火曜は全力!華大さんと千鳥くん【100万めざし麒麟川島参戦!山内が千鳥に暴言】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

火曜は全力!華大さんと千鳥くん【100万めざし麒麟川島参戦!山内が千鳥に暴言】[字]

麒麟・川島が参戦!ランキングピッタリ当てたら100万円!「M-1ファイナリストが選ぶ賞レースの審査員をしてほしい人ランキング」まさかの結果にノブが・・・

番組内容
人気企画「ランキング、ピッタリ当てたら100万円」第三弾!麒麟・川島明が参戦で、博多華丸・大吉、千鳥とかまいたち・山内健司の6人がみんなで話し合いながら、自分たちに関するさまざまなテーマのアンケート結果の順位を予想!見事、ピッタリ的中できれば賞金100万円が取っ払いでもらえる夢の企画です!
番組内容2
昨年のM-1ファイナリスト全員が選ぶ、お笑い賞レースの審査員をして欲しい人ランキングでは、予想を覆すまさかの結果に千鳥・ノブが・・・。さらに「丸の内OLに聞いた上司にしたい人ランキング」では今回も博多華丸vs山内が勃発!!その他にも「絶叫!ビリビリ椅子ガマンランキング」など大盛り上がりの1時間!!果たして100万はゲットできたのか!?
出演者
【MC】
博多華丸・大吉
千鳥
【ゲスト】
川島明(麒麟)
かまいたち
【ナレーション】
遠藤綾
スタッフ
【チーフプロデューサー】
前洋平
【総合演出】
高橋諒太
【プロデューサー】
友岡伸介
近藤照子
田井中皓介
橋本孔一
【演出】
渡辺将志
【チーフディレクター】
新谷洋介
小石重蔵
【ディレクター】
宮川剛史
藤田豊平
久富久伸

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 川島
  2. 山内
  3. 華丸
  4. ノブ
  5. 濱家
  6. 大悟
  7. 大吉
  8. お願い
  9. ワシ
  10. オッケー
  11. 絶対
  12. 大吉先生
  13. カランカラン
  14. スタッフ
  15. 審査員
  16. マジ
  17. 結構
  18. 最下位
  19. お前
  20. 上司

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(ノブ)ランキング
ぴったり当てたら100万円~!

(拍手)

さあ 1位から6位を
予想して

的中させると
100万円が

手に入るという夢の企画が

また やってまいりました。
お願いします。

今回も ちゃんと
こちら ご用意しております。

(川島)ありがとうございます。
ありますね。

ここ いつもあるんで
僕が胸から出す段取りなんで

一応 ここにあったやつを
なおすんですけど

5分の間に
スタッフが3人…

って聞きに来るんです。
(大悟)えらい 大事な100万円。

(濱家)という事で
早速まいりましょう。 まずは…。

よいしょ~。
なるほどね。

(ナレーション)
<去年の M-1ファイナリスト全10組に

6人のうち 誰に いちばん

賞レースの
審査員をしてほしいか 調査。>

去年のファイナリストのメンバー
こちらになっております。

アキナ インディアンス ウエストランド

おいでやすこが オズワルド

東京ホテイソン 錦鯉さん

ニューヨーク マヂカルラブリー 見取り図
となってますね。

でも これ 逆に言うたら…

(川島)だって ほんまに そうやん。

川島さん ほんまにやばい。
それ あんまり言うと。

(濱家)だって 何が起こるか
わかんないですから。

(濱家)早い早い 早い早い。
大吉さん 早いでしょ。

(川島)俺は
そんな意味じゃないですよ。

ちょっと川島さんに
説明しとかないとダメなんやけど。

毎回 取れそうなんすけど…

そう。
(川島)ああ~ なるほど なるほど。

で あんまり
詳しく言わないですけど…

そうですよ
ほんと。

おい! オブラートに包め。

(山内)1名 挙げるならです。

華丸さん 顔色 悪いです。
(華丸)毎回ね…。

もう…

ちょっと マジで今日…

なるほどね。
それはもう 決めましょう。

(濱家)それ でも
ほんとに毎回言ってるんですけど…

みんな…。

競艇場で 全然知らん
歯抜けのおっさんが…

って言うたんと
一緒やねん。

(濱家)何の信憑性もないのに
信じちゃうんですよね。

<6人の…>

大吉さん 実際にM-1の審査員も
やられてましたし。

(大吉)はい 2年やりました。
(濱家)そうですよね。

やっぱり プレッシャーは
すごいんですよね 審査員の。

当日よりも…

(笑い)

なるほど。
(川島)まあね。 ほんま大変よ。

みたいな感じで。

(濱家)お客さんの見る目も
変わってくるんですね。

華丸さん つらかったでしょ?

