全力!脱力タイムズ【とろサーモン久保田&高橋克典、被害者の顔はやめて!の巻】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

全力!脱力タイムズ【とろサーモン久保田&高橋克典、被害者の顔はやめて!の巻】[字]

名誉棄損であの芸能人を訴えたい!高橋克典も驚く衝撃告発が続々!とろサーモン久保田はSNS炎上覚悟の言いたい放題!?▽滝沢カレン白いスープカレー美食実況

出演者
【メインキャスター】
アリタ哲平(くりぃむしちゅー 有田哲平) 
【全力解説員】
清原博、吉川美代子、岸博幸 
【ゲスト】
高橋克典、久保田かずのぶ(とろサーモン) 他 
【「THE美食遺産」ナビゲーター】
滝沢カレン 
【キャスター】
小澤陽子(フジテレビアナウンサー)
番組内容
オープニングでは、高橋克典が日頃から久保田かずのぶに対して好感を持っていると告白。世間の目を意識して“いい人”を演じる芸能人が多い中、あえてヒール役を買って出る久保田を高く評価しているのだという。そして、自身が新人の頃から使っているという“宝物”を、久保田にプレゼントする高橋。すると久保田は、MCのアリタ哲平に促されるまま、プレゼントのお返しに得意の“パフォーマンス”を披露する、という展開に。
番組内容2
自分に向けられる高橋の熱い視線に、久保田は居心地が悪そうに苦笑いを浮かべるばかり。

特集のテーマは「芸能界の法律トラブル」。芸能人の言動にまつわる法律トラブルについて、法律のプロ・清原博弁護士とともに徹底解説する。清原氏はまず、いくつかの実例を紹介しながら、芸能界における法律トラブルの実情を解説。それを踏まえ、実際に芸能人を訴えたいと考えている人をスタジオに呼んで話を聞き、その事例は本当に
番組内容3
訴えるべきなのかどうか、アドバイスを授けていくことに。しかしやがて、ある“証拠映像”が流れ始めると、しだいにスタジオは怪しい雲行きに。久保田の顔は青ざめ、高橋の表情も曇り出し…!?

「THE美食遺産」は、東京・麻布十番にあるスープカレー専門店の人気メニュー「白いスープカレー」を、滝沢カレンがナビゲート。そしてエンディングでは、高橋が久保田に贈った“宝物”の正体も明らかに!?
ご案内
【公式HP】
http://www.fujitv.co.jp/DNN/ 
【公式Twitter】
https://twitter.com/datsuryoku_cx
スタッフ
【企画】
狩野雄太 
【チーフプロデューサー】
神原孝(FCC) 
【プロデューサー】
大泉正太(ファウンテン) 
中村倫久(ハイホーTV) 
大川泰(STAY TUNED) 
橋本孔一(FAT TRUNK)
神保健一(FCC) 
中垣佐知子 
鈴木裕奈(FCC) 
【総合演出】
有田哲平 
【制作総指揮】
名城ラリータ(FCC) 
【制作協力】
FCC 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 高橋
  2. 清原
  3. 久保田
  4. 小澤
  5. お願い
  6. スタッフ
  7. 弁護人
  8. マジ
  9. 今回
  10. 中森
  11. 名誉毀損
  12. 裁判
  13. 番組
  14. 舞台
  15. サーモン
  16. チャンチャン
  17. トラブル
  18. ホント
  19. 芸能人
  20. 克典

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(小澤)こんばんは。
『全力!脱力タイムズ』です。

(小澤)では 本日の すてきな
コメンテーターを ご紹介します。

まずは お笑い芸人 とろサーモンの
久保田かずのぶさんです。

(久保田)よろしくお願いします。
(小澤)そして もう一方

俳優の 高橋 克典さんです。
(高橋)よろしくお願いします。

(有田)高橋さん 初めて?

(高橋)僕 実は…。

んっ?

ふりというかね。

(高橋)そうです。 やっぱり…。

言っちゃって 大丈夫なんですか?
ちゃんとした方だと

思いますけども
違うんでしょうか?

そんな6年間を…
まあ それは いいんですけど。

(高橋)そんな中…。

演じてるわけじゃないです。
そのまま やってる感じです。

(高橋)
これがあるから できないけど…。

そんなに お好きだったんですか。

プレゼント?

(高橋)僕…。

えっ!? いいんすか?
これ…。

何だろ? おもちゃ… そっか。
あんま 言ったらあかんか。

えっ? 何ですか?

