関ジャニ∞クロニクルF【3時のヒロインとガスト(秘)大人気メニューでカスタム対決】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

関ジャニ∞クロニクルF【3時のヒロインとガスト(秘)大人気メニューでカスタム対決】[字]

人気ファミレス店『ガスト』開発担当者が絶賛…大人気チーズINハンバーグでカスタムグルメ対決!(秘)まぶし・すき焼き…家で簡単に!3時のヒロイン持ち込みゲームで大興奮

ご案内
【公式Twitter】
https://twitter.com/kanjani8_fujitv  
【番組HP】
https://www.fujitv.co.jp/kanjani8-chroniclef/
番組内容
関ジャニ∞のメンバーが共通して持っている“遊び心”を前面に押し出し、彼らの人間的な魅力を伝えていくバラエティー番組。秘密基地をコンセプトとしたスタジオに設置されたタブレットに表示される“フォルダ(F)”の中からメンバー自身が好きなテーマを選び、トークやゲームを展開するほか、ドキュメント要素の強い長期ロケにも体当たりで挑戦!従来のテレビのルールにとらわれず、世の中のリアルなモノ、見たいモノ、
番組内容2
やってみたいモノをシンプルに追求し、そこから生まれるメンバーの人間的な魅力で、唯一無二の枠にはまらない、無限に広がるバラエティーをお届けする!
今月は「4週ぶち抜き!真夏のカスタムグルメSP」をお届け!第1弾となる今回は、ファミリーレストラン・ガストの人気メニューを使った“テイクアウトカスタムグルメ対決”を行う。ゲストの3時のヒロインや関ジャニ∞メンバーが考案した珠玉の一品を、
番組内容3
ガストのメニュー開発担当者と大倉忠義が忖度(そんたく)なしで審査する。
さらに、3時のヒロイン持ち込み企画「We are the ストⅡゲーム対決」で予想外の大熱戦が繰り広げられることに!
出演者
関ジャニ∞ 

【ゲスト】
3時のヒロイン
スタッフ
【制作統括】
太田一平 
【チーフプロデューサー】
島本亮 
【プロデューサー】
五十嵐剛、加藤智章、松尾やす子、瓜生夏美、髙木大輔 
【総合演出】
姉崎正広 
【演出】
田中良樹、北山拓 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 横山
  2. 村上
  3. 丸山
  4. 正解音
  5. 福田
  6. 安田
  7. ガスト
  8. 大倉
  9. カスタム
  10. チーズINハンバーグ
  11. 絶対
  12. ハンバーグ
  13. 奇麗
  14. タイガー
  15. 音楽
  16. 最高
  17. 今回
  18. タイガーアッパーカット
  19. タコス
  20. テイクアウト

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/10/17 19:15:20時点 Amazon調べ-詳細)

[カスタムフィーバー]

[有名企業参戦でパワーアップ]

[テイクアウトカスタムグルメ]

[さらに]

[新鮮食材が集う漁港で
ロケ敢行]

[この夏 カスタムが アツい!]

[第1弾の今夜は]

今日は ちょっと違うの 仕様が。

皆さん お気付きのとおり
いつもは 丸山さんが

持ってるタブレットが
私のとこにあるということで。

テーマは お察しのとおり
カスタムグルメなんですけど

いよいよ ちょっと 好評らしく…。

本腰 入れた?
(大倉)今まで 試しやったん?

(村上)これが 飲食業界とか
食品業界で

なるほどなという アイデアが
幾つか あったみたいで。

(横山)2人は テレビ見ててさ
自分たちのこと…。

俺 テレビで見てて…。

(安田)テレビで見ても思うんや。
(横山)テレビで見ても思う。

そこも含めて よかったみたい。
忌憚のない意見をね。

そこで 今回はですね…。

(村上)という中で…。

≪お邪魔しま~す。

何時ですか?
今日は 何時なんですか?

≪毎日 3時です。

(村上)そんな怖ないやろ。

こんな揺れてんの 初めて見たわ。

(村上)
奇麗になってって どんどん。

(横山)
ホンマ 奇麗なってきてるよね。

もう 何やったら 好きやもんな。

(福田)もう好き?

