美輪明宏 愛のモヤモヤ相談室 10月[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

美輪明宏 愛のモヤモヤ相談室 10月[字]

長く続くコロナ禍、ストレスでモヤモヤしていませんか? 美輪明宏が豊富な人生経験からあなたのお悩みに寄り添います。モヤモヤをスーッとさせましょう。MC高瀬耕造

番組内容
美輪明宏(御年87歳)が相談者のモヤモヤに丁寧に耳を傾け、珠玉の言葉を紡ぐ相談室▽会社で中堅として部下を引っ張っていた男性は、部下にある注意をしたことをきっかけに関係にひびが入り修復できず、さらに上司からもとがめられ心に傷を負った。▽もう一人は経済的に裕福になったものの幸せを感じられなくなってしまったという女性。父は倒れ、娘も病気に。日々孤独を感じているという彼女に美輪が持ち掛けた提案とは?
出演者
【出演】美輪明宏,【司会】高瀬耕造

ジャンル :
福祉 – その他
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 部下
  2. クラシック
  3. モヤモヤ
  4. 仕事
  5. 彼女
  6. 冷静
  7. マドレーヌ
  8. 私自身
  9. お願いいた
  10. タイプ
  11. ナメ
  12. パニック障害
  13. ピアノ
  14. フフフフ
  15. 会社
  16. 関係
  17. 愚痴
  18. 経済的
  19. 芸術
  20. 自分

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥365 (2022/11/30 15:22:38時点 Amazon調べ-詳細)

この番組では
美輪さんに お悩みをぶつけ

そのモヤモヤをすっきりと晴らす
ヒントを頂きます。

今回もスタジオには

モヤモヤを抱えた皆さんに
お越し頂きました。

よろしくお願いいたします。

♬~

♬~

美輪さん よろしくお願いいたします。

こちらこそ よろしくお願いします。

私は今の会社に入って

中堅と呼ばれてるような
年代に さしかかって

部下を引っ張っていくような

チームリーダーというものを
まあ 務めております。

最近…

結果的には その方と
ちょっと関係性が こじれてしまって…

…ことをすごく落ち込んでいます。

クラシックさんの悩みは…

関係が こじれてしまいました。

これから先 部下を
どのように指導すればいいか

分からなくなってしまい
モヤモヤしています。

まあ 年齢的な熱量の差みたいなものは
感じながらも

ちょっと覚悟を決めて
伝えなきゃいけないなと思って…

…というようなことを
組織に指示するよう伝えました。

で その際に彼女が
私から見てなんですけれども

反省をしては いないように
見えましたので

やっぱり…

…というような 厳しいことも言いました。

まあ それで そのあと彼女は

逆に全く何も
しゃべらなくなってしまって

見かねた私の同僚が

一回 話し合わなきゃ
いけないんじゃないかということで

第三者も含めて

彼女と話し合うという場を
設けたんですけれども

その時に彼女から
言われたこととしては

まあ まず…

…ということを繰り返し言われまして

まあ 正直…

話し合いをしたものの

部下との関係を
修復できなかった クラシックさん。

結果として 上司からも
とがめられることになり

社内に居場所がなくなってしまったように
感じています。

まあ やっぱり いろんな方から
追い打ちをかけるように その…

あと…。

まあ その 私自身が…

あとは…

みんな保身の術の方が大事ですからね。

まあ 小さい…。

すいません。

一個一個は小さいんですけど…

お泣きになることはありませんよ。

冷静に お話しになって。
はい すいません。 そうですね。

過去の お話ですから
過ぎ去ったことだから

冷静に突き放して お話しになって。
そうですね。

懸命に働く先輩たちの背中を見ながら

仕事を覚えていった クラシックさん。

新人のころは仕事に対する姿勢について

厳しく叱られることもありました。

うん。 まあ 私自身
その いろんな先輩方

いろんなこと教えてもらってきて で…。

仕事をナメてるように感じますと…。
はい?

