あいつ今何してる? 中村雅俊・森泉・三代目JSB 今市隆二 爆笑&感動!2時間SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

あいつ今何してる? 中村雅俊・森泉・三代目JSB 今市隆二 爆笑&感動!2時間SP[字]

中村雅俊「俺たちの旅」時代の思い出の店▽森泉の親友同級生がまさかの場所に!?爆笑再会&森泉に恋してた男子▽三代目JSB今市 歌手デビューのきっかけ恩人&消えた同期歌手

◇番組内容
①歌手・俳優 中村雅俊(70)…70年代に主演を務めた大人気青春ドラマ「俺たちの旅」。その撮影をきっかけに、とてもお世話になった居酒屋…撮影の合間によく飲みに行き、いつも大歓迎で受け入れてくれたという。その後も、共演者や多くの芸能人を連れて通っていたが、いつしか行かなくなり20年以上…お世話になったお店は今?さらに、マスターの秘めた思いに感動…
◇番組内容2
②森泉(38)…慶應義塾中等部時代の親友同級生と再会!クラスや部活でもずっと一緒にいて、1週間程彼女の家に泊まりに行きスイス人のお母様に怒鳴られたり…思い出も多く、とにかく気が合う親友だったが、高校で離ればなれになり疎遠に…そんな彼女の現在を調べると、まさかの場所に!?親友が明かす爆笑エピソードが続々!さらに、アメリカの高校時代に「ユニークで人気者だった」という留学仲間も登場!まさかの恋心が明らかに!?
◇番組内容3
③三代目 J SOUL BROTHERS 今市隆二(34)…歌手活動の原点を支えた中学時代の先輩と再会!大人になってから偶然同じオーディションに参加したのをきっかけに、今市のためにボイストレーニングを探してくれたり、宣伝隊長のように応援してくれていたという恩人だが…デビュー後の忙しさから、次第に交流がなくなってしまったという。地元の先輩だからこそ知る、今市の(秘)話が続々!さらに、突然姿を消した同期の女性シンガーは今!?
◇出演者
【MC】ネプチューン
【進行】林美桜(テレビ朝日アナウンサー)
【ゲスト】今市隆二(三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、中村雅俊、森泉 ※五十音順
【パネラーゲスト】岡本夏美、髙橋ひかる ※五十音順
【ナレーター】小林星蘭
◇おしらせ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/aitsuima/

☆番組Twitter
 https://twitter.com/aitsuima

☆番組Instagram
 https://www.instagram.com/aitsuima/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. yu
  3. 久保田
  4. ホント
  5. 堀内
  6. 山口
  7. マサキ
  8. 原田
  9. 今市
  10. 古賀
  11. 中村
  12. お願い
  13. 一同
  14. 小島
  15. 岡本
  16. 自分
  17. 場所
  18. 名倉
  19. 小島先輩
  20. 多分

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



中村雅俊さんを始めとした
数々の

うわ~ すごい!
変わらず。

中村雅俊さんは

1974年
23歳の時に

ドラマ
『われら青春!』で

主演として
俳優デビューを飾り…。

♬~「なぐさめも 涙もいらないさ」

そのドラマの

ホントにバカだね! お前は。

青春ドラマの金字塔
との呼び声高い『俺たちの旅』で

主演を果たします。

そして 『俺たちの旅』の撮影を
きっかけに

とても お世話になった場所が…。

まあ ちょうど…。

って事で
それ ロケだったんですよ。

(スタッフ)なるほど。
方南町にあるアパートで

神田川沿いにあるとこで。
そこで…。

ちょっと 撮影が終わると
よく飲みに行ってた

スナックというか
居酒屋があったんですよ。

…っていうとこなんですよ。

そこは…。

(スタッフ)
それは もう ホントに…。

もう 全然…。

(一同 笑い)

やんちゃだ。

そうですね…。

俺だけじゃなくて…。

(スタッフ)へえ~。

(堀内)えーっ!?
えーっ すげえ!

同じ… 『俺たちの旅』と
同じ場所だったの。

アパート… 住んでるアパート。

もう 全然 全然
行きましたよね。

(原田)そうなんだ。

(堀内)えーっ!?

(スタッフ)まあ 場所っていうのも
あると思いますけど…。

場所もあるし やっぱり…。

(スタッフ)歌も そこで?
ええ そうですね。

勝手に 俺の

ええ そうなんですよ。

とにかく 俺らは…。

(スタッフ)へえ~。
あれで もう ホントに…。

えーっ 大変…。

もう 遅刻して
バーッと行っても…。

(岡本)ハハハ… 優しい。
(名倉)怒られないんですね。

ついね
甘えちゃってね…。

普通 メイクって 椅子に座って
メイクの人がやるじゃないですか。

俺は ここに寝るんですよ。
上 向いて こう…。

そうすると メイクの人が
上から こうやって…。

えーっ!? 何? それ!

これが またね ホントに…。

(スタッフ)ああ そうですか。

(スタッフ)
結構 行ってないですね。

(スタッフ)そうですよね。
ええ。

中村さんが

お店とマスターとママは
一体 今…?

マスターの山口さんと
待ち合わせたのは

当時 なんじゃもんじゃがあった
場所から

わずか200メートル。

神田川沿いにある
こちらの場所で待ち合わせ。

こちらは 『俺たちの旅』で

頻繁にロケ地として使っていた
アパート

たちばな荘が
あった場所。

現在は 残念ながら

ホントだ。

そんな 中村さん

こちらに近づいてくる
1人の男性が。

あれ 環七ですね。
(堀内)ああ あれ 環七か。

あっ こんにちは。

(スタッフ)あっ こんにちは。

どうも。

(スタッフ)もしかして

そうです。
(スタッフ)よろしくお願いします。

はい どうも。 こちらこそ。
(スタッフ)山口さん 一度

マスク外してもらっても
よろしいですか?

