ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

木下ほうかが東西線でぶらり旅▽バナナを自分で叩いて作る?バナナジュースの専門店▽神楽坂で発見!おはぎ専門店の美味!ほうじ茶おはぎ▽老舗の組紐店で組紐作りを体験

詳細情報
出演者
【旅人】木下ほうか
番組内容
木下ほうかが東西線でぶらり旅▽バナナを自分で叩いて作る?バナナジュース専門店▽神楽坂で発見!おはぎ専門店の美味!ほうじ茶おはぎ▽老舗の組紐店で組紐作り体験▽イートインできる!木場で人気の食パン店でエッグベネディクトトースト▽貴重!ヴィンテージ腕時計▽カリグラフィーでメッセージを
音楽
【番組テーマ曲】「リタルダンド」sumika
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. 失礼
  3. バナナ
  4. パン
  5. ハンマー
  6. 時計
  7. お店
  8. コラ
  9. ステキ
  10. 結構
  11. 腕時計
  12. プレーン
  13. ラーメン
  14. 神楽坂
  15. 大好
  16. 大丈夫
  17. スタート
  18. ナメ
  19. ハァ
  20. バナナジュース

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/27 19:42:11時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

<本日は 西葛西にある

こちらの公園で待ち合わせ>

(木下) こひさ~ん!
<えっ どこ?>

こっち!
<あ~ ボートに乗ってる>

じゃあね!
<え~!?>

<ちょっと待って
そっち 行くから>

<何で カヌーに乗ってるの?>

こひさん 僕 独身ですよ。

スワンボートとか
乗ってられません。

相手いません。
<ハハハ>

<なかなか 様になってますよ>

<上手じゃないですか>
上手でしょ。

今日ね 僕 初めて! 初体験。
<へぇ~>

運動神経いいの のみ込み早い。

ターンもできます。
<お~!>

ナメんなよ。
<いやいやいや>

<ナメてない ナメてない>
ナメてるでしょ! さいなら~。

<どこ 行くの!?>
ヤッホ~!

ヨ~! ヨ~! ヨ~!

<明日から始まる
東京オリンピックの

カヌースラローム競技>

<その開催地と同じ
江戸川区にある

新左近川親水公園では

2年前の6月
カヌー場をオープン>

<大人と一緒なら
3歳から体験でき

小学生 中学生は
1時間 なんと50円>

<高校生以上も 100円で

手ぶらで来て
気軽にカヌーを楽しめます>

ありがとうございました
お世話になりました。

いや~ 楽しかった。

ハァ… ハァ…。
<はしゃいでたからね>

誰がやねん!

こひさん!
<はい>

あっちに カヌーの本格的な
コースがあるらしいんです。

ついて来て ちょっと 行きましょ。
<は~い>

本当はね そういう場って…。
<大丈夫?>

あっ 何本か… ゼッケンとか
ポールが見えて来ました。

あれだ! 行ってみよう。

何か やってるよ。

練習中ですね。

<あっ 本当だ>

書いてます
カヌースラローム広場って。

<スラローム場ね>

ちょっと 見学していいですか?
(男性) いいですよ。

これ 今
トレーニングされてるんですよね。

(男性) カヌースラロームの
基本練習ですね。

本来は 激流を下って行くんです。
見たことあります。

あの方 すごい!

僕が言うのも何だけど
すごい上手に見えるんですけど。

(男性) すごく 彼 うまくて
全日本の… 日本カヌー連盟の

ジュニアの有望選手の1人。
お~!

ちょっと ごめんなさい
お話 聞いていいですか?

何か めっちゃ若いですね。

何歳ですか? 失礼ですけど。
(箱守さん) 15ですね。

何年ぐらいやられてるんですか?

小学4年生からなんですけど。

本格的に始めたのは中1からです。

何か 競技の様を
見せてもらうことって

できないですかね?
できます。

どこから見学するのが
一番ふさわしいですか?

橋の上ですね。
橋? あそこ。

じゃあ ずうずうしいですけど
僕 あそこ 行きますから

合図したら
スタートしていただけますか?

はい。
ありがとうございます!

よし! めっちゃ楽しみ!

特等席ですよ! うお~!

広い立派な橋です。

本当だ 彼が言ったように
すごい 見晴らし いいね。

この辺がいいか。

すいません! 見えますか?

スタート!って言ったら
お願いします。

通じるかな?

スタート!

