林修のニッポンドリル【横浜中華街!激ヤバ裏メニュー爆食い調査】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

林修のニッポンドリル【横浜中華街!激ヤバ裏メニュー爆食い調査】[字]

ギャル曽根フワちゃんが横浜中華街で調査!名店の激ヤバ裏メニュー!(秘)ラーメン(秘)カツカレー(秘)ダールー麺▽大ヒット商品物語!倒産危機から大逆転!お掃除で活躍するアレ

番組内容
今夜の『林修のニッポンドリル』は「ギャル曽根&フワちゃんの横浜中華街の激ヤバ裏メニュー爆食い調査」&「大ヒット商品・コロコロ」。

「ギャル曽根&フワちゃんの横浜中華街の激ヤバ裏メニュー爆食い調査」では、グルメタウン・横浜中華街の激ヤバ裏メニューを公開する。“中華街のドン”が、テレビ初出し尽くしの中華街6大裏メニューを発表!ギャル曽根とフワちゃんが独断と偏見で裏メニューの激ヤバ度を判定していく!!
番組内容2
「大ヒット商品・コロコロ」では、誰もが一度は見たことがあるであろう粘着カーペットクリーナー・通称“コロコロ”の誕生秘話、そして大ヒット商品になるまでを紹介する。成功に至るまでにはある大失敗があった!!

大人から子どもまで家族みんなで楽しめる『林修のニッポンドリル』を、ぜひお楽しみいただきたい。

※「コロコロ」は登録商標です。
出演者
【MC】
林修 
【副担任】
ノブ(千鳥) 
【学級委員長】
風間俊介 
【パネラー】
矢田亜希子 
みちょぱ(池田美優) 
川田裕美 
高橋みなみ 
川島明(麒麟) 
【VTR出演】
ギャル曽根 
フワちゃん
スタッフ
【チーフプロデューサー】
武田誠司 
【プロデューサー】
大和田宇一 高橋陽平 中村倫久 五十嵐元 
【演出】
疋田雅一 
【制作協力】
ワタナベエンターテインメント ハイホーTV 他 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. フワ
  2. 曽根
  3. 裏メニュー
  4. ドン
  5. 表メニュー
  6. 会社
  7. 一番人気
  8. 社員
  9. 川島
  10. 風間
  11. 激ヤバ裏メニュー
  12. 高橋
  13. 紹介
  14. 常連客
  15. 粘着テープ
  16. パクチー
  17. ホント
  18. 煮込
  19. 商品
  20. 新商品

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





[グルメタウン 横浜中華街の
別の顔 それが…]

[今回は…]

[通称 中華街のドンが

テレビ初出し尽くし
中華街の激ヤバ裏メニューを

教えてくれるという]

(ドン)これだけで もう…。

(ドン)だけど…。

(ドン)
何でかっていうと やっぱ…。

(川田)本当に 怖いんですけど。

[果たして…]

[そこで…]

[その裏メニューがあるのは
創業62年の老舗…]

[その裏メニューの前に
まずは 表メニューを ご紹介]

(風間)おいしそう!

[こちらが
一番人気 本場 四川の…]

[四川料理に欠かせない
豆板醤 甜麺醤に加え

山椒の香りと しびれる辛さが
癖になる絶品!]

(ノブ)山椒の辛さね。
(高橋)いいですよね。

(石川)失礼いたします。

(フワ)どっから見ても 照り照り!

YouTubeや。

(フワ)いただきまーす。

(フワ)ちゃんと…。

できないですよね 家では。
(川島)すごいっすね。

(フワ)癖になるね。
(曽根)まず そのまま いこうかな。

(曽根)ご飯 載せたいな。
そのまま いっちゃおう。

(フワ)山盛りだ。

(フワ)すかさず かき込んだ。

(フワ)めちゃめちゃ おいしい。
(曽根)初めに ホントに…。

[手が止まらないほど うまい
マーボー豆腐を出す店の

常連客だけが楽しんでいる
激ヤバ裏メニュー]

[中華街のドンが
教えてくれた…]

ドンから 来たよ。

(ドン)
重慶飯店の裏メニューは…。

(ドン)と言えば 出てくる。
(曽根・フワ)「赤くない麻婆」

赤 通り越して。

[果たして
裏メニュー 赤くない麻婆とは!?]