御年72歳となった

マスター 山口章さん。

笑顔は 当時と
お変わりありません。

(岡本)全然変わってない!
へえ~!

(スタッフ)こちら

ええ そうです そうです。

(スタッフ)どうですか?
街並みっていうのは…。

(山口さん)変わっちゃいましたね。

(スタッフ)変わっちゃいました?
(山口さん)はい。

(スタッフ)あっ はいはい。
(山口さん)今は もう…。

ホントだ。
(岡本)すっごいきれい…。

40年以上もの月日が経ち

街並みは
大きく変わってしまいましたが…。

果たして なんじゃもんじゃは
今 どうなっているのか?

歩く事 およそ5分。

あの…
ここが うちのお店なんです。

(スタッフ)お店。
(山口さん)はい。

同じ場所ですか?
ええ。

どうぞ どうぞ。

(堀内)やってるって事?
(原田)うわ~ すごっ!

(スタッフ)失礼します。

(原田)変わってない?
変わってない!

(岡本)えーっ すごい!

(堀内)すげえ! あっ…!
ああ~ はいはいはい。

(スタッフ)あらっ…。
マスター

あの…。 うちの…。

(スタッフ)あっ… 益實さん。
という事は 女将さん?

はい そうです。 ハハハ…。

こちらが
マスター 章さんの奥様で

なんじゃもんじゃのママ
益實さん。

いやいや いやいやいや…。

ずっとやられてるんだな。
すごーい!

(スタッフ)という事は

(岡本)うわ~ すごい!
(名倉)すごい!

もう…。

(スタッフ)47年!?
47年ですね。

(山口さん)開店した時から
お店の雰囲気としては

何かを
ちょっとだけ変えるぐらいで

あとは もう
47年間 どこも変わっていない。

店内の雰囲気も
働くマスターやママも

あの頃と ほとんど変わらず
営業を続ける なんじゃもんじゃ。

そもそも なんじゃもんじゃが
この地に

これはね あの…
たまたま 僕 その時

山口瞳さんの
『なんじゃもんじゃ』っていう

エッセーがあって…
本が。

それ読んでたんですよね。

なんじゃもんじゃっていう
立派な木があるんですよ。

それで 5月には
きれいに白い花が咲く。

(スタッフ)なんじゃもんじゃって
木なんですね。

なんて思って。

それで 「なんじゃもんじゃ」に
したんです。

そして オープンした翌年に

店がある 方南町などを舞台にした
『俺たちの旅』が放送開始。

実はマスター
中村さんと知り合う前から

出演する ほとんどの作品を
見るほどの

大ファンだったそうで…。

『俺たちの旅』から…。

僕らは。

「見るんだ」っつって

若者なんかは そうやって
家帰って 見て…。

そして マスターは いつも

毎回 ドラマの

(山口さん)字が こう
出てきた時なんかは

ホントに 一緒に
「そうなんだよね!」なんて

言っちゃいます。

それぐらい
すごい番組でしたね。

そんな憧れのスターが

ある日突然
自身のお店に訪れる事に!

その時の事を

一番最初 見えたのが。

それで あの髪形で 夏だから
Tシャツで ジーパンはいて

「こんばんは!」なんて
入ってくるから…。

と思いましたよ。

「カースケだ!」。

それで その
野中ちゃんというのは

僕の…。

(山口さん)その話
全く聞いてなくて…。

それで 先に 雅俊さんが
入ってきちゃったもんだから

ビックリしちゃって…。

そしたら 野中が
すぐ入ってきて…。

「ああ ごめん ごめん」なんて
入ってきて…。

で 紹介してもらって…。
それで それからなんですよね。

その日を境に

中村さんが お店へ
頻繁に訪れるようになり…。

そこで

ちょっと飲みながら。
ハハハ…。

そしたら…。

(山口さん)
「それじゃあ 明日 7時半

新宿のあそこ 集合ね」
なんつって

それで みんな
分かれていくんですよ。

だから
この人たち いつ…

いつ寝るんだ?
どこに帰るんだ? って…。

そんな中村さんが

お店で
よく食べていたのが…。

(山口さん)焼きそばを こう
大盛りにして バーンと出して

みんな あっという間に
食べますからね 若いから。

それでも
飲みながら食べて…。

唐揚げ ポテトフライとかも
そういうものも出して…。

あっちゅう間になくなりますよ。

あの人は
にら玉が好きでしたね。

うちは 昔から あの…

にら玉には
ラー油は付けてたんですね。

(スタッフ)ラー油? 中村さんも
ラー油かけて食べてた?

(山口さん)ええ ええ…。
(スタッフ)あっ そうなんですね。

みんなで よく
ギター弾いて歌ったり…。

(スタッフ)歌も そこで?
ええ そうですね。

(山口さん)あと 自分が…。

ギターが似合う店だもんね。

(スタッフ)学生時代の曲?

(山口さん)
してないと思いますよ。

(山口さん)だって
雅俊さんが あそこで

みんな 酒飲みながら

ミニライブやってくれてるような
ものでしょ。

(スタッフ)歌ってくれたので なんか
印象的な歌とかありますか?

『心の色』っていうね
あの… 新しい曲。

前 前。

(山口さん)それを聴いて。

(山口さん)「これは すごい
いい曲だよ」っつって。

(山口さん)
そういう思い出あるね。

♬~「わらいあえる」

さらに

(スタッフ)ええっ!?
(山口さん)すいません!

あの人の存在って…。

(山口さん)それで 向こうからも
話してくれたりとか。

こっちが話しても
すごくよく応えてくれて。

そんな 人情味あふれる中村さんに
連れられて

数多くの芸能人が
この店を訪れ…。

壁を埋め尽くすほどの
たくさんのサインが!

(原田)『熱中時代』!?
いっぱい来てるんだな。

中村さんのサインはもちろんの事

中村さんが連れてきてくれた

渡辺徹さんや時任三郎さんの
サインも!