関ジャニさんの番組で
そんなん言って…。

今回…。

(村上)キーワードありましたけど
これ どういうことですか?

ネタ合わせも
ガストで ずっと してたし

ネタ書くのも ガストで。

いろんなメニューも
口にされてきたってこと?

どういうこと? どういうこと?

やめてあげてよ! やめて!

[の最高傑作…]

[テイクアウトメニューとしても
絶大な人気を誇る

激アツグルメをカスタム]

[審査をするのは]

すかいらーくグループ
ガスト メニュー開発の樋上です。

よろしくお願いいたします。

ガスト メニュー開発の
小林と申します。

よろしくお願いします。

[商品開発に携わる
まさに ガストのブレーン]

いうなれば ガストの父と母が
今日は 来てくださった。

今まで おおよそですけれども…。

(丸山)これ 絶対 無理やって!

[さらに]

[Mr.審査員…]

1位 とれそうな気しますけどね。
すごく 一般家庭で できそうな。

自信ありますよ。
Mr.カスタムって 一応 称号が。

僕 いっても
勝率 一番高いはずなんですよ。

ちょっと 攻めてる 今回。
(福田)かなり 自信あります。

誰とも かぶらないと思います。

あの まあ…。

ネタと一緒やんか それ。

一応…。

[審査員 大絶賛で商品化!?]

では 大倉さん。
(大倉)はいはい。

よろしくお願いします。
(村上)審査員の皆さんは

メニュー名は
分かっておりますが

誰が作ったかというのは
知らないままの採点ですので。

(横山)2人が
父と母やったら…。

もう 自分から いくんや。

(村上)色々 精通されて…。
(大倉)そうなんです。

3位からいきます。

どうせならですけど
何か こう…。

1位か 4位。
(村上)上か下か はっきりと。

もう 性格上ですけど。
(丸山)緊張するな。

第3位の発表です。

♬(音楽)

≪何や これ。
(横山)壮大な音楽。

≪賞レースの音や。
≪確かに。

第3位は…。
(安田)第3位は?

ありがとう。 ありがとう。
(丸山)言うてくれたみたいな顔。

それだけ 俺 打ち合わせで…。

(横山)
まんまと言うてもうたやん。

(村上)では 参ります。
第3位は!

♬(音楽)
(安田)もっかい 聞くんかい。

♬(音楽)

安田君!
HOPE SANDでございます。

最悪や。

振り振り。
(横山)自作自演やん。

≪奇麗に振りかぶって。

51点。
(安田)でも 51点あるんか。

HOPE SAND。
(福田)希望の?

(安田)僕は 全部
毎回 コンセプトとして

ワンハンドで食べるということを
この企画では

いつも やってるんです。
っていうところで

今回は このチーズINハンバーグを
ワンハンドで食べれる HOPE SAND。

(安田)やっぱ この
全てを丸めこんで食べれて

食べきるって
それが 希望的というか

夢があるじゃないですか。
(村上)めちゃくちゃお見事。

ホットサンドと HOPE SANDで
このような…。

奇麗。

[テイクアウトした
チーズINハンバーグを

ワンハンド料理にカスタム]

鮮やか。

(安田)食材はね 付け合わせで
付いてるものを

そのまま 全部 使うっていう。

(安田)ハンバーグは砕くんですよね。
≪ばらすのね。

この開ける瞬間が すてきなのに。

つぶしちゃった。

(福田)この時点で おいしいねん。
(かなで)これだけで おいしい…。

(安田)全部をね 食材使って。

こね直すってことか? これは。

(安田)まぜ合わせるって形で
いいんですかね。

(村上)なるほどね!

残りのデミグラスも
こっちにも塗って。

おいしいやろうな。
(ゆめっち)絶対に おいしい。

これ 喫茶店とかで出てきたら
最高やな。

俺 たぶん これ ガストの皆さんは
点数高いと思う。

≪これ お手軽だし いいですよね。

家で やったら 最高やなって。
≪これは おいしい!

