで
これやってるんだよ。

ディレクターさんとADさんで
働いてるんだから。

入ったばっかで これやってるから
たぶん

これの方が長いと思うんだよね。
(片瀬)そうか。(若槻)だから。

(森崎)4月入社の…[笑]

(片瀬)この番組すごいな。

すごい世界。

≪はい。

これだって もう オーダー
通してるんだもんADの。

(若槻)ハハハ…[笑]

ムチャクチャだよ。

(森崎)あぁ~
終わって撮影。

(若槻)えっ バイトの人。
店の人だよ。

(若槻)バイトの人来た。

(片瀬)新しい この番組。
ムチャクチャだよな これ。

(森崎)すごい。

いい腹してるよな。

あぁ~ 面白い。
(若槻)すごい!

(片瀬)めちゃめちゃ
ドキュメンタリーじゃん。

名作だよな これ。
これも そうだな。

(若槻)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(片瀬)いや かっこいいよ。
何やってるんだよ 2人で。

(片瀬)大原君 かっこいいよ。

最後の日 見てほしいよな。
うん。

(若槻)うわぁ~!おいしそう。

(芳子さん)はい お疲れちゃん。
(片桐D)ありがとうございました。

お疲れさまでした。
(片瀬)あぁ いいね。

(片桐D)いろいろ ごちそうに
なったりとか。(清彦さん)いや もう。

最終日ね。
(森崎)わぁ なんか ちょっと。

≪泣いてる?
(芳子さん)ありがとうございます。

(片瀬)すごい いい話だね。
(芳子さん)ありがとうございます。

ありがとうございます。
名作だよ。

(片瀬)いいね。
これは名作ですね。

(片桐D)ありがとうございます。
「ウルルン滞在記」だよな。

(清彦さん)また いつか。
これは いい。

(片桐D)すみません 本当に
ありがとうございました。

(森崎)あぁ~。
(若槻)わぁ 感動しちゃう。

(芳子さん)本当に
疑っちゃってたから 最初。

ねぇ。

だけど すごい一生懸命
やってくれてね。

こんなに一生懸命
やってくれるなんてと思って。

(若槻)感動しちゃう!
すごいでしょ?番組のテイスト。

(片瀬)なんか 感情
めちゃめちゃなんですけど。

どうしていいのか分からない。
ここからマスター いいよ。

(芳子さん)ありがとうございました。
(片桐D)ありがとうございました。

いいよな。

(芳子さん)ありがとうございます。

(芳子さん)ねぇ。(清彦さん)ねぇ。

(片桐D)ありがとうございます。

<近くに用事があったので

お礼と ごあいさつに伺いました>

(片瀬)これ うれしいね。
これ 見たいよ。

うわぁ~。

(片瀬)盛り上がってるんじゃない?
うわぁ~ いいね。

(片桐D)こんにちは。

(森崎)あぁ~!

(芳子さん)お疲れさまです。

そんなに なるもんかね?

あぁ~ よかった よかった。

(片桐D)こんにちは[笑]

遅いですか?

ハハハ…[笑]

いつも同じだね!
(森崎)ヤベェ!

(若槻)めっちゃいい。
いいね。

(片瀬)うれしそうだわ。

(若槻)めっちゃ うれしそう。
あぁ~ いいね。

(清彦さん)すみません。
(片桐D)どうぞ。

(片瀬)いいね。

(清彦さん)手伝ったでしょ?
忙しいって。あれの…

(片桐D)倍ぐらいですか?
はぁ~!

よかった よかった。

ハハハ…[笑]
(清彦さん)本当に。

(森崎)「就職しちゃえ」[笑]

よかった でも。

(片桐D)いや 今もう…

次に動いてるの?
(片桐D)はい。

頑張ってくださいね。

(若槻)ハハハ…[笑]
当たり前みたいになってる。

何日間 こっちにいるの?

(片桐D)いや でも
明日か あさって…

えっ!

じゃあ…

(若槻)勝手に決められてる[笑]

いいよね。
毎回 この絵だもんね。

(森崎)また誘って[笑]

まだ募集してるんだ。

(片瀬)ガチで思ってるんだよな。
(森崎)何を言うかと思ったら。

ハハハ…[笑]
(片桐D)またですか?

