林修のニッポンドリル セブンイレブン・ココイチ売上番付SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

林修のニッポンドリル セブンイレブン・ココイチ売上番付SP[字]

▼コンビニ業界の絶対的王者セブンイレブン登場!金のシリーズ&麺類&スイーツ売上番付▼1番人気のカレーが決定!国民的カレーチェーン・ココイチ売上番付

番組内容
今夜の『林修のニッポンドリル』は「セブン‐イレブン売上番付」&「ココイチ売上番付」!

「セブン‐イレブン売上番付」では、コンビニ売上ランキング絶対王者のセブン-イレブンがセブンプレミアムゴールド、麺シリーズ、スイーツのいま最も力を入れている3ジャンルの売上番付を大発表!セブン‐イレブンで最も売れている商品は果たして!?
番組内容2
「カレーハウスCoCo壱番屋売上番付」では、店舗数が国内外合わせて圧巻の1400店舗を超えるCoCo壱番屋で、1番食べられている商品をランキング形式で紹介していく。お客さんを飽きさせない多種多様のメニューを誇るCoCo壱番屋の売上ナンバーワン商品は!?

大人から子どもまで家族みんなで楽しめる『林修のニッポンドリル』を、ぜひお楽しみいただきたい。
出演者
【MC(担任)】
林修 
【副担任】
ノブ(千鳥) 
【学級委員長】
風間俊介 
【パネラー】
井森美幸 
小倉優子 
樋口日奈(乃木坂46) 
川島明(麒麟)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
武田誠司 
【プロデューサー】
大和田宇一 五十嵐元 高橋陽平 中村倫久 
【演出】
疋田雅一 
【制作協力】
ワタナベエンターテインメント ハイホーTV ほか 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 曽根
  2. カレー
  3. 川島
  4. 井森
  5. 商品
  6. 風間
  7. 海老
  8. 小原
  9. モンブラン
  10. セブン
  11. 秘密
  12. イレブン
  13. ホント
  14. 人気
  15. ノブ
  16. 角煮
  17. 小倉
  18. 樋口
  19. 食感
  20. 明太子

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



[何と…]

(風間)5兆円!?
(林)もう 国家予算じゃん。

[セブン-イレブンが

セブンプレミアムゴールドや
スイーツなど

今 最も 力を入れている 何と…]

[まずは これは…]

[金のシリーズで おなじみ
コンビニの域を超える 味と品質]

[以前 ご紹介した…]

[現在も…]

[それを除く
こちらの上位5品の中で

最も売れている商品は…]

[シチューや カレー
つけめんなどのメイン商品や

海老チリや 豚角煮といった
おかず商品まで]

[果たして この中で

売り上げナンバーワンに輝くのは
どれなのか?]

[スタジオ1位予想
番組初登場 「乃木坂46」

樋口さんと ノブさんは
金の豚角煮]

(樋口)結構…。

かなと思って。
(ノブ)僕 ホント…。

角煮が ホント…。

風間君は つけめん いきましたか。
みんな これ 食べてないっすか?

食べてないのよ。
これ…。

信じらんないの!

てなるでしょ。

へぇ~! さあ 川島さん。

海老チリもね うまいんすよ。
(川島)海老チリソース うまいですよ。

ホントに…。

チリ一点ですね。

さあ 林先生が
ビーフシチューの方で。

豚も選んでましたけど
よく考えてくださいね。

色々な欲 ある中で。
だから その時点で…。

なるほどね。
負けるんなら ビーフカレーで…。

これ 先生 あと…。

入ってるんですよね 今回は。
そうですよね。 えーっと…。

(小倉)私もね…。

紆余曲折が違いますよね。

[それでは 参りましょう]

[金シリーズのスタート時から
ある 人気商品]

(井森)最古参!?

角煮かな? カレーかな?
カレー きちゃう?

(子出藤)第5位は…。
カレー あり得るよ。

まだ 来ないで。
最初から あったよ カレー。

カレーって 早かったよね。
(風間)ハンバーグと カレーは

早かったでしょ。
シチューもあったか…。

粘って 粘って。
どうだ? つけめんじゃない。

金のビーフシチューです。
シチューだ!

