ジャンクSPORTS【大谷翔平(秘)スクープ連発!今年のホームラン大放出!】[字][デ]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ジャンクSPORTS【大谷翔平(秘)スクープ連発!今年のホームラン大放出!】[字][デ]

大谷翔平の知られざる(秘)スクープ連発!野球塾にお忍び通い!?衝撃のマネー事情▽今年前半のホームラン全て見せます!誰でもホームランが打てる?秘密を徹底解剖

ご案内
放送中、データ放送に参加するとQUOカードが当たるチャンスが!
▽オフィシャルホームページ 
http://www.fujitv.co.jp/junksports/index.html  
▽番組Twitterもぜひご覧下さい!
番組内容
『ジャンクSPORTS』は、MCの浜田雅功と、各界で活躍する一流のアスリートたちとのクロストークが大きな見どころ。
今回は、大リーグのオールスターゲームで史上初の投打同時出場を果たすなど、世界中が大注目の大谷翔平スペシャル!大谷の最新情報をはじめ、とっておきの貴重な“スクープ”情報満載でお届け!スタジオには日ハム時代にコーチとして大谷を指導した白井一幸、メジャーリーグ5球団で活躍した斎藤隆、
番組内容2
そして大谷と同じエンゼルスにも所属した髙橋尚成。さらに野球大好き・大谷をこよなく愛する、なにわ男子の藤原丈一郎、芸人界の野球ファン代表・トータルテンボスの藤田憲右、SNSで話題の野球女子YouTuber(ユーチューバー)・めいちゅんが登場。それぞれが大谷のスゴさにまつわる“ビッグスクープ”を紹介する。
出演者
【MC】
浜田雅功(ダウンタウン) 

【進行】
永島優美(フジテレビアナウンサー) 
三宅正治(フジテレビアナウンサー) 

【ゲスト】
斎藤隆(野球) 
白井一幸(野球) 
髙橋尚成(野球) 
藤田憲右(トータルテンボス) 
藤原丈一郎(なにわ男子/関西ジャニーズJr.) 
めいちゅん 
(※50音順)
スタッフ
【総合演出】
當麻晋三 
【チーフプロデューサー】
蜜谷浩弥 
【スポーツプロデューサー】
長谷川雅宏 
太田光史 
【スポーツディレクター】
齋藤拓也 
【制作】
フジテレビ 第二制作部、スポーツ部

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 三宅
  2. 大谷選手
  3. 大谷
  4. 藤田
  5. 斎藤
  6. ホームラン
  7. 藤原
  8. 浜田
  9. 白井
  10. 翔平
  11. ピッチャー
  12. ホント
  13. 打球
  14. 注目
  15. 角度
  16. 選手
  17. 二刀流
  18. バレルゾーン
  19. ボール
  20. シーン

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





[大谷 翔平…]

[名だたるスラッガーの中で

150m超えを6本も放つという
好成績を残した 大谷]

[その翌日]

[オールスター戦
91回の歴史で 史上初]

[投手と打者の
二刀流で出場]

[今年 まさに 世界中から
注目される大谷 翔平を

元メジャーリーガーや
解説者たちが徹底取材]

[題して…]

(浜田)久しぶりに三宅さんだ。

今回は 大谷 翔平選手の
最新情報に加えまして

大谷選手を近くで見ていた方
ファンだから知っている秘密など

ビッグスクープとして浜田さんに
お届けに参りました。

そら いい情報は
欲しいですけどね。

まずは 恒例。 大谷 翔平
ホームラン 全て見せます。

今年は長いです。
いや ホントに。 確かに。

(三宅)さあ それでは
早速 参りましょう。

大谷選手が全米中から
注目されるまでの軌跡とともに

ご覧ください。

大谷選手の 今シーズン前半戦の
全ホームランをお届けいたします。

(三宅)さあ SHO-TIMEの
幕開けです。

記念すべき 1発目は。

(三宅)さあ 完璧に捉えた打球は?