[早速 フワちゃんが注文]

(石川)すぐ ご用意いたします。

えっ!?

[こちらが
重慶飯店 秘密の裏メニュー…]

(曽根)でも…。

(曽根)チキンみたいだよね。
(フワ)いくよ~。

(川島)辛いのかな?

(高橋)辛さがないんだ。
(林)じゃあ 子供でも いける?

(フワ)不思議じゃない?

(曽根)不思議。 でも…。

(曽根)また 赤い…。

ちょっと ピリッと…。

たぶん あれか。

えっ?

(石川)黄色唐辛子と ハバネロ。
あと 山椒。

(石川)少し 白味噌を使ってます。
さっき おっしゃられたように…。

[実は…]

[したという この白い麻婆豆腐]

[辛くなさそうで 辛い
目でも 舌でも 楽しめると

常連の間で 人気に]

[しかし なぜ 白い麻婆豆腐を
表メニューにしないのか?]

[表メニューにしないのは
初めてのお客さんには

普通のマーボー豆腐を
まず 楽しんでほしいから]

[果たして…]

[フワちゃんが…]

ドルルルル~… バン!

(曽根)バ7つ 頂きました~!

知らん 知らん。
知らん単位が出たよ。

[白い麻婆豆腐は バ7つ]

[これを超える裏メニューは
出てくるのか!?]

[続いては…]

[その裏メニューがあるのは…]

有名っすね。
中華街といえばっていう。

[2015年に 横浜中華街で

初めて ミシュランの
ビブグルマンに掲載された

人気店の…]

(ドン)でもね…。

(ドン)実はね…。

(ドン)1品 あるのよね。

[その裏メニューの前に
まずは 表メニューを ご紹介]

[こちらが 一番人気…]

[一つ一つ
丁寧に 手作りした皮に

豚肉 ニラが たーっぷり入った
水餃子は

山東オリジナルの
ココナッツダレで

いただきまーす]

(フワ)うーん! うんうん。

(曽根)ホントだ。

(曽根)出てきて…。

初めて食べた!

[多い日で
一日 800人前も売れるお店の

常連客だけが楽しんでいる…]

(ドン)
山東の裏メニューの頼み方は…。

(ドン)と言えば 出てくる。
(曽根・フワ)「例の優しい麺」

じゃあ それを下さい。

[それでは ご覧いただこう]

え~!?

(川島)何これ? 奇麗。
(風間)おいしそう。

[こちらが
山東 秘密の裏メニュー…]

パクチーも好きだし。
ちょっと パクチー 載せてるね。

[透き通った 中華スープの上に

しっかり 煮込んだ 牛スネ肉と

パクチーを載せた
シンプルで あっさりした一品]

じゃあ いただきます。

(風間)優しい! 優しくなった。

(フワ)悪い意味の…。

いただきまーす。

(風間)これ 食べたいね。
(高橋)うわっ おいしそう。

でも 急に やっぱ
パクチーとか 香ると…。

合うな。
(フワ)いい! 異国の感じって…。

[このメニューは…]

[果たして…]

評価は… ドン!

(曽根)おっ!

バ7つ 頂きました!

(フワ)ポン!

(フワ)ここに貼りました。

[白い麻婆豆腐と並ぶ
バ7つに 認定]

[これらを超える裏メニューは
現れるのか!?]