林先生 終わりです。

[その当時から…]

[常に 売り上げ上位に
ランクインする 人気商品…]

これは 波乱ですよ。

[金シリーズの名を
与えられた…]

(曽根)出ました。

(子出藤)こちらの商品…。

[そう。
濃厚シチューに負けない…]

(川島)これ うまいわ。

[そんな金のビーフシチュー
実は ことしの4月に

リニューアルしているのを
ご存じだろうか?]

[より 牛肉のうま味を
引き出すため

調理方法から 見直し…]

[牛肉を あえて
ホニャララのまま 加熱している]

[果たして 牛肉のうま味を
引き出すために…]

[何と 今回 特別な許可が下り

金のビーフシチューを作る…]

[こちらが
ビーフシチューに使われる…]

[この塊肉を…]

[何やら 見たことない
調理器具に並べる]

[すると…]

[何と 並べられた牛肉は
ケースに入れられたまま…]

[実は このマシンこそ
牛肉の…]

[一般的に お肉などは
効率や コストを考え

すでに カットされた物を
仕入れることが多いが

カットされた お肉だと…]

[そこで 金の名に
恥じぬ味を生み出すため…]

[工程は増えてしまうが
その分…]

[仕上げているのだ。
さらに…]

これ…。

[そう。 もちろん
デミグラスソースにも

金の名に恥じぬ 企業秘密が]

[何と…]

[その謎を解くため…]

[金のビーフシチューが
濃厚なのは…]

[まさに 専門店が使う
デュクセルソースから

作っているから]

[それを デミグラスソースに入れ
シチューに]

[しかし 実は これで…]

[そこに足される 調味料]

[隠し味に…]

[何と…]

[そう。 金のビーフシチューは

和の調味料を
隠し味に使うことで…]

[白いお米に掛ければ 絶品…]

先生 早かった。
優勝候補でしたもんね。

[続いて…]

[生み出した あの商品]

極上歯応え… うわっ 角煮か!

(鍵村)第4位は…。
(風間)歯応えって 海老にも言う。

(川島)海老で 歯応えなんか
聞いたことないぞ!

海老で 歯応えは 聞いたことない。

歯応え… 角煮か。
(井森)角煮か 海老?

つけめん… 歯応え。
歯応え カレー?

セブンプレミアムゴールド
とみ田つけめんです。

生き残った。

[ラーメン業界
最高権威の雑誌

『TRYラーメン大賞』で
1位に輝いたこともある…]

[人気の秘密は…]

[とみ田の つけめんの顔…]

[とみ田を名乗るなら
欠かせない…]

うまそう。

(曽根)
すすったときの この…。

(曽根)すごい
クオリティーの高さですね。

[そう。 とみ田クオリティーの
もちもち つけめんが

レンジで温めるだけで…]

[その…]

(富田)そこは やっぱ…。

[あの…]

[実は セブン-イレブンには
この商品のための

専用マシンがあるという]

[何と 今回…]

[麺は 小麦粉を混ぜるところから
最後に 冷凍するまで

とどまることなく 一連で
作られているのだが…]

[とみ田の麺には
欠かせないという…]

[お分かりになるだろうか?
よく見ると 中で…]

[この蛇行こそが とみ田の
もちもち太麺に近づける

秘密の仕組み]

[とみ田の太麺に
重要なのが…]

[実は このマシンでは…]

[近づけていたのだ]

[さらに…]

[実は レンジで温めた後

麺を 水で締めると おいしく
食べることができる]

[そこにも…]

[実は…]

(鍵村)お願いします。

(鍵村)そうなんです。

(曽根)え~!

[そう。 面倒な…]

[この かゆいところに
手が届く工夫も

人気の理由の1つなのだ]

何か 切るやつね。
これ だから…。

[続いて…]

素材のうま味… 海老だ 海老だ。
いやいや 豚だ。

(風間)これ 「閉じ込めた」って
角煮でしょ。

第3位は…。
これ 角煮 角煮。 豚! 豚!

やめてぇ。
(川島)豚角煮。

やめてぇ!
(川島)まだよ。

こないで こないで!
(川島)まだ まだ。

チリだ!