<カヌースラロームは

急流の川で
決められたゲートを通り抜け

タイムを競う競技>

これ 本来 激流ですけどね。

この 川の動きがない
水の動きがない中をやるから

違うんでしょうね 本番と だいぶ。

<ゲートに触れると減点>

ほ~お!

ウホ~! あれが すごいよね。

半分 沈んでるもん
キュ~って曲がる時ね。

<小回りで回る
テクニックだそうですよ>

これ ゴールか。

ゴール! イェ~!

ありがとうございました!
カッコよかった!

応援してますよ!
ありがとうございます。

いやいや 貴重な体験できました。

パワーもらいましたから
駅に向かいますか。

ハァ… ハァ~…。
<はいはい>

うわ~ 何か 遠そう! 駅。

<本日は スカイブルーが
シンボルカラーの

東西線に乗って
西葛西の駅からスタート>

<西葛西を出ると
電車は すぐに地下へ>

<最初の途中下車は木場>

木下の「木」ね。

人生
キバらなきゃっていうことで

木場 降りましたが。

キレイな
僕の大好きなブルーの…。

「崎川橋」というんですかね。

崎川橋。

これ やけに真っすぐですよね。

<本当ですね>

そっか。

あれ
「仙台堀川」って書いてるから…。

そうね
まぁ 人工河川なんでしょうね。

右よし! 左よし! 指さし確認。

左か。

いいね! グリーン。

これ 見てください。

すげぇ立派ですよね。
<ですね>

さっきの 仙台堀川の上を
渡してあるわけですよね。

あっ 抜けて
大きな道路に出て来ましたね。

まぁ 渡りますか。

あっ レンガ。

♪~ レンガのお店は何?

<何? その歌>

あっ パン屋さん。

最近 こういう パンのお店って

結構 流行ってますもんね。

1斤売りっていうんですか
でっかい。

人気店 すごいありますもんね。

でも こういうパンって
実際 買ってみたものの…。

1斤で買って
口に合わなかったら

悲劇ですもんね こひさんね。
<まぁ 言われてみれば 確かに>

あっ。

何か…。

イートインで トースト状で
食べられる店なんですね。

つうことは 試食っぽいことが
できるってことか。

パン好きの私としては…
あっ 結構 空いてますね。

これは 行きます。
<は~い>

いや パン 確かめたいんですよ。

(山口さん) おはようございます。
失礼しま~す。

ちょっと お伺いしたいんすけど

これ こちらで売られてる
パンを使ってる…。

イートインで食べれるんですか?
(山口さん) そうですね。

うちの焼いたパンを使って
トーストをご用意してる感じです。

いいですか?
はい。

めっちゃ 種類 多いですけど

これ 行っとけ!みたいの
あります?

今 コロナ禍で
海外旅行できないんで

企画で
ハワイフェアをやってまして。

こちら?
そうです。

お店で ハワイ気分ぐらいは
楽しんでもらおうっていう。

これ 2つあるじゃないですか。

パンそのものの味が
分かりやすいのって どっち?

エッグベネディクトのほうが
フレンチトーストは漬けてますんで。

じゃあ こっち ください。
ありがとうございます。

で 飲み物 これに合うような。

完全に マンゴーシェークが。

これ?
ハワイ感満載で お願いします。

僕 マンゴー 好きです
これ いただきます。

有料ですか?
<コラ コラ!>

お会計が 1510円です。
じゃあ これ。

ありがとうございます。
13番の番号札で。

お好きなお席で お待ちください
ごゆっくり どうぞ。

ここ 行くか。

荷物な これ 邪魔やから。

<ハワイ気分を満喫できる
トースト>

<楽しみですね>

すいません お待たせしました。
来た!

エッグベネディクトと
こちら マンゴーシェークですね。

ごゆっくり どうぞ。
いただきます。

うわ~ おいしそう!

ひとまず これ…。

これ 吸える? ちょっと待ってね。

うん うん うん!

入って来た。

これ 本物のマンゴーだな。

パン 呼ばれよう。

この エッグ 多分…。

ほら! これを ちょっと…。

うわ~ おいしそう!
お野菜たっぷり。

あっ そうか! ちょっと待てよ
パンそのものを…。

まず この角ね。

パン確認しましょう。

その後に この ぜいたくな…。
<なるほど>

いただきます。

サクサク!

もちっ!

う~ん! いいですね。

ちょっと のっけてみよう。

うわ~ ぜいたく!

いっただっきま~す。

う~ん!