(三宅)見事 スタンドイン。

(三宅)続いて ピッチャーとして
初先発した この日。

(打球音)
(藤田)音。 音 やべえな。

(三宅)快音を鳴らして
飛んだ一撃は…。

(三宅)ぐんぐん伸びて
センター バックスクリーンへ。

(三宅)完璧に捉えた打球は…。

(三宅)
高く上がった この1発で…。

(三宅)第6号は
打った後の大谷選手に注目。

(三宅)これまた
完璧に捉えた打球は

ホームランゾーンから跳ね返り
フィールドへ。

すると 大谷選手は…。

(三宅)地元メディアも
記録的な速さでベースを疾走と

褒めちぎりました。

(三宅)4月最後の試合となった
この日も打ちます。

(三宅)すくい上げた打球は
ライトスタンドへ イン。

(三宅)4月終了時点で
ホームランランキングも2位となり

MLB公式サイトも 翔平は…。

(三宅)5月に入ると
実況も 味付けを始めます。

(三宅)いわゆる
サヨナラホームランではありませんが

バックスクリーンに吸い込まれた打球を
「サヨナラ」と表現。

AP通信の記者は
「人工衛星にぶつかったかも」

と ツイート。

(三宅)打った瞬間に
ホームランだと分かる

完璧な一撃。

(三宅)第11号は 打ち方に注目。

(三宅)よく見ると
右手1本で打った

技ありの一発。
この当たりが…。

高い壁 グリーンモンスターを越え
見事 ホームラン。

(三宅)
ライトのポール際へ放り込んだ

逆転ツーランホームラン。

(三宅)第13号は
とんでもない球を打ちました。

(三宅)地面から
およそ1.3mという

ハイボールを
ホームランにしたのは

エンゼルスの歴代1位の記録。

(三宅)第14号は 打った瞬間に
ホームランと確信した…。

三宅さん まだまだ あるよ。
(三宅)さあ 5月 最後の一発は…。

まだまだ続きます。

≪まだ半分
終わってないですもんね。

(三宅)弾丸ライナーで
ファンから大喝采。

(三宅)何と 現地の女性から
「私とデートしませんか」と

日本語でデートのお誘いも。

さあ いよいよ6月に入ると
さらに加速。

何と 1カ月で13本と大暴れ。

第16号は マリナーズ
菊池 雄星投手から。

(三宅)花巻東の先輩 菊池投手から
お構いなしのホームラン。

(三宅)続いて 第17号は
打球の飛距離に注目。

(三宅)飛距離143mは
メジャー自己最長記録。

(三宅)そして 6日間で
6ホーマーの大活躍。

大谷 翔平の快進撃は
止まりません。

おかしい おかしい おかしい。

(三宅)続いて 第24号は
打球の行方に注目。

(三宅)何と 電光掲示板の
上段に直撃。

(三宅)高~く上がった打球は

そのまま スタンド席に
吸い込まれていきます。

第26号は 名門ヤンキースの本拠地
ニューヨークでの一発。

(三宅)打球速度 188キロという
弾丸ホームランに

思わず 現地の実況が…。

(三宅)大谷 翔平を
ニューヨークが認めた瞬間。

つまりは 全米が大谷選手を
認めたと言っても

過言ではないでしょう。

その証拠にオールスターのファン投票では

196万票と 断トツの結果に。

(三宅)まったく とどまることを
知らない 大谷 翔平に…。

(三宅)
お聞きください。 この歓声を。

(三宅)打った瞬間 スタジアム中から
さらなる大歓声。

球場全体が 大谷選手の活躍を
たたえています。

(三宅)そして 31本目は
あの 松井 秀喜選手が持つ

日本人シーズン最多本塁打記録に
並ぶ一発。

(三宅)センターにはじき返した
一撃は 推定…。

(三宅)カメラマンが見失うほどの
巨大な一撃。

(三宅)今シーズンは
これからが後半戦。 大谷選手の…。

(永島)大丈夫ですか?
今 もう…。

(三宅)今 言っていいですか?

(三宅)これは無理。
何ぼ 何でも。

収録後も
大谷選手の勢いは止まらず

もう 呼ばれてしまいました。

しっかりと 後半戦のホームランも
私 三宅がお伝えしてまいります。

(三宅)第34号は ボール球を
しゃくり上げた 豪快なホームラン。

(三宅)ホームランダービーの疲れを
感じさせない 一打となりました。

(三宅)打球速度181キロ。
打った瞬間に確信した

強烈なホームラン。

(三宅)さらに

ピッチャーとしても…。

大谷選手の活躍が続く限り
私は この身を捧げます!

