関ジャム 完全燃SHOW【売れっ子振付師の仕事術!Snow Man楽曲に熱すぎる解説】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

関ジャム 完全燃SHOW【売れっ子振付師の仕事術!Snow Man楽曲に熱すぎる解説】[字]

売れっ子振付師TAKAHIROが語るCM・MV振付の知られざる裏側とは?今も福岡の公民館でダンススクールを運営するyurinasiaはどのようにして数々の話題作に抜擢されたのか!?

◇番組内容
約2年ぶり!売れっ子振付師の仕事術!ゲストには櫻坂46・日向坂46や矢沢永吉、SEKAI NO OWARIなど多くのアーティストの振付を担当するおなじみTAKAHIROと、優里、Lucky Kilimanjaro、Vaundyなど今注目アーティストから大きな話題を呼んだCMまで手がける振付界のニュースター、yurinasiaが登場。
◇番組内容2
TAKAHIROが語る、CM・ミュージックビデオ振付の知られざる裏側とは?今も福岡の公民館でダンススクールを運営するyurinasiaはどのようにして数々の話題作に抜擢されたのか!?さらに、TAKAHIRO恒例の“熱血解説”今回はSnow Manの楽曲をピックアップ!TAKAHIROのあまりに熱すぎる解説にスタジオ騒然!?
◇出演者
関ジャニ∞
支配人:古田新太
アーティストゲスト:TAKAHIRO、yurinasia
トークゲスト:山崎弘也(アンタッチャブル)、鷲見玲奈
◇おしらせ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

☆番組Twitter
 https://twitter.com/kanjam_tvasahi

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – 音楽バラエティ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 村上
  2. TAKAHIRO
  3. 山崎
  4. 横山
  5. 大倉
  6. 丸山
  7. yurinasia
  8. 安田
  9. 一同
  10. yurinasia
  11. 鷲見
  12. サビ
  13. TAKAHIRO
  14. 古田
  15. the
  16. 格好
  17. 作品
  18. 目線
  19. 公民館
  20. CM

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



今 映像を見ていて…。

今夜の『関ジャム』は

福岡在住
振付界のニュースターが登場。

更に…。

(山崎)もう? このペース?

TAKAHIRO恒例の熱血解説。
今回はSnow Man。

ダンス界の
松岡修造みたいになってる。

♬~

今夜の『関ジャム』は…。

およそ…。

Instagramや
TikTokなどによって

より身近になった ダンス。

この2年で ダンス界には

新たな作品が
どんどん出てきている。

そこで 今夜のゲストは…。

マドンナのステージダンサーを
務め…。

欅坂46
櫻坂46 矢沢永吉など

多くのアーティストの振り付けを
手がける

おなじみ TAKAHIROと…。

地元 福岡の公民館で

夫とともに
ダンススクールを運営しながら…。

♬~「にっちもさっちも
いかない?」

優里をはじめ…。

♬~「大人の言う
常識なんてものは」

今 注目のアーティストの
ミュージックビデオに

数多く出演する
yurinasia。

(鷲見)「格好いい!」

実は 彼女 話題になったCMを
手がけるなど…。

(山崎)「ああ いいね。 格好いい」

という事で 今回は

TAKAHIROとyurinasia
2人のプロが

7億再生超えの
ミュージックビデオから

あのCMまで

まずは2人の最新のお仕事を紹介。

TAKAHIROが
この2年間で手がけた作品は…。

昨年 MTV主催の
音楽アワードで

最優秀振付け賞を受賞。

♬~「君はどんな夢見てるか?」

♬~「何も語らずに…」

(安田)「最優秀振付け賞 受賞!」

♬~「全力で 走ってく」

♬~「君は絶対諦めるな」

♬~「何があったって…」

♬~「足を止めちゃ そこで終わる」

♬~「もう走り出せない」

♬~「もう 今さら 違う自分に
なれるわけないじゃない?」

♬~「BANされても
禁止されても」

♬~「やめろって言われても」

♬~「わかりました 改めますって
反省なんかしない」

♬~「神様
何がいけないんですか?」

♬~「どこがその基準なのか
知りたい」

♬~「どんな状況に
追い込まれても」

♬~「僕は
絶対BANされるものか」

確かに これ すごい。
(安田)大変や。

あのヒーローにも
振り付け。

(丸山)「あっ 俺 これ 見てた!」

(TAKAHIRO)
「ありがとうございます」

♬~

(横山)「仮面ライダーも踊ってるの?」
(TAKAHIRO)「踊ってます」

♬~「未知なるものに
呑み込まれるとき」

♬~

♬~「闇を切り裂くのは」

♬~「光か魂さ」

♬~「Wow…」

♬~

♬~「世界を変える気骨あるなら」

♬~

♬~「まず自分自身を変えろ」

♬~「『変身!』」

そして…。

(山崎)「ええー!
『しんちゃん』もやってるの?」

(TAKAHIRO)「はい」
(山崎)「幅広い…」

(鷲見)「すごい!」
(大倉)「しんちゃん すげえ!」

(横山)「しんちゃん 踊れるな」

(野原しんのすけ)ほっほーい!

僕が踊ったのを
描き起こしてくださってます。

ええー!
(大倉)やばっ!

