遠くへ行きたい「別所哲也が山梨へ!富士山天然水のかき氷&日本一の花火」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遠くへ行きたい「別所哲也が山梨へ!富士山天然水のかき氷&日本一の花火」[解][字]

今回は別所哲也が山梨へ▽富士山の天然水で作る絶品かき氷▽日本一に輝いた花火職人に感動▽吉田うどんのこしの強さに仰天!▽武田信玄ゆかりの地で和太鼓の演奏を体験!

詳細情報
出演者
別所哲也
番組内容
今回は別所哲也が夏本番を迎える山梨県を旅する。まずはフルーツ王国・山梨の代表格、桃の産地でジューシーな美味しさを体験!富士山麓の忍野八海を訪れ、富士山の天然水で作った絶品かき氷を頂く!日本一に輝いた花火職人の技、そしてその美しい花火に感動!山梨生まれの新種のサーモン「富士の介」を手づかみでゲット?!ワインで育つブランド豚の秘密に迫り、武田信玄ゆかりの和太鼓集団の演奏に感動する!
音楽
【テーマ曲】
「遠くへ行きたい」
歌手:森山直太朗
作詞:永六輔
作曲:中村八大
制作
ytv
テレビマンユニオン
番組ホームページ
★https://www.ytv.co.jp/tohku
★http://www.to-ku.com
★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!
取材地
山梨 忍野八海~富士川町

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 山内
  2. 山梨
  3. ハハハ
  4. 花火
  5. ワイン
  6. ホント
  7. 晦日
  8. 富士
  9. 山梨県
  10. 日本
  11. 別所哲也
  12. 結構
  13. 女性
  14. 男性
  15. 日本一
  16. 富士山
  17. 祐一
  18. キレイ
  19. ピスタチオ
  20. ワイントン

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/25 19:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

(別所哲也)
<富士の国 山梨県に来ています>

<山梨といえば
フルーツ王国として有名>

<別所哲也です>

あ~ いっぱいなってるね。

<最盛期を迎えた 色鮮やかな桃>

<生産量 日本一を誇ります>

こんにちは お邪魔します。

あっ 意外と低いんだね 桃の木。

これは?

加納岩?

(井田さん)
爽やかな味で お上品です。

その代わり…。

手がかかる?
うん 採ってみます?

いいんですか?
はい。

この中で?

お父さん これ。

これだよ。
お~ えらいもんだね。

ハハハ…! 採れました。

<採れたての桃を
むいてもらいます>

<山梨県の人は
軟らかくなる前の

硬い桃を食べるのが
オススメといいます>

いただきます。

おいしい うわ~。

うまい!
お父さん 最高においしい。

特に畑で食べると なお おいしい。

ホントですね。
ハハハ…。

<別所哲也の『遠くへ行きたい』
スタートです>

♬~ 知らない街を 歩いてみたい

うわ~! おっ!

<…をいただきます>

うまい。

<さすが山梨
豚もワインを飲むんです>

ハハっ
ちょっと待て! 落ち着け!

<武田信玄ゆかりの和太鼓集団>

<僕も演奏に参加します>

<夜空に大輪の花を咲かせます>

何か忘れてたな この感動。

<元気いっぱい
山梨の日本一を探します>

<富士山の麓にある
忍野八海に向かいます>

お~ すっごい いい天気。

何かキラキラしてる へぇ~。

うわ~
キレイじゃないですか ここも。

うわ~ 水がザァ~っと。

(水の音)
おぉ ハハっ めちゃくちゃキレイ。

うわ~ なんと美しい 山梨いいな。

日本一が いろいろありますね。

この名水といい。

<忍野八海とは

富士山の伏流水が湧き出る
湧水群>

<清らかな水と
素晴らしい景観から

世界遺産「富士山」の
構成資産の一つになっています>

<そんな湧き水を使った
人気スイーツがあるんです>

おぉ 来たぞ これだ。

かき氷 食べたい。

<こちらは 人気のかき氷専門店>

(三浦信彦さん)
お待たせいたしました。

当店…。

はぁ~ 信玄氷?

