美輪明宏 愛のモヤモヤ相談室 第5弾(2)[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

美輪明宏 愛のモヤモヤ相談室 第5弾(2)[字]

その心のモヤモヤした悩みを、スッキリしませんか?! ▼人生経験豊かな美輪明宏さんが、高瀬アナウンサーと共に寄り添って、愛があふれる言葉でお答えします。

番組内容
美輪明宏&高瀬耕造アナが、あなたの悩みに寄り添います。▼“夫が長男に厳しくあたる”再婚した夫と自分の連れ子である長男の関係がうまくいかない、どうしたらいいのか?▽悩む相談者に美輪さんがかけた言葉とは…▼大好きなミュージシャンとの恋愛がうまくいかない!推しのミュージシャンの自宅で食事までしたのになかなか進展しない恋愛模様。▽美輪さんがズバッと一言!▽高瀬アナウンサーも相談者と一緒に悩みます。
出演者
【出演】美輪明宏,【司会】高瀬耕造

ジャンル :
福祉 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 長男
  2. モヤモヤ
  3. 年生
  4. 勉強
  5. 木蓮
  6. ルンルン
  7. 一緒
  8. 食事
  9. イヤ
  10. お願い
  11. お父さん
  12. 関係
  13. 頑張
  14. 気持
  15. 結構
  16. 子供
  17. 自分
  18. 主人
  19. 手伝
  20. 大事

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

北海道にお住まいの
ニックネーム カナコさんです。

…という お悩みです。

初めて嫌いな人が出てきた。
なんて ラッキー。

そのお年でねえ。
42歳にして。 ねえ… お幸せですよ。

だから…

…っていう。
へへ…。

えっ。 そう。 津軽三味線ってのは
猛吹雪の中でも

苦しみ耐えながら弾いたり
歌ったりなんかする

そういう歴史のものでしょ。
はあ~。

だから ただ楽しくベンベン弾きながらね
歌ったり 楽しんだりっていう

そういうつもりで
お始めになったんでしょうけど

大間違いですよ。
はあ~。

…ということですよね。
そうですねえ…。

一度やってごらんになるといい。

猛吹雪の中で。
そう。

じゃあ もっと深い所に
たどりつくためには

むしろ必要な存在と。
そうそうそう。

はあ…。

♬~

♬~

♬~

この番組では 美輪明宏さんに
さまざまな悩みをぶつけまして

そのモヤモヤを
スッキリと晴らすヒントを頂きます。

今回も さまざまなモヤモヤを抱えた
皆さんに お越し頂きました。

よろしくお願いします。

定番の「イヤよ イヤよも好きのうち」に
なってきましたか。

そうです。
ははっ…。

イヤって言うと気持ちがいいんですよね。

だんだん私も
言われると気持ちよくなってきました。

ははは。
ありがとうございます。

さあ それではですね
早速 モヤモヤにまいります。

みりんさんです。

(みりん)美輪さん よろしくお願いします。
こちらこそ どうぞよろしく。

私は今 今の夫と再婚をして
丸十年になります。

で 子供が全部で5人
いるんですけれども

そのうちの一番上の長男だけ
今 中学2年生の長男なんですが

長男だけ前の夫の子なんですね。

で 今の夫が長男に対してだけ
厳しく感じるんですね。

みりんさんの悩みは…

夫が中学2年生の長男にだけ

特別 厳しく
接していると感じて

モヤモヤしています。

…っていうのもあるんですけれども

勉強に対してとか
3時間やった 何時間やったかとか

あとはその 勉強したノートだけを見て
きっちり3時間やった場合でも…

で 遊ぶ時でも
下の子たちは結構甘い感じで

何でも「いいよいいよ」なんですけど

長男に対してだけ
「これは やったのか?」

「あれは やったのか?」というふうに
条件をつけて。

まあ 長男も長男で
ちょっと ここのところ…

…って言うようになってきて。

実の親じゃないってことは
まだ知らないんでしょ?

言ってないです。

で 話そうと思ってらっしゃるのね
いずれ。 はい。

いつごろ?

高校出て そのあと大学に行くか
就職するかという

まあ まだ分からないんですけれども。

勉強の程度は どんな…?

勉強は この間…

ご主人は?

…っていう感じで言ってました。

ただ1年生の前期と後期の成績…

お~。

で それが1年生の後期で
2が増えてきて

で 今 2年生の前期で
3が増えてきてるんですね。

で 1がもう1個もなくなったので

だから私は「何も変わってないじゃん」って
言われた時に

いや…

…って言ったんですよ。

まあ そうしたら それ以上は何も
言わなかったんですけれども。

♬~

そもそも 中2の男の子と
父親の関係って

ただでさえ 口を利くことも少なくなり

子供の側からも
乱暴な言葉を吐いたりとか

ギクシャクしがちな頃では
ありますよね。

♬~

長男の方が心配なのはね
今でも1のまんまだったら心配ですよね。

でも2となり3となり 誰でもない
その お父さんの罵声を浴びながらね

そこまで…

だからねえ 本当はね 昔風に言うと…

だから 長男は他のきょうだいの
見本にならなきゃいけない。

それが当たり前だったの 世間的には。

だから どうも
そっちの口じゃないかと思うけども。

じゃあ その教育費だとか何か まあ
生活費が要りますよね?