○△□×☆※…。
<えっ? 何です?>

○△□×☆※…。
<え~?>

野菜たっぷり!
<あ~!>

このね 塩加減が ちょうどいい
僕好み。

さらに いただきます。

うん!

これぐらいの量で パンの味が
確認できるって すごい…。

ああいう 1斤売りの併設してる
お店って すごい いいですよね。

<こちらの食パンは
真四角の角型ではなく 山型>

<焼き型に
フタをしないで焼くことで

気泡が大きくなり
ふわふわに仕上がるそうで

それでいて 食感は もっちり>

<ほんのり甘さを感じるのも
おいしさの秘密>

<カフェメニューは
自慢の食パンを使った

シンプルな厚切りトーストから

人気のピスタチオを
あしらったものなど

さまざまなトッピングが
楽しめます>

<8月いっぱいの限定メニューは
ハワイがテーマ>

<南国のフルーツがのった
フレンチトーストも

おいしそう!>

ごちそうさまでした。
ありがとうございます。

気に入って…
1斤 買って帰りたいんですけど

これから まだ ぶらり旅
しなきゃいけないので…。

そうですね。
バッグ これなんで… 残念ですが。

ありがとうございました また。
ありがとうございます。

これ 当たりです。

よし! 気分いいぞ。
<よかったね! ほうかさん>

<ハワイ気分を満喫して

お次は 茅場町で途中下車>

あっ ヤバい! ちょっと 雨…。

差しましょうか。

茅場町って

乗り換えとかでは利用するけど
あんまり分かんないですね。

ちょっと あっち 行こうかな。

未知の地ですよ 茅場町ね。

あっ 「茅場橋」って書いてますね。

大理石の いい感じの。

ほ~お。

っていうことは
これが 日本橋川ですね。

ちょっと濁ってるか。

これ 首都高ね! ごっついの。

これ もうすぐ
地下化するって知ってます?

<はい 知ってますよ>
知ってました? 本当に。

地下に入るってことは つまり

これが取り除かれるってことです。
<ねぇ>

<工事が終わるのは
2040年だそうですよ>

あっ 死んでるな 俺。

いないや。
<えっ? まだ大丈夫でしょ>

こひさん その前に

お亡くなりになってるでしょうね。
<かもね>

<コラ~!>
また 雨だ! よし!

あっ! 水天宮。

水天宮前駅。

茅場町から近いんですね。

あっ 大丈夫
みんな 傘 してないね。

「人形焼」。

あっ! つうことはね

こっち 人形町じゃないですかね。

こっち 行こう。

人形町 名前 かわいらしいね。

うん かわいい。

あ~ おまんじゅう。

何か 引っ掛かるなぁ。

うわ~。

誘惑 多いから こっち 行こう。

誘惑 多そう。

こういうの あえてね 避ける。

避ける よける。

そして 歩くんですよ。

おっ。

さすが 人形町。

味わいあるね! なかなか。

ちょっと 右へ行こうかね。

あっ。

これ… あれ?

サインポール。

理髪店の看板。

ですが ここ 見て! こひさん。
<何?>

「寺倉モータース
バイク 自転車 販売・修理」。

関係ないで。

自転車屋さんですやん。

へぇ~。

ちょっと… 何か 確かめたい。

だって こっから見た時… ねっ。

こんにちは。

すいません。
(寺倉さん) は~い。

(寺倉さん) は~い こんにちは。

はい。
特に用件はないんですけども。

ちょっと あの~…。

こっち 自転車屋さんですよね?
はい。

これ
理髪店のサインポールですよね。

これはですね うちは 昔
三軒長屋だったんですよ。

ここがですか。

うちが お店 やりまして
お隣 床屋さん。

そこが おやめになったので
うちで買わせていただいて。

そのまま… 名残惜しいので

ポールと このタイルですね。

そうか!
そもそも 理髪店… 床屋さんで。

これ まんまなんですね 昔の。
はい。

そっか
そのまま 生かしたんですね。

それと 正面に 鏡だけは。
本当だ。

何か 懐かしい感じの鏡ですね。

すいません 突然…。
いえいえ とんでもないです。

ありがとうございました
すっきりしました 失礼します。

へぇ~!

でも いいことですよね
そんなん あえて残して。

現に 僕は あれに 気になってね
入ってったわけですから。

おっ 立派な 日よけ幕ですね。

多分 龍って書いてるかな。

何の工房かな?
<何ですかね?>

一見 分からない。

ちょっと 行って…。

こんにちは。

こんにちは。

こんにちは こんにちは。

失礼いたします。
(隆さん) はい。

ちょっと 通り掛かったんですが
すいません。

(隆さん)
いらっしゃいまし ようこそ。

工房って 何の工房?