これ信玄氷ってことは信玄餅の?
そうなんですよ。

あの有名な
山梨の銘菓がございますが…。

何かアートですね 美術品みたい。

どっから行こう?

もう上から。
上から?

ザクっと?
はい ザクっと行ってください。

結構しっかりと… いただきます。

ん!

当店で…。

非常に…。

…な氷になっております。

また このね…。

普通かき氷って
こう 外から溶けますけど

見てください
真ん中 どんどん食べて行ける。

中 どんどん。

<中には黒蜜をかけた
あんことナッツが たっぷり>

ん!

この味のグラデーション
たまんないな。

ホントにおいしいんですよ。

上品な味。

<これが
富士山の湧き水で作った氷>

<この店独自の製氷機で
作るのですが

そこは企業秘密>

<続いて作るのは
かき氷では珍しい

今年大ブームのあの味>

<まずは中に練乳と
ラズベリーソースをかけます>

<数回に分けて氷を削り
丸い形に整えたら

かけるのはピスタチオを砕いて
練乳と混ぜた特製ソース>

<仕上げに
ラズベリーソースをかけた

ピスタチオのかき氷>

あ~ これ…。

うわ~
このピスタチオの香りと風味と

ラズベリーの甘酸っぱさが…。

あ~
もう これだけ食べに来たいな。

ありがとうございます。

<キレイな水から生まれた
話題の名産品が もう一つ>

<海なし県の山梨で

日本初となる
極上の魚が誕生したそうです>

こんにちは!
(佐野さん) こんにちは。

お邪魔します。
こんな山奥まで。

そこに富士の介っていう魚
いるんですけど。

いいですか?
はい 大丈夫です。

あ~ いますね いっぱい。

今 山梨県で売り出し中の

ブランドの魚
富士の介っていいます。

富士の介?
何とも言えない 美しい。

へぇ~!

<キングサーモンは
大変おいしいのですが

養殖が難しい魚>

<そこで山梨県は
ニジマスのメスと掛け合わせ

養殖することに
日本で初めて成功しました>

<今から出荷用の富士の介を
水揚げするというので

手伝わせてもらいます>

うわっ! 結構 水がすげぇ。

お~!

生きがいいから跳ねる。

うわ~!

来たよ来たよ すげぇ。

これも…。

うわ~
キラッキラッ キラッキラッして。

美しい。

うわっ!

あ~ 入りました 入りました。

危ねぇ。

<早速 取れたてを刺し身に>

<身を開くと 鮮やかな赤い色>

<さすが
キングサーモンの子供ですね>

<身の締まりも
しっかりしています>

いただきます。
どうぞ。

うん。

新鮮なこのツルっとした。
そうですね。

甘みもあるしね。

あ~ そうですね やっぱ…。

やっぱり水なんだな。

<そして佐野さんの奥様
オススメの食べ方がフライ>

ん~!

また刺し身とは全然違って
富士の介の風味が。

パサパサ感とか強い脂が
ドロっていう どっちでもなくて

フワっとしてる
めちゃくちゃおいしいですね。

(佐野さん)
ありがとうございます。

<山梨で出合った
日本唯一のもの>

<いや~ お見事です>

ド~ン! たまや~!

<次は日本の夏を彩る これです>

<別所哲也
山梨県の日本一を探す旅>

<笛吹市の市街地から
遠く離れた山中に

忽然と現れた建物群>

<ここには
日本の夏には欠かせない

あるものを作っている
仕事場があります>

こんにちは。

山内さん?
はい 山内です どうも。

<この方が花火師の山内さん>

ちょうどピッタリ。

そうですね ええ。

<山内さんの花火は…>

(花火の破裂音)

<見事日本一の栄冠を
手にしました>

こちらで…。

(山内さん) これが今 4号玉を。

へぇ~ 初めて見た 作ってるとこ。

(山内さん) これが2.5号です。
2.5? はぁ~。

これが?
(山内さん) 3です。

これ 花火で…。

(山内さん) 大体一番開くやつで。
90m!?