続いては
yurinasiaの作品。

注目のエレクトロポップバンドの

ミュージックビデオで振り付け。

♬~「君が踊り出すのを待ってる」

♬~「太陽をこぼさないよう
雨よけの歌で踊れやほい!」

♬~「君の水たまりを煌めかす」

♬~「ラララー ラララ
ララー ラララー」

♬~「太陽をこぼさないよう
風が鳴る歌で踊れやほい!」

♬~「恋心ゆらして」

♬~「さぁ踊らにゃ損!
踊れや!ほいやっさ!」

(安田)「よくあるような振り付けと
違うよね」

(TAKAHIRO)「違いますね」

♬~「踊れや!ほいやっさ!」

(山崎)「いいね!」

(山崎)「夫婦で!」

♬~

♬~「MIDNIGHT DANCING
MIDNIGHT DANCING」

♬~「ゆれる まわるふれる
息を止める。」

(山崎)「いやいや いい関係!」

(山崎)「格好いい夫婦」

♬~「ダンスをしたいだけ」

旦那さんがディレクター?
(yurinasia)はい。

へえー! オシャレ。

あの話題のCMは
2020年 2021年と

2作品担当。

♬~「今だ 今なんだ」

(鷲見)「ああー! ポカリだ」

♬~

(鷲見)「これ 鳥肌 立ったな
最初 見た時」

(山崎)「いや
これ 格好いいよね」

♬~「起立して礼して 着席なんて」

♬~「当たり前だと
思っていたっしょ」

♬~「ねぇ聞いてくれって
帰宅遠回りも」

♬~「なくなってから気づいたの」

(鷲見)「すごい みんな
生き生き踊ってる…」

(山崎)「いやあ 青春も感じるし」

(横山)「いや めっちゃ青春
感じますよね」

♬~「あのキラキラな曲、
ここでplayback」

♬~「今しかないこの」

♬~「一瞬は今を」

♬~「生きて?、とかばっかり」

♬~「もう上げた 反撃の狼煙」

(村上)「楽しそうやな」
(丸山)「はっちゃけてんな」

(山崎)「全員
同じ振り付けじゃないよ…」

♬~「声枯らせ この一瞬で」

♬~「全て塗り変える 僕らの歌」

♬~「今だ 今だ 今だ」

♬~「今なんだ」

♬~「歌おう 僕らの歌」

(TAKAHIRO)「これもか」

♬~

♬~「その手を
離して しまったなら」

♬~「きっと もう
取り戻せないはずなんだ」

♬~「こうしてまた
春を超えて ゆく」

♬~「冗談のように」

♬~「今日を忘れて ゆく」

♬~「目に 映るもの 全て を」

♬~「青色に 染めて ゆく」

♬~「何が起こるかはわからない」

(安田)「なんか振り付けっていうか
演技指導してるやん…」

♬~「君が見えた」

(山崎)「うわー いいね! 最高」

(山崎)イエーイ!
(村上)はい こんばんは。

さあ 改めまして 今夜のゲストは
こちらのお二人でございます。

おなじみ TAKAHIROさん
そして 初登場は

yurinasiaさんです。
お願いいたします!

よろしくお願いします。
(山崎)yurinasiaさん!

2年ぶりですって
振り付けシリーズ。

そんなに経つ?
(TAKAHIRO)寂しかったです。

でも この2年で
いろいろ変わったでしょ?

変わりました。
新しいSNSも出てきたり。

そういう意味では
yurinasiaさんなんか

もう筆頭なんじゃないですか?

(TAKAHIRO)今 映像を見ていて
新しさを感じました。

もう いきなり… いいですか?
(村上)どうぞ どうぞ。

yurinasiaさんのすごいところ。
(山崎)早い 早い。 熱が…。

『太陽』だったり…
さっきのMVの。

あの… その次の
ポカリスエットもそうですけども。

今の世の中のトレンドと真逆の…。
(村上)えっ?

(TAKAHIRO)
センスを持ってるんですよ。

(村上)今のトレンドは どういう?

「このシーンで
みんな 一緒に真似しよう」とか

「今 ここを見てちょうだい」
だったり

振りも 音に対して みんなが
しっかりシンクロできる…。

(村上)わかりやすさ。
(山崎)ティックトックだ。 うん。

全然 違う。 彼女の作品は

いい意味で
輪郭線を持ってないんです。

この輪郭線を持ってない事により
観客の人が

答えを自分で作れるんですよ。

例えて言うならば 『モナ・リザ』の
絵画のような感じで。

(村上)はあー! 見る人によって
解釈変わるっていう?

…っていうんでしょうか。
(村上)へえー! 描き方ね はい。

『モナ・リザ』の絵って 細かい線を
たくさん塗り重ねていって

輪郭線を持たずに
ボヤッとさせて作ってあります。

そうする事によって 見た人が
笑ってるようにも見えるし

泣いてるようにも見える。
(山崎)ああ なるほど。

(TAKAHIRO)この『太陽』っていう
曲だったりすると

あれ? 今 なんか
すごく明るい曲 聴いてるけど

私 なんか
悲しい気持ちに感じるとか

すごい楽しそうとか

見ている人に無限の想像力を許す
振り付けを生み出してる。

ただ 今
yurinasiaさん

(村上)これが正解かどうかも
まだわからへんよね。

(横山)めちゃくちゃ
熱量 上がったやん…。

(村上)これは あくまで
TAKAHIROさんの見解やからね。

yurinasiaさん
いかがですか?

(一同 笑い)
(丸山)引いてるやん!

めちゃくちゃ引いてるやん!
(村上)5文字 5文字!

(yurinasia)さっき 「緊張するから
全然 しゃべれないから

よろしくね」みたいな事を
お話しされてて

めちゃくちゃ…。
(村上)そんなわけないやんか!

もう2年分 しゃべってたよ。
(村上)ホンマや。

TAKAHIROも
熱い視線を送る

yurinasia。

まずは
気になる経歴を見ていこう。

(大倉)福岡か。
(村上)そうなんです。

さあ まずは 福岡県に生まれて
ダンスを習い始め

さあ 皆さん
これ ビックリするのが

3カ月後に なんと…
はい こちら。

インストラクターに
任命されるという。

で いつの間にか… はい こちら。

師匠から
スクールを丸ごと譲り受ける。

最高!
(古田)これ ラーメン屋やったら

すごい事やで。
すごい事やわ。

ラーメン屋じゃなくても
すごいですよ。

私の先生が 結構

でも レッスン生って 私ぐらいか
私より下の世代が多くて。

で なんか

…って言って ポンッと いきなり。
(鷲見)へえー!