川島くんも やってるよね?

僕はR-1グランプリと THE Wの方
やりましたよ。

何やったら もう最近
山内も偉そうに やっとるよな。

山内 やってるね。

(華丸)「あぁはい」。

当たり前に。
やってます。

すっごい…

松本さんの
手の置き方してるから。

(濱家)さあ
個人予想が出そろったようです。

見てみましょう こちら。

(濱家)結構ばらけて…。
(川島)あっそうですか。

(濱家)上位に やっぱり
大吉さん 川島さん 大悟さん。

やっぱ その辺ですよね。

山内… 「山内」だ。

山内は「山内」だ。

ごめんなさい 山内さん。
あれ置いとく? 1回。 どうする?

僕 自分を最下位にしてるけど

やっぱ僕 もう 1回やってるから。

いやいや いやいや。
最下位はないです。

(川島)3には入るでしょ。

いや 俺
大悟くんだと思ったけどね。

まあ 大悟もあるんですよ。
僕は 大悟1位にしましたけど。

何か 大悟…

だから聞いてみたい
っていうのも あるでしょうし。

(山内)僕が大悟さんの順位を
下にしたのは理由があって。

皆さん このカットイン
気を付けてください。

やっぱり 賞レースっていうのは
ちゃんと…

言ったらあれですけど千鳥さんは…

(笑い)

(山内)ほんと びっくりするぐらい。
こんなに売れてはるのに。

お前 コロナでよかったのぅ 今。

やっぱ面白いって言われたいんよ
多分 大悟に。

大悟さんに面白いって言われたら
優勝できなくてもいい

っていう票だと思う。

ただオールマイティーで考えると
ワシ 川島さんやと思うねん。

なるほどね。 そうなるよね。

(川島)まあ
自分で言うのも何ですけど

一応 2位には入れました。
確かに入れてるな。

確かに入れてるな 2位に。

ああ~。
(川島)山内は実績もあるし

今 バンバン ネタもね
めちゃくちゃおもろい。

やってるけど 同世代なんですよ。

ここの
プライドっていうのがあるんで

ちょっと僕らとか大吉先生

ちょっと1こ上の世代。
ほんとだ ほんとだ。

あと やっぱ インディアンス
おいでやすこが ニューヨーク 見取り図。

俺…

はははは。 ああ これは確かに。

最近 聞いたんだったら 俺の名前
絶対どっちかは入れてくれる。

ちょっとだけ
最下位が気になるんです。

(華丸)誰? 最下位。
川島くんの最下位が…。

ちょっと あの~。
ちょっとね ノブが低いんよ。

でも ノブの…。

なっ 言うな ワシが今から。

ノブのツッコミというものに

後輩たちの憧れは絶対あるはず。
あります。

ああ 言え 言え。

よう言うた。

ほな ツッコミの評価をしてほしい
っていうのは

ツッコミ側なら絶対あるはず。
そうそう。

それが一気に片寄った場合…

いや ちょっと…。
ええねん 思ってないから。

ぐらいの可能性は
ワシ あると思う。

(濱家)あんまり…

っていうところは ありますよね。

(川島)あるよ。 憧れはあるけど…

ははははっ。 おい!

(川島)やっぱ説得力は欲しいと。

ちょっとねぇ 華丸さん。
気に入らないです。

(華丸)そうよ ほんと。 俺も
自分 大吉さんと迷ったぐらい。

3位に入れようかなって
思ったぐらい。

自分をでしょ?
(華丸)はい。

というのも!

(川島)だからダメなんですよ。
(濱家)審査員ですから。

そんな話になってない。

千鳥さんに…。

千鳥さんに審査してほしいとか
華大さんに審査してほしいとか

そういう感じで 多分
芸人って見ると思うんですけど

そうなった時に…

このゲームの特徴ですけど
1人しか挙げれないってなったら…

まあまあ。

その2択で…

(濱家)山内!
山内!

審査… 審査。
(川島)顔!

別に 大吉さんに入れる人も
おれば… おると思うよ。

コンビで そんな分けるかな。

いや あります あります。
(濱家)ニュアンスとか

そういう意味の華丸さんも。

(川島)ばい!

< いろんな意見が出ていますが

6人で話し合い

100万円をかけた予想順位を
決めていきます。>

どっか…

(濱家)まず ここは確定だろう
みたいな方に

座っていただきますか?

(川島)ここ 3つが。
これ 上位3枠。

マジで 俺 1回やってるから。
やってる。 ほんなら…。

えっ 3位?