大人のおもちゃじゃ
ないんじゃないですか?

「そっちがいいですか」っていうか
そうだとね…。

それは そういうもんじゃ
ないですもんね?

いいんですか?

(高橋)持って帰って ちょっと…。

「堪能」って言ったら
なおさら そうなりますけど。

じゃあ スタッフ 預かっとこうか。
(高橋)お願いします。

ありがとうございます。
(小澤)そこまでなんですね。

それだったら…。

じゃあ いいですか? お願いして。

ぜひ お願いします。

ないっすよ 音も。

♬(音楽)
あるんかい ちゃんと。

前回に引き続き…。

♬~

♬~

はずいわ。

(高橋)よろしくお願いします。

[近年 ネットの普及により
影響力の大きい芸能人の

発言の一部が
恣意的に切り取られ

拡散や 炎上といったトラブルが
多発]

[中には 裁判となり

名誉毀損や 損害賠償問題に
発展するケースも]

[そこで…]

[芸能界にまつわる
法律トラブルを

法律のプロ
清原 博弁護士とともに

徹底解説いたします]

弁護士の 清原先生
今日は よろしくお願いします。

ということで
まずは こちらを ご覧ください。

このようなトラブルは
皆さんにも 当てはまる可能性が

あるとは思うんですが。

(清原)そうですね。 特に…。

(清原)一般の方は
だいたい 裁判で認められるのは

100万とか 200万が 多いんです
けども 芸能人の方になりますと

500万とか あるいは 1, 000万とか
高額になるわけですよね。

(清原)それから…。

(清原)例えば 他人の悪口を言う。
こういった 芸能人の方々は

影響力が大きいですから
他人を傷つけたということで

トラブルになってしまうってこと
ありますので。 ですから…。

さあ 久保田さん いかがですか?

そうですよね。
高橋さん いかがでしょうか?

さあ こっからですが…。

どういうことかといいますと
こういうような問題は…。

こちらですね。

まず 1人目の方です。

そちらにいらっしゃったんですか。
(小澤)身近な所に。

中森君というADさん。
この番組の。

んっ? スタッフが どうしたの?

(中森)実は あるタレントさんから
パワハラをされまして。

(中森)精神的なダメージを
与えられたんですけど

それが 名誉毀損に当たるかどうか
判断していただきたいです。

VTR?
そちらを ご覧ください。 どうぞ。

[番組スタッフが
訴えたい人とは?]

[それは 前回 とろサーモン
久保田氏が出演した際]

[この日は ハロウィン特集で
出演者たちが 様々なコスプレを

披露するはずだったのだが

スタッフの…]

「着替えを」

「萎縮してますよ スタッフ」

[さらに…]

[しまいには まさかの…]

これのことだったんですね。
(中森)はい。

で ああいうふうになったんです。

あの人が 俺に… 俺ね…。

俺 これ…。

それは 何なんすか?

でも それは…。

24を わざと 用意して。

(中森)それは…。

俺 このままで帰ってるんだから。

そういう意味で ロボットって
言ってるわけじゃないですよ。

じゃあ ちょっと これ 先生に…。
(清原)確かに 中森君は

精神的な苦痛を
負ったとは思うんですね。

(清原)ただ 普通 名誉毀損は
ある特定の人に対して

名誉を害するということなので
今回 中森君と 名指しをして

攻撃してるわけではないわけです。
ですから

名誉毀損で 訴えるというのは
難しいのかなとは思いますね。

キャラクターじゃないですか。

(高橋)正直 思いますね。

あくまでもね あれは…。

(中森)はい。

聞いてみるもんですね。
全然 違います。

いい企画です。

[続いての相談者は…]

ほぉ! 小澤さん。
あるタレントさんに

精神的なダメージを
与えられまして。

それが 名誉毀損に当たるかどうか
判断していただきたいなと

思ってます。

VTRで ご覧ください。 どうぞ。

[小澤アナウンサーが
訴えたい人とは?]