金の豚角煮です。
うわ~!

そのまま 止まるパターン。
珍しい!

[レンジで温めるだけで

料亭レベルの煮込み料理を
食べられると

金シリーズの和食商品で
売り上げナンバーワンを誇る…]

[人気の秘密は 手間を
増やすことで 実現させた

たっぷり詰まった…]

[実は…]

[井森さん
10秒で お答えください]

ちょっと待って。
豚肉を煮る前に 一手間。

ゆでるVばっかり!

[果たして 豚肉を煮る前に
していることとは?]

[角煮で使われる…]

[実は 赤身が多く より
豚肉本来の味が 味わえるという]

[そして 豚肉を…]

[そう…]

[実は 金の豚角煮は…]

[そうすることで…]

[より…]

[そんな
第3位の豚角煮を使って

今回も やりまーす!]

[ギャル曽根…]

ジャン。

[そう。 金の豚角煮を使った

絶品炊き込みご飯アレンジ]

うわ~! なるほど!

これは 広がるね。

[作り方は 超簡単。 まず…]

[そう…]

[そこに 水と…]

(曽根)もう ならしたら ふた。
炊き込みます。 炊き上がったら

豚角煮を崩しながら まぜて 完成。

[炊飯したら…]
(曽根)せーの…。

(曽根)ジャーン! うわっ!

うわっ! あっ…。

[角煮の煮汁だけで
味付けした…]

これは いいわ!

角煮 すごい。 いただきまーす。

よく食べるね
きゃしゃな女の子なのに。

(曽根)うーん!

(曽根)もう ホント…。

もともと…。

(曽根)
かむたびに おいしい。 ホント…。

あれ…。

だから…。

あんなに 簡単にしてるけれども
人間 良くないなって思うのが…。

て思うんですよ。
そこまで 任せちゃう!?

[いよいよ 残るは この2品]

さあ カレーか 海老チリ。
これは きた!

川島さん 頑張ってます。
(風間)カレーに勝ったら すごい。

[それでは…]

[癖になる あの商品]

[果たして 2位は!?]

カレーも ピリ辛って言うから。
(風間)辛いかもしれないけど。

(川島)そっちでしょ? そっちの
ミスリード してるわけですね。

[セブン-イレブン 売上番付]

[金シリーズで…]

(子出藤)第2位は…。
カレーに勝ったら すごい。

(川島)カレーも ピリ辛って言う。
(風間)辛いかもしれないけど。

そっちでしょ? そっちの
ミスリード してるわけですね。

(風間)ピリ辛ってね
海老チリのもんだよ。

海老チリのための言葉だから。

あっ!

金のビーフカレーです。

えっ!? え~!?

[金シリーズが始まった
2010年から 発売される

セブンプレミアムゴールドの
看板商品]

[専門店顔負けの
食べ応えのある牛肉が

映える…]

カレーに勝つんだ。 すごいね。

(子出藤)
こちらの 金のビーフカレー…。

(子出藤)実は…。

[そう。
金のビーフカレーは…]

[レトルトのように
常温保存ではなく…]

[チルドカレーにすることで

カレーにとって
一番大切な武器を

手に入れることに]

[実は…]

[そこで…]

[まずは レトルトカレー]

[続いて 金のビーフカレー]

正解は…。

[実は…]

[一方 チルドカレーは…]

[そのため 高温で加熱すると
失われてしまう

スパイス感や
カレーの風味を…]

[さらに…]

[使われている…]

[中でも
より 香りに影響のある

コリアンダーと クミンは

煮込む前に
何やら 見慣れぬ機械の中に]

[何と…]

[この…]

[そんな
金のビーフカレーを使った…]

[簡単に さらに…]

何だろ?

ジャン!

[あれれっ? カレーと ご飯の
組み合わせって 普通では?]

[そう思った方 ご安心を!]