…と言われて。

はい。

私自身は とても考えることがあって

そこから反省して

時に一生懸命 精いっぱい
やっていこうと思ってました。

ただ気になるのは…

そういう ことばは…

パブリックなね…

仕事をおろそかにするっていう
言い方は分かりますけど

「ナメるな」というのは

うちの中とかで 友達だとか

そういったことで使うことばですからね。

それ よくなかったですね。

いや とっても真面目で
仕事に対して熱心で

事のね その大小は あるにしても

今いろんな所で こういうことって
起きてるんだろうなと思うんですが

部下としてのクラシックさんは

恐らく 強く こう叱っても

「頑張ります」って言って

多分 その倍の熱量で
応えてこられたんだと思うんですよね。

何か だから すごく その自分の
部下としてのクラシックさんと

上司としてのクラシックさんとで

やっぱり うまく まだ そこに
順応できてない部分があるのかなあと。

そうですね。

彼女に注意してた時に
どういう感じで どなったんですか?

大きい声で?
いや…。

いや その…。

そうです。

冷静に おっしゃったの?

確かに。

というか問題でした。

さっきから見てるとね

そういう目線が いつも
下を向いてらっしゃるのね。
はい。

こちらへ いらっしゃった時から…

そうだと思います。

目線が まっすぐに見てると
冷静に見えるんですよね。

おうちの方は 何と おっしゃってます?

何か言われたことが おありにならない?

そうですね。 いつも…

…ということは 言われました。

だから…

若い頃から
そうじゃありませんでした?

小さいことで くよくよと考える
気にしすぎのタイプ。

おっしゃるとおりだと思います。

ほんとは もしかしたら

自分自身は その…。

まず それを直しましょうよ。

そのとおりだと思います あの…。

また下を向いてらっしゃる。
フフフフ。

すいません。

やっぱり…

上の人が。

できるから与えたんでしょ?

それだけの力があるから 認められて

今の部署に就いたわけでしょ?

で 部下も できたわけでしょ?

自己主張ばっかりの

そういう部下が何かが
来たからっていって…

でしょ?

そう思います。

おこがましいですが。

その謙虚は要りませんよ。

だから デンと構えてね

すぐ お泣きになる その癖。
はい。 それをまず克服することです。

はい。

また下を向いてる。
フフフフ。

駄目ですよ。
はい。

♬~

♬~

…と いうことです。

この方は世の中に
自分一人だと思ってらっしゃるの。

ほう。

あっ この饅頭さん自身が。
そう。

この世の中は いろんなタイプの人が
いろんな生活のしかたで

いろんな とにかく収入だとか…

いろんな闘いがあるわけですよ。

それぞれをみんな…

この人は こういう生活してんだろう。

こういう悩みが おありなんだろう
と思ってると

そういうことは言えないはずですよ。

私は ふだん そういうイラッと
するようなことがあった時に

よく その何ていうの

「まあ そうだよな。 いろいろあるよな」
とかっていうふうに思って

きっと何か あったんだろう
くらいの感じに思うようにしてます。

で 今 私が
さっき言ったことは ぴったし?