(若槻)ハハハ…え~!

(片瀬)何だろう?しっくりくる。
なんで あいつ現れるんだよ!

(若槻)また入っちゃったよ バイト
(片瀬)すごい しっくりくる。

(若槻)定点になったから
おかしいと思ったんだよ。

(片瀬)「味のイサム」が
似合うんだわ。

(若槻)えっ すごい!

まぁ いいよ そうやって手伝え!

(片瀬)すごい似合ってる。
面白いね。

お前たちの責任だから
人がいっぱい来ちゃうのも。

何だよ これ。

(清彦さん)はい。

(若槻)ハハハ…[笑]

すげぇな この番組。
すごいですね。

(片瀬)普通の番組って
こうやって紹介して

それで なんとなく繁盛して
ていう ままじゃないですか。

その後を まず訪れて。

暇さえあれば 取材の合間。

たぶん いろんな店
行ってるんだと思うけど。

(片桐D)すみません。

(片桐D)ありがとうございます。
ちょっと 今…

(片桐D)ちょっとだけ
映ってしまうかもしれなくて。

≪いいですよ。
これね 許可取りね。

(片桐D)いや たまたま ちょっと…

(片桐D)それで ちょっとだけ。

ちょっとだけ
きょう 手伝おうかなって。

すげぇな。
ねぇ。

(若槻)すごい。

うわぁ~ すげぇ。
何?これ。

うわぁ すげぇ!
(片瀬)大人気だ。

あら~。
(若槻)すごい。

いや~ よかったけど。
よかったよ。

本当に なんかもう大忙しで。
うわぁ~ 大盛況だ。

(若槻)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

最高だな[笑]

≪ごちそうさまです。
(片桐D)ありがとうございます。

(片瀬)気づいた。
(芳子さん)ありがとうございます。

大丈夫?(片桐D)はい
ありがとうございました。

(片瀬)夜まで。(片桐D)すみません
ありがとうございました。

(清彦さん)また。(芳子さん)待ってます
(片桐D)はい。

何だよ これ!

(若槻)ハハハ…[笑]

何?これ。

(若槻)めっちゃ おもろい。

(森崎)えっ!
2日 行ってるんだ。

(若槻)えぇ~!
(森崎)マジか。

(若槻)リサーチ
行くんじゃなかったの?

何やってるんだよ[笑]

「あちらに どうぞ」[笑]

(若槻)もう何でも
できるようになってる。

何 見てるんだよ 俺たち。

最高だな これ。
面白いな。

おい!総動員か。
何やってんだよ 2人で。

ハハハ…[笑]
教えてるんじゃないよ。

完全に店側の人だな。

何だよ これ。
おかしいな これ。

ウソだろ。

(片桐D)いえいえ[笑]

おぉ~!

うまそうなんだよな。

(若槻)早い早い スタンバイ早い。

できるな。

ハハハ…[笑]
(森崎)スタンバってる。

(若槻)スタンバってる!
できるところを見せようとしてる。

これ お前 もう

完全に弟子の域だよね。
ハハハ…[笑]

どんなに早く
カラシ持ってるんだよ。

ほめられたいんだろうな[笑]

(片瀬)3日目!?
(若槻)あれ?

八王子
どうなったんだよ これ。

リサーチ 行きなさいよ!

(若槻)下処理までするの?

(片瀬)すごい
ステップアップしてる。

面白すぎるだろ これ。
面白すぎるな。

行け!八王子。

(若槻)すごい どんどん任されてる

面白いな。
結局 ここに就職したら

笑えるんだけどな。
ねぇ。

(芳子さん)大丈夫 大丈夫
根っこ ちょっと

洗っといた方がいいんだけど
汚くなるでしょ。

(片桐D)はい。

ハハハ…[笑]

すげぇな おぉ 取れた。

(若槻)ちょっと待って[笑]
(片瀬)どこまで いくの?

(若槻)これ もう
就職してるでしょ?

どこで終わるの?

ハハハ…[笑]
(森崎)えぇ~!?

(若槻)犬の散歩 関係ないよ!
(片瀬)ヤバイ!

