世界の何だコレ!?ミステリーSP【宮城県登米市・四つ目のカモシカ!?大捜索】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

世界の何だコレ!?ミステリーSP【宮城県登米市・四つ目のカモシカ!?大捜索】[字]

52年前の今日!人類初の月面着陸!が…“数々の疑惑”!NASA直撃▽大捜索!今年5月に現れ話題!宮城に四つ目のカモシカ?▽怪現象多発の学校&北海道で謎の爆発音

ご案内
皆さんの身近にある「何だコレ」を大募集!“開かずの金庫を開けて欲しい”“家にある謎の物体…その正体が知りたい”“私の街にはこんなフシギな場所・都市伝説が”など、皆さんが「何だコレ」と思えるものであれば何でもOK!番組で採用されたら1万円(動画・写真は5千円)を贈呈致します!ご応募は「番組HP」または「LINEの番組公式アカウント(LINEアプリで何だコレ!?ミステリーと検索)」からお願い致します!
番組内容
▽52年前の7月21日(日本時間)に、あの「アポロ11号」が月面着陸に成功、人類が初めて月に降り立った。が!この偉業には数々の“疑惑”が囁かれ「本当に人類は月へ行ったのか?」とうわさされるほど。そんな“疑惑”をぶつけるべく、NASAに直撃取材!さらに、これまで世界中のさまざまなミステリー現場を直撃してきた当番組!今回は、豪華声優陣による特別ナレーションで一挙放送!
番組内容2
▽今年の5月、宮城県のお寺の裏山で、まるで“四つ目に見えるカモシカ”が撮影された。その姿から“まるで神の使い”とうわさされ話題に!田中卓志隊長もずっと気になっていたという。今回、特別な許可をいただき、目撃されたお寺の裏山で“四つ目のカモシカ”を大捜索!動画でその姿を捉えるべく、大自然との激闘に挑む!

▽北海道で今年4月にニュースでも報じられた、原因不明の“謎の爆発音”追跡調査!こちらは、
番組内容3
ロッチ・中岡創一隊員がずっと気になっていたミステリーニュース。今年4月、北海道の広い範囲で聞こえたという“謎の爆発音”。不思議なのは、たくさんの人が聞いており、消防なども現地で調査したにも関わらず、その原因が不明だということ。中岡隊員はTwitter情報などから“隕石”説を掲げており、以前“知的生命”“UFO”の存在で激論をかわした、宇宙に詳しい専門家にインタビューを決行!専門家の見解を直撃!
出演者
【MC】
蛍原徹(雨上がり決死隊) 
きゃりーぱみゅぱみゅ 

【VTR出演】
田中卓志(アンガールズ) 
中岡創一(ロッチ) 
なかやまきんに君 

【特別ナレーター】
置鮎龍太郎 
小野大輔 
梶裕貴 
茅野愛衣 
中井和哉
スタッフ
【編成企画】
南條祐紀(フジテレビ) 

【チーフプロデューサー】
高松明央 

【監修】
たぐちゆたか 

【プロデューサー】
白鳥秀明 
佐藤大樹 
大谷利彦 

【演出】
中嶋亮介 
富田一伸 
酒井秀樹 
川村公人 

【総合演出】
木伏智也 

【制作著作】
オクタゴン

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. 里中
  3. カモシカ
  4. 貝瀬
  5. 物音
  6. 爆発音
  7. エリア
  8. ドア
  9. ホント
  10. ライト
  11. 岡本
  12. 写真
  13. 住職
  14. 男性
  15. 中岡
  16. 中岡隊員
  17. マジ
  18. 映像
  19. 場所
  20. アスワン

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



今夜は…。

[1つ目は]

(中岡)どうも どうも。
すいません 来ていただいて。

[中岡隊員が見つけた こちら]

[それは…]

(アナウンサー)おととい…。

(アナウンサー)
消防が出動する騒ぎとなりました。

[4月26日 北海道の
広い範囲で聞こえたという…]