さらに 中村さんは
『文藝春秋』の

店内で
ママとツーショットで撮影。

お店の宣伝にも
貢献してくれたんだそう。

中村さんの なんじゃもんじゃ愛が
詰まったVTRを

お二人に見て頂くと…。

そんな2人に 中村さんの

なんじゃもんじゃ愛が詰まった
VTRを見て頂く事に。

「撮影が終わると
よく飲みに行ってた

スナックというか
居酒屋があったんですよ」

(スタッフ)「なんていう
お店なんですか?」

「そこは ホントに
よく行きましたね」

(スタッフ)「それは もう
ホントに…」

「もう 全然…」

(スタッフ)「あっ なるほど」
「ええ」

(スタッフ)「まあ 場所っていうのも
あると思いますけど…」

「場所もあるし やっぱり…」

「これが またね ホントに…」

(スタッフ)「ああ そうですか」

「ホントに その…」

かあ…!

フフッ…。

うちの店も幸せです。

嬉しいです。

(スタッフ)奥様は
いかがでしたか? 率直に。

いつもね 会いたい

(一同 笑い)

中村雅俊…。

ねえ?

中村さんの言葉に感極まる2人。

そして お二人ともに

中村さんに感謝をしている
ある出来事があるそうで…。

ちょっと あの…

16歳の時か?
うん…。

(山口さん)
話ししてくれたりなんかして。

自然に出てくるんです
あの人は。

っていうのは

あの人の持ってる
ものすごさだと思いますね。

自然に出てくるから。

(スタッフ)今回 なんじゃもんじゃの
まあ お二人

名前が挙がりましたけど
マスター いかがですか?

名前 挙げて頂いて。

いやあ 数ある店
数ある 俊ちゃんの…。

♬~「夢の夕陽は
コバルト色の空と海」

そして 最後に

夫婦で…。

(山口さん)
あの 懐かしかった…。

(拍手)
(岡本)ああ 素敵!

(名倉)まだやってましたね。
ホントですね。

でも 2人とも元気で

相変わらず
変わらず よかった。

お店もね なんか…。

もう ホントに…。

(堀内)そうですよ。
(名倉)そうですね。

続いては 東京都出身

モデル・タレントとして活躍する
森泉さん。

おばあ様は
世界的ファッションデザイナーの森英恵さん。

日本人のお父様と

アメリカ人のお母様のもと

5人兄弟の長女として誕生し…。

妹の星さんは

モデル・タレントとして活躍中。

華麗すぎる
森ファミリーで育った泉さんは

私立の名門 慶應義塾幼稚舎
慶應義塾中等部出身。

画家の岡本太郎さんや

石原良純さん 松岡修造さんなど

各界を代表する
多くの著名人を輩出。

ちなみに 森さんの同級生には

1849年創業の老舗
山本海苔店のご子息で

現在 社長として日本橋で働く
山本貴大さんや…。

1学年先輩には櫻井翔さんなど
そうそうたる顔ぶれが。

えっ!?

(堀内)家が近かったんだ。

まずは そんな慶應義塾で

共に青春時代を過ごした
親友同級生と再会。

(スタッフ)教えてください。

(スタッフ)久保田由佳ちゃん。
久保田由佳。

あ~!

由佳とは もうホントに…。

こんな気が合う子に
こんな時に会えるんだ

みたいな感じぐらい…。

鎌倉に
もうずっと 何週間も…。

(堀内)えーっ!?
すげえ泊まるじゃん。

すごい長い。
実家にね。

そして 実は当時

久保田さんのお父様は

日本を代表する

有名お菓子会社に勤めており…。

だから すごい
なんか温かい家庭で。

家にいる気分に
なっちゃって。

そう。

(スタッフ)怖いんですか?

怒るの。

ぐらいの勢いで。

ただ そう。

最初はさ 私もさ

向こうは向こうでさ…。

そうすると
なんか ちょっと…。

そう。 だから ちょっと…
わかんない なんか…。

(スタッフ)そうなんですか。
はい。

海外に行ったっていう噂も
あったの。

すごい
スイスが好きだったから

多分 スイスに帰っちゃったのかな
行っちゃったのかなとかって

思ってたんだけど…。

久保田さんと
連絡をとる事ができたスタッフは

このご時世という事もあり…。

あっ!
どこだ!?

えーっ!
日本じゃないぞ!?

慶應義塾で青春を共にし

中学時代 いつも 一緒にいた

森泉さんの親友 久保田さん。

今 何してる?

久保田さんと
連絡をとる事ができたスタッフは

このご時世という事もあり…。

あっ!
あっ!

何やら
日本ではなさそうな街並みが…。

(堀内)違うね。
(名倉)日本じゃないね。

そうなの?

ええ~!
でも こういう感じ…。

すげえ近づいてる!

(スタッフ)こんにちは。

はい そうです。

(スタッフ)よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

中学時代の雰囲気そのまま。

笑顔が素敵な大人の女性となった
久保田さん。

しかし 気になるのは
現在 久保田さんがいる場所。

突然ですが

(原田)頑張って。
なんだろう?

まず1つ目は…。

ええ~ かわいい。

ラクレットチーズ
発祥の地となっています。

IOC本部のある国です。

この国は 世界的に有名な
時計ブランドが

いくつもあります。

森さん わかりましたか?

10秒以内にお答えください。

やっぱり
行ってるんじゃないかな? ねえ。

(正解のチャイム)
かわいい。

中央ヨーロッパに位置する
スイス連邦は

日本の九州と ほぼ同じ大きさ。

雄大な山々に囲まれた
美しい自然は

『アルプスの少女ハイジ』の
舞台といわれ…。

さらに 永世中立国として
政治的独立性が高い事から

WHOやIOC FIFAなどの
多くの国際機関が

本部をスイスに構えています。

ちなみに

とても…。

そんな親友 久保田さんは
一体 なぜ スイスに渡り

今 何をしているのか?