それは あなたも働いてらっしゃるの?
はい 共働きです。

それで下のお子さんたちは
留守の間は誰が見てるんですか?

その長男が見てくれる時もあります。

とにかく なくてはならない人材ですよね。
はい。

まあ。
なので ほんとにもう
毎日毎日ちゃんと

お米のセットとか
洗濯とか 掃除機とかっていうのを

もう みんなが 私たちが帰ってるまでに
やってくれてたりするんですね。

そこいら辺は
ご主人は分かってんです?

分かってます はい。
分かってればいいんですよ。

あなたの気持ちでは 父親がね…

それも あるかもしれませんけど

多少 思い過ぎのところも
おありじゃない?

ああ そうなんですかね?

やっぱ 私が気にしちゃってるから
そうなのかなって

今のちょっと
問いかけで思ったんですけど。

私も昔
似たような状況ではあったんですよ。

実は みりんさん自身も小学5年生の時
一緒に暮らしていた父親が再婚。

当時 新しい母親と
距離を感じていたことが

今でも忘れられません。

中学生の時に 私の場合は
新しいお母さんだったんですけれども

その時に やっぱ素直に甘えられなくて…

何を言われても「はいはい」しか
言うようなことが…

それしか言えなかったんですね。

で やっぱり そうしていくと
溝があったんですよ

私と その育ての母も。

で それが もうまさに
その中学生の時で…。

何でしょうね。

…ってその時 思ってたんですよ。

それ みんな
そこから発してんですよね。

どこの家庭でも あることなんだけど

そうじゃないふうに あなたがしちゃって
1人で悩んで涙を生んでたのね。

そうですね。

自分の小さい頃と
変わってない気がします それを聞くと。

やっぱ中学生の時
どうして私ばっかりっていうのが

もう常に頭の中にあったので。

そう それがずっと根ざしてるのね。

うん そうですね。

うん そう思います。
もっと単純なの。

10年も一緒にね
どなったり わめいたりしてても

そういうご主人と子供つくってね。

あなただけが複雑なの。

じゃあ夫の側から見れば
とにかく やたら

その 「長男をもっと大事にしろ」って
言ってくる妻っていうふうに

見えてるってことですか?
そうだと思います。

私…

…って言われてたので。

下の子たちには すごい怒るのにって。

あ~。

長男の人にね さりげなくね

「お父さんも お母さんもね
助かってますよ」って。

「お父さんがね あなたに厳しく言うのはね
あなたのためを思ってね

そうやって厳しく言ってるのよ」って。

「だから自分の財産だと思って
その証拠にね

あなたが こうやって1だったのが
3になって

上がってきてるじゃないの」って。

「それは結局
お父さんがうるさく言うからね

あなたの根性が出てるじゃないの」って。

そう言って…

「楽しみしてるからね」って。

そういう言い方をしたら
どうでしょうかね。

あなたにとってはね
何にも憂えることは一つもないのね。

10年婚バンザーイですよ。
うふふ…。

♬~

♬~

徳島県にお住まいのサッチーさんです。

…ということです。

あなたじゃありませんって。
勘違いしないで下さいって。

この でもね 汗と震えが止まらない
というのは

やっぱ その心の傷が
大きいということでもあるんでしょうね。

勘違いしてらっしゃるの。
はあ~。

プライベートの方でね
会うわけじゃないし

パブリックな公なところで
会うだけなんですからね。

「この男はろくでもない。
女に手を上げるんですよ。

暴力振るうんですよ」。

そういう空気を出すんですか?