[それは道内に設置された
防犯カメラにおさめられていた]

≪(爆発音)

(爆発音)

[そして最も不思議なのが

この爆発音に関して…]

[あの日…]

[さらに]

[これまで世界のミステリー現場を
直撃してきた当番組]

[今回は特別ナレーターをお迎えし
気になる噂の真相を大公開]

[では
中岡隊員が気になっている…]

[ミステリーアンテナを
常に張っている中岡隊員は

かなり…]

[見つけていた]

(中岡)これはね…。

[それが こちら]

[こちら]

(男性)えっ!? えっ!? えっ!?

何か燃えてる?

[そう 中岡隊員は

世間では答えの出ていない

あの爆発音の原因が

隕石だったのではないか!?

という答えにたどりついていた]

[そこで]

僕の中では…。

[そのお方が こちら]

[日本の…]

[類いまれなる個性の持ち主]

[以前
地球外知的生命の存在に関する

ユニークな語り口で
中岡を とりこに]

ウジャウジャいる?
(鳴沢)そりゃそうです。

[この方なら あの爆発音の…]

先生 お久しぶりです。
(鳴沢)お久しぶりです どうも。

お願いします。

(中岡)広い地域で鳴ったり…。

(中岡)ていうのをね
Twitterで見て知ったんですよ。

結論!? もう結論いきます?

(中岡)その日に。

[早速 鳴沢先生に…]

それね たぶんですね…。

[動画をよく見ると 時刻は…]

[一方 謎の爆発音騒ぎは…]

[中岡隊員の注目した動画は
偶然…]

[関連性のない動画だった]

[中岡隊員…]

[隕石でもないとすると…]

[防犯カメラのお店で
働く方に…]

[なぜか…]

[さらに
インタビューを続けると

爆発音を聞いた人の多くは
こんな感覚を口にしていた]

(男性)横になってたんで
ソファの下…。

(男性)ドンって感じでしたね。

≪(爆発音)

[あれは…]

[ただ 地震学の専門家に
話を聞いてみると]

(山田)
地震計の記録を見るとですね

波の伝わる速度が まったく
通常の地震とは異なることから

地震ではないと。

[様々な分野の専門家に
聞いたが…]

[ただ今回ご相談した…]

[航空機は音速を超えた瞬間

機体の先端と後方で
爆音と衝撃波が発生するそうで]

(爆音)

(爆音)

[このような爆音が鳴る。
だが…]

[謎の爆発音があった当日…]

あっ なるほど。

≪(爆発音)

[結論…]

[今から…]

[3人の宇宙飛行士を乗せた…]

[月に降り立った
アームストロング船長は

歴史に残る名言を残した]

[それは]

[というのも
ロケット開発会社のスタッフが

衝撃的な本を出版]

[タイトルは…]

[月面着陸の映像は…]

[でっち上げたというもの]

[疑われている点は 大きく3つ]

[まずは…]

[これは…]

[ここでの…]

[人類で初めて
月面に降りたはずなのに…]

[どうやって
この映像を撮影したのか?]

[続いて…]

[着陸の記念に立てられた国旗]

[ここは 月面]

[真空状態で…]

[なのに
旗がなびいているように見える]

[なぜ
こんなことが起きるのか?]

[最後は影に関して]

[こちら]

[どこが不自然か
分かりますか?]

[後ろの着陸船と手前の岩]

[なぜか影の伸びる方向が違う]

[本来であれば…]

[なのに なぜ?]

[気になる3つの疑惑]

[真偽はどうなのか?]

