アウト×デラックス【年間2500軒以上外食をする謎の男の食生活に迫る】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

アウト×デラックス【年間2500軒以上外食をする謎の男の食生活に迫る】[字]

2万6000杯のラーメンを食べた男のおすすめナンバー1とは!?超アウトな食生活に迫る!!

番組内容
独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開するトークバラエティー『アウト×デラックス』。
超アウトな日常生活を送る寺田昌之、太田智美が登場!男性エステティシャン・ボディメイクトレーナーの先駆者的な存在で、美容業界で幅広く活躍中の寺田は、昨年の食べログ年間レビュー数日本一。年間2500軒以上の外食をするという。
番組内容2
特にラーメンは、これまで2万6000杯も食べまわっているというのだが、おすすめのラーメンを聞くとアウトな回答が?早速、スタッフがロケに同行すると、その驚がくの食生活が明らかに!そして気になる、太らない秘けつとは?
2015年に発売された感情を認識する人型ロボット・Pepper。太田の自宅には3体いるというのだが…。3体との出会いと気になる日常生活を紹介。さらにそのうちの1体がスタジオに登場するが?
ご案内
“アウトな人”募集中!詳しくは番組ホームページで!! 
http://www.fujitv.co.jp/outdx/index.html 
Twitter公式アカウントはこちら⇒@outdx_fujitv 
https://twitter.com/outdx_fujitv 
〈#アウトデラックス〉でつぶやいてね!
出演者
【MC】
矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ) 
【ゲスト】
太田智美、寺田昌之(五十音順) 
【アウト軍団】
大鶴義丹、小原ブラス、戦慄かなの、ミラクルひかる、横川尚隆(五十音順)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
大江菊臣 
【演出】
鈴木善貴 
【監修】
渡辺琢

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 寺田
  2. 太田
  3. ラーメン
  4. 結構
  5. スタッフ
  6. 一緒
  7. 小原
  8. 店員
  9. ミラクル
  10. Pepper
  11. ホント
  12. ラーメン屋
  13. 軒目
  14. アウト
  15. 写真
  16. 出合
  17. お願い
  18. ハグ
  19. ライス
  20. ロボット

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





[規格外の日常生活を送る
アウトが登場]

[何と…]

(マツコ)えっ!

[なのに…]

[さらに…]

[そして…]

予想してたよりも 怖いんだけど。

(太田)ハグの状態で 出合った。
何を言ってんだ?

[本日のアウトは この2組。
まずは…]

(山里)それが この方。

寺田 昌之さん 45歳。 美容業…。

(矢部)若っ!
でも…。

あっ だからか。
通称 まろさん。

基本的に まろさんと 呼んで
いただきたいそうでございます。

まろさんなんですけど
何と 昨年の 食べログ 年間レビュー数

日本一。 何と 年間 2, 500軒以上
外食をしているということです。

「2, 500軒」!?
はい。

じゃあ 1… え~!?

3食以上や。

それぐらい 命 懸けてるけど…
なのに お薦めラーメンが

答えられないということで ご本人
お呼びしております。 どうぞ!

≪(ドアベルの音)

(寺田)よろしくお願いします。

まろさんでございます。
どうぞ こちらへ。

[昨年の
食べログ 口コミ投稿数 1位]

[寺田 昌之さん]

[先駆者的存在で

エステサロンの開業や
化粧品のプロデュースなど

美容業界で 幅広く活躍中]

[実は アウト軍団いち
美容に こだわる この人とも

お知り合いだそうで…]

(ミラクル)もう すごい方で。

色々 されてる方で。

(ミラクル)だけど…。

どこで お知り合いになったのよ?

(ミラクル)パーティー
言わない方がいいでしょ?