[続いては…]

[その裏メニューがあるのは…]

[天皇陛下から
勲章を授与された名店の…]

[その裏メニューの前に
まずは 表メニューを ご紹介]

[こちらが 一番人気
肉団子のような料理…]

[粗めの豚バラ肉で作った
肉団子を…]

おいしそーう! 何? この…。

(曽根)軟らかいんだ。
(フワ)ふんわり 軽い。

(フワ)うわっ でけえ。

(フワ)おいしいですよね。

(曽根)ふわふわで
とろける感じなんだけど…。

(曽根)出てきて…。

(フワ)ヤバいよ これ。

[軟らかくて
おいしい肉団子を出す店の

常連客だけが楽しんでいる…]

(ドン)裏メニューの頼み方は…。

(ドン)と言えば 出てくる。

じゃあ 早速…。

[それでは ご覧いただこう。
これが…]

うわっ!

[こちらが
東園 秘密の裏メニュー…]

[最後に投入するのが
大量の…]

[一気に混ぜて…]

[ふわっふわに仕上げたら…]

[うーん… 完成]

(フワ)確かに。

まるで…。

好きやなぁ。

(曽根)すごい。

これ いいっすね。
男 たまんないっすね。

(揚井)これは わりと…。

(フワ)なるほどね!

[限られた人しか作れず
大量に頼まれると

シェフが 掛かりっきりに
なってしまうので

裏メニューにしているという]

[果たして…]

(フワ)ドン!

(曽根)バ6つ 頂きました!
(フワ)わ~!

しかも これ…。

じゃあ ヤバババシールは…。

[バ7つを超える裏メニューは
現れるのか!?]

[続いては…]

[その裏メニューがあるのは…]

[新鮮な海鮮を使ったメニューが
人気のお店にある…]

[その裏メニューの前に
まずは 表メニューを ご紹介]

[こちらが 一番人気…]

(風間)安い!
(川島)安いっすよね。

[気仙沼産の 良質なフカヒレを

丸ごと 卵チャーハンの上に載せた
ぜいたくな一品]

うわっ…。

これだな~。
(高橋)食べたーい!

いただきまーす。

(フワ)ほどける!?

うわ~!

オホホ~!

[ぜいたくに フカヒレを使った
おいしいチャーハンを出す店の

常連客だけが楽しんでいる…]

(ドン)鳳林の裏メニューは…。

(ドン)と言えば 出てくる。

おっ!

[それでは ご覧いただこう。
これが…]

えっ!?

最高!
(川島)やった!

[これが 激ヤバ裏メニュー…]

カツカレー?
(高橋)最高!

[こちらが
鳳林の 秘密の裏メニュー…]

カツカレー?

(曽根)しかも
結構 とろっとろっていうか…。

(フワ)うーん!

(曽根)おいしい?

[じっくり炒めた タマネギに

信玄どりという
ブランド鶏から 出汁を取った

中華スープを加え…]

[そこに 複数のスパイス

さらに 隠し味で
中華で使う 辛味調味料を入れて

じっくり 煮込む]

[それを 大盛りご飯の上に

たっぷりと 掛けて…]

[完成]

(曽根)いただきます。

(フワ)おいしいですね。

(フワ)辛いですね。

(フワ)確かに。

(フワ)うまい。
(曽根)おいしい。

そこで…。

(李)煮込むのが 1日 かかって
あと…。

(李)その手間が
結構 大変なので…。

(李)そんな 出せないので。
(曽根)そっか。 あんまり…。

[果たして
バ7つを超えられるのか?]

バン!

(曽根)バ5つです!

(フワ)イェーイ!

(フワ)ドン! バババババ~!

[残す裏メニューは 2つ]

[7つを超える裏メニューは
現れるのか!?]

[続いては…]

[その裏メニューがあるのは…]

[食通 石原 良純も
足しげく通う名店の…]

[まずは 表メニューを ご紹介]

[こちらが 一番人気…]

[それぞれ ロブスター
柚子胡椒 トリュフと

ぜいたく三昧の 濃厚スープが
たっぷり]

すっごい…。

(フワ)どうですか?

(曽根)食べた瞬間
口いっぱいに エビが広がって

鼻から 濃厚な香りが…。

(曽根)うわっ!