(川島)
そうっすね。 どっちやろな。

いや
お前は…。

悪いけど お前 まだ入らんて。
(川島)指 しゃぶってるやん。

(川島)俺っすか?

1回座ります。 1回。
経験者やし。

(濱家)あとで変えれます。
テレビ局も文句がないもん。

川島さんの場合。
(川島)いや まあ う~ん…。

(濱家)そうですね。

俺 ほんとに。

(濱家)山内。

(濱家)華丸さんは どうですか?

(華丸)いや 俺 ほんと 割に
あるような気するっちゃんね。

俺…

そんな票 いらんよ。
いらないんですよ。

ちなみに。
(川島)賞レース実績あり。

そうばい。

(川島)THE MANZAI。

(濱家)THE MANZAIも獲ってます。
2冠や。

いいんじゃないすか。
(川島)山内 最下位?

(笑い)

そうそう。 そこばぁ!

わかりました。

(濱家)
はははっ 何やねん! それ。

(川島)自分の体 張ってまで。

これね 多分 もうちょい…。

(川島)
何か そんな気がしてきた。

ピリピリ… ピリピリしてます。
ピリピリしてるもん。

何も言わんようなってきて。
(川島)急に笑わんくなって。

そう。

じゃあ
言いづらいけど言っていい?

(川島)はい。

いや…。

先生。
「嫌だ」やないって。

(川島)先生。
嫌だ!

審査員のイメージないやん。

みんなも?

華丸さん やっぱね…

(華丸)言うた事ないけど。

「よかばい よかばい」の人やから
審査員じゃないんよ。

俺が 何で ここにいるかな?

いや ノブは あんで ほんまに。
(川島)あるある。

もっと上だと思う。
≪カランカラン カランカラン!(終了の合図)

もし変えるなら 今 1回だけ。

(山内)大吉さんとノブさん。

いや 俺が そんな上がり…。
(山内)ここは ありえるのかな。

(川島)ほな 大悟ちゃうんか?

(濱家)さあ 締め切りますよ。
いいですか?

ちょっと待って ちょっと待って。
(川島)ちょっと待って。

俺 ちょっと 上 いってみよう。

どこまで いこうとしてる?

こうで。
とりあえず こうね。

川島さん ここで。
(川島)かかってるって。

(山内)ないないない。

(川島)かかってるって こいつ。
むちゃくちゃ…。

千鳥 ワンツー。

ちょっと待って。 1回座って。
(川島)ちょっと待ってくれよ。

お前…

ノブ… ノブ 1回だけ言うな。

ワシら…。

(濱家)M-1の結果ね。
(川島)M-1はな。

じゃ これ。

これ どうですか?

これ いいんじゃないですか。
いいと思うよ。

≪カランカラン カランカラン!
(濱家)はい。 締め切りました。

よし これでいこう。
(山内)いったんじゃないの?

いったと思う。
これ いったと思いますよ。

それでは VTR どうぞ!

(スタジオからのトーク 川島)
[顔出しで やってくれんの?]

どうも。
マヂカルラブリーです。

(川島)
[めっちゃドキドキするんですけど]

川島さんです。

[THE Wの時
言ってはったやん]

[ちゃんと
こいつは見てるわ]

って
思ったのが川島さんです。

華丸さんです。
(川島)[おい~!]

(山内)[華丸さん!?]

(野田)こっちって。
(川島)[つらすぎる方や]

…ような気持ちに
なっちゃうんですね。

(川島)[1回エグられたから]

そんな…

そうなった時に…。

ちょっと…

(村上)してるよ。

(山内)
おかしい票の入り方してる。

大吉さん。

[やったからね]

ええ~。

どうも アキナです。
お願いしま~す。

お願いします。

大吉さん。

[やばい。
秋山はノブやと思った]

[したした]

っていうのも
ありまして。

(山内)
[なるほど 相性ね]

ノブさん。
[やばい!]

[誰が プライベート
おもんないねん]

「ハナちゃん」。
(川島)[女子が冷める瞬間や]

「ただいま。
帰ってきたよ ハナちゃん」

っていうので…

[言うやろ みんな]

え~っと。

[こい こい。
こんと もう やばいぞ]

大悟さん。
[よっしゃ よっしゃ]

(川島)[いいぜ いいぜ]

(山内)
[気になるよね 大悟さんの]

これ ほんま…

僕らはね…

何やったら もう…。

そんな人間が…。
[あったな]

ほんまに。

いいんですか? ノブさん。

[うわ~ やばい]

あの~。

と思います。

(山内)
[ノブさん 入らないのか]

悔しさ。 山内が審査員をする。

[やばい。 調子に乗った]

おいでやすこがです。
お願いします。

[この辺 わからんな]

千鳥 大悟さんです。

[よしよし よしよし]