[この日 キャスター 有田が
急用のため 退席し

代わりに 久保田が
番組を進行していたときのこと]

「続いては こちら」

「行き過ぎた自主規制ってのは
AVの話? AV的なこと?」

「お前は!」

「はい。 隣に立っていることが…」

[大勢の前で 罵倒された
小澤アナウンサーは

かなりの精神的ダメージを
負ってしまった]

(小澤)確かに あの日は
立ってましたけれども…。

(小澤)なのに…。

清原先生 これは…。
今回の場合ですね

番組の収録なんですよね。
共演者同士のキャラクターを 理解して

番組を作っているわけですから
それが 仕事の範疇とも

いえるかもしれませんね。
ただ もし 今回の この…。

(高橋)いやいや だからね…。

インスタを…。

あの~ ブログで 自分のブランド
自慢する女。 一緒の顔してますよ。

(山さん)つける?・・・うぇいー!

ゆで卵は 今入れていい?
(崎山さん)ゆで卵は入れましょ

ホントに?
あ いいよ

ダーン!
あっ おいしそー

うぇーい!
これはいいなぁ・・・

♬~もう うまいもん
もう うまい!ふふふふふ・・・

んー!

♬~すぐおいしい~すごくおいしい~

(2人)うぃー!
やってしまったね!
やったっすね!

[続いての相談者は…]

次は…。

社員?

ずばり…。

またね。
俺が? 何を?

言ってない!

証拠 ありますか? って
吉本の方に 聞いたら

取材の映像を 入手したと。
取材?

ご覧ください。 どうぞ。
何の?

[この日 久保田さんの
これまでの半生を振り返る

インタビューが 行われていた]

「大阪文化服装学院と福岡の…」

[そう…]

「あの~ 年 取ったら…」

「ああいうファッションとかも
好きです」

(スタッフ)「僕ですか?」

どこ… どこ 使っ…。

ちょっと待て!
ヤバい! ヤバッ! ヤッバ!

最先端の犯罪してるよ。

「ナルシスト」?
これ マジ ヤバッ!

え~!?

『アウトレイジ』?

(吉川)高橋さんに対して
あんなこと言うなんて ちょっと

失礼過ぎる。
(岸)動揺するような内容で…。

これ 一発アウトでしょ。

ほんで…。

俺が言った…。

(清原)これは ひどいですね。
訴えることができると思います。

(清原)この取材の中で
話したことが 記事になって

公に発表されますと。
そうしますと…。

まあ でもね あの~…。

いやいや まあ…。

いや それは 分かりますけど…。

すごいよ もう。

平和のカリスマ。
もう いいですよ それは。

(高橋)僕は…。

マジで言ってないんすよ 俺。
ご本人が そう言ってるから

まあ いいでしょう。

さあ 続いてですが…。

某スタッフからの。 これ…。

ホントですか?

何ですか?

『ボクらの時代』?

出たいなとは思いますけど
出てない。

あ~ そうですか。
間違えてない? 俺じゃないよ。

「出てない」っつったって
出てるんですから。

それでは ご覧ください。

[今回のゲストは…]

[そして 気象予報士をしながら
役者としても 活躍する…]

[そして…]

[10年来の仲良し3人組です]
どういうこと?

えっ? えっ!?
(永井)「何かね 久しぶりだよね」

(片岡)「あっ そうだ」
どうやってんの? これ。

「すごい…」

「とか やってね」

「悪いけど…」

「だって…」

「どう? 何か…」

「一目ぼれっていうか…」

「おっ!
きましたね われらが大先輩」

「もう ええって お前 そんな…」

待って!

どうやってんの? これ。

どうやってんの? これ!

「すごいよね。 お弁当とかでしょ」

(片岡)「たくさん 結構… 僕でも
たくさん あるくらいなんで」

「そういうの あります?」

すっごい 空気 悪くなってる。
「マジっすか?」

「うん。 マジで怖いよな」

「それは」

「ホント?」

ちょっと 怖いわ。

「何か あんまり…」

「次から 次から 取っ換え引っ換え
やってるわけでしょ」

うわうわ うわうわ…。

「俺 まず」

どういうことですか?

改ざん…。

改ざんしてる。

どういうことですか?
意味が分からない。

違う 違う 違う!

現に 言ってたじゃないですか。
言ってないって。

だから…。

だから…。

はっ?
映像を改ざんしたって 言いたい?

まあ かなり 苦しい 言い訳を
してるようですが 清原先生。

(清原)
今回は かなり 悪質ですから

裁判で じゅうぶん 戦えますね。
高橋さん これは?

まあまあ でも これもね。 僕は…。

えっ?
あの~…。

これぐらいのことで…。

ちょっと やっぱり 後輩の…。

まあ これがね あの~…。

あっ あっ… えっ? えっ?
何ですか? 訴えます?