日本を代表する

有名お菓子会社に
勤めていたお父様と

スイス人の
お母様のもと

神奈川県鎌倉市で
生まれ育った久保田さん。

その後 慶應義塾幼稚舎に進学し

中等部で 森さんと
同じクラスとなり 意気投合。

(久保田さん)多分…。

(久保田さん)クラスは
違ったんですけど

多分…。

実際…。

なんていうか 一緒にいると
ホントに楽しくて。

学校自体 なんていうか
特殊というか

お金持ちとか なんか
特別な人が多い学校だったので

それで
とやかくっていう事は

あんまり
なかったような気がします。

そして 中等部を卒業後

森さんが
アメリカの高校に留学し

離ればなれとなった2人。

森さんは アメリカの高校を卒業後
日本に帰国し

服飾系の専門学校に
通っていましたが…。

ある日 調布行きのバスの中で
スカウトされたのをきっかけに…。

すると

もう 反対。 うちの…。

それで 絶対内緒で 言わなくて。

うちのお母さんは なんでもいい。

「好きな事やりな」みたいな…。

お父さんが帰ってきて…
うちのお父さん 怖いの。

自分の事
サムライだと思ってるから。

(一同 笑い)

「おい 泉!」

「なんとか なんとか キャンキャン」
って聞こえたから

やばい バレた 殺される
と思ってたら なんか…。

(一同 笑い)

瞬く間に
日本を代表する一流モデルへと

駆け上がります。

一方 久保田さんは

中等部を卒業後
慶應義塾女子高等学校に進学し…。

子どもの頃からの夢だった

看護師になるため

慶應義塾大学看護医療学部へ。

その後
国立成育医療研究センターで

思春期診療の看護師として
働き出した久保田さん。

27歳の時には 看護師を辞め

当時
パートナーだった男性と共に

鎌倉で
イタリアンレストランを開業。

しかし 30歳の時

男性との別れを迎えたのと同時に

レストランも辞める事となり…。

…と思って
1カ月ぐらいの予定で

スイスのおじいちゃんと
おばあちゃんちに

泊めてもらったんですね。
なんか 私…。

なので おじいちゃんと
おばあちゃんちに泊まっても

片言でしか
話せないような状況で。

もっと話してみたいな
って思って

それで もう少し
言葉を勉強しよう

もうちょっと いよう
って思ってたのが…。

その後

スイスでも 看護師を
続けたいと思った久保田さんは…。

32歳の時には
チューリッヒの病院で

小児科の看護師として
働き始めます。

(名倉)すごい!

そして

(原田)なんだ…?

一体 今 何をしているのか?

さらに

ああーっ!

久保田さんは
今 何をしているのか?

ご自宅へ案内して頂きました。

(スタッフ)こちらがご自宅ですか?
(久保田さん)そうですね

こちらが自宅になります。
どうぞ。

えっ?

うわっ!
真っ青 かわいい…。

きれい。
何から何までオシャレだね。

(スタッフ)うわあ すごいきれい。

(スタッフ)ああ そうなんですか。
(久保田さん)はい。

どうぞ 入ってください。

(岡本)かわいい。 あっ…!
ああ…!

今 お兄ちゃん いないんですけど。

かわいいね。

これが 一番下の…。 名前は?

エレナです。

エレナちゃん!
(岡本)かわいい…!

こっちがお姉ちゃんの…。

名前は?
ユリカ。

日本語しゃべれるじゃん。

久保田さんは
32歳の時に

仕事先で出会った

IT関係の会社に勤める旦那様と
結婚。

今回の取材も

旦那様が
撮影を買って出てくれたんだそう。

そして 現在は

そんな

みたいな感じぐらい…。

森さんの

恥ずかしいな…。

「(スタッフ)久保田由佳ちゃん」
「久保田由佳」

みたいな感じぐらい…」

ぐらいの勢いで…」

「(スタッフ)豪快な人なんですね?」
「豪快な人」

ねえ ホント。

そうですね
ホントにそんな感じです。

どこかでね もっと。

に 思わず笑みがこぼれる
久保田さん。

(久保田さん)圧をかけて…。

(久保田さん)それを覚えてます。

って聞いていますが…。

そうですね。

(スタッフ)なんか…
なんかあったんでしょうね。

なんかあったんですね
覚えてないんですけど

そうですね 多分。 でも…。

原宿… 当時ですよね
原宿 竹下通り行って

なんか 小さな…。

(久保田さん)そういう事を
よくやってましたね。

カラオケとかも 多分
行ってたと思いますね。

さらに 当時
森家に泊まりに行った際

とても驚いた事があったそうで…。

(久保田さん)
よくしゃべってました。

なんか 朝ごはんに

ドーナツが出てきた事を
よく覚えてます。

(久保田さん)「わあ すごい!
ドーナツが朝からある!」って

思ったのを覚えてます。

(久保田さん)子ども心ながらに
多分 この人の前で

悪ふざけしちゃ
いけないんだろうなって

思った覚えがあります。
はい。

その後 疎遠になってしまった
親友 森さんが

モデルとしてデビューし
芸能界で活躍。

その姿を 久保田さんは

あ~ ズミが出てる!
と思って。

(久保田さん)なんていうか
美人さんに…。

まあ 大人になってますよね。

でも なんか
雰囲気としては

ちゃんと
当時と同じような感じで…。

何やってるんだろうな?
っていうのと あと…。

へえ~ 嬉しい!
(堀内)嬉しい。

日本から遠く離れたスイスでも

親友 森さんの活躍を
応援し続けていたという

久保田さん。

そして 最後に

久保田さんから 伝えたい事がある
という事なので…。

おっ! 何?
(原田)何?

(名倉)さあ 今回 番組初の
サプライズがあるみたいです。

何?
(林)実は…。

(堀内)ええっ!?
ちょっと待って。 スイス?

(岡本)今って事ですか?
(林)今です。 久保田さん!

ああーっ! ハハハ…!

(岡本)ホントに
初めて見る こんなの。

(原田)ええ~!?
見えてる? わあ~!