というか。

もうええわ ぐらいの。

[これ いいね]

俺…

そうですね。
僕は あの~。

結構…

[何やねん こいつ]

[変な事 言いだした]

(こがけん)ここに
おっきな動物がいると思って…。

動物の世界はね。

そこでいくと ほんとに
1位は 大悟さんなんです。

(こがけん)

[オッケー オッケー。
やっぱ大悟でよかったんや]

[ワシ 毎日 下痢やで]

(川島)[酒 やめ]

こんにちは~。
[あっ きた]

(川島)
[これ 華丸さん入るかもな]

[「ノブさんですね」
って言ってください]

千鳥ノブさんです。
[よっしゃ!]

[雅紀さん そうです]
(長谷川)っていう ねらいです。

(華丸)[俺とおんなじ理由や]

博多大吉さんです。

[渡辺くん
ありがとう]

(山内)[大吉さん
やっぱり伸びるね]

[やっぱ
その恩があるからね]

ずっと テレビで共演した時に

「あの節は
ありがとうございました」って

お礼を言おうと思ってて。

あれから月日は流れ
つい この間ですよ。

「ありがとうございました。 やっと
共演できる事ができました」

というご挨拶を
やっとできたんすよ ついこの間。

6年かかったから。

博多華丸さんです。

何で何で?
(川島)めちゃくちゃ言うてますよ。

話が違うやん。

はい。
そうですね。

何か…。

(伊藤)
お世話になってます。

伊藤と畠中で オズワルドです。

[伊藤くるやろ ノブ]

川島さんですね。

僕ら…

完全に その…

かまいたち山内さんです。

(山内)[よっしゃ~!]

やったんですよ。 そん時に…

千鳥のノブさんです。
[いや~ やばい]

ノブさんって もう 最近…

(畠中)なんで 賞レースの
審査員とかやった時に…。

(笑い)

(笑い)

<次週は

覆面をかぶった
イケメン俳優が大暴れ!>

痛い!

< まさかの正体が!>

ええ~!

<更に 8月10日は

メイドを笑わせろ!>

ついつい
頼みたくなる新メニューとは?

めっちゃ笑ってるやん!

もチュー鍋。

もち鍋じゃないよ。
もチュー鍋よ。

(井口)どうも! ウエストランドです。
よろしくお願いしま~す。

大悟さん。
(山内)[よっしゃ!]

やっぱり 積極的に…

[俺が3位じゃないんだ]

[いや まだわからん]
[大吉先生やった]

僕は 華丸さん。

単純に…

何なん?

いいやん!

って言うてるなぁ。

ノブさん。
[何でや]

今のノブさんって もう…

[はははは。 そんな事ないわ]

(井口)ノブさんは
もう どう映るかしか

絶対
気にしてないから 多分…

だから…

「死に票」。

(田渕)どうも~! インディアンスです。

(2人)お願いしま~す!

1位は…。

麒麟 川島さんです。

(川島)[ええ~!
ありがとう たぶっちゃん]

かまいたち山内さんです。
(田渕)おお~!

千鳥ノブさんです。
[うわ~ きむに言われた?]

(きむ)
ネタ 誰のを見た時にも…。

(田渕)ええっ?

(きむ)…ちゃうかなと。

(たける)どうも 東京ホテイソンです。
お願いしま~す。

[これは岡山ですよ。
これ入るね!]

(川島)[ノブ! ノブ!]

川島さんで。

(川島)[いや~ 並んじゃった]

(たける)
ああもう今 シンプルに…

大吉さんです。
(たける)おお~。

やっぱり…

なるほどね。

審査員席にいて…

(たける)でも それはさ…

華丸さんは あのね…

(笑い)

どうも! ニューヨークです。
(2人)お願いします!

[ニューヨークは くるよ]

川島さん。

単純にその…

僕は大悟さんです。

例えば すごい 何か…

華丸さんです。
(華丸)[何で?]

華丸さん やっぱり その…。

どうも 見取り図です。
お願いします。

お願いします。

1位

麒麟
川島さんでお願いします。

(川島)[めっちゃ
感謝してくれてる みんな]

(スタッフ)
ニューヨークの屋敷さんと

東京ホテイソンのたけるさん…

まあ もう。
(リリー)まあまあ ねっ。

理由は それぞれ。
それぞれ。

(笑い)

[ここ ノブ こい!]
(川島)[せめてノブや]

断トツで

川島さんです。

(スタッフ)1位?
1位。

ほんとに。

< という事で。>

下がりゃよかったね。

<結果は
ご覧の順位になりました。>

(濱家)さあ という事で
的中ならず~!