だから もう 光ってたんやろな。
(村上)そして これは ずっと

このスクールを
続けられては いたんですか?

今も続けています。
(鷲見)へえー!

(安田)北九州…。
(丸山)結構 奥まってる。

(山崎)北九州 飯塚市…。
あっ!

なかなか
タフな街の方ですね。

ねえ 感じとしてはね。
そうでしょ?

なんて事ない
普通の公民館ですね。

公民館やから 安いですもんね…。
(yurinasia)安いです。

もう そちらに お住まいで。
(yurinasia)はい そうです。

(村上)今も ずっと福岡?
(yurinasia)今も ずっと福岡です。

さあ そして もう
結婚もされて 出産。

お二人の子宝にも
恵まれまして

25歳。

さあ 何を始めるかといいますと
それが こちら。

ダンス動画の投稿を
始めたと。

(山崎)「ああ 格好いい」

夫とともに
地元 福岡県 水巻町の公民館で

ダンススクール
jABBKLABを運営している

yurinasia。

レッスンのたびに
生徒たちとのダンスを夫が撮影し

その映像を
インスタグラムに投稿している。

公民館や。
(丸山)楽しそう このダンス。

その作品が こちら。

♬~

(大倉)「格好いい」

(横山)「格好いい。
映像の 色質も なんかいい…」

♬~

♬~「醒めない酔い」

♬~「まほろばいとをかし」

♬~「嬉しからまし」

♬~「泡沫の」

(村上)「これ でも めちゃくちゃ
センス問われますよね」

(TAKAHIRO)「問われますね。 しかも
ここで みんなの自由な部分が

出てくる…」
(丸山)「楽しそう!」

♬~

(安田)「へえー!
mabanuaさんや」

♬~「囲まれるほど」

♬~「足音響き渡る
声を潜め行けば」

(山崎)「これ 後ろの方は
スクールの方ですか?」

(yurinasia)「そうです 生徒です」
(山崎)「生徒さんなの? これ」

♬~「辛くなるだけで
意味はない。」

♬~「辛くなるといえば」

♬~「大切な日に限って
雨が降ったり」

♬~「体調がグズグズ、
間悪くて落ちていく一方」

♬~「変わらん事実が
あるとすれば」

♬~「アイアム主人公」

すごいな!
(拍手)

さあ 鷲見さん いかがでしたか?

私も 昔
ダンス習ってたんですけど

教えられても

どうやって教えるんですか?
レッスン。

一緒になって踊るっていうのが
結構 多くて。

真似してもらうぐらいの感覚で
最初は 入りやすく。

ちゃんと「ワン ツー スリー フォー」って
カウントはあるんですか? 当然。

(yurinasia)一応 あります。
(丸山)あるんや。

決め込んでいくタイプでは
なさそうです…。

「ワー ワー ワア アア アアア」
とか…。

(村上)抑揚ですもんね。
我々世代はね

TAKAHIROさん
基礎で ないですもんね。

今 日本にある 基本の教科書とは
また違うやり方かもしれないです。

しかも 僕 これ
自分のインスタグラムに

お気に入りで保存してました。
(yurinasia)ええー!

(TAKAHIRO)今 見て

めっちゃすごい人いるなと思って
保存してました。

めちゃくちゃうれしい。

でも そういう方って なんか こう
振付師っていうよりは

もう プロのダンサーに
なっていくっていう事のようなね

気がするんですけど…。

それが 今の

さっき ヤスが言ってたけど
なんか あの…。

(古田)なんか さっきの ほら
振り付けも擬音で

「ダーン ギンギンギン…」
みたいな。

それは なんか
演技指導みたいじゃん。

なんか
振りを教えるじゃなくてね。

そして 今 TAKAHIROさんも
おっしゃられましたけれども

放っておかなくなった
というのが こちら。

インスタグラムの
メッセージがきっかけ。

TENDREの
ミュージックビデオに

出演したのが もう…。

もう そんなん 普通ですもんね。
(古田)早いよな 展開が。

(村上)ボカロPも
そうでしたけど。

どこにいてもね。
(安田)そこ きっかけで

ここまで
今 至ってるって事なの?

(村上)そう そこから
仕事が ダーッときて。

もう それだけで。 ハハハ…!

以前 『関ジャム』で

音楽プロデューサー
蔦谷が紹介した

TENDRE。

2019年1月
yurinasiaは

そのTENDREの曲に合わせて
踊った映像を

インスタグラムに投稿。

その際 TENDREの
アカウントを

タグ付けしたところ

なんと 本人から
ダイレクトメッセージで

ミュージックビデオ出演の
オファーが。

TENDREさんも すごいよね
アンテナ張ってるのが。

やっぱ 何か新しいものを
探してるのよ。

そして 4月には

ミュージックビデオへの
出演が実現。

(安田)「3カ月で
ここまでいってんのか」

♬~「あの日の
過ちに愛憎浮かべて」

♬~「巻き込んだ空言」

♬~「際立ちの愛情
見つけたいだけ」

♬~「嘘の先へ見出した
待ち望む」

(横山)「まさに なんか
ウィンウィンな関係よね」

(山崎)「そうよね」

(安田)「いやあ すごいな」
(鷲見)「いいな」

♬~「開いたみたい」

♬~「風に泳いでいた」

(拍手)

なんか yurinasiaさんと
TENDREさんの

世界観が すごいピッタリ…。
確かに。

いやあ すげえな…。
(村上)才能が もう

埋もれる事は ないですよね
このSNSで。

ただ やっぱり

(村上)まさか まさか
公民館におるとはな!