手前どもは
江戸組み紐を制作する

職人集団でございます。
組み紐?

ちょっと 見学とかできますか?
どうぞ どうぞ。

これ。
時節柄っていうんで 申し訳ない。

失礼いたします。
ようこそ。

手前どもは 組み紐を
組ませていただいておりまして

お着物に使う帯締めをメインに
作らさせていただいております。

ご覧になりますか?
はい。

これが
手前どものお品でございまして。

うちの この組み紐は

今年で132年を おかげさまで
迎えることができました。

代々 着物に使う帯締めを
制作してまいりましたが

息子が入りましてからは
いろんな 組み紐の技術を使って

いろんなものに
進化させようということで。

実は こちらの…。

カメラメーカーさんと共同での
プロジェクトということで

開発させていただきました。

カメラコードでございます。

組み紐で組まれた…。

ストラップっていうんですね
これ 確か。

どうでしょう?
<ステキです>

これも 珍しいですね。

その技術が
実は こちらなんでございますが。

うわ~ いろいろある。

これ。
なんと!

実は こちらでございまして。
メダルですね。

1年半ぐらい前は 随分
国民が燃えたもんでございます。

はい!

よっ!
<ハハハハ>

やってましたね ラグビー。
<ハハハハ!>

こちら
実は 幅広の技術を使いまして

こちらのメダルの組み紐を。

世界で初めて
組み紐で メダルのテープを

作らさせていただいた次第です。
素晴らしい!

今 息子が 新しいものは
取り組ませていただいてまして

もし よろしければ
2階で作業しておりますが…。

何とぞ お願い申し上げます。
じゃあ お上がりくださいませ。

許可 取らなくていいんですか?
何をおっしゃいます どうぞ。

失礼します。

お邪魔いたします。
狭い所で お恥ずかしいですが。

どうぞ。
失礼いたします。

階段 滑りますから
お気を付けください。

うわっ!
どうぞ お入りくださいませ。

お邪魔いたします。
(隆太さん) あっ こんにちは。

(隆さん) うちの息子で
今 いろんな 数々の品を開発して。

(隆さん)半ズボンなんか はいてね
親父にすりゃ ヤダなと思って。

どうぞ お入りくださいませ。

手編みなんですね。
(隆太さん) そうですね。

組み玉っていうんですけど
組み玉に シルク… 正絹です。

糸を 何本も束ねて
ひと玉に巻き付けた後に…。

組み台というんですけど 組み台で
この糸を組み込んで行く作業を

組み紐っていいます。

この天板の部分を…
天板とは言わないんですね。

呼び方が 別名でありまして

鏡って呼ぶんですね ミラーの。

自分を映すっていう意味で。

ひと目ひと目
組んでいる動作っていうのが

組み紐に 全部 現れて来るので。

僕たちの気持ちとか 心情とかが
表れて来るっていう意味で。

自分を映し出す… 対面して
鏡っていうふうに呼んでます。

もし よかったら 組んでみます?