これを ちゃんと
ホットサンドのプレートに…。

ホットサンド!
(村上)パニーニ的にもなるわけや。

(横山)俺も ホットサンド考えた。

めっちゃ いい。

(横山)俺 これ 悪くないと思う。

イエイ。
≪お見事です。

おいしそう。
(横山)絶対 おいしいし

これ 内訳で 絶対 低いん
大倉です。 これ 絶対に。

(丸山)うまそうだしんよ。
うまそうだしんね。

(村上)まずは 安田君。
(安田)はい おいしそうやな。

(横山)絶対うまいよね これ。

(福田)似合うわ。

≪想像どおり?
(安田)はい。

(丸山)
「おいしいか」って 大倉が。

めちゃくちゃ うまいやん。

(丸山)
ヤス これ ごっさ うまいわ。

(福田)ハンバーグつぶして大丈夫かな
って思ったんですけど 全然。

(丸山)こういう発想もあって
いいと思う。

あんま 言いたかないけど
安田君が 今 食べてるの

ワンハンドではないっすけど。

(横山)上品に食べた…。
(村上)そういうことですか。

ワンハンドには おっきいよね。
(安田)みんな…。

[審査は 味以外にも
まねがしやすい 手軽さなど

合計5項目で 総合的に採点]

(横山)ほら やっぱ
ガストさん 点数高いよね。

味は もう 抜群なんですよ。

ハンバーグにポテト

それから 全部 デミグラスソースも
まぜていただいたので

ガストのチーズINハンバーグの味が
そのまま詰まってるんです。

ホントに すごいおいしいなと
思いました。

ありがとうございます。
(小林)マスタードで

味のバランスを
調えているところが

素晴らしいなと思いました。

テイクアウトを こんなに
リニューアルできるんだって

感動しました。

(村上)では ガストの長男。

≪いびつなキューブが。

(村上)ちょっと また これ
辛口かなと思いますが。

チーズINハンバーグって
切る瞬間の

あの とろっとチーズが
いいわけじゃないですか。

ぐっちゃぐちゃにしてる時点で
僕 チーズINハンバーグを

ガストさんのやつ使う意味が
あるのかな…。

それ故に 僕は ノーガストと
評価させてもらいました。

(村上)そういうことね。
(安田)ノーガスト?

ピクニックに持っていくにしても
これ 手軽さでいうと

すっげえ時間かかるから

作ってたら 昼ごろに
なっちゃうんじゃないかな。

着くころには 夕方…。
(安田)それは 頑張って

朝 早く
起きるんじゃないですか。

「今回は」じゃないです。

あと たぶんですけど…。

(丸山)ヤス 「すん」って。

たぶん ガストのチーズINハンバーグを
生かさないと駄目なんやろうな。

そやねん。
(村上)でも…。

めちゃくちゃ点高い…。

(横山)あいつ…。

(笑い声)

ありがとうな。
(丸山)めちゃくちゃやりやすい。

[続いて 第2位は]

どっちかってこと? 1位…。

参りましょう。
(丸山)俺か。

(村上)第2位は。

♬(音楽)

俺 知らんけど 何となく。

俺は ないわ。

横山さん!

何ですか? 今の やりとり。
(横山)恥ずかしい。

今 すごい やりとり…。

(福田)それを
3回くらい繰り返しました。

俺は そんだけ
振り切ったんやと。

どっちかなんやなっつって。
俺 2位かって思ったら…。

恥ずかしい 恥ずかしい。

(村上)さあ 横山さん
第2位 56点という。

(安田)コンセプトも
思いっ切り 振り切ってる。

「おそらく世界初!」

(横山)
振り切ってる 俺の中でな。

≪せやな 裕ちんの中やもん。

[テイクアウトした
チーズINハンバーグを

おそらく 世界初の発想で
和風にカスタム]

おいしそう。
(横山)おいしそうやろ?

確かに 味の想像できひんのよね。

すげえな! すげえことを。

(丸山)ちょっと ヤバいな。
大丈夫?

≪攻めてますね。

豚骨に デミ入れたら
どうなんの?