すごい。
なんか…。

元気!
変わってないね。

そう そうかも。
ホント ホント。

(名倉)久保田さん じゃあ…。

えー… ズミ!
ちょっと…。

私も 私も。 ねっ。

スイス来る? 来て 来て。
スイス行く!

(堀内)家 広そうだったからね。
ねっ。 家…。

うん ある ある。
ママいないから 大丈夫だよ。

(一同 笑い)

(原田)ありがとうございました。

(名倉)さあ 今日は どうも
ありがとうございました。

ズミ バイバイ!

続いては 留学先で出会った

個性派の日本人留学生と

奇跡の再会!

人気者だった
留学仲間が

(岡本)え~!?
(原田)おい!

61万坪 東京ドームおよそ43個分の
広大な牧場の中にあり…。

その

ホントに…。

(スタッフ)なるほど。
そう。

パットニースクールでは

ワークプログラムと呼ばれる
実地研修が設けられ

学期ごとに学校の整備や酪農作業
食事の準備など

様々な仕事を担当。

(名倉)すごいね!

さらに
アート系の授業も充実しており

卒業後は…。

そんな多彩な学生が集う
パットニースクールで出会った

日本人留学生と21年ぶりの再会。

(スタッフ)なるほど。

(スタッフ)マサキ?

こちらが 森さんが気になる

ちなみに 学年は
森さんよりも1年先輩。

でも なんか
ホントに 多分…。

(スタッフ)すごいですね。
すごい。 すごいよね。

(スタッフ)留学って事ですか?
留学 留学。 3年間。

でも なんか
すごい人気者だったよ。

(スタッフ)学校で?
そう。

…って すごい
みんなから言われてた。

なんだけど
なんか ちゃんと…。

(スタッフ)ああ
ノリがいいんですね。

ちょっとクレイジー。
(スタッフ)へえ~!

でも いいクレイジーだよ。
(スタッフ)面白いって事…?

だから 私は
なんか もっと…。

みんな なんか
なんだかんだいってアートとか

あと俳優とか そういう演技とか
…になりたい子とか。

(スタッフ)絵 うまいんですか?

(スタッフ)マサキさんは わからない?
わかんない。

すっごいね…。

そう。 ホームシックの時とかも
すごい色々サポートしてくれて。

(原田)頼りがいもあった?
あった あった。

いつも走ってたの 校内を。

母校 パットニースクールから
およそ1万キロ。

ブルーのジャンパーを着て
待っているとの事なので…。

(原田)ジャージ系だね。

こんな感じ パットニーも…。

(スタッフ)こんにちは。
こんにちは。

(スタッフ)すいません あの…。

はい そうです。
(スタッフ)よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

(スタッフ)ちょっと…。

はい。

短髪スタイルは健在。

39歳となったマサキくん。

では 高校卒業から21年

マサキくんは
今 何をしているのか?

職場まで案内して頂く事に。

では 高校卒業から21年

マサキくんは
今 何をしているのか?

いや…。

(スタッフ)最寄りが軽井沢
っていう事…?

そうですね。

マサキくんが暮らし
仕事場もある その場所は

軽井沢駅から車で1時間。

山道を進み

車は 群馬県へ。

(堀内)畑だ。

ここは…。

(スタッフ)嬬恋村。
はい。

(スタッフ)もしかして
これは…。

(スタッフ)一面に見えるのは
もう 全部キャベツなんですか?

(古賀さん)そうですね。
(スタッフ)すごいですね やっぱり。

群馬県北西部に位置し

人口およそ9500人の嬬恋村は

雄大な山々に囲まれた
自然豊かな町。

スキー場や温泉
キャンプ場など

レジャースポットも多く…。

名産は 涼しい気候を生かして
栽培された 高原キャベツで

嬬恋村を中心とした 群馬県の
夏秋キャベツの出荷量は

51年連続1位を獲得。

では 一体 なぜ
アメリカにいたマサキくんは

嬬恋村へとたどり着き

そして 今 何をしているのか?

大手AV機器メーカーに勤める

お父様と

ツアーコンダクターをしていた
お母様のもと

東京都の国分寺市で育った
マサキくん。

(古賀さん)で 母親が 「じゃあ

留学したら?」って言ってくれて。

(堀内)はあ~
行動派だな。

こうして 中学を卒業後…。

ちなみに 受験の際は

TOEFLの成績

英文で書いたエッセーなどの
課題によって

合否が決まるんだそう。

(原田)楽しかったんだ。

(古賀さん)雪が降ったり。

学生が200人ぐらいいて
全校で。

(原田)そんな多いの?

(古賀さん)めっちゃいるんですよ。

(古賀さん)
物作るの好きだったんで…。

そして 1年後輩として
森さんが入学し

2人は出会います。

で あとで聞いたら なんか

こういう人も
この学校に来るんだって思って。

その後 1年先輩のマサキくんが

パットニースクールを卒業し

離れ離れとなった2人ですが…。

(スタッフ)こちらですか?
(古賀さん)そうです。

(スタッフ)ちょっと改めて
お伺いしますが

おーっ!
(堀内)えーっ!

森泉さんのアメリカ留学時代の先輩
マサキくんは

なんと

庭先には
野生のキツネやタヌキなどが

遊びに来る事も。

客室数は9部屋のみで

他のお客さんを気にせず
ゆったりくつろげるとあって

リピーターの方も多いんだとか。

そして この宿の魅力の一つが

地元の食材をふんだんに使用した
絶品料理。

ちなみに
こちらの和モダンスイートで

大人1名 1泊2食付きで
1万5500円から。

そんな嬬恋の宿 あいさいで

現在 マネージャーとして

宿全体の管理を任されている
という マサキくんですが…。

今回 森さんのためにと

あるものを特別に
用意したそうで…。

(スタッフ)これ もしかして…
「IZUMI」と書いてありますね。

すごーい。

大丈夫?