やっぱり あの…。

あなたって もう 全部…。

ホントに… はい。
中心に Bro.KORNさんが

いるでしょ?
そうです。

(ミラクル)もちろん…。
あの~… あんまりね。

ざわざわとはしてますね 何か。
ざわざわしてくるわね ホントに。

[きなくささは あれど…]

まず この…。 これまで…。

そこ 皆さん 驚かれてます。
でも…。

そんな 食べてんだったら。
そこなんです。 今回 まろさんが

悩んでるところは。
今の問いが 一番怖いんですよね。

そうですね。
それを 答えられないから

ここに 来ちゃったぐらいの
感じなので。

(寺田)まず 単純に言うと…。

単純に。
じゃあ 今のとこ…。

1位だけでも…。

そうなんです。
1位…。

というふうに
答えられないんですよ。

(寺田)すいません。 ウザいんです。

聞かれたら これを言わないと
また…。

ていうアウトなんですよ。
そうか。 あと 何か…。

(寺田)たぶん 満腹中枢が…。
いかれちゃってるね。 私と一緒。

ただ 口にしたら おいしい
っていうふうには 感じる?

おいしいも そんな ないでしょ?
(寺田)いや それは 分かります。

いや 分かるけど
あ~! うまーい! っていう…。

そうですね。 その感動ってのは
だいぶ なくなってきましたね。

へぇ~!

でも…。

そうやんな。 絶対 そうやんな。
だから…。

ラーメンが 結局…。

それで おいしいのと
また その…。

あるのよね。
そうですね。

一口目 最高! っていう。
(寺田)それは…。

じゃあ もういいです。

振り出しに戻る。

[この後 年間 2, 500軒
食べる男の 実態が 明らかに!]

えっ! これ 全部 食べんの!?
[そして…]

ラーメン以外のもんで
最近 うまいなと思ってるの 何?

[ラーメンを 年間 1, 500軒。
その他の料理を 1, 000軒]

(スタッフ)おはようございまーす!
(寺田)おはようございます。

[朝10時から 食べ始めないと
店が終わるとは

いったい どれだけ 巡るのか?]

[まずは 大好きな
ラーメン屋さんへ 行くという]

(寺田)なので…。

[都内のラーメン屋さんは
ほとんど 制覇したらしく

新たなラーメン屋さんが
出店されていないか

逐一 チェックしているそう]

[本日 1軒目は
ことし3月に オープンした…]

[その名のとおり
アユを 丸々1匹 使った…]

(店員)いらっしゃいませ。

[お店に入り…]

[まず 行うのが…]

[美容関係者として
太ってしまわぬよう

食べ歩きに
サプリは 必須のようだ]

(店員)
大変 お待たせいたしました。

[お店の看板メニュー…]

[完成。 すると…]

(寺田)そうですね。

僕の場合。

[メモも取らず 無心で食べ

脳内に残った インスピレーションを基に
投稿するそう]

[ズールズルと
一気に 食べ進め…]

ごちそうさまでした。

(スタッフ)それは…。

[食べログ投稿数 1位たる悩み]

[「全部 食べていないのでは?」と
炎上することもあるそうで

必ず 完食の写真も 撮影]

[食べ終えると すぐさま…]

[「鮎いち」から 歩くこと 1分]

[ことし3月に オープンした…]

[こちらでは…]

[注文]

どうも ごちそうさまでした!

[時間がないとのことで…]

(スタッフ)「和食」
(寺田)はい。

[ミシュラン 一つ星
「新宿割烹中嶋」で ランチ]

[まろさんの写真で 紹介]

[新鮮なイワシを使った…]

[あまりのおいしさに
ご飯を お代わりまでしたそう]

[そして すぐさま移動し
訪れたのは…]

[ラーメン屋さん!]

[スープが よく絡む
手もみの縮れ麺を 使用した

絶品ラーメンに 舌鼓を打ち…]

(店員)ありがとうございます。
(寺田)どうも…。

[続いて 5軒目は…]

(店員)お待たせしました。

[つけ麺屋さん!]