(横山)もう 気付いたら
あの公民館

めっちゃ大きなってるから。
(古田)サイクリングマシンが

ちょっと 上等になったりとか…。
(山崎)後ろだ! よく見てた。

それで

クルー全体で 福岡に来てくれて。
(一同)ええー!

次回は 8月29日。

プロがマジメに選んだ
キュンとしたラブソング。

って思ってる時ある。

♬~「東京フラッシュ」

今 多くの注目を集めている
アーティスト…。

そのVaundyの楽曲で
踊った動画を

yurinasiaが
インスタグラムに投稿したところ

なんと 今度は

ストーリーっていう機能が
あるんで 今 インスタグラムで。

それで Vaundyさんの
『不可幸力』で踊ってる映像を

15秒 載せてたら…。
(山崎)15秒で?

ぶわー! って英語で あの…。

(山崎)ええー!

(yurinasia)でも 全然
わからないから 英語が。

でも もう 今
アプリの翻訳機能とかでね。

それで ちゃんと訳して

その監督の
フォロワー数だったりとか

なんの仕事してたかを
ちょっと 見にいって…。

(山崎)ちゃんとしてる…。
(村上)人物像をね。

NIKEとかadidasとか
すごい 手がけてる方で。

(鷲見)すごい人…。
(yurinasia)最近

めっちゃ話題になったCMの
監督さんだったんです。

そして 完成したのが
こちらの作品。

♬~「イカレちまっている
welcome to the dirty night」

♬~「“愛で"
靡く世界の中で僕達は」

♬~「キスをしあって生きている」

♬~「靡く世界の」

クルー全体で福岡に来てくれて。
(横山)ええっ!

(yurinasia)さっき
商店街とかで踊ってたのは

福岡の街なんです。
(丸山)全部そうなんや。

ご自身で じゃあ 海外で こう

ダンス留学とか
そういった経験は?

…は 一応 二十歳の時に

2カ月ほど
ニューヨークの方に。

(鷲見)そうなんだ…。

いろんな人と話したり
会ったりして…。

まあ でも それって
日本でも一緒だなっていうか。

(村上)ニューヨーク
やっぱり すげえな! とかは

ならなかった?
(yurinasia)ハハハハ…!

(村上)TAKAHIRO… ちょっと待って
ちょっと待って!

世代… 世代が違うから。
時代が違う… ちょっと待って。

(大倉)もう 今や 変わらない?

(yurinasia)なんか もう
自分次第だなって めっちゃ…。

(村上)強いな…!
(大倉)普通 打ちのめされたりね。

(村上)そうよね。
「ああ レベルがやっぱ違うんだ」。

「私なんか まだまだだ」って
思いがちでしたよね。

いや もう 絵に描いたように
僕は ボコボコにされて…。

実際に 外国人に
ボコボコに殴られて

救急車で運ばれたりしながら
学びましたが。

いや… それも1つの答えですよ
yurinasiaさん。

結果 出してるもん だって。
(山崎)いや そうよね。

水巻町…。 ニューヨークじゃなく
水巻町でいいんだと。

(村上)水巻町でいいんだっていう。

続いては TAKAHIROの

この2年間の作品。

振り付けたのは
アーティストだけでなく…。

『仮面ライダー』にも 振り付け。
そして 『クレヨンしんちゃん』と。

(TAKAHIRO)
『クレヨンしんちゃん』は あの…

まず企画としては フレンドリーな
キャラじゃないですか。

フレンドリーなキャラクターが
めちゃくちゃ踊れる事をしようと。

今のティックトックって なんか

みんなが 簡単な事をやって
シェアしようって事の

逆をいこうぜっていって
ブレイクダンスだったり。

『スーパースター』っていう
曲だったので

思いっきり 速い振りとかを
やろうっていうので

出来上がりました。
で ポーズで 隠れてですよ

アクション仮面のポーズとか
カンタムロボのポーズとか

ぶりぶりざえもんっぽい
ところとか

入れつつ…。
だけど こう言われてたんです。

「でも アニメで描き起こすから
実際よりも

すごく 簡素で
省かれたものになります」と。

(村上)なるほど。
(TAKAHIRO)でも 見てください。

できた時 めちゃくちゃ
すごいんですよ クオリティーが。

例えば 一緒に ネネちゃん…
友達たちと踊ってる時

お父さん お母さんと
一緒に踊ってる時

それぞれ 一人ひとりの
踊り方が違うんです。

(村上)キャラクターを
ちゃんと出すんだ 個性を。

はい。
埼玉ポーズして踊ってる時は

ネネちゃん
すごい 女の子っぽくやってたり。

ああ そうなんや…。

(TAKAHIRO)ボーちゃんとかは
フワーってやったり。

ちゃんとキャラクターに合わせて。
(山崎)プロだね。

どんな発注でも
やれるという事ですもんね。

(村上)どんなオファーで
くるんですか?

オファーは もう 本当に
いろいろありまして

曲だけ ポンってきて

お願いしますって
くる場合もあるし。

CMみたいなものになってくると
すごい細かく決まっていて。

秒数もそうですよね。
(TAKAHIRO)秒数も。

大体 15秒ぐらいとか
30秒じゃないですか CMって。

その中で勝負する。
で ダンスがあるのは

4.3秒から4.6秒の間で

なんか 顔前に近付けるポーズを
作ってください…。

それぐらい決まってます。
(山崎)ええー すごい…。

やっぱ CMが 一番 こう…
難しいっていうか 注文が?