来てくれるお客さんに
少しでも楽しんでもらおうと

パットニースクールで学んだ
ものづくりや絵などを生かし

作品を作っているという
マサキくん。

しかし

レストランなど
いくつか 職を転々としたのち

25歳の時
英語のスキルを生かせると思い

都内のホテルに就職。

まず…。

やっぱ なんの仕事を
するにしろ

やっぱ
現実に戻った感が…。

ここでも…。

…って思ってたら なんか
今の奥さんと知り合って。

へえ~ 結婚したんだ。

30歳の時

それを機に…。

(スタッフ)自然が。

(古賀さん)そうそうそう。
そうそう。

なんか 若干
やっぱ みんな…

地域性があって みんなで
なんか仲良くやってるんで…。

っていう気持ちにも
なるし。

もう 多分

そんな

って すごい
みんなから言われてた。

こちらのVTRを
見てもらうと

意外な事実?
何? 何?

「マサキ!! って すごい
みんなから言われてた」

「マサキ!! って」

あれ なんか

あれ…。

何人かいる中で マサキの名前が
挙がったのかなと思ったら。

(スタッフ)森さんが
おっしゃってましたけど。

はい…。

なんか 普通に
ダンスするイベントもあれば

タレントショー
みたいなのもあれば…。

なんか…。

(一同 笑い)
(林)青いジャージ…。

誰も知らない
アメリカの地でも

積極的なパフォーマンスで

学校の人気者に
なっていったそうなんですが…。

実は 目立とうとしていた
理由には もう一つ

森さんは知らない
まさかの ある思いが…。

(一同)えーっ!?
(原田)おい!

実は 目立とうとしていた
理由には もう一つ

森さんは知らない
まさかの ある思いが…。

やっぱ…
自分は やっぱ…。

(一同)えーっ!?
(原田)おい!

(スタッフ)そうなんですか?
(古賀さん)はい。

だから まあ なんか…。

(スタッフ)
そういうのもあるんですか?

…だったと思います。

わかりやすいのは…。

で なんか
普段… しないのに

その日 なんか…

サッカー
見に来た事があって 泉が。

(古賀さん)それで 僕…。

(古賀さん)2点 取るなんて事は
1年に1回の試合…。

例えば… これ。

(古賀さん)そういう
アクティビティーがあって

僕は なんか…。

(スタッフ)ハハハハハ…。

(古賀さん)これ 多分 僕の中で
一番かわいく写ってる…。

そういうのを…。

(古賀さん)
なんか 悪意が全然ない感じ…。

(堀内)そりゃ好きになっちゃうな。

そんな 森さんへのひそかな恋心を
抱いていたマサキくんは

思いを伝えるため
ある行動に…。

異性の人と行かなきゃいけない
パーティーで…。

(原田)断ってんじゃん!

代わりに なんか
えーっと 誰かな…。

(スタッフ)あっ 森さんは?
(古賀さん)はい。

まあ でも 僕は
そういう事をしてるから…。

(堀内)全然知らなかった…。
(名倉)知らんかったな。

当時 恋のライバルに

敗れてしまった
マサキくんでしたが…。

実は 今でも 大切に
保管しているという

森さんとの思い出の品が。

(原田)全然覚えてないじゃん。
(堀内)それは覚えててよ。

(林)まだ きれいにとってある。
(原田)大事にとってあるんだね。

これ もう 何枚か…。

こちらが およそ20年前に

森さんがマサキくんに宛てた手紙。

えっ すごーい。

(岡本)うわあ いい思い出。

(スタッフ)改めて あの…。

(スタッフ)いかがですか?

当時。 ちょっと…。

それでは 最後に マサキくんから
森さんへメッセージ。

泉!

うん 行きたい!

うわあ 嬉しい。

「マサキ!!」じゃないのよ。

全然気づかなかった。

「IZUMI」って書いて
ハートマークしてたじゃん。

(堀内)なんかおかしいなと
思ったんだけどね。

続いては 大人気歌手が

三代目 J SOUL BROTHERSの
ボーカル 今市さんの才能に

誰よりも早く気づいた
中学時代の先輩。

人生の大恩人と感動の再会!

のはずが…。

でも…。

(一同 笑い)

♬~「風になって遊ぶ…」

2010年 LDH主催の

VOCAL BATTLE AUDITIONで

およそ3万人の中から
登坂広臣さんと共に合格。

そんな今市さんが
まず

いや…。

(スタッフ)へえ~ はいはいはい。
1個上の先輩で…。

すごい…。

その後

で そしたら その…。

2006年に開催された

この時 19歳だった
今市さんだけではなく

隣の中学だった小島先輩も
参加していた事が判明。

ちょっと
お酒とかも飲んで…。

「こういうふうになれたらいいね
将来」みたいな感じで…。

「こいつ 歌うめえんだよ。
やべえから」みたいな感じで

毎回 どこ行っても こう…
立ててくれてたっていうか…。

ちょっとした…。

それが
いやらしい意味じゃなくて…。

(スタッフ)へえ~ すごいですね。
…みたいなのがあって。

宣伝隊長!
宣伝隊長!?

(スタッフ)一緒に行こうぜ みたいな?
そうです そうです。

みたいな事を
言ってくれてて。

(スタッフ)へえ~ 熱い人ですね。
熱い人でしたね。

でも ホントに

すごい大きかったですね。
要因としては。

しかし デビュー後は多忙を極め

徐々に 交流が
減ってきてしまったという2人。

普通だったら こう
自分が落ちたりしたら

あんまり応援できなくなったり
するじゃないですか。

だけど もう そんな事なく
ホントに…。

めちゃくちゃいい人でした。
(名倉)そりゃ感謝するよね。

小島先輩と連絡をとり
スタッフが向かった先は…。

2人の地元
神奈川県川崎市にある…。

♬~

(スタッフ)あっ こんにちは。
突然 すいません。

テレビ朝日なんですけども。
ちょっと確認で…。

三代目 J SOUL BROTHERSの…。

はい そうです。
(スタッフ)よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
(スタッフ)小島さん あの…

初対面で恐縮なんですが
マスクを一瞬 取って…。

(スタッフ)よろしくお願いします。
(小島さん)お願いします。

こんがり日焼けし

ワイルドな風貌になった小島先輩。

なんか…
やから感 増してますね。

では

目の前にあるという

(スタッフ)失礼します。

小島さん。

(スタッフ)改めて
聞くんですけど…。

今は…。

小島先輩は

住宅の基礎や駐車場などに使う
生コンクリートの

製造・販売する会社を経営。

およそ20名の社員を抱えながら

自らもトラックを運転し
現場でバリバリ働く小島先輩。

そして
この会社の役員に

(スタッフ)ホントの直の先輩?