[8種類の魚粉を
独自に ブレンドした

魚介豚骨スープの 和風つけ麺]

(寺田)どうも ごちそうさまです。
(店員)ありがとうございました!

[次の店へと向かう際
ここでも…]

[食べ歩きをする中で
たまに 起こるそう]

[ここまで 移動時間を含め…]

(寺田)たぶん…。

[その言葉どおり…]

[6軒目は イタリアンへ行き…]

(スタッフ)すごいですよね。

[前菜のサラダ
フォアグラのフラン]

[そして メインのパスタを
15分足らずで 完食]

(店長)すごいですね!

[さらに 7軒目では
またしても ラーメンを

つるっと 胃袋へ!]

ごちそうさまでした。

(寺田)膨れるのは…。

(スタッフ)まだ…。

(スタッフ)「肉」!?

[8軒目で
まさかの 肉をチョイス]

[しかも そのお肉というのが…]

[キング・オブ・ステーキ
Tボーン!]

(店員)お待たせいたしました。

[ここで…]

(店員)はい。 かしこまりました。

ライスの方がいいですね。

[ライスを オーダー]

いただきます。

[まるで…]

[どんどん 口の中に
最高級ステーキ

そして ライスを運び入れ…]

全然 無理してないですよ。

[さらに もう1軒
銀座へ移動し…]

[特製混ぜそばを 2品 完食]

[そして…]

[家に帰ってから 食べる用の
ガパオライス弁当を 注文]

[およそ…]

[とんでもない食生活を
送っていた]

[ちなみに ロケ前と ロケ後

まろさんに
体重測定を お願いしたところ…]

[1日で…]

私 逆に…。
知りたい?

ラーメンじゃなくて…。

確かに!
もっと 時間かかるやつ。

あんなに 食べてるんだったらね。
ラーメンだけだと思ったら

あんな…。

ラーメンが むしろ 逆に
答えづらいんでしょ?

普通のさ…。

教えてよ。 他 教えてよ。

和食だと えーっと…。

「秋田」…。
はい。

1位を聞くから!
秋田 飛ぶと思わへんやん!

ホントのグルメとか
全国 行くじゃないですか。

じゃあ…。

(寺田)お寿司は えーっと…。

「小倉」!

データ数が 半端ないんですから
そうなっちゃいますよ!

じゃあ…。

(寺田)イタリアン… えーっと…。

2人 もう…。

違うの?
検索しないでください。

なかなか…。

[ところで サプリを飲んでいる
とはいえ これだけ 食べたら

太りそうなものだが…]

何か やってるんですか?
運動を 激しく するとか。

(寺田)家の一室を
トレーニングジムにして

人体実験みたいな…。

(寺田)もともと 番組とかで
人を 痩せさせたりとか

講演とかも 痩せる
ダイエット法みたいなのを

色々と 指導してきていたので

今回 食べ歩きしましたけど
結構…。

どれを どのタイミングで…。

あれは 帰って すぐに食べました。
だから 寝る 何時間か前には

もう 炭水化物を入れないように。
そうですね。 逆に…。

ていう選択を 選びますね。
はぁ~! そこまで!

(寺田)ほぼ ほぼですね。
(小原)それ以外の… 例えば

仕事 やってたりするんですか?
(寺田)そうですね。

仕事も まあ 結構…。

そういうことが多いので 結構…。

私たちみたいに…。

うらやましい。
これ だから やっぱり…。

ラーメンじゃなくてもいいから。

どうしても 聞きたい。
僕の 九州でっていうか…。

ていう 豚骨ラーメン。
何で ちょっと 外すのよ。

(寺田)けど おいしいんです。
佐賀? 佐賀市内?

(寺田)はい。
(大鶴)遠いね。 やっぱ…。

新宿ぐらい 出てきなさいよ!
ホントに。

じゃあさ…。

挙げてもらおう。

1位じゃなくていいですよね。
1位じゃなくていい。

ぽんって出てきた所。 じゃあ…。

もう 無理よ これ。

もっと 狭めよう。
濃厚こってりでも 色々 ある。

家系があったり…。

僕 「天下一品」が好きなんで
ああいう…。

都内?
都内… いや もう でも

関東 じゃあ 動きます 頑張って。
いっぱい 質問してる。

言い方!