(曽根)めっちゃ おいしい!
でも 合うね。

[果たして 高級小籠包が人気の
状元樓にある…]

[実は ある高級食材が
入ったときだけ 準備される…]

[その…]

(ドン)状元樓の裏メニューは…。

(ドン)と言えば 出てくる。

うわっ! あるって。

(陣)お待たせしました。
(フワ)ワオッ!

[それでは ご覧いただこう]

うわ~! 何だ!? これ!

[こちらが
状元樓の裏メニュー…]

[高級ワタリガニを
生きたまま…]

[カニ身も 卵も ぷりっぷりん]

[紹興酒の甘味と うま味が
凝縮した 大人の味わいに]

(陣)オレンジの部分が 卵。

(陣)透明の所が 身です。

これ めっちゃ うまいよな。

(曽根)うん!

(曽根)カニの身も とろっとしてて
でも これ…。

(曽根)おいしい!

これ すごいね。

[では なぜ
そんなにも 歴史ある料理を

表メニューにしないのか?]

なるほど。 じゃあ 裏メニュー…。

て言われたとき ごめんなさい…。

[果たして…]

ブルルルル… バン!

(曽根)9つ 頂きました。

[最高評価 9つのバを 獲得]

[激ヤバ裏メニューも
残すは 1つ! 果たして!?]

[続いては…]

[その裏メニューがあるのは
創業52年 中国料理…]

(ドン)
一度 食べてみてもらいたいよね。

(鄭)一番人気ですか?

[裏メニューの前に
まずは 表メニュー]

[こちらが 一番人気
とろっとろに煮込まれた…]

すっごい おいしそうだけど
ちょっと…。

[牛バラは…]

[実は
もともと 賄い料理だったが

常連客に出したことから
大ブームになり

看板メニューに昇格]

うわ~!

(フワ)おいしいっすよね。
(曽根)あっ ホントだ!

(曽根)赤身のお肉の感じが
また いい!

うわっ…。

(フワ)何だろ?

[がぜん 気になってきた
牛バラカレー店の裏メニュー…]

(ドン)
保昌の裏メニューの頼み方は…。

(ドン)と言えば 出てくる。
(曽根)スペアリブって あのスペアリブ?

(曽根)絶対 違うよね。

(鄭)失礼いたしまーす。
(フワ)うわっ…。

ホントだ。

[果たして せいろの中は
どうなっているのか?]

えっ!?

[果たして せいろの中は
どうなっているのか?]

[こちらが 保昌の裏メニュー…]

[骨付きスペアリブに 梅肉を加え
じっくり 蒸し上げれば

程よい酸味&甘味は 倍増]

うわっ!

(フワ)でも 何か…。

(フワ)なるほどね。
では いただきまーす。

(鄭)これは オープン当時…
創業50年ちょいなんですけど

そっからですね。

(曽根)
作るのに 手間が かかるのか。

[仕込みから 蒸し上げまで
およそ2時間]

[他の料理に 取り掛かれないため
事前予約した 常連さんにのみ

50年間 提供してきたという]

[ということで…]

(フワ)ドン!

バ6つでーす!

ドーン!

どこに貼ってんねん。

[以上 激ヤバ裏メニューでした]

[突然ですが 皆さん…]

[一見
ハエたたきのような形状で

その先端部は 粘着テープ]

[そう…]

[その名も…]

さすがに 知らんわ。

[あれっ? 知らないと思った方

ご安心を]

[実は こちらの商品 世に
ほとんど 出回らなかった…]

[しかし…]

[後に…]

[それは…]

[ところが その誕生の裏には

様々な試練が]

[会社の…]

[しかし 彼らが作った商品が…]

(社長)こんなの…。

[そんな…]

[1人の…]

[これは
どん底から 掃除革命を起こす

新商品を開発した…]

(風間)ちょっと 激熱なにおい。

[1918年に設立され
現在 大阪に 本社を置く…]