えっ!?
<アハハハ>

ちょっと やってみたい。
体験用というか これの…。

丸台なんですけど
小っちゃい ミニ丸台もあるので。

ちょっと じゃあ。
この ミニ丸台…。

こっちの台で編みますので
移動します。

かわいらしい台ですね。
そうですね 小ぶりな。

ミニ丸台って呼んでるんですけど。

できる? これ…。

あぐらでもいいですか?
あぐらでも大丈夫です。

上を持って…。
これですか。

左手で その下を持って

反対側に移動します。

幅は普通?
はい。

よいしょ 戻して…。

<大ヒット アニメ映画 『君の名は。』で
注目された 組み紐>

<組み紐は 組んだ人の心を
映し出すそうですが

ほうかさんは どうかな?>

こうですか?
はい お疲れさまです。

切れた。
できました。

お父さん。
(隆さん) はいよ。

(隆太さん)
木下さんが組んでくれて 早速。

さようですか
どうも ありがとうございます。

今 出来上がって…
判定をお願いいたします。

(隆さん) 失礼して
拝見させていただきます。

拝見します。

(隆さん) 真っつぐなね
真摯に向き合った組み紐が

できてしまいました。
<ハハハハ!>

アカンことみたいですけど。
<アハハハ!>

(隆さん) 木下様はね 個性強い
お役を やってらっしゃるから

イメージで
よれた紐 できんじゃねえかと…。

申し訳ございませんが
思っておりました。

本当に 真正直で
真摯に向き合った

ふくよかな紐ができております。

こひさん よく聞いといてください
今 おっしゃったこと。

名俳優という。
<ハハハ! はいはい>

<しっかり聞いてましたよ>

(隆さん) 素晴らしいです。
うれしいです。

<創業132年の老舗で

技と歴史を 共に紡いでいる
4代目と5代目>

<現代の名工にも
選ばれている

4代目の 福田 隆さんの
伝統の技>

<そして その技を
現代に生かすアイデアは

5代目 隆太さんの仕事です>

<戦国の世 武具に使われていた
組み紐は

江戸時代 帯締めや
羽織締めとして 愛され

21世紀の今 先人たちの
意気と美意識を伝える

東京の
伝統工芸品となっています>

4000円と… ちょうどですね。

ありがとうございます。
ありがとうございました。

ありがとうございました。
ありがとうございました。

すいません
帰りしなに恐縮ですけども

お江戸 日本橋の
送り出し方がありまして。

拍子木で 一本たたいていただき
ご唱和 願いたいと思います。

では ますますのご活躍を
ご祈願いたしまして お手を拝借。

(3人) よ~お!

(三本締め)

ありがとうございました。
(隆さん) ご活躍 お祈りします。

ありがとうございました。
お世話になりました!

いや~ なかなかね できない体験。

すごい
ちょっと ドキドキしてますけど。

<生粋の江戸っ子との出会い
楽しかったですね>

<続いては 九段下で途中下車>

え~ 九段下ね。

真っすぐ…。

まぁ でもね…。

案外 人通り 少なそうですから
こっち 行こうかな。

こっちです。

これ 裏辺りだから
まず来たことないもんね。

おいしそうなラーメン屋。

あっ!

今までの流れに なかったような

おしゃれなお店っぽいな。

ちょっと見たろ 何や? これ。

あっ!

えっ? 文房具屋?

何か あれかな?

絵の具屋さんかな?

あ~! 書いてるよ。

「Paper Tree」。

紙でしょ 木でしょ。

あ~ これか。

<あっ 寄るのね>

ちょっとね 何か 興味深い。

押し。

ごめんください。

ちょっと よろしいですか?
(岡本さん) はい。

こちら 文房具屋さんですか?

(岡本さん) 文具も
扱っているんですけれども

お手紙でしたり
手書きのものを書く

アイテムだったり ツールだったりを
扱っている店になるんです。

今どき
メールとかの時代ですから

ひとに ものを書くっていう機会
ゼロに近いですね。

やはり 皆様
そうおっしゃる方が多くて。

皆さん メールの世界で
用事を済ませてしまうので

むしろ 短文の 短い文章でも…。

「ありがとう」とか書いただけで
すごい感謝された!ですとか

その価値が上がっている部分も
最近は あるようです。

それが どんなものなんですか?

結構 皆さん
ぱっと 目を引かれるのが

この立体カードというものが
やはり 華やかなので

いろいろなメッセージのカード
ご用意はしているんですけども。

飛び出す絵本ですね。
そうなんです こういった…。

すごい!

「have a beautiful day」。

多目的に
お礼状としても使えるような

大人っぽい感じのものも
結構 人気だったりします。

こちらのカードに

何で メッセージを
書いていただくかって時に

あちらに筆記具ですとか
そういったものもございまして。

これ 筆記具なんですか。

あっ!

こちらは いわゆる
ペンとか万年筆のものではなく

少し特殊な…。

結構 変わった…
けったいな形した筆記具ですけど。

文字を書くために
傾斜が どうしてもつくので。

それが このホルダーの部分から
ついているので

書きやすいペンなんです。

これを使うと こんな
ステキな文字が書けるんですか?

こちらは 全て この種類のペンを
使っていただいて

手書きで書かれた
カリグラフィーっていわれるもの。

西洋書道っていうものなんです。

<手書きの文化を通じて
人と人とが

温かくつながる世界が
広がってほしいという思いから

新たな手紙の楽しみを提案する
Paper Tree>

<海外の 立体的な
グリーティングカードや

西洋書道 カリグラフィーの
ペンやインクもそろい

書き方を学べる教室もあります>

<うわ~ こんな
ステキな文字が添えてあったら

うれしいですよね>

<かつて ヨーロッパの貴族が
手紙に封をするのに使った

封ろうこと シーリングスタンプ>

<これを おしゃれに
普段使いできるキットも

売っています>

ゆっくり ゆっくり。

あっ! 固まってる。

カッチョいい!