想像できない。

薬味が。

あっ わさび。

まず ハンバーグと ご飯を
普通に食べて。

最高 最高。

≪これ でも いい案ですな。
横山さん。

(横山)いいでしょ。

アイデアとしては
いいでしょ。

(村上)確かに 見た目
洋風ひつまぶしってことですよね。

(横山)ちょっと いってみますね。

≪うわ 腕白。

(横山)めっちゃ うまい!

だしとハンバーグって
ありそうで なくない?

うまくね?
(丸山)うまっ。

めちゃくちゃおいしい。

(福田)さっぱりして はい。
(横山)大倉や 絶対 低いん。

[惜しくも
1位を逃してしまったが

ガスト社員は まさかの大絶賛]

(村上)非常に…。
(横山)高評価。

豚骨スープに デミグラスソースを
入れるっていうことは

まったく
私には 発想がなくて。

ビーフ100% プレミアムチーズINハンバーグを
使ってるんですけど

非常に この味を
引き出すようになっていて…。

ありがとうございます。
(ゆめっち)父が 大絶賛。

しょうがとか 薬味があることで
あっさりと食べられて

やられたなと思いました。

(村上)セオリーで考えてたら
出てこない カスタムですか?

はい ないです。
(横山)ここまではね。

(村上)さあ 水をぐいっといかれた
長男に 伺います。

(大倉)高得点です 僕の中で。

(村上)大倉君にしては 高い。

(安田)ゼロが ないもん。

これ チーズINハンバーグが
おいしいんで おいしいんですよ。

でも 何か 融合してる感じが
なかったなと思った。

(村上)ほう。 というのは?

ハンバーグと豚骨茶漬けを
それぞれ 食った方が

いいんじゃないかなっていう。

シンプルにさ…。

(安田)
一生懸命 考えたのになあ。

(横山)めっちゃ頑張った。

(横山)ここ来たら 急に
あんなこと言うねやもん。

[残すは
丸山と 3時のヒロイン]

[どちらかが 1位で
どちらかが 最下位]

[カスタム チーズINハンバーグ
王者の称号は どちらの手に!?]

[その前に]

(村上)何か考えてきて
くださったんよね?

はい!
3時のヒロインのYouTubeで…。

やってるんですけど。

[3時のヒロイン考案
楽しみながら英語を覚えられる

We are the best!ゲーム]

[今回 『クロニクル』用に
カスタムして

持ってきてくれたのだが]

(村上・丸山)タイガー。 タイガー。
(大倉)タイガーアッパーカット!

[箸休めのつもりが
意外や意外 かなりの大熱戦に!]

[これ 『クロニクル』の
秘密基地あるある]

ありがとうね。
(ゆめっち)『ストⅡ』も入れた…。

(丸山)タイガーアッパーカット。

[ルールは 簡単]

「ガイル」って言われた方は
「ソニックブーム」って言って

振りも ソニックブーム。
(丸山)ソニックブーム。 ソニックブーム。

「ダルシム」と呼ばれたら
「ヨガファイヤー」

(丸山)
違う 違う ヨッファイ…。

何のレクチャーやねん アホ。
(横山)ただ あいつ合ってるのよ。

[同様に 「ブランカ」
と言われた人は 「ビリビリ」]

[しかし ドボン狙いで…]

[…が発生し]

「サガット」って言われた人が
人を指さします。

指さしながら 「タイガー」

「タイガー」
「タイガーアッパーカット」

3番目に指さされた人が
「タイガーアッパーカット」

(丸山)あと タイガーも
タイガーじゃないから。

(サガットの物まね)

(丸山)
ふんふん… あいあい…!

ふんふんふん あい!

『ストⅡ』好きしか
分かれへんからな。

マルに CMきてほしいわ。
『ストⅡ』

[取りあえず やってみよう]

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)
(大倉)あいつのゲームやって!

最高やんか。
もっかい やろうや。

[ここから まさかの熱戦]

We are the ストⅡ!

(一同)あたしたちって 最強!

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)

(正解音)
(大倉)終わらんて!

サガット。
(横山)あっ!

(村上)「タイガー」や…。

≪やっと終わった。
(ゆめっち)終わった。

サガットのとき…。

タイガーアッパーカット!
(福田)エドモンド本田ですよね?