白井さん どう思いますか?
4月から打ちだして。

やっぱり 大谷の打ち方は

どうやってもホームランになる
打ち方をしてるんですよ。

えっ?
映像 見ても分かるように…。

あれっ ちょっと調子が悪いな
っていうときに

私は ある選手に…。

大谷の近くで
言ったんですよ。

それを…。

おい おい おい おい…。

それ ちらっと聞いてて…。

もしかして…。

あのさ 俺 1個 いいですか?
大谷選手がホームラン打って…。

こうやるやん。

あいつ めっちゃ気になっててん。

あいつ 絶対 おんねん。

誰?
キューバ出身の選手で

イグレシアス
っていう選手なんですね。

まあ たぶん…。

毎回 おるからさ。

よっぽど好きなんやなと思って。

前回 君 全然…。

[実は 2年前 大谷選手の
独占スクープを手に入れるため

エンゼルスOBの橋が
アメリカに渡ったのだが]

(橋)向こうから
入ってきちゃったって。

そういう手があったか。

[ことごとく失敗]

[何のスクープも
入手できなかったのだ]

(橋)嘘でしょ?
あ~ もう…。

実は あれ スタッフたち
クルーが

バッといって 大谷選手のこと
ワーッて撮るから…。

球団もね。
エンゼルス出身ですから 僕。

エンゼルスのことは
だいたい分かりますから。

エンゼルスのことを
バッてやると…。

(橋)なんで 今度…。

いや いや いや…。

ばっちりいけますから
大谷選手のこと。

全部いけますから。
今日は大丈夫ね? じゃあ。

(橋)任せてください。

(三宅)さあ ここからは
皆さんだからこそ知っている

浜田さんに知ってもらいたい
大谷選手のビッグスクープを

教えていただきましょう。
皆さんが持ってきた

ビッグスクープ。 こちらです。

このようになってます。
何か 色々あるなあ。

一番左 関係ないやろ!
ちょっと 入ってますよね?

(三宅)「永島 優美アナの
グラビア写真集を自費出版」

気になりますけども。
やらない。

出させてもらえよ どっかから。

相当 出したかったんすね。

まずは こちらから参りましょう。

そりゃ 世界のに…。
白井さん どうでしょうか これは。

私の中では…。

ホント そうですよね。
「僕の翔平」って。

ちょいちょい入ってきますね。
そうよ。

(三宅)大谷さんへの称賛は
野球の垣根を越えて

世界の名だたる方々が
コメントをしていると。

まずは 前回の野球 WBC
MVPのストローマンです。

すごい表現するな。
続いて NFL

アメリカンフットボールの
スーパースターのJ.J.ワットです。

なるほど。
そして NBA

バスケの
年収70億 デュラントは…。

バスケのスーパースターも
今 夢中になってます。

さらに アメリカメディアの
有名アナリストです。

でも すごいですね。
こういうふうに言われるのは。

やっぱり 去年までの
盛り上がりとは ちょっと

斎藤さん 違いますか?

ニューヨーク・ヤンキースなんかに
至っては

大谷 翔平を獲得するために

数億円かけて準備してたんですよ。
ミーティングの準備をしてたんですが…。

ヤンキース
ボストン・レッドソックスとか。

そのチームがですよ。
ファンは全員それを知ってるのに

そんな大谷が来て ああやって
歓喜に沸くっていうのは

やっぱり 大谷 翔平は…。

(藤原)大谷選手って
やっぱ すごいじゃないですか。

ちょっと そんな 浜田さん…。

君の意見を…。

(藤原)ホンマにね お二方
優しい目 してたのに…。

(藤原)大丈夫ですよ ホントに。
僕 プロ野球では

関西出身なんで
オリックス・バファローズが好きなんですよ。

その試合に 大谷選手見てたら
やっぱり オリックスファンからしても

めちゃくちゃ
カッコイイわけですよ。

手 振ったら…。

はぁ~って。
いや いや いや…。

そりゃ 言われりゃ 俺もする。

(藤原)ホンマに好きで
僕も あるんですよ。

大谷選手 すご過ぎて…。

(藤原)でも それが故に
メジャーでも超絶有名な…。

(藤原)そんな選手が
あることをしたんですよ。

[デトロイト・タイガースの主砲]

[現役選手で唯一 打撃三冠王を
獲得した ベテランスラッガー]

[そんなレジェンドがいる
タイガースとの一戦]

[大谷選手は…]

[今シーズン 3勝目を挙げる
試合となったのだが]

[カブレラが大谷選手と
仲良くなりたかったのか

そのコミュニケーションの
取り方が話題に]

(藤原)カブレラ選手と大谷選手
しゃべってます。

普通に しゃべってますけど…。

あれ? あれれれ? あれ?
これぞ チン事件!