あん時 お前が下がれば
当たったんや。

下がれば当たってたんや。

(山内)

強い。

(濱家)ははっ。
ごめん。

ちょっと 華丸さん 申し訳ない。
(華丸)いや 俺は…

さあ 続いては…

(川島)うわ。
はいはいはい。

<続いては

丸の内で働く女性30人に

6人のうち
いちばん 上司にしたいのは

誰か 調査。>

< そのランキングを
ぴったり当てられれば

100万円ゲットです!>

<6人の…>

ちなみに インタビューに
答えていただいた女性の年齢は

20代の方が20人
30代の方が10人ですね。

その30人。
(川島)なるほど!

ここ ノブ走るよ。 うん。

あんな さっきの馬場で
走っちゃダメ。

OLさんと一緒に走るから 俺は。
はははっ。

大吉先生は上です。
いやいやいや。

(華丸)

えっ?
(川島)いやいや そんな事ないよ。

華丸さん…

(華丸)いや~ 俺は やっぱ…。

あと やっぱ…。

ちょっと。

福岡なら。

気持ちがええ。

2票で? 2票ですよ。

(川島)ご機嫌。

さあ 個人予想 見てみましょう。

(濱家)ああ 川島さん ノブさん

大吉さんが 上位多いですね。

そうね。 まあ 上になるやろな。

ぷっ…。

下の方が すごく… あれ?
下 何か…。

(濱家)すごいですね。
やっぱ あんだけピンク並ぶと

大悟さんもピンクに見えますね。
(川島)トリックアートみたいな。

ちょう待て どういう事やねん。
何で ワシがお前の下やねん。

やっぱ 上司なんで

まず
仕事 ちゃんとしてくれるかとか

そういうとこ見ると思うんですよ。

はいはい。
(山内)やっぱり…

で 僕の方が
ちょっとだけ 上。

今回は 華丸さん 上なんやな。
(川島)ねえ 3位。

その…。

(山内)フラットに見て…。
そうやな。

(山内)フラットに見てます。
低くしようとしてない。

あっ
ネタでやってるわけじゃないんや。

(川島)ここ 3位にする事で
今までのがガチになんねや。

いや もうOLは…。

(川島)帰りたいから…。
1軒目で帰りたいと思います。

そうか もう…

(川島)
死語。 いや もちろん死語よ。

「死語か?」。

ノブくんか川島くんよ
どう考えても。

いやいや 大吉先生もです。
(川島)俺も断トツで大吉先生です。

まず…

(川島)あっ そうだわ。

絶対 イケメンで優しくて。

そうです そうです。
いや 川島くん。

(笑い)

言われた。
(華丸)そうだ そうだ!

ないでしょ?

(笑い)

「ナメるなよ」と。

何の宣言なん?
でも 正直に…

(川島)そうでしょ?

マジすか?
あっ ほんならもう 実績ある。

すごい。
(川島)絶対1位。

俺ら 入ってないっすもん。
(川島)入ってない。

絶対1位。
そうかなぁ?

(華丸)20代よ?
(川島)いやいや いけます。

逆に いける。
1回 座る じゃあ。

(濱家)1回 暫定で。
あとで変えれますからね。

そう ノブはあると思う。
(華丸)俺もあると思う。

ここは全然 走っていい。
ここ 走りましょう ちょっと。

(川島)
やっとダートで走ってくれた。

さっきね ちょっと
走り過ぎちゃったけど。

(川島)ええ~っ。
(華丸)川島くん 絶対上位と思う。

えっ。

(華丸)ええ~っ。
(川島)酒瓶。

(山内)
いや 大悟さん…。 どうします?

ワシ こいつよりは
上やと思うんやけどなぁ。

だから まあ「上司として」が
どっこいだとしても…

…って どっちなんすかね?

僕は 大悟やと思う。

だから
そういう意味では まあ…。

何やねん あいつ。

それ 言いだしたらなぁ。

怖い。

(山内)
じゃあ ここって事ですね 僕。

僕は ここだと思いますけど
ここって事ですね?

いや 川島さん ここかな?
(山内)俺 そうだと思いますよ。

(川島)いや~ いやいやいや。
ねえ 思ったな。

やっぱ イケメンの方が
絶対いいわ 女子は。

でも ワシは…

(川島)ほんまに ほんまに。
ほんまに。

(笑い)

あんま 言わんけど。

何か…

ムチ入れた。
ペチン!って。

(川島)隣の馬に入れた。
いや だから

あの時は ムチ入れるタイミング
間違えたけど

今回は いける。
(川島)いっていいって。

また 入れよるの?
入れるよ 今回は入れていいもの。

(川島)あっ きた きた。
(華丸)いった いった。

(川島)いった いった。
(華丸)いこう。

いや これ どうやろ?
(川島)いや いい いい。

でも1位か2位やと思う。

(濱家)
ぼちぼち 締め切るんですが

大ヒント…
大ヒントというか

どっちが何 誰がどうとか
そういう事は言わないですけど。

おおっ?
(山内)ほらほらほら!