CMの難しさは それに対して

イエス ノーを言う人が多いです。
(山崎)ああー なるほど。

監督がいて 監督が

「ああ すごく
ポップなものにしたい」。

広告代理店の人がいて
広告代理店の人が

「すごく なんか
バズらせるやつにしたい」。

今度は クライアントさんっていう
メーカーの方がいて

「商品は 絶対
顔の近くにお願いします」。

で 演者さんの事務所の方がいて

「あんまりイメージが
崩れるのはやめてほしい」。

全部のね 要求 聞いて
バランス取るという。

そのピンポイントに
ピュッと刺していく。

もう ブルに入れるみたいな?
(TAKAHIRO)そうです。

ただ その分 やっぱり?

ブルの音はいいですよね。

(一同 笑い)
(丸山)うまい! うまい!

チューン! ってして…。

「ブルの音はいいです」… さすが!

あと MVも
結構 大変な事があります。

へえー!
(TAKAHIRO)何回か 時々あるのは

やっぱり

…って なる時があるんです。
(村上)もうね リハを重ねて

「いらない」って言ってたのにね
やっぱり この ちょっと…

背景だったら欲しいなっていうね。
(TAKAHIRO)そうなんです。

「ここはイメージシーンでいくぜ」
なんて言ってたんですけど

いざ 撮影が始まったら

「ラストのサビ 振り
お願いします!」とか言われて

「えっ ないですよ」って。
(山崎)その場で?

(TAKAHIRO)例えば 1つでいうと
欅坂46の

『もう森へ帰ろうか?』っていう
MV撮った時に

ラストのサビで
急に それがありました。

(村上)えっ 急遽 じゃあ
現場で「付けてください」と?

(TAKAHIRO)はい 急遽…。
(山崎)いやあ 大変!

メンバーもですよね。
知らないから。

(TAKAHIRO)イメージシーンだと
思ってるんです。

で 「どれぐらいですか?」
って言って。

日落ちしちゃうんで。
日がね はいはいはい。

(大倉)先 言っとけよ!
(古田)言うたれ 言うたれ!

(村上)そやな それは アカンよな。
(大倉)現場で言いやがって。

(一同 笑い)

(村上)これは ホンマに
演者の気持ちも

ちょっとあるよね。
(山崎)欅坂の方はね。

だけど わかるんですよ
監督の言ってる事も。

「わかる! ここ 振りあると
絶対 盛り上がるよね」。

「やるか やるか!」って言って
お互い 盛り上がっちゃって。

で 30分ぐらいで作って。
1時間以内に撮影して。

(村上)うわー…!
(TAKAHIRO)やりました。

2018年に発表された
欅坂46 『もう森へ帰ろうか?』。

TAKAHIROが
撮影現場で振り付けをしたのは

ラストサビ この屋外シーン。

(TAKAHIRO)「ここからですね」
(村上)「ここから?」

(TAKAHIRO)「はい」

(TAKAHIRO)「ここから もう
ない部分ですね 本来」

♬~「僕たちの行き先は」

♬~「どこにも見つからない」

(TAKAHIRO)「ここから踊ります…」

(安田)「これ?」
(横山)「結構 付けてますね」

(村上)「しっかり フォーメーションもね…」
(丸山)「絶対イヤ」

♬~「あの森こそ」

(大倉)「こんなロケーション
そりゃ 踊りたなるわ」

(村上)いや これは大変…。
(拍手)

(山崎)結構 尺 ありましたよ。

なので ミュージックビデオとか
こういう作品の作りの

振り付けっていうのは
作り込まれてるように見えて

意外に ライブで
出来上がってる事も。

集中力が素晴らしいですよね。

(横山)俺らやったら 誰か
絶対 1人は文句言ってたよな。

(村上)言うなあ! 言うなあ…!
(山崎)「言うなあ!」じゃないのよ。

(一同 笑い)

(山崎)全員?
(大倉)全員 言うてる。

俺らの場合は みんなで
様子 うかがうんですよ。

(一同 笑い)

(丸山)そうそうそう。

みんなで…
みんなの意見 聞けた…。

「そうよな そうよな…
オーケー じゃあ 行こう!」。

みんなで 言いに行くっていう。
(村上)逆に

ソロのシーン…
ソロカメラの時は

1人ずつじゃなくて
全員で踊ってるやつを

1人 1台で追ってくれとか 逆に
お願いする事もありますけどね。

ああ…。
(村上)それは なんかね

グループで踊らなきゃいけない
振りを 1人で踊ってても

いや 絶対 浮くと それはと。

そこは ちゃんと
5回以上やるから

きちんとやってくれっていう…。

やっぱり 1個1個の作品に
熱いですね!

(一同 笑い)
(丸山)一番熱いですよ。

あなたほどじゃないですわ。

(一同 笑い)

ここまでは 2人が手がけた作品を
紹介してきたが

プロの振付師が
これは すごいと思うのは

一体 どんなダンスなのか?
まずは…。

TAKAHIROが選んだのは
あの人気グループ。

ミリオン超えデビューシングルの
カップリング曲。

(山崎)「カップリングの方?」

(山崎)「出た Snow Man」
(横山)「あっ Snow Man…」

♬~

♬~「You wanna feel it?
You gotta get it」

♬~「So can you hear it?
This that CRAZY BEAT」

♬~「Girl, Do you want it now?
前代未聞のSound」

…との事。

この

Snow Manのリーダー
岩本照。

えっ!?
(鷲見)そうなんだ!

のちほど スタジオで
TAKAHIROが

岩本の振り付けのすごさを
たっぷり解説!