[ちょっとしたアレンジで
カレーライスから…]

[まずは…]

[その間に…]

(曽根)なるほどね。

[そして…]

(曽根)ここに チーズを掛けて…
チーズとカレーも 合うもんな~。

(曽根)焼き色がつくまで 10分
焼きます。 出来上がってるから

チーズが溶ければ いい感じです。

(曽根)うわっ おいしそう。

[こんがり焼けた カレーと
チーズが 食欲をそそる…]

(曽根)香ばしさの香りも
プラスされて…。

(曽根)後から 香るんですけど…。

[ということで 第1位は…]

川島さん。

[カレーや シチューなど
並み居る強豪を 押しのけ…]

[とにかく…]

[それに合わせられる
チリソースも

専門店などで使われる
この…]

[一般の豆板醤より…]

[しっかり…]

[もはや メインディッシュになる
金の海老チリソース]

[海老が プリプリな秘密]

[川島さん
10秒で お答えください]

これも 当てちゃいましょう。

パーフェクト 取ります。
え~… プリプリな秘密。

え~…。

[金シリーズならではの
こだわり]

[海老のプリプリ感を 失わないように
していることとは?]

[海老の仕入れ先…]

[こちらが セブン-イレブンの
海老を育てている…]

[水揚げされた海老は すぐさま

隣接する加工場へ]

[すると…]

[超巨大冷凍庫の中へ]

[企業秘密のため
中は お見せできないが…]

[そのため…]

[そんな
金の海老チリソースで…]

[合わせるのは 何と
さらなる 金シリーズ]

ジャン! お~!

[何と 金の海老チリソースと
金のマルゲリータを合わせた…]

[金のマルゲリータとは
世界ピッツァ選手権

2年連続 優勝した 山本シェフが
監修する 今回…]

[まずは…]

(曽根)自然解凍した ピザの上に
温めた 金の海老チリソース。

(曽根)ぜいたく!

[さらに…]

(曽根)いい香り。

[中華と洋 まさかの融合]

(曽根)うん! うん!

[手で 一枚一枚 作られる

マルゲリータの もちもちの生地と
合わせることで

海老の…]

[そんな…]

より 多くの方に
食べていただきたいので…。

[もし…]

[続いては セブン-イレブン…]

[ここ数年で…]

[その充実度から
力を入れているのを 感じる]

[これからの季節に うれしい…]

[こちら
売り上げ 上位9品の中で

最も売れているのは
どの商品か?]

[ラーメン系は 3商品]

[金シリーズでは
つけめんが ランクインした

とみ田が監修する ラーメンや

北海道の名店…]

[そして 定番のカレーうどんに

コンビニでは珍しい 二八そば]

[さらに 定番商品の多い
パスタ系を合わせた

こちらの9品で
売り上げナンバーワンの商品は

いったい どれなのか?]

[スタジオ1位予想
金のシリーズで 最下位だった

林先生は ミートソースパスタ]

これ…。

でね…。

私 かき揚げ二八そば。
そばね。

何といっても
この かき揚げ…。

書いてあるのが…。

さあ 樋口さん。
たっぷり明太子の和風パスタ。

ていうので。
(川島)焼あごだし塩ラーメン。

多い中で
これは 結構 ホントに…。

へぇ~。

一番強いじゃないですか。
しっかり 戦場に連れていける。

僕 ナポリタンにしたんですけど
やっぱ ずーっと もう…。

僕 42なんですけど もう…。

もう 何か… 何?
何か 監修の…。

[それでは 参りましょう]

[麺シリーズは 6位からの発表]

[あの商品]

食感?

(宮)第6位は…。

全部 食感 いいけど。
(井森)海老とか?

(井森)海老かな?
クリームパスタ。

海老ねぇ…。
(井森)食感のある物?

たっぷり明太子の和風パスタです。

ありゃ!? 早い! 樋口ちゃん。
嘘!

(曽根)うーん! うわっ!

[そう! 今回 リニューアルされ
何と…]

[このセンターに置かれた
山盛りの明太子の他に

実は 交ぜる前から
すでに パスタには

明太子が絡められているのを
ご存じだろうか?]

[このダブル明太子で
圧倒的存在感の明太子に…]

[確かに…]

[しかし レンジを使っても
色鮮やかなままの 明太子]

[そこには 驚きの企業秘密!]