何や それ。

ありがとうございます。

(藤原)これって…。

あんま 見たことないですね。

おい!

何 言ってんねん。
尚成はどうですか?

尚成 何かありますか?

漫画になった
っていう記事なんですけど

こうやって 漢字も使われて。
現地の新聞ですから

日本語なんて 載ることは
ほぼ ないんですけど

こういうことなんですよね。
すごいやん。

(橋)たぶん…。

何なん もう。
「たぶん」やない。

それやったら
みんな言えるやんか。

(三宅)もっと 何か
他に ないんですか?

最近 大谷選手が
活躍しだしてから

うちの近くのモールとかで
よく 大谷選手のユニホームを。

今まで見たことなかった
ユニホームを見るように。

「大谷」って書いてある
漢字で書いてあるのが

見るんですけど だいたい
大谷選手の…。

浜田さん。

(三宅)そして 藤田さんは
アメリカの野球ファンで

話題になっている噂話を知っている。
何? それ。

大谷選手が…。

えっ?
(藤田)あるんですよね。

ベーブ・ルース こちらですね。
ある1週間にスポットを当てて

その1週間に 大谷選手が
1勝で6ホーマー。

ベーブ・ルースが1週間で
1勝で7ホーマーと。

これが 何と…。
何か 似てんなあ。

そう。 これが 何と
100年前の まったく同じ時期。

だから 大谷 翔平は
生まれ変わりじゃないかっていう…。

最近…。

(藤田)似てますね はい。

お前 言い過ぎやろ。

[現在 人気急上昇]

[ギャルの野球女子として
活躍中のYouTuber

めいちゅんには 大スター…]

めいちゅんさんも 4年前…。

つくったという話があります。

昔は…。

(藤田)
これは なかなかですよ 浜田さん。

マジすか?
そして この記録をご覧ください。

(藤田)6~10時 指名をまず
3本 受けるんですね。

その後 ボトル4本入れる。

その後です。 11時から。
3安打4打点 そして盗塁阻止。

この二刀流 めいちゅんじゃないと
できません。

だから 錦糸町でしたっけ?
やられてたのは。

そうです 錦糸町です。

すごいな!

[プロがうなった]

(藤田)バントがくると
思わなかったんで

ここでバントをします。
(藤原)これを 三塁コーチャー

回す 回す! 大谷 走る!
さあ タイミングは?

セーフ!

[ここからは
浜田にぜひ見てほしいという

大谷選手の
スーパープレーを特集]

実は ホームランだけじゃない。
ちょっと これを ご覧ください。

[まずは 大谷選手の第2打席]

[ライトスタンド 2階席へ
19号特大ホームラン]

[そして
5回に訪れた 次の打席]

[ホームランを警戒している
相手チームだったが]

[マイ ベスト オータニサン!]

2打席 連発は
避けないといけないという場面

ここで 大谷が
何と セーフティーバント。

ピッチャー 捕っても間に合わず
セーフ。

これですよ。

[この 極端に右寄りの
守備位置を見て…]

(藤田)守備位置が後ろだから
ここ バントしたら

ほぼほぼの割合で
セーフになるんじゃないかなと。

調子ええから 1本でも多く

打っときたいみたいなとこも
あるもんね。

ホームラン王を取るためだけに
やるんじゃなくて…。

こういうときって…。

(藤田)だから ホームランじゃなくて
確率の高い…。

というのを見せつけるために。
いや 分かります。

言うてること
ホントに分かりますけど それ…。

(藤田)言ってない。

(藤田)子供たちに メッセージ
なんじゃないですかね。

いや でも 言ってることは
分かりますよ。

[続いては…]