それが 一番おもろいやん
もう だって もう。

(大倉)
めちゃめちゃ俊敏な動きしてた。

[チーズINハンバーグの
テイクアウトカスタム]

[いよいよ…]

[もはや 商品化レベルの
本家も 大絶賛]

[おうち史上最強のテイクアウトカスタムを
作り上げたのは どっちだ!?]

[まずは 3時のヒロイン]

(福田)自宅で できる
メキシコ料理です。

皆さんね 常々…。

どんだけ ええやろなって
思ってると思うんですけど。

(横山)思ってるかな。

エンチラーダっていうのは

タコスよりも
やわらかい生地で

中に ひき肉とトマトが
入ってるみたいな。

それを もう 家で
作っちゃえます。

思い出の味と
思い出の味やん。

そうですね。

要約したらな。

[テイクアウトした
チーズINハンバーグを

自宅で できる
メキシコ料理にカスタム]

(横山)
絶対 おいしいやろうな もう。

絶対 おいしいです。
ここで 切っちゃうんですけど

ぐちゃぐちゃにはしないです。
1cm角に。

(村上)なるほどね。
(福田)ちょっとだけ形は残します。

(村上)最低限 フォームは残しつつ…。
(福田)はい。

(横山)
スーパーで すぐ買えるもんね。

(福田)サクラエビ。
(横山)エビ 入れてるん いいな。

(安田)いいね。 いいな。

あれで おいしそうやな。

(福田)メキシコ料理なんで
トマトソースを 混ぜて。

これ うまいやろ。

これは いけると思うねんけどな。
≪ちゃんと残してますもんね 形。

形あるよ 大丈夫。

(丸山)これは いいぞ。

うわ~! おいしそう。

≪照り照り。

(福田)できました エンチラーダ。
≪初めて見た。

タコスに近い感じというか。

タコス!

(福田)これは
1位やと思うねんけどな。

「タコス!」って
言うただけやん。

「タコス!」って
言っただけです。

(横山)お前だけ 何か…。

笑ってられるのは
今のうち。

(福田)天才系のキャラや。

[では いこう。
Mr.カスタム 丸山]

[どっちが 1位だ!?]

デミグラスソースを
生かしまして

簡単に 和風煮込みハンバーグに
しちゃうと。

うわ~ ずる。
(丸山)あの肉のね…。

しかも そこに デミグラスの濃厚さが
入ったら どうなっちゃうの?

ちょっと 家で ぜいたくな。
(横山)マルの発想やな。

[テイクアウトした
チーズINハンバーグを

すき焼き風にカスタム]

(丸山)テンキュー。

≪これは ちょっと強いな。

何か ちょっと これこそ
アイデアに 1回のぼりそう。

すき焼き…。

なるほど。

(丸山)濃厚に いきたいんですよ。

(丸山)こんな奇麗に並べられた
エノキ 見たことないわ。

(福田)ちゃんと すき焼きや。
(丸山)奇麗 奇麗 奇麗。

これ 魅力的やもん。
(丸山)これ 割り下にしちゃう。

これを割り下?
(丸山)割り下に入れちゃうわけ。

そういうこと!

おいしい… たぶん。

おいしいやん もう。

(横山)めっちゃ
味濃くなりそうやけど。

(丸山)そうなんすよ。

≪これに 絡めてやりたい。
≪照り照り。

(丸山)テリーマンですよ。
テリーマン。

≪俺も 一緒に入れて。

≪おいしそう。

あ~ でも うまそうやけどな。

うまいと思うで。 みんな好き。

(福田)絶対
おいしいじゃないですか これ。

だって ガストだもん。

(横山)こういうメニュー
ありそうやもんな。

(丸山)中のチーズ
とろとろになってんねん。

(福田)絶対 おいしい!

ぐつぐつして 中のチーズも
とろとろなってるはず。

でも これ…。

一気に自信なくなりました
今ので。

(村上)さあ それでは
よろしいでしょうか。

第1位は!

♬(音楽)

CMの後!

(一同)あ~!
(大倉)昭和のテレビ。

それ言って
みんな こける思うたん?