[実は…]

[それでは ノブさーん
10秒で お答えください]

明太子が… んっ? なぜ 赤いか?

事前に。

[明太子の秘密を調べに 早速…]

[こちらが パスタに…]

[うま味を増すため 何と
7日間も熟成させた 明太子を

使っているそう]

[そして その…]

[何やら 黄色がかった
この液体を 混ぜるというのだが

実は これ…]

[そう! パスタに使われる…]

[そのため…]

[明太子が 加熱しても
白くなりづらくなるのとともに

出汁の風味で…]

[続いて…]

[あの商品]

風間君 きました。

第5位は…。
まあ そばも。

(川島)ラーメン系 全部ですね。
ラーメン系 そば。

(川島)そばですわ。
(井森)いやいや そばじゃない!

井森さんかな。

(井森)ラーメン いって! あごだし
ラーメン いってくんないかな。

海老のトマトクリームスープパスタです。

クリームだ! なるほど。

[今回のランキングでは 唯一
寒くなる季節に うれしい

スープパスタ商品]

[人気の秘密は…]

[そう。 そのまま飲んでも
おいしい…]

[しかも このスープには…]

(曽根)うん!

(曽根)ホントだ。 この…。

何だろ? 高級食材。

[早速 工場へ…]

[すると 何やら 巨大な鍋の中で
かき混ぜられている 大量の食材]

[皆さん
これが何か お分かりだろうか?]

[実は これ…]

[一番おいしくなる
5月から 7月に捕れた

北米産の
大量のオマール海老を…]

[スープを作る]

[あえて
頭だけを使うことで

海老みそが
たっぷり 溶け込んだ…]

[続いて…]

[あの商品]

味変!

第4位は…。
(小倉)ミートソース? チーズで。

ラーメンだよ すみれの。

味噌 溶くでしょ。

名探偵!
名探偵 風間。

安心しとこう。
安心して 見れるわ。

すみれ監修
にんにく唐玉味噌ラーメンです。

ナイス!

[札幌にある…]

[コラボ商品]

[お店の味を ほうふつさせる
濃厚味噌スープに

中太のちぢれ麺が よく絡む]

(曽根)すみれ!

(曽根)だって…。

[リニューアルされて
加えられた この唐玉]

(宮)これ…。

[そう! 唐辛子と
2かけら分の にんにくで

できた 唐玉を…]

[パンチの効いた…]

[続いて…]

[あの商品]

第3位は…。

だし? だしのあれかな?
(川島)そばじゃないですか。

3種類の焼あごだし。

えっ!? そんなことないよ。
3種類の塩。

そばだって。
(小倉)あ~ まだ… こないで!

(川島)あっ!

なつかしナポリタンです。
嘘でしょ!? 駄目だ。

[といった 定番食材に

香ばしいソースと
もちもちの麺が絡む

本格的な洋食屋さんの味を
再現]

[人気の秘密は…]

[というのですが…]

[早速…]

[行われていたのは…]

[そこに…]

[そして…]

[さらに マッシュルームなどの
具材を入れ

軽く 炒めた後…]

[そこに 何やら…]

[実は…]

[1回目に入れた物と違い
レンジで温めたときに

香ばしさが立つように
作られた…]

[一方 その裏では…]

[専用マシンで
もちもちになるように…]

[ケチャップが
合わせられるのだが

実は 今まで 作っていた
ソースではない]

[そう。 このナポリタンは

種類の違う 3種類のケチャップを
使っていたのだ]

[確かに 商品を見てみると

中央に ケチャップソースがあるが

麺は ケチャップで
うっすら 赤みがかっている]

[これを 食べる直前に
かき混ぜることで

パスタが
べちゃべちゃになるのを防ぎ

麺の下味を付けているため
混ぜムラもない]

[そこまで…]

[続いて…]

[何と 残り2枠に
5人が残る 大混戦!]

[果たして 第2位の商品は?]

♬~
(新垣)《いままでの柔軟剤は 着るときには

香りが変わってた》 <そうなんです>

<香り変わらず続くのは ただひとつ>

ただひとつ? <「アロマリッチ」だけ>

おんなじだ
《「アロマリッチ」》

♬~

(新津) 「バスタブクレンジング」!