[向かったのは
テキサス州にある…]

(スタッフ)あっ ここが そうなんだ。

(スタッフ)うわ~ 着いた。
すごいな これ。

[いきなり
スペースシャトルが お出迎え]

[って…]

[実は…]

[そんな驚きの光景が
入り口のオブジェとなっている…]

[…の敷地に様々な施設が]

[案内していただくのは…]

[この後…]

(アン)ここが…。

[ぶつける]

これは確かに…。

[やって来たのは
ヒューストンにある…]

[案内していただくのは…]

[彼女についていくと]

[地上から
宇宙船に指令などを送る…]

[国際宇宙ステーションに
宇宙ごみが衝突しないかなど

全てを管理するのが
こちらの…]

[100人ほどの
フライトディレクターがおり

宇宙飛行士になるのと
同じくらい難しいという]

[では
あの疑惑をぶつけてみよう]

[まずは こちら]

これは…。

[これは
実際に使われた着陸船の模型]

[手前にあるのは

アームストロング船長が
月に降りた はしご]

[そして
この部分をよく見ると…]

[確かにカメラが]

[なるほど]

[では2つ目]

実は…。

[ん? どういうこと?]

[これは宇宙飛行士が ポールを触り
旗が動いたときの映像]

[空気抵抗により 旗は…]

[抵抗もないので 旗はより…]

[なるほど なるほど]

[では…]

これは…。

[ご説明します。
この状態を上から見てみると…]

[太陽は 一方向から当たるので
影の向きは 当然 一緒]

[ここから…]

[それを3次元のCGで

再現すると…]

[影は 平行には見えなくなった]

[これは遠近法によるもの]

[例えば
同じ幅の道であっても…]

[同様に…]

[いえいえ
疑ってしまいすみませんでした]

[そして最後に見せてくれたのが
アポロを打ち上げた…]

[全長は ロケットの中でも
トップクラスの 110m]

[当時 人類が開発した中で

最も高馬力のエンジンと
いわれていた]

[さらに ここが…]

[ここの建設に費やされた費用は
現在の価格で…]

[しかし]

[たった50年で
驚くべき進歩を見せた科学技術]

[そんな今も…]

[…として語り継がれている]

[続いての…]

[…がある]

[なぜか…]

[時に 謎の…]

[こちら]

[向かったのは
ルーマニア北西部にある町]

(男性)こちらになります。

[こちらは科学的に
森の怪奇現象を分析している…]

(パトルッツ)これまで…。

(パトルッツ)もちろん…。

[その場所が こちら]

(パトルッツ)しかも その場所には…。

[さらに…]

[地元の方も
めったに立ち入らない…]

これです。 よく見て。

4つあるような
カモシカなんですけど…。

[ということで…]

≪(スタッフ)里中さん。
(里中)はい。

(里中)ホントに?

[果たして…]

[地元の方も
めったに立ち入らない…]

(スタッフ)右の方? こっちの方?

[それは市街地のすぐ近くに
うっそうとたたずんでおり…]

(スタッフ)ここ?

[人の気配はない]

[では…]

(スタッフ)真っすぐ?

(男性)変わってるでしょ?
(スタッフ)何これ?

(スタッフ)どういうこと?

(スタッフ)わ~ 何だこれ。

≪くるくるしてますね。

[森には
不自然にねじ曲がった木々が]

[そして]

(スタッフ)これか。

(スタッフ)これ…。

[ここが…]

[草は生えているのに
木は生えていない]

[しかも…]

[周りの木のほとんどが…]

[噂どおり普通ではなさそう]

[そして]

[日も暮れかかってきた中]

[これ。 白いもや]

(シャッター音)
≪撮って。 ぐるぐる回って撮って。

(シャッター音)

(スタッフ)えっ?

[画面いっぱいに漂う白いもや]

(スタッフ)見える?

(スタッフ)何か撮れた?

[写真には
はっきりと写っているが

不思議なことに…]

[そこには
幹が凸凹に変形した木]

(スタッフ)これ 何で
こんなんなっちゃったんだろう。

(スタッフ)何 何 何…?