はい きたぞ。

(川島)1個 おかしい。
(華丸)1個か…。

「シビれてる
と思います」って
言えるかな?

(川島)1個おかしいねんって。
(山内)ここか?

違うねん。
(華丸)伸ばすなぁ。

おい 固定 固定がしゃべるな。

お前 まず座れって。
もう ワシ座っとんねん。

(川島)そのドアの前 立つな。
座れって お前。

(川島)ここが… この3つが
おかしいんじゃないですか?

いや 俺…

20代は やっぱ
僕の事 上司と思わんって。

いや 俺 絶対 ここで…。
(華丸)いや 俺…

20代30代ばい。 ほんとに。

≪カランカラン カランカラン!

(川島)どうすんの どうすんの?
こっち。

(川島)ええ~っ! マジすか?

これ 当たったんちゃうか?
これ いったと思うよ。

(川島)ちょっと1回…

はい。

(華丸)上司にしたいランキング。
(川島)丸の内OLやで。

OL ノブ。
(華丸)ノブ子ちゃん。

いやぁ こんにちは。
お願いします。

出社しました はい こんにちは。

ほいほい。
いやぁ~。

きゃあ 怖い。

(笑い)

(濱家)勝手に
ノブさんが やりだした。

(川島)違う違う
普通に見てって言ったの。

冷静に女性として見て どうか
っていう事ですよ。

ああ そういう事か。
(川島)一瞬で見てくれって。

(濱家)何ですか?
「おはようございます」って。

いや 何か…

(川島)めっちゃ それ いいかも。
しっくりきた 今。

(山内)1アレンジ してみます?
(華丸)してみようか?

1回 アレンジしてみよう。
しっくりくるかどうか。

(川島)だったら 俺と大吉先生
元戻らなあかんと思う。

(川島)1回入れ替わってください。
なるほど なるほど。

(川島)これ どう?
はい!

(川島)これで
1回 みんなの顔 見よう。

これ 決定じゃないすか?
(川島)これちゃうん?

(山内)きたんじゃない?

(濱家)さあ 決定いたしました!

< このあと…。>

[ノブスタートで
お願いします]

[やっぱり!]

[ほら 川島さん そうや
ツッコんで…]

[やっぱ ツッコミだよ]

(川島)[はいはい]

[走れよ ノブ]

[大丈夫
ノブ 追い込むから]

(華丸)
[やっぱ 酒弱いなぁ]

(山内)[ちょっと
ノブさん頼むよ]

[はい ノブきた!]

[よし! みんなの予想
当たってる]

えっと~。

[あ~ タバコね]

[なるほど
酒タバコ ダメなんや]

(川島)
[むっちゃ見てくれてる]

[丸の内
しっかりしてるなぁ]

(川島)[あれ?]

(華丸)[おっ
きた 30代]

(華丸)[30過ぎるとね]

[やった!]

(川島)[完璧ちゃう?]

[酒好きはね]

(川島)
[はい ノブ。 完璧!]

[よしよし]

[ちょっと
大吉さんが走り過ぎかな]

[ちょっと
大吉さん ペース抑えて]

(山内)[はいはいはいはい]

(川島)[ゼロでいいよ]

(山内)[はいはいはいはい。

結構です。 結構ですよ]

[ありがとう ありがとう]

(川島)[よし こい!]

(山内)
[ノブさん こいよ]

(山内)[何なん? 伸びてきたな]

(川島)[これでええねん]

< それでは
いよいよ最終結果の発表です。>

<見事 上司にしたい人ランキングを
制したのは?>

大吉先生が多かったなぁ。
(川島)ノブ!

川島 大吉。

(川島)ノブ ノブ ノブ。
大吉 ノブ。

(川島)緑 こい 緑 こい。
川島 大吉。

大吉さんや! ノブ まくれ!

(川島)華丸さん。
(山内)ノブさん こい。

ノブ まくれ。 よし! まくった。
(川島)ノブ こい!

大吉さん。 ノブ まくれ。

(川島)よしよし!
いいよ!

(川島)この辺で この辺で。

ノブ! ノブ! ノブ!
おっ! 川島。

いいよ。
ノブ まくってるよ!

(川島)ノブ! 大吉きた 大吉。

いいよ。 大吉。

ノブ。 よし! ノブは確定やろ。

これ 当たったんちゃうん?
(川島)はい! はい!