[その粘着技術は 業界屈指]

[あの大阪万博の建設でも

日東電工のテープが 大活躍]

[そして 日本中が注目した…]

[小売業界でも
日本中の企業が 注目した店舗が

誕生した]

[それが…]

[これにより 日東電工は…]

[工業用だけでなく…]

[実は…]

[商品や 製品の生産に
必要な材料をつくる

生産財をつくる会社]

[消費者が
日常で使う商品などの

消費財をつくる会社]

[日東電工にとっても
消費財をつくることが

大事なことだったんですよね?
林先生]

実は…。

といわれています。 例えば
自動車業界を考えたときに…。

でも 自動車部品をつくっていて
その自動車メーカーに…。

[一般家庭で使われる
粘着テープはあるが

日常的に使う 生活必需品とまでは
いかない]

[そこで 日東電工は
より 消費財に 力を入れるべく

後に 子会社
ニトムズの前身となる…]

大事になってくるはず。

[メンバーは…]

[しかも…]

[という
異例の若手チームだった]

[こちらが 実際のプレハブ小屋]

[会社にとっても
このプロジェクトは 賭け]

(社員)これだ!

[それは…]

[という 新商品]

おっ おっ おっ おっ おっ おっ。
何か…。

[そして…]

[しかし…]

わざわざ…。

[素足感覚が売りの サンダル]

[まさに…]

[でしたが…]

こんなの…。

(川島)めっちゃ 怒られてる。

[彼らが考えだしたのは 普段…]

[しかし この3人が
後の掃除革命につながる

大ヒット商品を生み出すのだ]

[そうして
ヒット商品を生み出すことなく

何と 6年が経過]

(社員)うわっ!

[ついに 大失敗と言われる

問題商品の開発が 始まることに]

(池田)あっ! こっからか。

いけ! いけ! いけ!

(社員)クソッ!

(社員)《そういえば…》

[社長の承認も 無事 通り…]

[それが…]

[その名も…]

[粘着テープを
棒の先に付けたことで

ゴキブリを
絶対 逃がさないのが 売り]

[粘着テープを
こんなことに使うのかと…]

[まさに 新会社 ニトムズの…]

[CMを打つなど 大々的に
プロモーションも行った]

[しかし…]

(女性)お宅の…。

(社員)誠に 申し訳ありません。
[念願の新商品は…]

[理由は 1つ]

[社運を懸けた ゴキ逮捕!は

会社にとって…]

[会社には…]

[日に日に…]

[しかし この…]

[大きなきっかけとなる]

え~!? こっから?

[あの大ヒット商品 誕生の瞬間を
お見逃しなく!]

[社運を懸けた ゴキ逮捕!は

会社にとって…]

[会社には…]

[しかし この…]

[大きなきっかけとなる]

[その日は
もはや 日課となっている…]

[新たな返品…]

[そして…]

[そう…]

(社員)この服…。

やる やる やる これ。

(川島)やってた やってた。

[それは
開発チームが探し求めた…]

はっ?

[粘着テープで
ほこりが取れれば…]

[そう! コロコロこと…]

これは 知ってるわ!
あ~! すごい!

[何と…]

[費やし 生み出した新商品]

[もともと
粘着テープメーカーだから 生み出せた

接着面が 表面にくる
逆巻きをすることで

業界初の
画期的な お掃除グッズとして…]

[絶妙な粘着力で たちまち…]

[そして…]

(社員)はい。

[もともとは…]

[という名前だったが
お客さまの愛称が 採用され

商品名を コロコロに変更]

[今では 家庭に1本といわれ

様々なニーズに合わせた
コロコロに進化!]

[何と 今までに…]

[まさに 工業用粘着テープから

家庭の必需品を
生み出したのだ!]

ゴキブリの粘着っつったら

家の形して
餌 置いて おびき出す あれ…。

それが 完成して やった~!
売れた! で ぱっと見たら…。

もう そういう… 完全に
そういうVTRやと思った。