[スタッフの頭に覆いかぶさるように
白いもやが]

[だが この写真以外は…]

[その間も雪は激しさを増し…]

[現地クルー含め…]

[テントへ逃げ込む]

(スタッフ)夜明けだ。

[写真のみに写る白いもや]

[いったい これは?]

[パトルッツ教授に
見ていただくと…]

皆さんは…。

しかし…。

[教授いわく…]

[続いての…]

≪はい。

(スタッフ)すいません
お待たせしました。

[久しぶりの登場。
われらが…]

ネットで見つけたんですよ 私が。

これ すごいよ。

…といわれている
動物がいるんですよ。

(スタッフ)見せてもらっていいっすか。
(田中)これです。

よく見て。

[えっ!?
目が4つあるカモシカ?]

[記事によれば 今年5月
宮城県のお寺の駐車場付近に

四つ目に見えるカモシカが現れ
男性が目撃]

[…と話しており

その存在が
噂になっているという]

(田中)何だったら…。

(田中)いるじゃないですか
こういう ホントの…。

(田中)シカとか。

今すぐ…。

[ということで
やって来たのは…]

[目撃されたのは 山あいのお寺]

[その境内の裏にある駐車場に

四つ目のカモシカは現れたという]

[今回 カモシカを撮影するため

野生動物のプロ
里中さんに協力を依頼]

[まずは…]

[…という里中さん]

(里中)こんにちは。
(岡本)こんにちは どうも。

(里中)よろしくお願いします。
(岡本)岡本でございます。

よろしくお願いいたします。

(岡本)こちらの方ですね。

[野鳥を撮るために
車で訪れた岡本さん]

[そこで写真を撮影]

[こちらが…]

[そして こちらが…]

[発見したとき岡本さんは]

[…とも噂される
四つ目のカモシカ]

(里中)じゃ 行きましょっか。

[森の中で
目立たないようにするため

迷彩服に身を包み…]

[一見
途方もない捜索に見えるが

野生動物のプロ
里中さんの頭には

幾つか出没しそうなポイントが
あるという]

(里中)昼のカモシカはホントに…。

(里中)寝床とか
休み場ですね 休憩場。

[カモシカは崖や急斜面で
休憩することが多い]

[そのときは狙い目だという]

[さらに]

(里中)出始めて…。

(里中)間違いないと思いますね。

[すると早速]

(里中)あっ これ…。

[どちらのものか
判別はできないが

確かな痕跡]

[この川の水を飲む…]

(里中)1, 500m×1, 000mぐらい?
なので…。

(里中)実際に…。

[そこで里中さん指示の下

カモシカが現れそうな
ポイントに…]

[さらに斜面などは

交代で山に身を潜め
見張ることに]

[そして]

[翌日 反応が]

(里中)はい。

(里中)ホントに?

(里中)結構さっき?

(里中)はい。

(里中)ホントに?

(里中)結構さっき?

[センサーカメラを
チェックして回っていた…]

[撮れているのは…]

(里中)すごいな。
で どうだ?

[そして…]

[山を見回っていたスタッフが]

♬~ (上戸)大人になってハグキが下がると
根元が無防備に…

実は ここが…ムシ歯リスク3倍!

だからハミガキは「オレンジのクリニカ」

《歯の根元まで しっかりコーティング》

《フッ素がムシ歯を防ぐ!》
♬~「オレンジのクリニカ」

♬~

(新津) 「バスタブクレンジング」!

≪シューーーっと まんべんなく≫

60秒後 流すだけ
(主婦)ラク~!

♬~こすらず洗える
「バスタブクレンジング」

銀イオンプラス大好評!

[山を見回っていたスタッフが…]

(スタッフ)画質悪いから分かんない。

[気付かれぬよう
ゆっくり後を追う]

[すると]

[だが 見失ってしまった]

[そこで
センサーカメラを40台に増やし

川沿いや急斜面などを網羅]

[山に こもって…]

[そんなスタッフと…]

もしもし。
(貝瀬)もしもし。

聞こえますでしょうか?
蛍原です。

きゃりーです。
(貝瀬)よろしくお願いします。

貝瀬です。
お疲れさまです。 貝瀬さん?