ただただ みんな
今 イラッとしただけやから。

(山さん)つける?・・・うぇいー!

ゆで卵は 今入れていい?
(崎山さん)ゆで卵は入れましょ

ホントに?
あ いいよ

ダーン!
あっ おいしそー

うぇーい!
これはいいなぁ・・・

♬~もう うまいもん
もう うまい!ふふふふふ・・・

んー!

♬~すぐおいしい~すごくおいしい~

(2人)うぃー!
やってしまったね!
やったっすね!

(村上)あらためまして参ります。
ガストのチーズINハンバーグ

カスタム 第1位は!

♬(音楽)

3時のヒロイン
自宅で簡単エンチラーダ!

得点は 70点!

≪高い!
(かなで)やった。

≪やった。 あれ?

(大倉)灰になってる。

ということで 4位は
必然的に 丸山さんの。

ただ 点差 見てください。

3位は1点差という ぎりぎり。

3位と4位の泥仕合。

俺まで 巻き込まれた。

(横山)ゲストが
1位とったことないもん。

≪ホントですか?

≪見た目
確かに おしゃれやわ。

(福田)うん。 うん!

メキシコ!

(丸山)テディベアみたい。

カワイイ!
≪テディベアか 赤ちゃん。

おいしい。
(ゆめっち)おいしい。

≪サルサですね これ もう。

めっちゃ うれしい。
(樋上)これは びっくりしました。

よさを残しつつも
完全に新しいものに

生まれ変わっていて
最高の料理です。

パパ ありがとう。

チーズINハンバーグが
そのまま 存在感ありつつ

見た目が まったく違って
デミソースとトマトソースが絶妙で

何だ これ!と思いました。

(ゆめっち)ママ ありがとう。

≪うわっ! えっ!?

≪高くない?
(村上)これ 高いですよ。

たぶん 大倉君 採点史上
一番の高得点。

デミグラスソースって 僕
完成してるソースだと思った。

でも トマトソースで合わしてるところに
デミグラスって気付かず

この酸味と すごくね
バランスが よかったんです。

こうやって ハンバーグだけで
楽しむことも できるけど

こういう楽しみ方もあるよ
って出してくれたら

いつまでも楽しめるような。

めっちゃ優しい。

(村上)これは 70乗る
っていうのは なかなか。

これで 1位は 確かに
希望があるよね カスタム。

終わってええけど
丸山君 実食する?

≪うまそう!
(福田)見た目は 最高。

(丸山)いただきます。

(丸山)うん…。

(笑い声)

(村上)平均値 めっちゃ…。
≪めっちゃ高い。

毎日 ガスト行きたい!

かつて ハンバーグの入った
すき焼きってメニューは

ガストで販売したことが
あるんですよ。

かぶってた! かぶってた。
まさかの。

一つ… 言うならば
卵があってほしかったな。

(村上)なるほど!
卵忘れ? まさかの。

(横山)いつも 卵 ぶつけるやん。

ちょっとっていうのが
多かったから 評価的に。

(大倉)必要な足し算やったんや。

よく分からなかったな
っていう感想です。

(横山)卵がないしね。
(福田)やっぱ 途中 卵です。

卵あったら 完璧です。
(村上)それは もう…。

はまってる人がおる。

痛っ 痛っ 痛えな…。

罰ゲームのクオリティー
ちゃうから。

どっちが 出るかな。
≪はよ 引け。

お~う!

「自分にしっぺをしながら」

「ビートたけしさんのモノマネ」

≪余裕やろ。

「バカ野郎 この野郎 バカ野郎…
痛っ 痛っ 痛えな この野郎」

「全然… 痛っ」

「バカ野郎 コマネチ
コマネチ この野郎」

(村上)ちょっと待って。
一回 タイム。

…のクオリティーやから。

(村上)何だ バカ野郎 ちゃうよ。
≪マルの芸やん これは。

年間 700杯くらい食べてます。
(横山)マジ? ガチ勢や。

商品化いけるんじゃないかな
っていうぐらい。

史上最高のやつ出たっつってた。

[出た! 商品化!?]

[『関ジャニ∞クロニクルF』は…]

[さらに…]