≪シューーーっと まんべんなく≫

60秒後 流すだけ
(主婦)ラク~!

♬~こすらず洗える
「バスタブクレンジング」

銀イオンプラス大好評!

(宮)第2位は…。
全部 あり得るね。

(風間)そばじゃないですか?
(川島)あ~ そっか!

カレー?
(井森)カレーっぽい。

(井森)やめて。
(風間)ミートソース?

ラーメン こないで。

中華蕎麦 とみ田監修
三代目豚ラーメンです。

あ~! きちゃったか~。

[大人気店…]

[がっつり…]

[がつんとくる
こってり豚骨系の…]

[人気の秘密は…]

[まずは…]

[例えば 同じスタイルの
カレーうどんは…]

[何と この商品は…]

[チャーシューだって
こんなに…]

[そして 一番の驚きが…]

[ヒントは この こってり
ラーメンの命ともいえる あれ!]

[風間君
10秒で お答えください]

どうだ?
でも がつんとくる感じだと

思うから…。

どっちかだと思うんだよね~!
ねっ! そうね。 どっちかよね。

[いったい 何が多いのか?]

[まずは
容器に入れられる スープ]

[そこには
何やら 謎の白い物体が]

[そうこうしているうちに…]

[さらに…]

[そして…]

[にんにくと 合わせられた…]

[実は 先ほどのスープに入った
白い物体も…]

[そう。 セブン-イレブン史上

最も 背脂を入れた商品なのだ]

じゃない方だった。

背脂…。

[そんな豚ラーメンを使って…]

ジャン!

(曽根)このままが おいしいから。

[豚ラーメンに スライスチーズ

ミックスナッツ
バジルを合わせて 何と

イタリアンなラーメンに
変えるという]

[まずは…]

やり過ぎ やり過ぎ。

[温めている間に…]

[温め終わったら…]

[名付けて…]

[果たして これだけで 本当に
イタリアンになっているのか?]

(曽根)うん!

(曽根)でも そうか。
イタリアンも 結構…。

[そう!]

[背脂と一緒に…]

[チーズ バジルと合わせると

カルボナーラのような
ペペロンチーノのような

不思議なイタリアンに]

(曽根)何か…。

[残るは こちらの4品]

残ってるよ。
(井森)残ってる。

[それでは 参りましょう]

[たまらなーい商品]

専門店顔負けの香り。
何すかね?

香り…。
(井森)香り… カレー?

第1位は…。
(川島)あるよ 2連勝。

カレーじゃない?

(風間)でも 先生 ミートソース
香りするって言ってましたもんね。

あごだしの話も 誰か してほしい。

(井森)おそば! おそば!
(風間)カレー! カレー!

(川島)1回 光れ!
(井森)おそば…。

コシと風味の
かき揚げ二八そばです。

井森さんだ!
きた! おそば!

そこで取った?
(井森)取った 取った!

意味深な… 取ったど!

[見事 1位は…]

[実は 東西だけでなく…]

[かき揚げは…]

[4種類の野菜を使い

その大きなかき揚げを
崩さぬよう…]

[こだわりよう]

[そして…]

[香りのいい…]

[採用していること]

(宮)非常に…。

(宮)評判を頂いております。

(宮)これは…。

(宮)採用しているからなんです。

[いったい…]

[その鍵を握るのが こちらの…]

[マシンの この部分 実は…]

[何と…]

[そう! 実は こちら…]

[専門店のような
香りのいいそばに 仕上がるのだ]

[そして…]

[実は より お店クオリティーに
近づけるため

容器を 大々的に リニューアル]

これ でも…。

はい。

正解ですか? やった~!

[実は…]

[レンジで温めることで
スープになっていたのだが

これでは
こだわって 作った…]

[そこで 現在では…]

[本来 そばなどは
店内で調理する場合

温めたスープに…]

[この…]

[お店と同じ…]

風間君のカレーうどん どうなった?
何位なんですか? カレーうどん。

圏外ってことか!