見て!
<お~!>

映画で見たことある
そのまんまですよ。

ステキです お上手です。

ご自分のマークだったり
手書きの文字を

オリジナルアイテムとして
デザインに落とし込んで

お作りすることもできるので…。
えっ!

複雑… こんなん どうです?

難しい?

線画であれば どういったマークも
できるので

キレイにできると思います。
最近 考案したんです。

どうでしょう?

よかったら 1つ差し上げます。
うれしい!

ありがとうございます。

こちらのマークは すごくキレイに
はまると思います。

こんなんできたら うれしいな。

ぜひ お作りさせてください。
やった!

800?
(店員) 8800円です。

ありがとうございました。
楽しみに待ってます。

どうも ありがとうございました。
ありがとうございました。

いや~
全く忘れていた大切なこと

手紙 書くっていうの
思い出しましたよね。

<本当ですね>

僕 子供の頃 文通してたんすよ。

少年誌とかの巻末に
住所 載ってたじゃないですか。

思い出すわ 文通。

ペンフレンド 欲しいな。
<えっ!?>

こっち!
<こっちって どこ 行くの?>

<ねぇ! 聞こえてる?
ほうかちゃん>

<秘密ってこと?>

<駅まで
戻って来ちゃいましたね>

なかなかの階段ですね。

うわっ!

こひさん 見えた! あれ!
<どれ?>

♪~ あの大きな玉ねぎの下で

♪~ 初めて君と会える

♬~ 九段下の駅をおりて
坂道を

♬~ 人の流れ 追い越して行けば

♬~ 黄昏時 雲は赤く焼け落ちて

♬~ 屋根の上に光る玉ねぎ

<そういえば この曲
ペンフレンドを思う曲でしたね>

<オリジナルの ステキな
シーリングスタンプもできたし

ペンフレンドできると
いいですね ほうかさん>

<さて 東西線の旅
今度は 神楽坂で途中下車>

名前… 響きが おしゃれですよね
神楽坂。

女性も大好きだし。

そっち 行こうか。

おデートにも最適な場所ですよね
神楽坂ってね。

このツタ…。

アイビー いいですよね。

これが わざとか 自然か
分からないですけど。

あっ! ちょっと もうね…。

見つけちゃったよ。
<うん?>

今 見えてん 「おはぎ」。

大好きなやつ。
<知ってますよ>

「あんこ好きのみなさまへ」。

「無添加 手作り!」。

「専門店」。

「つぶ」! 「きなこ」「ごま」。
<ハハハハ>

「ここを右に30歩!」。

白いのぼり…。

あれや。

これ 誰基準? 絶対 無理やん。
<どうかな?>

30歩!?

やってやろうじゃないか
絶対 行くから。

1・2・3・4・5…。

<神楽坂で見つけた
おはぎの専門店>

<お店まで30歩
本当に行けるかな?>

23・24・25・26…。

あれ!?

かわいらしいお店ですよ。
<本当だ>

「おはぎと大福」。

何か アイデア商法みたいです。

並んでないもん 見えない。

すいません ごめんください。
(立原さん) は~い。

こんにちは。
(立原さん) いらっしゃいませ。

商品 隠れてますね。
コロナなので ちょっと…。

先ほど そちらの角の看板 見て

引き付けられたんですけど…。
ありがとうございます。

引き寄せられて来たはいいけど…
30歩って書いてた。

偽りですよね?

何歩でしたか?
50~60。

誰基準? スキップ30歩?

そういうところもありますね。
<え~!>

私 大好きなんです おはぎ。
本当ですか。

開けますね。

かわいい!

きな粉 黒ゴマ!

こしはええわ。
<え~!>

うわ~ いいなぁ。

食べたい。

つぶあん 1個。
ありがとうございます。

大きさがいいですね。
小さめで食べやすくなってるんで。

種類があるので 何個か
行っていただくコンセプトですね。

ほうじ茶 頂きます。
分かりました。

お2つでよろしいですか?
はい。

2つで410円になりますね。
あっ はい。

これせんとアカン。

410円。

もう1回 やっとこ。

こちらになります。
すいません。

竹串がありますんで
そちら お使いください。

看板…。

チェアで食べてもよろしい?
お外でお願いできたらと思います。

すいません レシート。
ありがとうございました。

ありがとうございます
ごゆっくり。

うわっ うれしい!