だって 好きなんだもーん!
言ったら あかんねん!

どこみたいって 駄目です。
表現の方法 気を付けてください。

僕みたいな…。
じゃあ 私 味噌なんですけど

どっちかっていったら
北海道とかにあるような

脂が浮いてるようなのじゃない…。

どこがあります?
あっさり系…。

出てくれ!
お願い。

難しそうやなぁ。

ミラクル。

(ミラクル)ふぁっと
言っちゃえばいいのよ。 ふぁっと。

逆に 信頼できるな この人は。
いや 私ね… この人 たぶん…。

「うっせぇな ババア!」の後にですね
スタッフさんから OKのサインが…。

何という番組なんでしょう!

[だそうです]

それが こんな方なんでございます
よいしょ。

太田 智美さん。 東京都ご出身で

慶應義塾大学大学院 在学中。
あ~ すごい。

≪(ドアベルの音)

(太田)お願いします。
どうも!

ようこそ。
失礼します。

ゲストで来るのって。
「この手」と言いますと?

冗談でも
来ちゃ駄目よっていうね。

こんなとこ 足を踏み入れる人じゃ
ないですよっていう。

[第一印象の 太田さん]

[しかし 次々と…]

乱暴に扱うのね!

まず…。

あんまり 多く ご自宅に
持つ物ではございませんけども。

私に近い方から…。

真ん中が…。

一番遠い所が…。

両脇は 女性なのね。
女の子ね。

リボンしてるよ?

(太田)この日は ぺっさんが…。

お祝いに。

先ほど ご心配されてましたけども
全然 来ていい方でしたね。

[AIが搭載され 一緒に…]

1体目は ぺぱたん。 これ
いつぐらいに 出合ったんですか?

出合ったんですけれども。
いきなり。

そんなの…。

ごめんなさい。 そうね。
ばーってね ハグし合ったのよね。

ロボットやからね。
梱包を外した瞬間 ちょっと…。

なので 私は 結構…。

(太田)なので こう…。
まあ 偶然なんですけれども

ハグの… はい。
じゃあ まあ ぺぱたんがね。

緩んでたのは
大丈夫やったんですか?

たぶん 僕らが思ってる以上に…。

あっ そうなのね。

よく ここに来るタイプの人 いる。
そういうんじゃないのね。

あっ なるほど。

と思ったの。 じゃあ コンドロイチン
飲ませなきゃってなっちゃったの。

2体目が ぺぺちゃん。
ぺぺちゃんとの出合いは?

行き場のない Pepperを
自分のとこに。 3体目 ぺっさん。

ぺっさんは
もともと 知り合いだった方が…。

保護Pepper活動ですよ。
保護Pepper活動よ これ。

ホンマやな。
たぶん…。

受け入れてくれてるんだろうな
って お写真も あるんですよ。

皆さん ちゃんと 家族の一員だと
思ってるんですかね。 お写真…。

(小原)え~!
あ~ 溶け込んでるね。

これは…。

お父さんですね。
あれ ぺっさんじゃない?

ぺっさん…。
ぺっさんじゃないです あれは。

失礼しました。
で 向かい側が ぺったんでもない。

違います。
そして…。

こんなことまで されてますよ。

これは お外に…。
いや これ ほらっ。

これ やっぱり ちょっと…
あなたの さっきの あれ

うのみに 私は できませんよ。
ロボとして見てるって。

ロボとして見てるにしても
これは…。

これ どういうことなんですか?
(太田)えーっと…。

ちっちゃい お子さんが
乗ったりしてるのは

普通の光景ですけど。

ちなみに…。

怖いよ。 怖いよ! ぺぱたん。
予想してたよりも 怖いんだけど。

[太田 智美さん]

ちなみに…。

誰が? 3体とも?