バッティングもピッチングも
すごいんですけど…。

確かにね。
(藤原)めちゃくちゃ速くて

今 もう 盗塁ランキング
現時点では8位なんですよ。

おかしな話。
(藤原)さすが 大谷選手という

映像を 特別に入手いたしました。

[この日 大活躍だった大谷選手
まずは3回

4点のリードを許していた場面で
ホームランを放ち

さらに 次の打席で
メジャー 一番乗りとなる

30号のツーランホームラン]

[そして 7対7で迎えた最終回
観客の期待が集まる中]

[勝負を避けられてフォアボール。
しかし すごいのは ここから]

[マイ ベスト オータニサン!]

さあ 浜田さん
しっかり 見といてくださいよ。

一塁 大谷 走った!

セーフ!

これだけでも すごいですよ。

走ってます 走ってます
見てください!

ママチャリより速いと
いわれてるんですよ 大谷選手。

さあ ここで…。
おっと ライト前に打ちました。

これを 三塁コーチャー 回す 回す!
大谷 走る!

さあ タイミングは?

セーフ!
そして ここ見てください。

両手を突き上げて
サヨナラホームイン!

(藤原)ここ 見てください!
足が長いんですよ。

浜田さん
キューバの出身の人じゃなくて

ここ!
ここを見てほしかったんです。

(藤田)あいつじゃないんです。
キューバのあいつじゃないんです。

(藤原)着眼点
そっちじゃないんですよ。

今の見るとね 足がすごいね。

素晴らしい。
確かにね

投げて 打って 走っても
すごいんですけどね 実は…。

(白井)あんまり ピッチャーだから
守るとこ ないんですけどね

注目のシーンがあるんですよ。
マジですか?

[大谷選手が3勝目を挙げる
好投を見せた 6月のタイガース戦]

[注目を集めたシーンは…]

[マイ ベスト オータニサン!]

(白井)ここで 相手が
バントをしてくるんですよね。

このバントの打球に対して
ダイビングキャッチ。

これ セーフにはなりましたけどね
この ダイビングキャッチ

この起き上がるスピード。

これは ピッチャーの守備では
ないですよね。

これ でも…。
いやいや うまいっすけど

これ 球団とすれば…。

そこは
無理せんでええぞ みたいな。

斎藤さん どうですか?
(斎藤)あのですね

今年 皆さん 打つことばっかりに
注目してますが

彼が二刀流だから
すごいと いわれてるわけですよ。

(斎藤)何がすごいって…。

[大谷選手 今シーズン 2回目の
先発マウンドとなった試合]

[1回に 3連続フォアボールで
満塁になり 早くもピンチに]

[マイ ベスト オータニサン!]

普通の選手は 球数を だいたい
5回から6回の間に

100球 めどで メジャーの選手は
投げるんですが

大谷 翔平は 二刀流が故に
球数を減らしたいんで

5回を80 6回を90ぐらいのめどで
投げるんですよ。

なので こうやって首を振って
すぐ勝負にいくんですよ。

なるほど。 これ…。

(斎藤)浜田さん…。

すいません すいません。

サインを出して
従って投げるんですが

アメリカで 彼は
二刀流としてやるために…。

故に…。

えっ でも それは現役というか

ご自身がメジャーのときは
どうやったわけですか?

やっぱり アウトに取るために
どうしても…。

(斎藤)二刀流をやるがために
その無駄球を消して。

[続いて…]

大谷選手の笑顔にキュンときた
シーンがあるんですけど。

≪女子 女子。
ホンマや。 そんなん…。

いや いや いや…。

相手を打ち取った後に

折れたバットが大谷選手の方に
いってしまったんですよ。

それを拾うシーンが
キュンとくるんですよ。

あんの? そのシーン。 あんの?

[レッドソックスとの一戦]

[大谷選手の投球で
バットが真っ二つに]

[すると]

[大谷選手 折れたバットを拾い

相手選手へ渡してあげる
紳士な神対応]

あれ 左手でっていうのは?
やっぱり そこも?

ケガしないで 自分のピッチャーの
ことも考えながら

ちゃんと
周りにも親切にできる。

グラブ外して 左手でという。

(三宅)いや いや いや。
別に 来たら。

何 対抗意識 燃やして…。

[大谷選手の…]

(藤原)ここ。

[この後 ビッグスクープ連発!
大谷選手の強さの秘密とは?]