こひさん!
<何です?>

私の大好物な おはぎ。

<うれしそうですね>

しかも 食べやすいサイズで。

軒先で。

ほうじ茶って珍しいですね。
<初めてです>

まず 一番オーソドックスな…。

うわ~ うれしい!

めっちゃ うれしい!

いただきま~す。

うん。
<どう?>

こいつは うめぇや! ヤベェぜ。

これ シソ 入ってるわ。
<へぇ~>

こういうアイデアって おはぎで
あんまり見つけたことないなぁ。

ここで ほうじ茶。

行ってみよう。

珍しいですよ ほうじ茶の おはぎ。

行ってみま~す。

もう 香り。

例えば
おはぎとお茶って言うけど

水で ほうじ茶の おはぎだと

お茶じゃなくても行けそうですね。

<店主の立原さんは

元々 おはぎを
作るのが大好きで

休みの日に作っては
お裾分けしていたそうです>

<それが
あまりに おいしいので

友人たちから お店を
やったほうがいいと勧められ

今年1月 会社を辞めて
このお店を始めました>

<もち米に シソを混ぜ込み
甘みを抑えた

大人の味わいが
口コミで評判を呼び

今では 行列ができるほどの
人気だそうです>

シソが入ってるという
アイデアがいいですよね。

そして 迷子か。
<え~ 迷子?>

あっ!
坂だし こっち 行ってみようか。

よし。

あっ! 何? これ。

時計の絵が。

おっ!
<どうしたの?>

「vintage watch」って書いてます。

こんなとこにあったん?
知らんかったな。

絶対 行くでしょ。

<お好きでしたっけ?>
私 超マニアです。

<へぇ~!>

あっ!
<何?>

<神楽坂で見つけた
ビンテージウオッチのお店>

<ほうかさん マニアだそうで>

あっ!

広告…。

失礼します。

珍しい! 昔のやつ。

これ 額ごと欲しい。

失礼します。

へぇ~!

うお~! いろいろある。

こちらって 結構前から
やってらっしゃるんですか?

(小林さん)
まだ2年半ぐらいです。

まだ新参者です。

でも 若いですよね?
35なので。

時計の歴史とか
知ってはりますか?

どういうふうに 腕時計が…。
腕時計の歴史ですか。

腕時計は

懐中時計を 腕に縛って着けたのが
始まりぐらいとされていますが

腕時計として
一番最初にできたのは

カルティエが サントス・デュモンに…。
僕 それ 知らんかった。

カルティエが最初。

腕時計として作った時計としては
始まりが そこだといわれてます。

意外と 腕時計としての歴史は
まだ110年ぐらいなので

比較的 浅いほうですね。
そうですよね。

懐中時計なんかですと
1700年代ぐらいから

いろいろ
古いものはありますけれども。

ちょっと いろいろ 細かく
拝見させていただきたいです。

うれしいなぁ。

うわ~ いろいろある!

わくわくしますよ。

こひさん
私 かなり重症なんですよ。

<そんなに好きなの?>

これ IWCね。

結構 さまざまな…。

オメガ。

うわ~ いいなぁ。

あの~ 僕 ちょっと
ゆっくり見たいんですけど…。

ベタな質問していいですか?
はい。

現状 この店にある時計で

一番安いのって どれですか?

一番安いのであれば

そこのレマニアの…。

これ お幾ら?
8万8000円。

そうすると
逆に 高額なやつって…。

高額っていっても

こちらのヴァシュロンですね。

50年代のヴァシュロンです。

これで 66万でお出ししてます。
これはいいなぁ。

大人の… 18金。
はい。

<店主の小林さんは 7年前
勉強のため ドイツに渡り

ヨーロッパを巡りながら
ビンテージ時計を買い付け

2年半前に
お店を構えました>

<今の時計と違い
ビンテージ時計は手作りで

直せるのが魅力だと言います>

<職人たちの技と
物を大事にする心が込められた

ビンテージ時計を
末永く使ってほしい>

<そんな思いから
いつでも修理できるよう

お店にある時計の部品は
確保しているそうです>

<こちらは
懐中時計を置き時計にしたもの>

どうも ありがとうございました。
ありがとうございました。

ゆっくりと交渉に伺います。
お待ちしております。

時計で困ったことあったら
相談 乗ってください。

失礼いたします。
ありがとうございます。

<ほうかさん 満喫しましたか?>

すごい いい店 発見しました。

あんなに わくわくして…
時計技師で時計屋さん。

カッコええわ。

<1つの道に打ち込むって
カッコいいですよね>

<東西線の旅 続いては早稲田>

早稲田といえば ラーメン!
ラーメンの激戦地。

ラーメン屋が たくさんある。
<はいはい>

うわっ かわい子ちゃん。

こんにちは。

あった あった!
早速 ありましたよ。

近江 醤油…。

おっ!