(貝瀬)はい。 そうです。

(貝瀬)そうですね。

いや それでも
4日もいていただいたんだ。

(貝瀬)そうなんすよ。

貝瀬さんって…。

貝瀬さん 妻 いてるの?

新婚!?
それ ちょっと…。

[一緒に捜索していた
里中さんからは…]

[と 聞いていたが

相手は 大自然。
思ったとおりにはいかず

この日で…]

[自宅に帰りたい気持ちも
やまやまだが]

[ここまできたら…]

[引き続き始まった…]

[続いては…]

[シバヤック山とは

インドネシアのスマトラ島にある
標高2, 212mの山]

[この山で…]

[シバヤック山の…]

[村人に話を伺うと

意外な事実が判明]

それは…。

[にわかに信じ難いので

言われたとおり
警察でも聞いてみた]

(スタッフ)すいません。
よろしくお願いします。

[不可解な事故や失踪事件が
多発する山で聞こえる…]

[現地の山岳レンジャーに
同行していただき

地獄の声が聞こえるという
山の山頂を目指す]

[だが 険しい山道を…]

[自然の脅威が顔をのぞかせる]

[そして…]

[山の中腹辺りに
さしかかったとき]

(物音)

地獄の声?

(噴き出す音)

[これは
火山性ガスの噴き出す音]

[声がするのは山頂]

(スタッフ)うわっ。

(スタッフ)白い! うわっ。

(スタッフ)白い!

[だが 待てど暮らせど…]

[しかし 念のため
設置していた録音機に

意外な音が収録されていた]

[その録音機の音を解析した…]

(ムスダル)おっ これか。

[人間の耳は

極端に高い音や低い音は

聞こえないそうで

低い音の場合は

およそ20ヘルツまでなら聞こえるが

シバヤック山で録音した音には

20ヘルツ以下の音が
強く表れていたそう]

私は この…。

と考えています。

[超低周波音が空気を伝って
脳に振動を与え

方向感覚を失った人が
道に迷ったり

飛行機の場合
超低周波音の発生源とされる

気流の乱れが影響を与えたと
考えられるそう]

[とはいえ この山は…]

と考えています。

[シバヤック山で 噂の…]

[続いては…]

[噂の学校があるのは
アイルランド第2の都市 コーク]

[ここが その学校]

[副校長についていくと…]

[監視カメラの映像が こちら]

(大きな物音)

(大きな物音)

[さらに]

(スタッフ)
この ちょうど上ってことですか?

(スタッフ)このカメラ?

[その映像が こちら]

(大きな物音)

(物音)

(大きな物音)

[ということで
学校内にカメラを設置し

朝までモニタリング]

[で ゴーストといえば この方]

[自らミステリースポットへ足を運び
本まで書いている

とにかく明るいゴーストハンター
リッチ・ニューマンさん]

(リッチ)
といわれているんだけど…。

[さらに…]

[というのも

以前…]

[きんに君の周りで
怪現象が多発]

[まさに…]

[彼に お願いしたいのが…]

[そう みんな役割があるんです]

何か 音しましたね。

あっ 音した。

(大きな物音)

(大きな物音)

[さあ きんに君…]

いや 違う 違う 違う…。

[音がした…]

(スタッフ)音しました?

[恐怖のあまり…]

えっ!? ここ?

(物音)

≪(物音)

ちょっと静かにして。

マジで!?
(物音)

何だ これ!?

(ドアの閉まる音)

(ドアの閉まる音)

[さあ…]

えっ!? ここ?

(ドアの閉まる音)

(ドアの閉まる音)

[さあ…]

半分 開いてる。

(ドアの閉まる音)

(ドアの閉まる音)

いや ホントに僕は
もう大丈夫です。

[ディレクターが
トイレの中へ]

(スタッフ)誰かいますか?