いやいや そうしましょう。
やめてください。

そんなことは
分かんねえだろうが。

(高橋)えぇ?

ちょっと…。

そういう言い方をするなって
言ってんですよ。

すぐ 反社とか 『アウトレイジ』とか
歌舞伎町とか。

(高橋)営業妨害。

だって もう…。

あ~ 出るとこ 出てね。
(高橋)じゃないと…。

だから ちゃんと…。

いいっすよ。 出るとこ
出るんだったら やりましょう。

じゃあ いったんね ちょっと
気を取り直して 美食遺産です。

いけねえよ! どのテンションで
いくんだよ!? こんな詰められて。

(滝沢)[ナビゲーターは 私
滝沢カレンが お送りいたします]

何で これ まだ あんねん!?

市場調査 取ってんのか!?

髪の毛は ええねん。

「粉」って言うなよ。
調べとけや 材料ぐらい。

「マル焦げ」って 言い過ぎやろ。
「焦げた」でええやろ。

当たり前やろ。 奇麗な鍋やろ。
カメラで撮ってんねんから。

冗舌だな 今日は。
しゃもじは 入るよ!

しゃもじを入れなくして
何を入れるか? じゃあ。

うちの家にある Alexaのが
ちゃんと しゃべれるわ!

小説なんかな?
これ トータルで読んだら もう。

ソース メインなん!? これ。

何ですか?

はい。 4リツイートで
ブロックです。 お疲れさん。

うるさい…
うるさかったですけどもね。

おかしいこと 言ってっから。
さあ それでは 早速…。

(清原)ただ今より 原告 高橋 克典
被告 久保田かずのぶによる

フジテレビ 『ボクらの時代』における
とろサーモン 久保田かずのぶの

高橋 克典に対する
痛烈批判 侮辱事件の

裁判を開廷します。

今 テレビ 見だした人
どう思うん? これ。

それでは 原告は
起訴状を 朗読してください。

1億もないよ! 俺。

では 被告に
今の公訴事実について

そのとおりですか? それとも…。

(清原)でっちあげですか?
はい。 全部。

(清原)では…。

あっ 弁護人がいるんですね。
(清原)では…。

待て 待て 待て。 待て!

(清原)では 被告人の弁護人にも
お聞きします。

(清原)被告人の罪状について
ご意見は どうですか?

(清原)弁護人
その改ざんの証拠は ありますか?

はい。 言ってください じゃあ。

ちゃんと やれよ! お前!

(コウメ)改ざんって 何?
だから…。

はっ? 俺に?
(清原)異議ありですか?

俺?

何ですか?
んっ? どういうこと?

チャ…。

♬「チャンチャカ チャンチャン
チャチャンチャ チャンチャン」

おい!

♬~

弁護人!
何をしてるの?

♬~

弁護人!
何を やってらっしゃるんですか?

弁護人?
俺を守ってください!

分かるでしょ?

♬「チャンチャカ チャンチャン…」
(チンベルの音)

マジ きついって。

では 判決を言い渡します。

被告 久保田かずのぶを

高橋さんの出演する舞台
『醉いどれ天使』を

全て 公演を見る刑に処す。

えっ? 告知?
高橋さん この舞台って…。

おい いいかげんにしろよ!

黒澤 明監督と 三船 敏郎さんが
初めて タッグを組んだ

伝説の映画が
舞台として 現代に蘇ります。

(高橋)桐谷 健太君演じる
戦後の闇市を 支配する

若いやくざ 松永と 僕が演じる
腕はいいが 酒好きで 毒舌な

貧乏医師 真田の
ぶつかり合いです。

戦後の混沌とした時代に
懸命に生きた 人々の姿を

描き出します。
ぜひ ご覧ください。

もう…。

まあ こうやって
白黒 はっきりしましたけども。

そういえば あの…。

渡してあげても… じゃあ
これ持って 帰りましょう。

いいですか? すいません。
せっかくですから。

それ 違うか。 すいません。

≪んっ?

どういうこと…
どういうことですか?

あっ じゃあ 一緒だ。
違う 違う 違う。

舞台とかね お仕事で
使ってらっしゃったやつですから。

意味合いは 違いますよ。

僕のファンって言ってはったんで
知ってると思う。 僕がMってのを。

MとMの部分で
共鳴できたっていうことですよね。

有田さん あの…。

(スタッフ)はい! OKでーす!
もうちょっと 助けてあげたら

どうですか?
すぐ ネタに いきましたけど。

じゃあ…。