創業1853年。

<お~ よさそうですね
入ってみます?>

いや まだね 判断 早いな。
<えっ?>

だって
まだ来たばっかりですから。

もうちょっと じっくり探ろう。

これは… あっ!

つけ麺か! いいね。

<つけ麺 好きなの?>
うん。

つけ麺は 普通のラーメンよりも
麺が多いんですよ 大体。

<なるほど>

空いてる。

<おいしそう>

<入ります?>

ヤダ! ヤダ。
<ヤダって!>

えっ?
<えっ?>

バナナ 掛ける バナナ…。

「Banana×Banana」。

何? これ。

ハンマーでしょ? これ。

<えっ 何でハンマー?>

あっ
バナナ2本分のバナナジュース。

ハンマーでクラッシュする?

どういうこと? どういうこと?

たたく…
で ジュースにするのかな?

これ 面白そうじゃないですか。
<えっ ラーメンは?>

どっか 行って。
<えっ ちょっと ラーメン…>

こんにちは。
(飛鳥井さん) いらっしゃいませ。

ちょっと いいですか。

何で 金づちというか
木づちが付いてるんですか?

(飛鳥井さん) 中に
丸ごと バナナ1本 入ってて

ハンマーで お好みのサイズに
砕いて お飲みいただく。

食べるのと飲むのが
同時に味わえるバナナジュース。

面白そう! やってみたい。
本当ですか。

え~っと メニュー どこ?
こちらになります。

初めてですよね?
初心者。

そしたら
プレーンがお薦めになります。

じゃあ それで。
ありがとうございます。

先払い。
お会計のほう 失礼します。

面白そう!
プレーン 600円になります。

たたいて飲んだことありますか?
ないです。

<ハハハハハ!>
ないですよ。

ありがとう。
プレーン 1つお願いします!

≪ありがとうございます≫

椅子はない 立ってやる。

ハンマー あるやん。

本当にやるの?

<ハンマーでたたいて飲む
謎のバナナジュース>

お待たせしました
こちら プレーンになりますね。

ほぉ。

中に 丸ごと
バナナ1本 入ってるんで

ハンマーで お好みのサイズに
たたいて大丈夫なので。

たたき終わったら

上のほうを 1cm 開けて
ストロー 差して お飲みください。

たたけばいいんすね。
中のバナナをたたいてください。

冷た~い!

確かに バナナ1本
しっかり入ってますね。

これ たたくんか。

日頃のストレスを
ここに ぶつけてください。

えいっ! コノヤロ~!

こひ! こひめ!

こひ! こひ!
<コラ コラ! 何で僕なの?>

聞いてた?
<聞いてますよ>

<あれ!? もう終わり?>
破けそうで怖いもん。

<えっ さっきまでの強気は?>
どっか 行った。

破けそうで怖いんで やめま~す
このへんで。

よし!
じゃあ 飲もうかな~ フフフ。

楽しみ! どれどれ。

あれ?

うん!?
<どうしたの?>

詰まって 出て来ない。
<アハハハハ>

たたき不足。

えっ!? どうなってる?

すいません
これ ハンマー不足ですかね?

そうですね
たたき損ねちゃったかもしれない。

でも 1回 開けたら できない。
そうなんですよ。

どうしよう。
<え~!>

クソ~! こひめ。

<コラ コラ!
ひとのせいにしない>

<お客さんが
自ら ハンマーでたたいて

好みの口当たりにできる
バナナジュース>

<プレーンに
チョコや練乳などのソース

イチゴやキウイなどの
トッピング を加えることもできます>

<注文を受けてから
一杯ずつ作るのがこだわりで

まず 完熟させたバナナ1本と
ミルクをジューサーに入れ

真空状態でジュースにします>

<そのジュースと
丸ごと1本のバナナを

衝撃に強いビニールで密封>

<テイクアウトメニューも
充実していて

冷凍で
お取り寄せもできるそうです>

<自由気ままな 楽しい旅でしたね
ほうかさん>

<降り注ぐ太陽が
風景をカラフルに彩り

風が セミの声を運んで来ます>

<ステキな
夏の一日になりました>