これが入ってないんだね。
ミートソースも入ってなかったし

カレーうどんも入ってなかった。
(川島)あごだし塩ラーメンも

発表されてないんですけど…。

しょうがないですね これは。

[続いては セブン-イレブン…]

スイーツね!
おいしいからね。

[今や…]

[セブン-イレブンでは
洋菓子と 和菓子を合わせて

現在 何と 20種類以上を展開]

[こちらが
スイーツの売り上げ 上位10品]

[一口で 濃厚な味が楽しめる
カップスイーツ系や

老若男女に人気の
和菓子系スイーツ]

[さらに セブン-イレブン
定番スイーツまで]

[果たして
売り上げナンバーワンは

どれなのか!?]

[スタジオ1位予想
一番人気は 井森さん

乃木坂46 樋口さんが選んだ
クラシックチーズケーキ]

こん中で やっぱりね
クラシックチーズケーキって…。

ここで まさに
データは出てますね。

絶対 幅広く…。

「コラボだもんね~」
じゃないんですよ。

兼務しようかなと思って。

きついんだよ。

そうなのよ!
(小倉)カスタードエクレア。

この前 関西の番組に
出させていただいたときに

東野さんと 黒田さんが…。

「セブン-イレブンのエクレア 大好き」
っていう話をしていて。

て言うてたんですか。
シュー・ア・ラ・クレーム。

シュークリームね。

選択肢が…。

私は もう これは…。

(川島)あっ そう!?
もう ホント…。

この番組の?

テレビ埼玉の。

誰が 800円や!
どらやきマリトッツォ。

マリトッツォって 今 はやってるやつね。
クリーム いっぱい 入ってるやつ。

怖がる!?

何か その…。

イタリア栗の
なめらかモンブラン!

すごい勢いやなぁ。

問題は。

他 あります?

[それでは 参りましょう]

[スイーツは 6位からの発表]

[あの商品]

優しい食感は…。
優しい食感は 豆大福です。

え~!? でも…。

(重信)第6位は…。
(樋口)杏仁 おいしいですよね。

(小倉)
おいしい。 ホント とろけるの。

誰も プリン 選んでないんだよね。
ホントだ! プリンも選んでない。

プリン。
そうか。 プリン 選んでない。

チョコバナナクレープです。

バナナクレープ。
これ 6位。

[もっちりとした食感の
クレープ生地の中に…]

[そして 大きく カットされた
バナナを包み込んだ

第6位…]

[人気の秘密は?]

(曽根)これ…。

[そう!
優しく包んだクレープに

どこから食べても…]

[口いっぱいに広がるのが
このスイーツのすごさ]

[そこには 驚きの企業秘密!]

[実は…]

[その秘密を調べるため 早速…]

[中に入り…]

[回転する…]

[ドラム部分が
高温になっており…]

[何と 1時間で
およそ1, 300枚もの

クレープが 焼けるというのだ]

(従業員)はい こちらです。
[そして いよいよ…]

[こちらで 行われているのは…]

[チョコレートや バナナを載せ

覆いかぶさるように盛られる
生クリーム]

[こちらの工場では
1日 およそ1万個も

作っているというが…]

[流れてくるクレープ]

[それを 何と 手包みしていた]

嘘やん!?

[そう!
チョコバナナクレープの…]

[最後に…]

[この工程を…]

[行っていたのだ]

[どこから食べても…]

[スイーツ]

[手作業だからこそ できる

丁寧に バランスを整えて
包む工程]

[そのこだわりが
優しいクレープを

生み出していたのだ]

[続いて…]

[あの商品]

歯切れの良さ?

第5位は…。
(川島)歯切れ… 豆大福や。

いや マリトッツォもあるよ。
大福 大福。

(井森)歯切れ…。
歯切れは… やめて。

(井森)シュークリームとか?
意外なとこで。

こだわりチョコの
カスタードエクレアです。

エクレアだ!
きちゃったか エクレア。

黒田さんが
「おいしい」って言ってた。

[口溶け…]

[チョコレートは…]

(重信)しております。
(曽根)へぇ~!