もう家族じゃん。
(若槻)住んでるじゃん もう家に。

住み込みじゃんかよ 住み込み!
(片瀬)家族よ。

(若槻)家族じゃん!
(片瀬)身内よ これは。

何だよ。
バカだよ これ。

(若槻)「いまどこいる?」って[笑]

(片瀬)いや 行けないって。

行けないよ もうこれ
犬の散歩したら もう。

(森崎)「電話ください」って[笑]
(片瀬)ダメだって。

面白いね。
何やってるんだよ。

何やってるんだよ あれ。
(若槻)あれ?

タコパ?
(片瀬)タコパしてるじゃん[笑]

ハハハ…[笑]

(片瀬)どういうことになって?
わぁ~。

おかしいな。
(若槻)家族しかいないじゃん[笑]

家族じゃん[笑]
家族だよな。

(片瀬)わぁ~。
わぁ~!

どうぞ!
すげぇ!

そうだよ 見て この…。

(若槻)これは うれしいよ。
うれしいね。

読んで。

(若槻)家族愛が すごい。

うわぁ~ いいね。

(片瀬)ハハハ…[笑]

(若槻)1個も読めない
1個も読めない[笑]

1個も読めないけど!
ハハハ…[笑]

(若槻)ごめんなさい
1個も読めなかった。

(片瀬)愛が あふれてる。
いいよ!

これもう家族がやることだもん。
ハハハ…[笑]

(若槻)ほら ケーキカットして。

(片瀬)何?これ[笑]

(若槻)息子じゃん もう息子。

(片瀬)めっちゃ幸せそう。

あぁ おかしい あぁ 面白いわ。

(片桐D)はい。

えっ?
(若槻)何?何?

何?まさか?

(清彦さん)じゃあ…

ハハハ…[笑]
(片桐D)まかないですか?

(若槻)ステップアップした。
(片桐D)いいんですか?

作れますかね?
(清彦さん)それは分からないけど。

これバイトの伸びてくる頃のな?
そうですね。

(森崎)「一歩 成長しようよ」[笑]

(片桐D)いいんですか?作って。
面白いよ これ。

(片桐D)ありがとうございます。
(森崎)お父さん いいな。

(若槻)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(片瀬)すごい ついに作るんだ。
いいよ!

(小峠)ハハハ…[笑]
(片瀬)きた!

(清彦さん)タオル持って。

(片瀬)ここまで きたか。

いや すごいよ!

まかない作ってるんだもん。

不思議だよ 見てられるもんな。

(ヒロミ)何だろう?
(片瀬)何 見てるんだろ これ。

いや そう ねぇ
何 見てるんだろうっていう。

(片瀬)なんか 何だったっけ?

でもなんか 見れるんですよね。
(片瀬)すごいですよね。

(若槻)おぉ~。

(片桐D)ありがとうございます。
いや うまそう。

(片桐D)いただきます。
いけるじゃん。

(芳子さん)ないよ ああやって…

(片桐D)ありがとうございます。

すごいね。

(若槻)ハハハ…[笑]

(芳子さん)全く もう。

(片桐D)ここに…

(若槻)えっ すごい!優しい。

(芳子さん)大丈夫だよ いらないよ。

いい いい 別にいいよ 大丈夫。

おかしいな これ。

(片桐D)あぁ 送りました。

(片桐D)僕のですか?
えっ?

(一同)ハハハ…[笑]
なんで?

(片桐D)僕のですか?
(ヒロミ)えっ?

(片桐D)岐阜ですよ?
(清彦さん)いいよ。

なんで?
(若槻)なんで?

(清彦さん)一緒に行くよ。
(片桐D)岐阜県にですか?

(小峠)なんでなんだよ[笑]
(片桐D)わざわざですか?

(清彦さん)そう。だって…

(片桐D)「イサム」のは ないです。

(若槻)もっと見たいですね
「イサム」で働く。

(片瀬)世界に羽ばたける番組。
ハハハ…[笑]

(片瀬)というか…

そう。
そうなんだ。

もう実家に連れて行けよ
大将たちを。

(片桐D)そうですね。

夏[笑]
(若槻)決まってるんだ。

夏 来るんだ。
それは それで!

それは それで
ワンカメ回しとけよ!

なんでだよ。
(若槻)それ めっちゃ見たい。

なぁ。
(片瀬)見たい 見たい。