[そして ドアは
これ以降 開くことはなかった]

[続いての噂は…]

[向かったのは
フィリピン南西部のパラワン島]

[島のほとんどが密林に覆われ

フィリピン最後の秘境と
呼ばれている場所]

[その巨大生物とおぼしき写真が
こちら]

[地元の方は この巨大生物を…]

[アスワンと呼んでおり

実際に捕まえたという方が
こちらの漁師さん]

[巨大生物の死体に…]

[ただ…]

[ロメルさんいわく
ここ パラワン島の目と鼻の先

ここが
アスワンのすみかだという]

[島へ向かうと…]

(スタッフ)陸ないの?
[えっ?]

[実は ここ 海水に生育する
マングローブからなる島で…]

[そう めったに
人間が立ち入らない場所に

アスワンがいるという]

(スタッフ)ちょっと これは…。

(スタッフ)とんがってますよね 木が。

(スタッフ)
これ 足に刺さらないですか?

[これは マングローブが
呼吸するための根]

[その名も…]

[酸素を取り入れるため
根の一部を水面から出し

上向きに成長する]

(鳴き声)

(スタッフ)これは何ですか?

(鳴き声)

[すると]

(スタッフ)何あれ?

でかっ。 でかっ!

(スタッフ)何だ? あれ。

(スタッフ)う~わっ!

[謎生物が大量発生]

(スタッフ)われわれの。
うわ すげえ来てるよ。

(スタッフ)めちゃくちゃ上に来てるよ。

(スタッフ)うわ 何か まだ…。

[振り返ると…]

[このときは コウモリしか
見ることはできなかったが]

[アスワンは夜行性]

[日が沈むと無人島から
ここ パラワン島に

やって来るらしい]

[ということで 夜]

[森で待機]

[そして 辛抱強く待ち続け
迎えた3日目]

(スタッフ)どこ? どこ?
どこ? どこ?

≪(鳴き声)

(少年)プハー!
カルピスって なんでおいしいの?

(お姉さん)それはね…

(お爺さん)国産の生乳を

(お兄さん)このタンクに入れると

(乳酸菌くん)僕たち乳酸菌と
(酵母ちゃん)私たち酵母のチカラで

発酵して!発酵して!発酵して!発酵して‼

100年受け継がれる
あの あまずっぱ~い おいしさになるの。

…なんで知ってるの?
(お姉さん)それはね。

(長澤)CM 長いことやってるから。

<発酵生まれのおいしさ>

<カラダにピース カルピス>

皆さんが気になる謎を大募集!

不思議なものや謎現象
開かずの金庫など

番組が徹底調査いたします。

採用された方には
賞金1万円を贈呈。

番組ホームページ
または 番組公式LINEから

ご応募ください。
待ってま~す。

[辛抱強く待ち続け
迎えた3日目]

≪(鳴き声)

(スタッフ)頂上にいる?

(スタッフ)あっ 登る。

[急いで声のする方へ]

♬~

(スタッフ)
あ~ ちょっと ライト ライト!

ライト ライト ライト ライト!

[いたのなら…]

≪(鳴き声)

[けたたましい鳴き声が
聞こえたのは 確か]

[パラワン島には
何か えたいの知れない…]

[続いての…]

[その洞窟は
ケニアの首都ナイロビから

500kmほど離れた…]

[この山の中にあるという]

(スタッフ)すごい すごい。

[そして ここが洞窟の入り口]

(スタッフ)お~。

[洞窟内に…]

(スタッフ)ん?

[洞窟内の至る所に
隠しカメラを設置]

[あの骨 あの傷は

ゾウと何か関係があるのか?]

[時刻は…]

≪(物音)

えっ? 来た? どうなの?

≪何か来た。 何か来た。

(きゃりー)ゾウ 来た!