(小島さん)もう います
あっちに…。

(スタッフ)お名前 いいですか?

柳澤です。
(スタッフ)柳澤さん。

今市さんと
同じ中学で

1つ上の先輩だったという
柳澤さん。

(堀内)すげえな!

当時は
よく3人でつるんでいたそうで

早速 タレコミが…。

(スタッフ)あっ そうなんですか。

そうしたら
眞鍋かをりさんで。

「あれ? 眞鍋かをりじゃね?」
みたいになってね。

(スタッフ)それ 今市さんも
いるんですよね? もちろん。

(スタッフ)声かけなかったんですか?

では そんな川崎の青年が

一体 どうやって

『紅白』出場歌手にまで
上り詰めたのか?

オーディション番組
『ASAYAN』に出演していた

ボーカリスト ATSUSHIさんの
歌声に魅了され

EXILEの大ファンに。

そうです。 ホント まさに…。

線が入ってる。
そうですね。

そして 19歳の時

憧れだった
ATSUSHIさんの背中を追い

LDH主催のボーカルバトルオーディションに参加。

この時 偶然にも

小島先輩も
参加していたのですが…。

ただ それだけ…。

(スタッフ)確かに オーディションに
いるかもしれないですもんね。

いたんですよ。

当然 小島先輩は1次審査で落選。

今市さんは 2次審査で
落選してしまいますが…。

聴いて…。

(スタッフ)言ったんですか?
その時は言わなかったんです。

…っていう 単純に それで。

…っていう話を。
(スタッフ)なるほど。

「何をしていいかわからない」
っていうふうに… 僕に。

(スタッフ)なるために。
なるために

どうしていいかわからない
っていうので…。

(スタッフ)先輩が?
そうです。 俺が。

(スタッフ)レッスン
探してあげたんですか?

すげえ探しましたよ。
2人で回ったし。

1人じゃ嫌だっていうんで。
俺は そんな気ないんだけど…。

(スタッフ)それは思いますよね。
でも…。

ええ…!
(堀内)すごい。

絶対 売れると思いました。

(一同 笑い)

小島先輩の期待に応えるべく

ついに…。

よろしくお願いします!
(拍手)

(堀内)いやあ これは泣くな…。

(小島さん)これで終わり。

こうして
三代目 J SOUL BROTHERSとして

念願のデビューを果たした
今市さん。

一方 小島先輩は…。

(スタッフ)こんにちは。

(小島さん)妻の樹里です。

(スタッフ)奥様 樹里さん?
はい。

(小島さん)長男の俊貴。
(スタッフ)俊貴くんは何歳ですか?

11です。

(小島さん)で 次男の圭悟です。
(スタッフ)圭悟くん。

9歳です。
(スタッフ)9歳。

(小島さん)で 末っ子の里穂です。
(スタッフ)里穂さん。

(小島さん)何歳?
7歳。

(小島さん)そうです。
これは もう 多分…。

(一同 笑い)

小島先輩は

はい 知ってます。
(スタッフ)どうですか? 好きですか?

(一同 笑い)

そんな仲良し

「自分の
1個上の先輩なんですけど

小島っていいます。
小島康弘っていいます」

(堀内)怖えな。

「その先輩が…」

「…みたいな事を
言ってくれてて」

「要因としては」

(スタッフ)パッと見て。

自分 いいふうに なんか

レッスンを色々調べてくれたとか
言ってましたけど

調べとけ!
みたいな感じでしたからね。

(スタッフ)ずっと見てたんですか?

(スタッフ)
今市さんと一緒にやってたのは。

(スタッフ)言ってくるの? パパが。

と 今市さんのVTRを見て
嬉しかったのか

テンションが上がってきた
小島先輩が…。

ここから

あいつ あんだけ美貌を持って

性格すごい いいんですよ あいつ
人懐っこくて。

で スタイルいいじゃないですか。

神様が色んなのやったけど…。

マジで。
(スタッフ)味覚 死んでるんですか?

味覚 死んでる。
(スタッフ)知らないですよ。

(小島さん)その時点で
バカだなと思った。

(一同)えーっ!?
大丈夫ですね。

そして

って俺
言うんですよ。

そしたら 隆二
自分で嗅いで…。

(スタッフ)ハハハハッ!

まさに 苦楽を共にしていた
2人ですが…。

♬~「パッと咲いて
シュンと散って」

♬~「夜に打ち上げられた」

先輩の予見どおり

あるじゃないですか。

でも…。

そんな

最後に今市さんへメッセージ。

(拍手)