(山内さん) 直径が。

そんなに広がるの?

4号?
(山内さん) はい。

デカいじゃないですか。

これ 今 何をやってるんですか?

これが…。

この丸の中に
もう一個 色の丸が入ってまして。

じゃあ2色なんだ。
(祐一さん) そうですね。

はぁ~ なるほど。

<上下2つの半球を
貼り合わせたら

打ち上げ花火の完成>

やはり今後も皆さんの…
寄り添うじゃないですけどね。

特に日本の花火が
世界で一番キレイなので

世界に発信して行けるのが

ベストなのかな
というふうには思ってます。

<ちなみに山内煙火店
最大の花火が こちら>

ハハハ…! 90?

(山内さん) これで…。

(祐一さん) 上げてみてください。
90kgでしょ?

どぅっ だぁ~! 重っ!

いや これは…。

(祐一さん)
辛うじて上がるくらいです。

(山内さん) ちょうど…。

さっきの詰めた4号玉と
あと3号玉を。

どこでやるんですか?

見に行っていいですか?
ええ ぜひぜひ。

見れますよ 皆さん。

<宵闇迫る…>

(花火が打ち上がる音)
あっ 来た!

(花火の破裂音)
おわ~!

(拍手)
フゥ~!

(花火の破裂音)

<祐一さんの言葉通り

夜空を照らす大輪の花には

鎮魂と祈りが こもっています>

<あぁ~ やっぱり

日本の夏は花火ですよね>

いや~ これ何か…。

あ~ そうだったんですか。

(男性) よかったよね ホント。

ハハハ…。

<笛吹を後に富士山信仰の町
富士吉田にやって来ました>

<この町にはとんでもない
うどんがあるそうなので

うどん好きの僕としては
外せません>

店の名前 何? これ。

アハハ
なるほど 「手打うどん 麺許皆伝」。

<こちら地元の人からも
愛される名店>

<どんなうどんなのか
興味津々です>

(三浦玲子さん)
肉天ぷらうどんですね。

あ~
うわっ すごいな ボリュームが。

天ぷらですね。
うわっ そして これ ハハハ…。

すごい天ぷらですね これ もう。

初めて見た。
かき揚げなんですけど。

こちらは もう…。

あ~ おいしそう いい香り。

いただきます。

やっぱり
「麺許皆伝」っていうんですから

この麺を…
あっ 出て来た 出て来た。

見た感じは
多分 普通だと思うんですけど。

ん!

確かに…。

コシが はい。

僕も結構…。

この硬さは…。

織物の機械の前に
女の人が座っているので…。

…になったっていうふうに
聞いてはいるんですけど。

これ 何が入ってる…?

ゴボウとニンジン
小エビが入ってるんですけど。

はぁ~
初めて見ました 僕 この形の。

ホントですか?

うわっ お煎餅並み…。

食べ応えがあって
甘みがありますね。

風合いが変わった うまい。

…に出合いましたね。

ホント。
ありがとうございます。

<豚が飲んでいるのは
山梨の特産品>

<一体 何?>

<別所哲也 山梨県の旅>

<ぶどうの名産地
勝沼にやって来ました>

ここ
トンネルあるじゃないですか。

ここは今
使ってる電車ですよね? これね。

あっ 見えて来た こっちに ほら。

あった あった あった。

<こちらは…>

<世界初のとある施設として
再利用されているんです>

開いた! うわ~!

(雨宮さん)
深沢トンネルといいまして

明治36年に開通を。

うわ~ もう…。

冷気が。

気温なんですが…。

…程度に保たれてますので。

この辺の…。

もうアンティークだよ
ヴィンテージもの。

<全長は1100m>

<実は 今では

ワインの貯蔵庫として
再利用されているんです>

いろんな方がいらっしゃる…
千葉 ねっ。

それだけ
ここが状態がいいってこと…。

そうですね はい。

<トンネル全体でおよそ100万本
貯蔵できるそうです>

<さすが日本有数のワイン王国>

<さらにワインを使った
驚くべき特産品があるんです>

<そこに行くためには
厳重な消毒が必要>

(晦日さん) 尻尾振って。
ホントだ たくさんいますよ。

うわ~ かわいいね。

こんにちは。

3か月で
こんなに大きくなるんだ。

<実はこの豚たち
ワインを飲んで育てた

ブランド豚>

これ… ワイン。

ホントにワインだ。

<一体なぜワインを
飲ませているのでしょうか?>

飲むか? こいつを飲むか?