子供も?
(きゃりー)本当に来た。 カワイイ。

[ホントに ゾウが列をなして
洞窟に]

[さらに 子供のゾウも]

[野生動物に詳しい
里中さんに見ていただくと…]

(里中)これね あの…。

これはね…。

(里中)彼らは 草食獣で…。

[続いては

世界で最も有名な謎エリア…]

[そこは アメリカの秘密基地と
噂されており

有名にしたのが この事件]

[機体の残骸を軍が回収]

[その際に

宇宙人らしき生物も
捕獲したと発表]

[当時…]

[残骸と生命体が運び込まれた
といわれているのが

エリア51]

[さらに
世間をざわつかせたのが

エリア51で働いていたという
科学者の この発言]

[科学者によると エリア51では

18体の宇宙人が
人間と共に働いており…]

[調査を進めると…]

[しかも その機体には
名前やロゴはなく

赤い線が
1本引かれているだけとのこと]

[空港へ行ってみると…]

[赤い線の機体を発見]

[とはいえ この飛行機が…]

[元パイロットの方に
話を伺うと…]

[ウィルさんいわく…]

[さらに エリア51付近の売店で
働く方に話を伺うと…]

(女性)あの境界線をよ?

[エリア51の周りは

不審者の侵入を防ぐため

境界線が引かれており

それを越えたイギリス人は…]

[エリア51を一目見るため…]

[すると]

[エリア51を一目見るため…]

[入り口付近に見張りの車が]

[そして]

[看板には
大きな文字で「WARNING!」]

[そして 境界線を越えたら…]

[…という文字が]

[さらに]

(ガイド)境界線を越えた者は

撃たれても文句言うなよって。

[ここから先が超危険ゾーン]

[さらに ガイドが
もう1つのゲートにも

連れていってくれた]

(スタッフ)めっちゃ近づいてきた。
めっちゃ近づいてきた。

(スタッフ)マジで? マジで?

(スタッフ)小屋と小屋の間ぐらいに。

[さらに]

(スタッフ)ヤベえ!

[中は気になるが
これ以上は危険なため

残念ながら撤収]

[そして この後
四つ目のカモシカ大捜索の結末が]

[ネットで話題となった…]

[四つ目のカモシカを
撮影するため

宮城県の山に こもって…]

[だが…]

信じる。
自信ある。

[ディレクターが…]

[実は この日の朝]

[山へ向かう移動中に…]

[四つ目ではなかったが…]

[手応えを感じていた]

[放送へ向けた編集などを
考慮すると

捜索できるのは あと8日]

[山に張り込みつつ
毎朝の日課が

山中に仕掛けた
40台の監視カメラのチェック]

[3時間かけ ひたすら見て回る]

(貝瀬)マジで? マジで?

[だが
映ったカモシカの何頭かは

目の下に 目ではないが
黒いものがついている]

[そして 事件が起きたのは…]

≪(住職)おはようございます。
(貝瀬)おはようございます。

(住職)どうも。 今日も…。

(貝瀬)お邪魔しちゃいまして。

[こちらは この場所を
お貸しいただいた…]

(住職)うちに…。

(貝瀬)えっ!?

(スタッフ)ツイートされたのは
いつですか?

[われわれが
山に こもっている間に

四つ目のカモシカを見たという方が
Twitterに写真をアップ]

[それが こちら]

(住職)これが投稿された
ツイートです。

(住職)見えますか?

[投稿者に連絡を取り
確認したところ

写真では分かりにくいが

肉眼では はっきりと
四つ目に見えたという]

[慈悲深い心で
参拝に来た方の前には現れる]

[まさに…]

(住職の笑い声)

[機材を撤収し

山で起きた全てを
里中さんに ご報告]

[そして 捜索を通じて
気になった

カモシカの多くに見られた…]

[目の下にある黒いものは…]

[では あの…]

[おそらく眼下腺とのことだが
実際に会えず…]

(スタッフ)ありがとうございます。
(里中)いいえ。

[このような形になりました]