(少女)大坂さんと話した。

(大坂)
テニスとともに生きていける私は 幸せだ。

でも テニスがすべてではない。

はっとした。

幸せではない人や 不公平を見て

黙っていることはできない。

私の情熱を 世界中の人たちに届けたい。

きっと 理想は 現実になる。

世界を 元気に。 くらしを 理想に。

[ここからは 大谷 翔平選手の
ホームラン量産の秘密に関するスクープ]

ということで 白井さん。

(白井)バレルは…。

腹立つわ~。

モニター見てください。 モニター。
分かりました。

バレルは バレル…。

何や これ 「バレル率」って。

えっ? ご存じないんですか?

浜田さん バレル率。

(白井)いやいや これ…。

(白井)ホント ホント。
えっ? 何すか これ マジで。

(白井)まあ 分かりやすく
VTR作っておりますので

どうぞ。
すいません。

[おやおや 困りましたね]

[このようなことに
ならないために

あらかじめ
ホームランを打つための方法…]

古いねん 何か 作りが。
教習所みたいや。

[バレルゾーンとは

バットから放たれたボールの
速さと角度から

長打になりやすい範囲を
計算したもの]

[大谷選手は
この バレルゾーンに大切な

打ったボールの速さと角度の
2つの数字を理解しているから

ホームランを
打てているんですね]

[これは…]

[しかし いくら
大谷選手といえども

角度がよくないと
ホームランにはなりません]

[これでは…]

[自分自身の打ったボールの
速さを理解し

バレルゾーンと
うまく付き合うことで

誰がバッターであっても
理論上では

ホームランを打てることが
分かっています]

[ボールを
遠くへ打ちたいときは

バレルゾーンの計画を
しっかりと立て

安全で楽しい 1日になるよう

心掛けましょう]
誰でも 打てるわけないやろ。

そのゾーンが分かってるからって。

まあ ある種ね。
ある種 そうですよ。

でも あれは 例えば 泳いで…。

こうやって打ってんのに
入ったっていうのにも。

どうなんですか?
あれ 入ってるんですよ。

そうなんすか。

バレルゾーンっていうのは
一番 長打になりやすい角度と

打球速度っていうのが
あるんですよ。

だいたい
25~30度ぐらいの角度で

飛んでいくと
ホームランになりやすいんですよ。

(三宅)打球速度が速ければ
その角度に かなり

幅が出るわけですよね。
(白井)そうです。

(白井)
ぐらいの角度で飛んでるので

飛距離が出るという。
だから 今年は…。

すげえな。
すごいんですよ。

すいません…。

(斎藤)これですね
ホントの始まりは

弱いチームが
強いチームに勝つために

開発された スタットキャスト
っていう

データを重んじてたものの中の
項目の一つとしての

打撃のゾーンを
バレルゾーンって

後に 名前が付けられたんですね。

弱いチームがね。
(斎藤)それが もう 今…。

強いチームも
ドラフトでとる高校生 大学生も

トレードでとる選手も…。

こうやって 一般化されて

われわれも
バレルゾーンっていう言葉を

使うようになったんです。
(藤田)だから 他の選手が

じゃあ みんな
バレルやればいいじゃんって

思うんですけど
そういうわけでもなくて。

大谷選手っていうのは…。

だから すごく この時代になって
合うようになったっていう。

ホンマかいな。

[ここで…]