お~ 結構お前は行けるたちだな。

(鳴き声)

みんな飲みたいんだね。

飲むか?
(鳴き声)

お~ ハハハ…。

分かった 分かった よしよし。

(晦日さん)
自分の先代の父親が…。

(晦日さん)
何種類か取り入れた時に…。

やっぱり山梨だから白ワイン。
(晦日さん) ワインです。

(晦日さん) アルコールが持つストレスの
軽減というものがありまして…。

豚自身もすくすく育つっていう
利点がありますね。

<味の決め手は
豚の健康状態という晦日さん>

<さて ワイン効果のほどは?>

肉にサシが入るんですよ。

この脂が肉の中にきめ細かく…。
あ~ 入ってますね。

これが
ワイントンの特徴なんですよ。

豚でこれだけ
サシが細かく入るのって。

なかなかないですね。

こんな感じで。
うお~ すごいな 脂が。

脂がすごいんですよね
これが特徴なんですよ。

<ワイントンは
まだ生産量が少ないので

県内のホテルや飲食店が
中心ですが

全国展開を望む声が
多く寄せられているそうです>

<味付けは
シンプルに塩とコショウで>

これが?
ロースです。

ロース! いただきます。

熱いので気を付けてくださいね。

うまい!
肉が軟らかいんですよ。

ワイントンの豚肉としての
肉々しさが ちゃんとあり。

だけど しつこくないですね。

脂っこいなと思っても
すぐになくなってしまうので。

きめ細かい脂ですね。

これ好きかも。

<次は晦日さんオリジナル…>

<これは珍しい>

あ~。

もう間違いない。

すごいですね。

ワインを飲ませて育ててね。

育てたかいがありますね。
ありますね。

<ワイン王国が生んだ
新しい特産品は

ふるさと納税の返礼品としても
大人気です>

<響き渡る音>

<ここは甲府盆地>

<やって来たのは
日本三急流の一つ

富士川の上流…>

<土手を歩いていると
ある集団と出会いました>

♪~

<幕には
「信玄太鼓」という文字が>

<山梨といえば
戦国武将の武田信玄>

<何か関係が
あるのでしょうか?>

♪~

(女性) セイっ!

(拍手)
おぉ すごい。

≪ありがとうございます≫
いや~。

いきなり始まりましたね
カッコよく。

ビックリした。

ハハハ 素晴らしい。

(一同) ありがとうございます。
ハハハ…。

中学生?
はい。

うわ~ 大きくなって。

(一同) ハハハ…。

私たちは…。

(中込さん) いまだ
450年ぐらい たちましても

そのまま残っていると。

ありがたい話だね。
(女性) はい。

そういう歴史を
皆さんが引き継いで。

(女性) ぜひ一緒に。

どれでも好きなの
より取り見取りなんで。

どれって…。

(女性)
じゃあ大っきいの行きましょう。

腰を落として。
腰を落として。

振りかぶって一発 ドン!と。

(太鼓の音)

(男性) よっ!

(拍手)

家に1個欲しいね。
(男性) 置いとけないですね。

<見よう見まねで
僕も参加します>

(中込さん) 頑張って行きます
あいうえ…。

(一同) お~!

よし やってみよう。

♪~

<今年は武田信玄
生誕500年という記念の年>

<そのイベントでも
演奏を披露する予定だそうです>

♪~

(男性) ソイヤっ!
うわ~ ハハハ!

<富士の国 山梨>

<旅の終わりに
葛飾北斎が描いたような

赤富士が見送ってくれました>

<山梨の皆さん ありがとう>