ノブ! ノブ!
ノブ!

あっ やばい! やばい!
(華丸)やばい! やばい!

(川島)山内が入った。

華丸。
いやいや 大悟! 大悟くん!

(川島)大悟! 大悟! 大悟!

ノブだ。
(川島)ノブ ちょうだい。

(濱家)大吉さん!
(山内)どうなったん!?

< という事で
最終結果は?>

(川島)山内やろ?
華丸さん 華丸さん。

ああ~っ!

ああっ! うわ~。

< ご覧の順位になりました。>

(川島)大吉さん
強いんだって。

だから 最初の1位2位だ。

いけたぞ!

一瞬
当たってる時間 ありましたね。

(川島)あった。

< そう 山内くんが
しぶしぶ6位を受け入れた

この時の並びが
実は大正解だったんです。>

< ちなみに この並びが
崩れてしまったのは…。>

ここはノブ走ってええと思うよ。
(川島)ほんまに ほんまに。

あっ きた きた。
(華丸)いった いった。

(川島)いった いった。

(笑い)

何か やってましたね
何か こんなん。

(笑い)

さあ 続いては
ビリビリイス絶叫我慢ランキング~。

よいしょ!

<6人は 事前に

ビリビリイスだと
わかったうえで…。>

××××。

< どれだけ 声を出さずに
我慢できるか 挑戦。>

< その声が小さかった順番を
ぴったり当てられれば

100万円ゲットです!>

(濱家)ああ~ そうですか。
(華丸)ああ~。

大悟は 電気苦手なんで。
苦手やし

我慢せぇって
我慢しようと思ってたけど

パッと言った瞬間に
あっ 我慢も何もしてないやんって。

なるほど。
俺も それぐらい出た。

それは 俺もそう。

(山内)…と思っちゃったんですよ。
俺も ちょっと思った。

勘ぐったわけね。

(華丸)出なかった?

何やねん それ。
(川島)バカじゃない?

何や こいつ マジで。
これ 何? これ。

ちょっとは出てると
思うんですけど。

俺も 山内くんとおんなじで…。

で 実際 来たから ほんと…

なるほど なるほど。

じゃ 俺 上位ですね。
(川島)山内2位ちゃう?

じゃ 1位かもね。

(濱家)山内
1位暫定のとこ座りますか。

(川島)いいんじゃない?
大吉先生 2位。

結構 出た。
じゃあ 大悟は最下位にしよう。

(川島)華丸さんは?
(華丸)結構 出た。

じゃあ 僕 ここぐらい。
えっ ノブが

そんな出てない?

えぐいから リアクションが。

クソとかションベンとか
まき散らして ゲボ吐いて

ぶわ~っていうから こいつ。

なあ。
(川島)江戸の笑い。

ワシ
多分 ここまでいったと思う。

なるほど じゃあ もう1番やわ。

(濱家)川島さんは
どうやったんですか?

僕は こういうの
やり慣れてないので

そんな「うわ~っ!」とかは
絶対言ってないはずなんですよ。

ノブが どんぐらい出てるかや。

結構 結構出たと思うよ。
(華丸)ああ 今思えば?

こういう事ですか?
(華丸)ああ そう?

じゃあ これで いいのかな?
(濱家)これで いきますか?

(華丸)思い切って いってみっか。
(山内)俺…

(川島)何やねん こいつ。
こいつ マジで。

(川島)みんなで
いこうって言うてんねん。

おい~ かき回し。

「かも」?
(川島)何なん? こいつ。

俺 相当 出てないよ 今回。
(山内)あっ じゃあ…。

自信ある。
(山内)ここ 逆ぐらいは

ありえるかもしれないです。
オッケー オッケー オッケー。

≪カランカラン カランカラン!
(川島)いい? これで。

あれ?

(川島)ふふふっ。
もう山内や。

1人だけ これぐらい出したよ
っていうのん

やっていい事にしましょか。
6人の中の誰か。

(山内)ええ~っ。
(濱家)それ どうですか?

こういうのって でも端がやっても
あんま意味ないもんな。

真ん中辺が やらないと。
(川島)華丸さんじゃない?

華丸さんっすね。

ああっ!

めっちゃデカイです。

俺 それよりは ちっちゃいです。
(山内)あっ そうなんすか!?

はい 全然ちっちゃいです。
(川島)あり!

いいと思う いいと思う。
きた きた きた!

きました きました。
(濱家)いきましょう!

それではVTRどうぞ!

××××!

<ビリビリイス絶叫我慢ランキングの
結果を発表。>

<次週は。>

恥ずかしいって。

言う事ないぐらい…。

<更に8月10日は

ヤンキーを笑わせろ!>

短ランに縫ってあった刺繍とは?