(藤田)ピッチャーが ここで…
こう いますね。

何してんの?
(藤田)あっ すいません。

キンブレルのまねをして…。
(斎藤)クローザーのね。

知らんし。
(藤田)ここでボールが

バーンと投げました。
こう 来ます。

こう 来たのを ここ…。
(藤原)ここ。

(藤田)これ…。

まあまあ
ナイスバレルなんやろうね。

当たってんねんから。
(藤田)浜田さん ここの

これを時計だと思ってみたら
7時ぐらいのところに

バットが こう 入ると

30度くらいの角度で
上がってくらしいんすよ。

真芯で捉えちゃうと これは
ライナーで こうなっちゃうんすけど

ちょっと下めに入る。

7時ぐらいで捉えると
これが ぽーんと上がってって…。

(藤田)どうですか?
浜田さんも バレル…。

どういうこと?
(藤原)おっ どうぞ。

そら 体験ぐらいできるやろ。

(藤田)じゃあ いきます。

これ カーショウ。
≪細かいですね。

知らんねん。 誰やねん。

(藤田)こう きて
ここが ナイスバレル。

何してんねん。
当たったやん。

(藤原)浜田さん 怒っちゃった。

浜田さん 怒りましたよ もう。
当てた。

(藤田)浜田さん でも 今…。

やかましいわ やかましい。

[続いてのビッグスクープは
大谷 翔平選手

今シーズンの
ピッチャーとしての 進化の秘密]

[まずは こちら]

斎藤さん お願いします。
これ どういうことですか?

分かりやすく言うとですね。
ところがありまして。

[シアトルにある
野球専門のトレーニング施設]

[最新トレーニングが話題で
世界各国から 名だたるピッチャーが

自腹を切ってでも訪れる中

大谷選手もここに通い…]

(斎藤)6種類のボール。
重さが色々 違うんですが

浜田さん ちょっと
お持ちいただいていいですか?

黒いボールなんか
持っていただくと。

いや 重いな。
(斎藤)意外に ですよね。

意外に そうなんですよ。
俺 もっと 普通の

ちゃちい ゴムのやつやと…。
(斎藤)でも グレー…。

それも まあまあ。
重いよ。

(斎藤)グレー 持っていただいて
いいですか?

(斎藤)軽いんですよ これ。
何これ?

(斎藤)大谷 翔平が
ピッチングの前

ウオーミングアップとして
これを持って 後ろに こうやって

投げる動作をするんですが
これは もともと伸ばす筋肉を

その前に 後ろに
縮めることによって

これから ピッチング入りますよ
っていう刺激を

この重りを使って
やっているんですよね。

実際に これで ピッチングに
好影響は出る?

見てほしいんですけど
スプリットフィンガー・ファストボールで

三振取るシーンなんですが
まあ…。

(斎藤)もう明らかに
こんなの メジャーなの?

っていうぐらいの差が
バーンと出てくるんですよね。

[大谷選手が投げた…]

(斎藤)こういうのも
ほとんど もう バッターには

真っすぐの軌道で
真っすぐにしか見えてないんです。

なるほど なるほど。
ホンマやね。

こと めいちゅんさん。

キャッチャー目線で見て
いかがでしょうか?

実際…。

(めいちゅん)実際
私から 言わせていただくと…。

(めいちゅん)
落差がすごいんですよ。

今 見てもらったとおりに
すごい 落ちるじゃないですか。

あれと ストレートの伸びが
えげつないので

後ろ… 上にも そらしますし
下にも やっぱ そらすんで。

あれは…。

大谷さんが すごいんですよ
ホントに。

あなたは 結構 速い球でも
捕れるんですか?

(めいちゅん)私は…。

結構 させていただいてます。

≪200キロ?
えっ 嘘?

マックスが240です。
240をキャッチングしたっていう。

200…。

そういうことっすね。
そういうこと。

止めれることないやろ。

重さが違う 重さが。

え~ すごい!
そうなんです。

[この後 肘の手術をした
ピッチャー 大谷を支える

秘密のAI機器。 さらに]

[今後の…]

そして 藤原さんも ピッチングに関する
スクープがあると。

もう すごい成績を
収めたじゃないですか。

それを支えている
あるハイテクマシーンがあるんですよ。

そちらの方を
見ていただきたいです。 どうぞ。

[試合前に
必ず腕に巻いている この…]

[一見 ただのバンド。
これが何かというと]

[最新機器 その名も…]

[内側に
小型センサーが付いていて

ピッチャーの投球動作を
数字で分析してくれる 優れもの]

[いったい 何が
数値化されるかというと]

[ピッチャーが知りたい情報を

分かりやすく 数字で

教えてくれるんです]

[中でも 重要なのが]

[この 肘の疲労度が分かる
「アームストレス」]

[3年前 右肘の手術を受けた
大谷選手にとって

選手生命を左右する 肘の疲労]

計算しながら…。

[ピッチャー…]

こんなもん ホンマ 最近やろ?
こんな機械なんて。

(橋)たぶん…。

すごいなあ。 えっ どうなんすか?
付けてたんすか?