続いて yurinasiaが
選んだのは…。

♬~「Don’t give up
I won’t give up」

♬~「Don’t give up no no no」

♬~「I’m free to be
the greatest I’m alive」

♬~「I’m free to be
the greatest here tonight」

♬~「the greatest」

♬~「The greatest
the greatest alive」

♬~「Oh-oh I got stamina」

♬~

そして yurinasiaが
注目したのは

冒頭のこちらのシーン。

♬~

(横山)「こういう世界観が好き
っていうのは なんか わかる」

この

♬~「I’m gonna swing」

Siaの大ヒット曲

『Chandelier』を手がけて
一躍 有名になった

ロサンゼルスの振付師

ライアン・ハフィントン。

(大倉)「振り付けあったの? あれ」

♬~「I’m gonna live」

♬~「like tomorrow
doesn’t exist」

(横山)「あっ アンダーアーマーも
そうなんだ あれ」

「あの銭湯走るやつね」

♬~「I’m gonna fly like a bird
through the night」

続いて yurinasiaが
選んだのは

あの

♬~「ジェ ジェ ジェニーハイ」

♬~「ジェ ジェ ジェ ジェ
ジェニーハイ」

♬~「り り 理不尽な世の中には
ジェニーハイ」

♬~「ジェ ジェ ジェニーハイ」

♬~「小籔に絵音でジェニーハイ」

この

『関ジャム』でもおなじみの
air:man。

(大倉)「そうなんや!」

現在は 再生回数1100万回超えの
人気動画となっている。

続いて TAKAHIROが
選んだのは…。

PayPay どこで使えるか
知ってますか?

♬~「ペイペイ ペイペ ペイペイ」

(宮川)商店街でも!
♬~「ペイペイ ペイペ ペイペイ」

(宮川)コンビニでも!
♬~「ペイペイ ペイペ ペイペイ」

(宮川)美容院! 飲食店!
拡がってまっせ~!

この

♬~「当てにされたい 閃きも」

椎名林檎や星野源の楽曲で
おなじみ

MIKIKO率いる
ダンスカンパニー

ELEVENPLAYのメンバー

SAYA。

拡がってまっせ~!

拡がりすぎ!

続いて yurinasiaが
選んだのは

SNSで大きな話題を呼んだ

イギリスの
ファッションブランドの

キャンペーンムービー。

振り付けを手がけたのは

フランス
マルセイユ国立バレエ団の

芸術監督を務める
ディレクター集団

(LA)HORDE。

(TAKAHIRO)
「ああ これはいいですね!」

♬~

♬~「Singing in the rain」

♬~「Just singing in the rain」

♬~「What a glorious feelin’」

♬~「I’m happy again」

♬~

♬~

(安田)「うわー!」
(TAKAHIRO)「うわー!」

♬~

(山崎)「すごいね!」
(安田)「面白いな!」

(横山)
「面白いね! ずっと見とける!」

♬~「I’ll walk down the lane」

(横山)「商品イメージは
やっぱ 上がるやろなあ」

(安田)「脱いじゃったわ!」

♬~「Ready for love」

♬~「I’m ready for love」

♬~「Ready for love」

♬~「I’m ready for love」

♬~「Singin’ in the rain」

(村上)さあ いろんな映像
ご覧いただきましたけれど

いかがでした?
印象的だったものは。

ハハハハ…!
(鷲見)格好いい!

PayPayが…
なんとなしに見てたけど

あれ どうなってるんだろう?
本当にやってるんですか? あれ。

宮川大輔さんと ご一緒した時に
「本当にやってる」って言って。

その場でやってもらいました。

すごいスピードでした やっぱり。

「すごいスピード」?
(村上)目にも留まらぬ速さ…。

さあ 丸山君 いかがでした?

Snow Man… 本人が
振り付けしてるっていうのが。

(山崎)岩本君ね。
(丸山)うちの事務所でいったら

屋良君が振り付けされたりとか

大野君も振り付けされたりも
する事もあるから…。

A.B.C-Zもやってるでしょ?
確か。

ミスター五関だ!
(丸山)やっぱ

すごい うちの事務所にも
逸材はいるんだなって。

新しい若い子も。

お待たせしました!
TAKAHIRO恒例の熱血解説。

今夜は Snow Man。

メンバーの岩本照による
振り付けは

何がすごいのか?

今回の注目ポイントは…。

(TAKAHIRO)はい。
(村上)ほう… というのは?

ミスター岩本が作られた

お客さんの視線をキープし続ける
構成の作り方が

めちゃくちゃプロってます。

(古田)どういう事ですか?
(村上)さあ 今回は

このVTRを見ながら
ご解説してくださるという事で…。

では TAKAHIROさん
お願いいたします。

よろしくお願いします。
止め止めでいかせていただきます。

久しぶりやな この感じ。

(TAKAHIRO)始まった。
(山崎)目線…。

(山崎)もう?
(大倉)早っ!

(村上)今 まだ見てますよ
みんな ちゃんと。

(TAKAHIRO)
短めにキュッといきますね。

まず一番初め 観客の人が…。

顔です。
(TAKAHIRO)です。 そこの顔を隠す。

もう この時点で
1個目の目線のやりどころに

成功してるんです。 顔を隠す…。

あっ 顔が出てきたっていう…。

…ので 喜び感が1個出ます。

プレゼントボックスに入ってる
プレゼントと

そのまま ポンって渡されたなら

プレゼントボックスに入ってて
開ける方がワクワクしますよね。

なので 目を隠す。 そして
顔を出すっていうところで

1つ目の目線誘導が
うまく いきます。

次は ここの…
どう動かしてくるか

見てみましょう。 どうぞ!
(山崎)何? すごいね…。

(TAKAHIRO)はい 顔が大胆に
上が動いてきた 上の上半身…

上半身が動いて…。
(山崎)あっ 下 上…。

♬~「So can you hear it?」

(TAKAHIRO)止めます。
(安田)「止めます」?