素直 謙虚 感謝。

無呂不死。

<最初の挑戦者は?>

(スタッフ)おはようございます。
(華丸)[あっ 俺だ]

[おっきい
って事か]

(川島)
[結構デカイ…。

いや いいとこです
いいとこです]

(スタッフ)そうです。

ええ~っ。

(川島)[出そう]

(山内)[出そうです]

(山内)[ロケの合間やから]

[確かにね]

(川島)[60デシベル
ありましたよ 今ので]

あいっ!

[デカイ]
(川島)[結構出ました]

あいっ!
(山内)[いってる 60 70]

あいっ!

(川島)[結構出てますか?]

<続いての挑戦者は?>

おはようございます。
おはようございます。

[大吉先生]
[はい 私]

[先生は
出てないんですよ]

[出るな 出るな]

[出るな。 先生]

(山内)[おっきいな]

[でも大丈夫と思う]

いきます!

うっ…。
[よし! よし!]

[めっちゃすごいっす]

[めっちゃいい]
(川島)[すごいです これは]

うっ…。
(川島)[はい!]

[よくぞ我慢された]
(川島)[これは1位]

うっ…。
(川島)[はい 1位 1位 1位]

(華丸)[こんなこらえれるんや]

(濱家)[伸びちゃったんすね]
[うん]

<続いての挑戦者は?>

はいはい。
おはようございます。

[ノブです。
はい オッケー]

(川島)[華丸さんより出たら
あかんねんな]

いぃ~っ!

(山内)[デカイ]

(山内)[ちょっと待って
結構デカイ]

いぃ~っ!

[いや でも これデカイなぁ]

いぃ~っ!

(川島)[三つまた 三つまたの]

<続いての挑戦者は?>

(スタッフ)おはようございます。

[はい 大悟ね。
デカイの こい!]

[ワシ デカかったはずよ]

(川島)[特大]

オッケー。

オッケー。

だぁっ!!
(川島)[よっしゃ!]

[これは出たやろ?]

(華丸)[これ いいよ]
[これはいいぞ]

だぁっ!!
(川島)[真っ赤や メーターが]

[これ もう ここ確定やろ]
[はい 確定]

[よっしゃ]

と思うなぁ。

(山内)[すごい出た]
<続いての挑戦者は?>

おはようございます。
おはようございます。

(山内)[俺です]
[出てるね 多少は]

[ふふっ
何 あの顔]

(山内)
[どんな… 全然覚えてない]

(スタッフ)はははっ。

(スタッフ)はい 押します。

んっ…。
[おお~ いいよ いいよ]

ブッ ブーッ!
(川島)[屁 出た]

[屁 出た!]

[屁が止まんない]

(山内)[屁が出た]
[屁が出たやん]

(川島)[3屁 3屁]

(華丸)[はははっ]
[屁が出た]

(川島)
[こいつや 糞尿まき散らかし]

[こいつや 糞尿まき散らし]

んっ…。

ブッ ブーッ!

(川島)[何忘れてんねん お前]

マジで さっき ロケで何か…。

[バーベキューロケね]

<最後の挑戦者は?>

(川島)お疲れさまで~す。
おはようございます。

[場所が違う。
なるほど]

<果たして100万円ゲットなるか?>

逆に。

ちょっと あの~。

知らんみたいに…

コンコン!

おはようございます。

痛い~!
[うわっ!]

(川島)[めっちゃ出てる]

おはようございます。

痛い~!
(山内)[めっちゃ出たんじゃない?]

[出たんちゃう? これ]
[待ってくださいよ 明さん]

痛い~!
(川島)[めっちゃ出てるやん。

こんな出してた? 俺]
[最高やん]

[いちばん
出てますやん]

< という事で
最終結果は。>

(川島)
やってもうてるか。

川島さんが。

オッケー。
山内。

(川島)うわ~。
川島! 川島! 川島さん!

ノブだ!

(華丸)うわぁ~。

(川島)ああ~!

< ご覧の順位になりました。>

俺だ~!

(濱家)的中ならず~!
(川島)ああ めっちゃ出てる。

(濱家)
川島さん めっちゃ出てました。

ねえ うれしそうでした。

当たらんなぁ~。
当たらん。

何か 山内もかき回しますし…。

次回 その…

かき回す かき回さない
とかじゃなくて…

おい そんなん言うな!

純粋に?
(川島)MCができない?

<次週は

<番組おなじみ
足つぼ祭り。>

あはははっ!

痛い!

(笑い)

ああ~っ! ああっ!

與那嶺!

痛いって!