康くんが 自分の歌を
すごく好いていてくれてて

自分が歌に自信を持てて
進めたと思ってたんですけど

まさか
結構 プロデューサーぐらい…

色々 考えてくれてるんだなって

ホントに この映像を見て
初めて知りましたね。

続いては

っていうのがあって。

それの なんか
ワールドオーディションみたいな

20周年を記念したみたいな…。

(スタッフ)えっ そうなんですか?
はい。

yu-yuっていう
アーティストで。

(スタッフ)ソロで?
ソロで。

今から13年前
およそ2万人の応募者の中から

今市さんが
準グランプリを獲得した

avex主催のオーディション。

そこで審査員特別賞を受賞し

2年ほどのレッスン期間を経て

2010年 『Always』で

デビューを勝ち取ったのが…。

♬~「ずっと愛しき日々よ」

伸びやかで
美しい歌声を持つ

そして 当時
オーディションを勝ち抜き

くしくも 同じ2010年に

三代目 J SOUL BROTHERSとして
デビューを勝ち取った 今市さん。

この子も そうなんですけど
他にも…。

みんなで ホント
10人とか20人ぐらいで

グループレッスン
やったりとかしてたので。

なんか ホントに…
妹じゃないですけど

ちょっと
気にかけてたところもあって…。

その後 yu-yuさんは

『名探偵コナン』のドラマ版

『名探偵コナン
工藤新一への挑戦状』の主題歌

『君とずっと…』を
リリースするなど

順調に
歌手生活を続けていましたが…。

(スタッフ)あっ 早いですね。
早いんですよね。

(スタッフ)なんか じゃあ
彼女の中で

こう… 壁というか
あったんですかね?

なのか…。

そういうとこもあって…。

自分たち…。

(スタッフ)へえ~。 じゃあ
同じ舞台というか 会場には?

会場には… はい。

(スタッフ)なるほど。

だけど あっちが決めた意思を
尊重しよう

というとこに
落ち着いたんですけど…。

夢をつかんで1~2年で

歌の世界から 突然
姿を消したというyu-yuさん。

それ以来
音信不通となってしまった彼女は

一体 今
どこで 何をしているのか?

スタッフが調査したところ

yu-yuさんは 現在 東京には
お住まいではないという事で…。

現在の状況を踏まえて
リモートで調査する事に。

早速

(堀内)あら?

ここで

「中村雅俊 Symphonic Live 2021
~Before DAWN~」という事で

夜明け前という事で

全編 フルオーケストラと共演する
コンサートを

開催する事になりまして。

ぜひぜひ
来て頂きたいと思っております。

よろしくお願いします!

今 何してる?

早速

(スタッフ)あっ すみません!
(yu-yuさん)はーい。

(堀内)あっ! yu-yuちゃんだ。

(スタッフ)こんにちは。
(yu-yuさん)こんにちは。

(堀内)あらららら…。
あらら なんか…。

(スタッフ)こんにちは。
(yu-yuさん)こんにちは。

(林)声がきれい。
(堀内)ねえ。

(yu-yuさん)どうも こんにちは。
(スタッフ)突然すみません。

テレビ朝日の者
なんですけれども…。

で お間違いないでしょうか?

(yu-yuさん)あっ そうです。
(スタッフ)よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

黒髪ボブになり 柔らかい表情で

美しさは健在のyu-yuさん。

(スタッフ)あっ 早いですね。
早いんですよね。

(スタッフ)yu-yuさん…。

ここね…。

京都育ちのyu-yuさんは…。

そして

この時 ファイナリストとして
顔を合わせたのが

今市さんでした。

ギャル男…。

(スタッフ)あっ ギャル男でした?

みたいな感じ…。

めちゃめちゃ 歌に対して
本気で取り組んでる姿とかは

見てると

っていうのは
その時も こっそり…。

そして そのオーディションで
今市さんは準グランプリ

yu-yuさんは
審査員特別賞を受賞。

avexの研修生になった
yu-yuさんは

週4回 大阪で
ボイスレッスンを受けながら

デビューの日を待ち続け…。

ついに…。

順調な滑り出しにも
思えましたが…。

なんか…。

プロ歌手としての 自分の気持ちの
甘さに気がつきながらも

活動を続けていたという
yu-yuさん。

一方 同じ2010年に
デビューを果たした今市さんは

2011年 『FIGHTERS』で
オリコン初の1位を獲得。

♬~「Lemme hear you say oh」

そして さらに…。

♬~「人生一度きり DREAM」

yu-yuさんは
大きな決断を下します。

大きなヒットをつかむ事が
できない事と

野心や野望を持ちきれない
自分の性格に限界を感じ…。

その後 地元 京都の
ウェディングドレスショップで

アルバイトを
始めますが…。

はい。 私は 今…。

yu-yuさんは
たまたま訪れた

大阪のスタンドコーヒー屋さんで
店員だった旦那様と

2017年に結婚。

愛媛県出身の旦那様が

地元でコーヒーショップを
開く事が夢だったため

yu-yuさんも ともに移住。

そして その年
ここ

素敵な…。
かっこいいね。

(原田)こりゃいいや。

ちなみに 今市さんへの
オススメメニューは

自家製ダレで味付けした
出汁巻きたまごサンド。

地元の方々にも 大好評だそう。

愛媛で
旦那様とのカフェ経営という

それでは ここで

「ソロで。
女性のシンガーなんですけど」

(スタッフ)「あっ 早いですね」
「早いんですよね」

「まあ だけど…」

ノリの方…。

(スタッフ)「なるほど」
「はい」

(スタッフ)どうでした?
見てみて 感想は…。

なんか あの…。

なんかね こう…。

みたいな感じで。

あとは…。

…っていうのを
書いてくれてましたね。

消せないんだね。

このメールを最後に

お互い 連絡をとる事はなく

きっぱり芸能界からも離れた
yu-yuさんですが…。

今市さんに関して 1つだけ
心配な事があるそうで…。

今市隆二のニューアルバム
『CHAOS CITY』がですね

本日 リリースとなりました。

皆様 ぜひ たくさん
聴いて頂けたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

yu-yuさんには
今市さんに関して

1つだけ心配な事が…。

…というのは
ちょっと思ってました。

それでは 最後に

yu-yuさんから
今市さんにメッセージ。

(拍手)

すごい幸せそうだったので

なんか すごく

ホッとしてる感はありますね
実際に。

まあ その 歌…
歌の部分でいうと

まだ あの感じは 多分…。

だから
コーヒーショップ開いてるので

そこで なんか…。