(TAKAHIRO)はい。 今 上…
顔に作ってきた目線を

彼は 下…
下半身に落としてきました。

そして また 上半身に戻しました。

上半身で 最後 余韻を作ってから

ミスターラウールが出てくる
この画になりました。

なので この一番初めの
たった5秒ほどの短い時間で

実は お客さんの目線は
上… 顔の上方

下 上
そして 中心っていう風に

移動させられてるんです。
(村上)くまなく見てるって事…?

はい。 ここ ちょっと
再生していただきましょうか。

ミスターラウールが
出たところから。

♬~「This that CRAZY BEAT」

♬~「Girl,
Do you want it now?」

(TAKAHIRO)
止めます。 これがすごい。

普通 定石 あの…。
(村上)セオリーでは…。

セオリーでいくと
真ん中の人がセリフを言って

バーンって出てくる。

でも 一手 細かく積んでいて
ミスター岩本は。

あれ センターじゃなくて
あえて

1個ずらした ミスターラウールに
セリフを言わせてから

ミスター目黒が センターから
ドーンって出てくる。

(鷲見)ああー!
(TAKAHIRO)ここにも展開を…

ちゃんと
目線の展開を作っていく。

(横山)なんか ラウールは なんで
センターじゃないんやろって

思ってました。
(大倉)セリフ言うのにね。

で 思った瞬間
真ん中から出る… 顔がきた。

確かに。
(TAKAHIRO)で 次 ミスター目黒

真ん中に ご注目ください。
ここで 今度は

前に出てくる この前進
後退の動きが出てくるんです。

今までは平面で見せていたものが
今度は…。

ああ 立体! 奥行き!

(TAKAHIRO)3Dの使いになってくる。
見てみましょう どうぞ。

♬~「Girl, Do you want it now?
前代未聞のSound」

(TAKAHIRO)わかります?
この小さい動きですが

人が前に出るっていう事は
それだけ

空間に圧迫感を感じさせる事が
できるんです。

(村上)画面からね。
(TAKAHIRO)はい。 なので

臨場感をより感じる事ができる。
で この次です。

今まで 真ん中に
集中させてきましたね 目線を。

そしたら 次はどうします?
開きます。

で この開きのテクニック
見てください。 どうぞ。

♬~「そのままDance baby
今夜はまだBounce」

(TAKAHIRO)止めます。

(横山)このペースでいきます?
(丸山)これは… ひと晩かかるな。

(村上)あいつら 疲れへんから。
(横山)疲れるって!

(山崎)福岡
帰れなくなっちゃうよね これ。

ここが すごいのは
空間を広げてる。

縮めたら広げるっていう
セオリーが ちゃんとしてる中で

ただ広げるだけじゃない!
(山崎)ああ ここに?

広げる事を最大化するための
テクニックが入っていて。

下手 向かって左側
ミスター宮舘と

上手 ミスター阿部が
パフォーマンス 2人

ソロパフォーマンスを
行ってるんです。

なので 一番 大外の人たちに
動かせる事で

開いているっていう印象を…。

(村上)より強く持たせると。
(TAKAHIRO)そしたら

ザキヤマさん この次
どうしますか? 次の一手…。

フゥー!
(一同 笑い)

(村上)10ポイント 10ポイント!
10ポイント入ったよ!

(大倉)何? このコーナー。
(横山)なんで当てるのよ!

(TAKAHIRO)縮まっていきます。
縮まっていきます。

はい 止まります!
(村上)「止まります」って…。

(TAKAHIRO)これがすごいのは
縮めたじゃないですか

また センターに画を。

で この時の他の人の顔を見ると
みんな…。

(村上)いろんな所を見てますね。
(TAKAHIRO)方々を向いていて

目線が この真ん中の
ミスター佐久間だけに…。

(山崎)集まるように… ああー!

(TAKAHIRO)ここで
普通の振付家ではできない

一手を打ってくるんですよ。
(大倉)えっ!

普通だったら
真ん中でセリフを言わせて

次の展開なんですけど
視線を縮めました。

からの…。
(古田)おなか出す…。

(TAKAHIRO)更に もう一手
奥に目線を縮めていくんです。

これを振付家が
この振りやってくださいって

めちゃくちゃ
言いづらいんですよ。

ジャニーズ・エンタテイメントの
方々に対して

「ここで おなかを
チラッとさせたいんですけど」。

でも ミスター岩本
チームメンバーだからこそ

やっちゃおうぜって いける。
この一手 やばめですね。

ここまでがAメロです。
大丈夫です。

なので Aメロ…。
(大倉)まだ Aメロ?

一番初め…。
(一同 笑い)

ホンマに大丈夫。
(村上)俺ら 踊れへんから…!

いい いい! おさらいは いい…。
(村上)わかったな! みんな なっ。

マジで おさらい いらないです。
(TAKAHIRO)サビにいきまーす!

(村上)サビ サビ! サビよ。
(TAKAHIRO)サビいってみましょう。

上下を使ってくる。
(村上)はいはい… 今度はね。

(山崎)入れ替え 入れ替え…。
(TAKAHIRO)出てくる人を絞った。

はい! 止めます。
(村上)ここで? えっ?

(TAKAHIRO)今 ここで
また ミスターラウールが出た。

ここの もちろん
使い方 見せ方が うまいのは

目線を ちゃんと ラウール…
ミスターラウールにいくように

他のメンバーは顔を…。
(山崎)ああ なるほど。

ここで1回 ゆっくりな音が
できましたね。

(TAKAHIRO)はい。 激しく 速く
どう出るか? どうぞ。

(TAKAHIRO)ゆっくり作った。
(大倉)気をつけ。

(TAKAHIRO)そうなんです!
(大倉)あれ…?