空気をね オーラを出すんですよ。
は~。

とにかく…

ええ そうですね。
悠然としてればいいんです。

立場は逆転しています。
悠然と対処をなさって下さい。

では 続いてのモヤモヤにまいります。
よろしくお願いします。

(木蓮)はい よろしくお願いいたします。
こちらこそ どうぞよろしく。

木蓮と申します。

親しくなった男性
仲良くなった男性がいたんですが

ケンカ別れをしてしまいまして
仲直りをしたいと思っております。

その方はミュージシャンでして

3年ほど前に友人に連れていってもらった
ライブハウスで

彼がとっても楽しそうな笑顔で
演奏をして

幸せそうな顔をしてた彼の表情を見て

一目ぼれをしました。

木蓮さんの悩みは…

お互いの家で食事をするほど
親しくなりましたが

恋人関係には
なれなかった木蓮さん。

これからどうしていくべきか
モヤモヤしています。

最初は 見上げてるだけでいいと
思っていたりもしたんですけれども

何回かライブに行ってる間に…
帰っている途中に追いかけてきて

「これから お茶を飲みに行きませんか?」
って誘われたことがきっかけで

一緒に食事をするように
なってったんですけれども。

あっ あと補足させて頂くと その方と私は
一切 男女の関係にはありません。

あの 親しい友人のような
そういう間柄です。

つまり肉体関係はないということですね。
はい 一切ありません。

手は握ったり
外国風な挨拶のハグはありますけれども

そういったことはありません。

あのねえ…
はい。

はい。

彼は だから じ~っとしてるだけでしょ。

ねえ 「愛してる」とか
はい。 手を握ってきたりとか。

はい ないです。

そういった愛の 男だったら普通
愛情っていうものをね 表現するのに

まずそこからいきますよね。
はい。

私も以前の恋愛は今までそうやって
スムーズに進んだんですけれども…。

今回は自分も年齢も上ですし
相手も私より少し年上なので…

ところが始まらなかったんでしょ?
はい。

きれいさっぱり
おやめになった方がいいでしょうね。

諦めるということですか?

だから向こうとしてはね…

あ~ はい。

男の親友。
はい。

「お前 手伝ってくれよ」って
「ああ いいよ」つって

で 仕事 手伝ったりね。

で 「一緒に飲みに行こうか」
「行こうよ」って言って

で いろんな話 したりね。
はい。

女性としては
見てもらえなかったんですよね。

はい。

彼とは ゆっくり距離を
縮めていくはずだった木蓮さん。

しかし ライブを手伝うようになると

次第にケンカも増えていったといいます。

そのまま彼とは疎遠になり
1年が たとうとしていたのですが…。

でも 今 彼の方からちょっと
アプローチがあったっていうふうにも

伺ってますが。
はい。 食事には誘われました。

それが…。 断りました?
いえ。

…って返事をしてしまいました。

随分 向こうの方も罪なことしますね。

人気商売の人っていうのはね

結局そういうふうに
追いかけてくれるぐらいにね

夢中になってもらえるぐらいに
するのが商売なんですよ。
はい。

そこのところをね
はっきりと線引きして

それで これからのいろんな人をね

また もっとすてきな人 すてきな音楽

そういったものを演奏する人も
出てくると思いますから。
はい。

はい。 だからもう 違う品物を
お探しになった方がいいですね。

いや そんな 彼はそんな
品物なんて そんな…。

音楽も もちろん
すばらしい曲を作ってますし

そのために今まで努力してたことも
たくさんありますし。

それは あなただけだと思いますか?

昔からね よくそういう人 何人も
私たくさん見てきたんですよ。

でも 一つだけ 信じてることは

そんなにファンを… 何でしょう

ファンの人を…
片っ端から食事に誘ったり

家に行って御飯食べたりするような
人ではないです。

それは片っ端からっていうのは
おかしいですよ。

はい すみません。
なんて言ったらいいのかな。

何とかして振り向かせようって
思ってらっしゃるでしょ。
はい。

無理ですね。

それよりも…

はい。

相手を大事にするのも結構だけど。
はい。

それよりね あなたをね
女性として評価して

そうやって大事にしてくれる
そういう男性だっていると思いますよ。

う~ん。

これから先?
これから先。

今のうちですよ。
はい。 う~ん。

あなたも年を取っていくわけだし。
はい。

はい。 もう随分 忘れてしまいましたが。
う~ん。

昔あるでしょ。
はい ありました。

そういう そうなれますかね?

昔のね その甘かった頃の
恋心の成立してた

男の女の関係だった
そういったことの方を思い出して下さい。

かわい子ぶったりしませんでした?

いや「あんまり かわくない」と
言われました。

過去に別れた方には

「君は ほっといても
大丈夫だからね」って…

…って言われたことがありました。

それは男にとっちゃ一番嫌なところね。

「俺がいなきゃ」って
思わせないと駄目ですよ。

そうなんです だから。

じゃあ いい勉強したじゃありませんか。

これから一生懸命かわい子ちゃんになる
勉強して下さい。
はい。

はい 今からでも
今が一番若いと思ってますので。

結構 結構。
頑張ります。

頑張って下さい。
はい。

「ルンルン」って言うのそういう時…。

「ルンルンルンルン」って。
はい。

言ってみて下さい。
ルンルン。 ふふふ 2つじゃ駄目。

あっ えっ ルン うん?
ルンルンルン? そう 3つね。

はい 3つ。
3つ言ってた。

3つ以上。
はい。

頑張って下さい。
はい。

♬~

♬~

ルンルン。
ルンルン ルンで。

はい。
3回以上。

初めてですね。
今まで2回だった気がするんですけどね。

(笑い)

今の木蓮さんには
3回以上が必要だと。 必要。

何度でもいいの。 心の赴くままに。

そうですね。
ルンルンルン。 はい。

言って頂ければと思います。
はい。

お幸せにね。
はい。

♬~