あったには あったんですけど

当時は モジモジくんみたいな
全身タイツで ポイントをつけられて。

で 投球の動作を
解析してたんですよ。

それが あの
ベルト1本になったんで

相当すごい。
すごいなあ。

それで ストレスがたまって…。

どうでもええよ。
それは やっぱ…。

いや いや いや…。
(藤田)そこは やっぱり…。

(藤田)モータスで ちょっと。
ちょっと モータスで。

続いて めいちゅんさんから
お金に関する疑問です。

気になりますよね。
単純にね。

(めいちゅん)皆さん
気になると思うんですけども。

[推定年俸 6億円と

その活躍ぶりからすると

安過ぎる状態]

[2023年以降の契約が
いったい どうなるのか

様々な臆測が
飛び交っているんですが…]

彼の すごいのは…。

と いわれてまして
これが もう

およそ 7億に届くんではないか
といわれてます。

6億後半といわれてます。
まだ…。

何やねんな! 何やねん!
もう 言いようがないんです。

ホント あり得ないんですよ。
じゃあ 次の契約は

どうなると予想してる?
これが…。

(斎藤)年間ですよ。
うん。

年間。
まあ 5年契約にしたとしても…。

普通で 出てきます。
白井さん どう思われます?

(白井)私ね これ…。

ですから 二刀流ですからね
10年で そうですね。

(斎藤)でもですよ もしも…。

(斎藤)…って
言ってしまったときは たぶん…。

[次週は…]

何か ないっすかね。

[二刀流で大活躍中の大谷選手]

[2023年以降の契約が

いったい どうなるのか]

[その年俸は]

[様々な臆測が飛び交う中]

(斎藤)浜田さん でもね。
でもですよ。 もしも…。

(斎藤)
って言ってしまったときは

たぶん 今 言ってる金額では
済まないんです。

球団によって
違うってことですか?

どうしても
あのピンストライプを…。

もう 本物の…。

って なったときは…。

(斎藤)っていう話が。
(藤田)マジっすか?

もともと ベーブ・ルースは
レッドソックスから

トレードで いったわけですから。

一緒。 一緒ですよね。
(斎藤)一緒なんですよ。 それを…。

これ 持ってる球団じゃないと…。
(橋)そうですね。

厳しいもんね。
ホームランもまた たぶん

ヤンキースタジアム…。

(橋)だから たぶん
そうなると 価値が。

ヤンキースに
いったことによって…。

すげえな。
はあ~ すごい!

私としては…。

(斎藤)大谷っていう人は
何か やっぱり…。

そんなん言うたって…。

そしたら それはまた…。

毎回 皆さんには
伺ってますけれども

大谷選手が どんな人と

結婚してほしいのか
っていう話ですね。

それは そういうのあるわね。
(三宅)橋さん どうですか?

そうですね たぶん…。

(橋)ファッションのこととか
大谷選手って

あんまり 向こうの方で…。

ちょっと 刺激の欲しいってなると
やっぱ 奇抜な…。

何でやねん。
それも おもろいけどな。

僕は それこそ
海外の人も いいですけど

やっぱり 日本人の方で
しかも…。

いや いや いや…。
何なん? すごい素朴な感じ。

素朴な子と結婚して
みんなが「さすが」みたいな。

これから
いい夫婦 なってね みたいな。

(藤田)僕は やっぱり…。

外国人 アメリカの
美人アスリートとか

いるじゃないですか。
そういう方と結婚して

大谷 翔平の息子にも

日本人として
夢を見たいんですよね。

そういうことか。
(藤田)向こうって…。

(藤田)日本と違って
二世がすごいんすよ。 だから…。

なるほど。

(めいちゅん)私は…。

ギャルがええか?

めちゃめちゃ いちずですよ。
ホント。

だから ギャルがいい?

あ~ そう。
じゃあ 白井さん。

白井さんは
どう思われますか?

まあ 僕は…。

えっ マジすか。 誰ですか?
これは ビッグカップルですけどね。

お~い!

もう 今日 これ 何回目?
もう4回目? もう…。

長女が 大谷と同級生です。

で…。

(藤田)ホントに…。

(曽根)うん!