(TAKAHIRO)止めます。
そうなんです。

手でやってましたね。
手で表現してましたね。

普通だったら ここまで ためたら
サビは もう めちゃくちゃ…。

めちゃくちゃ大きく体を動かして
ドーンって

いきたいところなんですが
ここで1個…。

我慢する…?
(TAKAHIRO)我慢する。

お残しプレイするんですよ。
(山崎)「お残しプレイ」?

言い方 言い方!
(TAKAHIRO)足は我慢する。

その代わり 手で 素早い動きで
いつもより速い動きを使う事で

「おおー!」って
サビのワクワク感…。

格好いいよね 確かに。
(TAKAHIRO)からの…。

で フォーメーションも
変わった。

ここから サビの ふた回し。
よく見ててください。

(横山)うわあー すげえ…。
(村上)足をメインに…。

(鷲見)すごい。

(TAKAHIRO)もう ひと回し
どうぞ。

(大倉)「どうぞ」?
(古田)おお…。

(TAKAHIRO)見てください。
(山崎)足がすごいね 何? あれ。

(TAKAHIRO)
この最後の ふた回し

ミスター岩本 あれほど 一手…
一手先を打ってきたのに…。

正解!
(一同 笑い)

(安田)マル すごいね!
(村上)10ポイント!

(山崎)いやいや いやいや…。
(TAKAHIRO)丸山さん そうです。

(山崎)あえて繰り返すって事?
(TAKAHIRO)あえて繰り返す。

だって ミスター岩本だったら
もっと 俺たちを裏切って

もっと奇想天外な一手を
打てるんですよ。 目線誘導。

あえての サビ2回繰り返す。
…って事は ここに意図がある。

(村上)どういう意図ですか?
これは。

このシーンだけは…。

真似したくなるんだね。
(TAKAHIRO)そういう事です。

(横山)バズりやすい
って事ですよね。

インパクトありますもんね
振り付けが。

(村上)やらへん…!
(一同 笑い)

(丸山)欲しがってるやん…。
(古田)家で巻き戻すから!

パフォーマーが作る時って やっぱ
ついつい 自分の得意な動きとか

自分が気持ち良くなる動きとか
作りたくなるんですけど

ちゃんと 目線…。

どう飽きさせないように
いけるかっていうところを

考えに考えて作っている。

なおかつ 自分たちが見せたい…。

このバランス感覚が…。
(村上)絶妙?

(大倉)ジャニーズ事務所 安泰やな。
(村上)安泰やな。

カップリングやから
ちょっと攻めれてるっていうのも

あるやろうしね。
(山崎)なるほど なるほど。

面白いですね。
さあ そして 今回 なんと

yurinasiaさんが
関ジャニ∞の曲で

オリジナルで
踊ってくださるという…。

(山崎)今 ここで?
(古田)えっ 今? 今?

(村上)今! ちなみに 曲は何を…。

『友よ』。
(丸山)ええー! あれ 踊る曲か?

(大倉)あれ 僕ら 踊った事ない。
(村上)ない。

けど なんか 感情が
グワーッて入ってる曲って

すごい踊りたい曲でもあるので。
(村上)ホンマですか?

いやいや… じゃあ ちょっと
これは どうなるのか。

じゃあ ぜひ
スタンバイ整いましたら…。

(拍手)
(山崎)すごい!

♬~「“信念"てやつだったり
するんだよ」

♬~「答え無き時代
揺るぎない覚悟」

♬~「夢見て 打ちのめされて
また夢を見るんだ」

♬~「なぁ友よ」

♬~「人生って最高だろう?」

♬~「だから
やめられないんだろう」

♬~

(安田)すげえ! どうなってるの?

♬~「心安らげる」

(拍手)

すごいな!

(古田)格好良かったな。
(山崎)格好いい。

どう聴いて こうなるかな?
(村上)いや ホンマ。

「友よ」って感じなので。
(横山)感情がね。

サビが終わる前ぐらいのところで
すごい なんか

拍数で取っていってたじゃ
ないですか 動きが。

細かく。
(安田)細かくやってたやつ。

あれは… あれは
どういう感じで…?

細かく取ってんねや。
(山崎)ああ…。

音からの
インスピレーションの方が

私は向いてるというか…。

なんか… ねえ? ドラムの
ズンズン鳴ってる音に対してだけ

取りがちなところが…。

じゃあ ちょっと 今の踊り
TAKAHIROさん 解説 いいですか?

(一同 笑い)
(村上)これは いかがでした?

(村上)止めたらアカンよ…。

だから 僕も地元の公民館で
ちょっと …でも やろうかな。

バズらんやろな。
(一同 笑い)

来たる…。

『関ジャム』に出演した

豪華アーティストが集結。

(村上)さあ ザキヤマさん
いかがでした?

今 公民館だなっていうのが
わかりましたね。

(村上)トレンドがね。
だから 僕も

(村上)いいじゃないですか!
(丸山)よさそう!

ハッシュタグで みんなで
リアクションしながらね。

楽しそう!
(山崎)「熱い 熱い 熱い」みたいな

動画をね
奥さんに撮ってもらって。

バズらんやろな。
(一同 笑い)

「バズらんなあ」って言ってね。

さあ 横山さんは?

なんか 俺も「ミスター横山」って
言われたいなって 今日 思った。

(村上)振り付けしたりすればね。
ちょっと機会あれば また…。

今度 よろしくお願いします。
ミスター横山。

(一同 笑い)
(丸山)ここで… ここで…。

ああ いいですね…。
(村上)なんの指名やねん。