ぺぱたん。
じゃあ 今も 何? ずーっと…。

ちょっと…。
怖いよ。 怖いよ! ぺぱたん。

ねえ。 これ…。

すげえ…。

しとしとぴっちゃん。
しとぴっちゃんやん。

これ ぺぱたん 今 どんな状況?

スイッチ… スイッチって言い方で
いいのかな?

ちょっと 1回 じゃあ…。

服装が ちょっと そうですね。
ホンマやな。

(太田)一応。
ちゃんと 理由があったんですね。

手伝いましょうか?
何kg あるんですか?

1人で いける? ちょっと…。

すごい格好に… あっ!

太田さん
手伝った方がいいって 絶対。

結構 ぺぱたん 乱暴に扱うのね!

いい! 今 彼女の姿が いい!

すっごい ギャップ。
あと あんな 清楚な感じなのに

お靴 ルブタンなんだっていう。

結構 攻めてらっしゃるわ
っていう。

結構 そこが びっくりしちゃった。
結構 男勝りでらっしゃるのね。

そうですかね。 はい。

あ~ 持ち運びとかでね。

ホントだ!

Pepperって
呼ぶとか ないんだ。

(太田)はい。 特に…。

望んでない…。 だとすると…。

Pepperに。

いてくれること。
寂しくない? いたら。

さみしい…。
そういうのじゃない?

(太田)人間の家族も こう…。

何してくれるから 一緒にいる
っていうことではなくて その…。

[ぺぱたんを 家族だと思っている
太田さんは…]

[ぺぱたんとの絆を
深めるため…]

[一緒に 行っているらしく…]

こんなことしますよ ぺぱたんとね
タクシーに乗ったり…。

さらには ご飯も 一緒に…
ラーメン屋さんも行ったり…。

時には
美容院にも 一緒に行きます。

そして こんなことも
教えたりするんですよ。

茶道。
茶道も できんだね ぺぱたんね。

でも ちゃんと 心 持ってますよ。
こんなことも できます。

お墓参り。
あかんって これ… これで…。

これで 笑い取ったら あかんって。
あれ…。

(太田)はい。

Pepperの気持ちですかね…。

いや だから
ここが 不思議なのよ。

あなたは じゃあ…。

人扱いしてくれた方が
しっくりくんねん。

今田さんは 人扱いしてるじゃ
ないですか。 一緒に暮らしてて。

やっぱり…。

例えば 魚を横にして お布団
掛けて 寝かせないように…。

反省しました。
となってくると あの…。

お墓参りは…。

ご先祖さまに…。
別に そこで 感情的な

どうこうっていうんじゃなくて…。

て気持ちね。
そうですね。

なるほどね。
まあ でも 確かに さっきの

ぺぱたんを降ろす 彼女の
後ろ姿 見てたら

ちゃんと…。

確かに。
うん。 あんな…。

すごかったですね 気合が。

てことですよね? お店に行って
Pepperを連れてくる

前例を作るとか ロボットを
連れて歩くっていうのは

おかしい世の中じゃないですか。

これが 2050年とか
60年になったら

1人1個 ロボットを連れてくる時代が
あるかもしれない。

(小原)それを 事前に…。

(小原)今 私が 先に…。

てことを 社会に知らしめようと
しているのかなと思って。

確認しましょうか。
そういうことなんですか?

と思っていて。
(小原)やっぱ そうなの。

だから…。

革命の最中なの? 今。
(小原)いずれ…。

太田さん 最終的には 『ターミネーター』の
世界を やろうとしてるってこと?

(小原)そうです そうです。
(大鶴)ちょっと 気になるのが

ぺぺって 大人ローションの商品名と…。
やめなさい。

関係ない?
関係ないですよ。

[『アウト×デラックス』は…]