いや だから あの

「あっ じゃあ その方向で
よかったんだなあ」と思って。

ピンポンで大正解だったの。
ありがとう…。

大当たり! アハハハハハ!
いえ すいません。

私が言うのも何ですけど。
さすがね 高瀬さん。

とんでもないです。

それでは 続いてのモヤモヤにまいります。

はい。 私は15年ぐらい前に
離婚いたしまして

それから娘をシングルマザーとして
育ててまいりました。

それで…

親の助けも借りながら
何とかやっておりまして

で そのあと
いろいろあったんですけども…

ほお。

ただ 私の経済的に裕福になるにつれて

ちょっと…

まあ それをきっかけに 私は会社の

父の後を継いで
経営者になったわけですけれども

入院して もう出れ… もう復帰できない
っていうような話になったので

もう頼ることができないので 何とか…。

よくなさいましたよね…。
ありがとうございます。

ただ何か 昔よく遊んでいた…

疎遠になってしまって…

それと同時に あの…。

うちの娘が大学生
今 大学生なんですけども…

で 通学も難しくなり
今 休学をしてるんですけども

「パニック障害になったし
もう生きててもしょうがない」って

「もう死にたい」っていうようなことを
口にするようになってしまいまして…。

マドレーヌさんの悩みは…

モヤモヤしています。

かつては やっぱり何でも言い合えた

話せた人たちが
周りにいたってことですか?

そうですね。 子どもも
その時は小さかったですので

育児の愚痴とか
お互いの家族の愚痴などを…。

世間話でしょ?
そうですね。

普通の世間話をする お友達には

収入のレベルが違ってくるとね

話が合わなくなりますよ。
はい。

だからね そういうものとはね

お別れしても
別に かまわないということで

別れるように
自然となってきたんですよね。

ですからね あなた昔は

経済的に ひっ迫してらしたのね。
はい。

それはね…

富士山の すそ野は
ご覧なったことあるでしょう?
はい。

森や林で木がいっぱいで
緑がフサフサとしてて

で 上へ行けば どうなります?

なくなりますよね 林が 森が。

だから今度は美しい趣味の方とかね…

そういったものを必要とする

そういう時代に
入ったんじゃないですか?

博物館とか美術館とかも見に行って

芸術に触れるようには
してるんですけども

「すごく すてきな絵ですね」とか
「おいしい食べ物ですね」っていう…

それを見るだけじゃなくて

実際に それを
おやりになれば いいじゃないですか。

自分では絵が下手なもので

とても満足いくものは
描けないんですけども。

えっと 娘は今

ものを作ったりするようなことを
してたんですけども

ちょっとパニック障害に
なってしまいまして

徐々に少しずつ回復はしてきてるようには
思えるんですけども はい。

マドレーヌさんの娘は
芸術に触れることが大好きでしたが

今では家から出ることさえ
少なくなりました。

マドレーヌさんは そんな娘を心配し
なるべく…

あまりに人が多い所は
ちょっと つらいみたいで…

だから買い物なんて行ったら

買い物やっちゃったら
それで おしまいじゃありえませんか。

フッ。

だから買い物だけじゃないの。
ええ。

何か その 創作したりね
音楽 奏でたりとか

うん。 例えば何かね
美術品 作るとか絵を描くとかね

そういう…

作り手にもなるって。
はい。

それでピアノでもいい
聴くだけじゃなくて弾き手になるって。

そうすると忙しくなるし。
そうですね。

体も動かすし。
そっか。

ただ じっと見る 聴くよりも。

そうそうそう。
ああ そうですね。

ああ~。

ああ~。

ちょっと考えたことなかったですね。

ピアノだったら連弾も できるでしょ。

ふたりで並んでピアノ弾いて
っていうこともできるし。

はい。 是非もう
今日から あしたから やろうと思います。

…って すごく納得して
やってみようと思いました。

その先に すてきな新しい出会いが
またあるかもしれませんね。

♬~

何?

いや この番組 度々その やっぱり

孤独との つきあい方というかですね
そういう…。

また下を向いてらっしゃる。

フフフフフフ。
すいません。

そのね 下を向きそうになったら

あたしの怖い顔を思い出して下さい。

忘れられませんね。

「そうだ あの鬼ばばあに
言われたんだ」って。

恐ろしい置き土産。 フフフ。

これは効果絶大ということで
よろしいかと思います。

お二人ともね 笑い顔になって
お帰りになれそうなんでね

お役に立てて よかったなあと思いますよ。

本日は どうもありがとうございました。

♬~

♬~

ようこそ! 皆さん。

世界中のパンの情報が集まる
ブレッドライブラリーへ。