[そう!
このエクレアが 最も…]

[それを生み出す
企業秘密のマシンがあるという]

[早速 その…]

[すると 出迎えてくれた…]

[このマシン 実は…]

[まだ ペースト状のシュー生地を
エクレアの形になる…]

[何と…]

[作っているという]

[そして…]

[そう。
歯切れの良い生地を生む…]

[今回 特別に…]

[そこには…]

[何と これ…]

[長さ…]

[なぜ
こんなに でかいのか?]

(従業員)焼き上げることで…。

[そう!
この15mの長さは…]

[まだ…]

[オーブンの中へ]

[2段階目は 温度を上げ…]

[そして…]

[仕上げる]

[このように…]

[そして 続いては…]

[皆さん お待ちかね]

(風間)チョコ。
(樋口・ノブ)うわ~!

[大人も楽しめる
カカオ風味が…]

[計算された工程を経て
作られたからこその

おいしさだったのだ]

[続いて…]

素材から?

第4位は…。
(川島)イタリア栗やな。

(井森)プリンとか?
(川島)寒天は? 寒天とか。

(井森)何だろう? 素材。
(川島)杏仁豆腐。

杏仁豆腐ね。
あれっ? チーズケーキ。

クラシックチーズケーキです。
(井森)うわ~!

あれっ? 嘘!?

[流し込み オーブンで…]

[実は…]

[パッケージに書かれているという
おいしさの秘密が…]

(重信)そちらになります。
(曽根)見たことあったけど 私…。

[なじみがない…]

[実は セブン-イレブンが
開発から参加した

ホニャララのブランド名]

パティシエールってことは
この…。

正解です。
(曽根)当たった。

[そう! セブン-イレブンでは
スイーツには 邪魔な…]

[逆に コクを増すことに
成功した

スイーツ専用の卵の開発まで
行っていたのだ]

[さらに…]

普通のチーズケーキより 変えてることが
あるんですけれども

何を変えているか 分かりますか?

(曽根)何だろう? でも もう…。

(重信)そうなんです。 実は
チーズの割合を 変えています。

[この商品の割合は 何と…]

[そして このチーズケーキを
ワンランクアップさせる

おいしい食べ方があるという]

[まずは クラシックチーズケーキに
付いている…]

(曽根)トースターに入れて

焼き目がつくまで 温める。

(曽根)そうか。 こうやって…。

焼けました!

(曽根)うわっ! うわ~!

[焼くだけという
超簡単アレンジ…]

(曽根)スプーン 入れた感じが…。

おいしい! もうね…。

(曽根)で やっぱり…。

(曽根)後から 香って ちょっと…。

[続いて…]

[作られる あの商品]

どらやきマリトッツォ。
どらやきマリトッツォっすね。

第3位は…。

でも 全部 手間かかってますよ。
(樋口)プリンかな? 何だろ?

そっか。 モンブランも。
モンブランじゃないっすか!?

最後のこれとか 手間かかりそう。
(井森)見た目も凝ってるし モンブラン。

きた! 先生。

えっ!?

イタリア栗の
なめらかモンブランです。

モンブランだ!

[イタリア栗を使った
濃厚な…]

[甘さ控えめの…]

[その…]

[一気に楽しめる…]

(曽根)これ すごい…。

[そう!
このモンブランの特長は…]

[カップケーキにしたことで
味わいが違う

マロンペーストと
マロンクリームが…]

[しかし カップケーキで
この複雑な層を作り出すのには

驚きの企業努力が!]

[実は モンブランを作るため
ホニャララで作っている]

[その秘密を解き明かすため…]

[すると…]

え~!

♬~

♬~

<私たちは グループの総力をあげて

「SOMPO認知症サポートプログラム」に
取り組んでいます>

<SOMPOホールディングス>

[層が美しい セブン-イレブンのモンブラン。
謎の作り方を 調査!]

[すると…]

(従業員)ここでーす。

[中には ずらっと…]

え~!

[しかも…]

[流れるカップに
それぞれ 順番に

上から 重ねるように
何かを入れている]

[よく見ると カップに…]

[その上に…]

[さらに…]

[モンブランを作るのに…]

嘘でしょ?

[何と…]

[人の…]

[そのモンブランを…]

[イタリア栗の
なめらかモンブランが…]

ジャン! えっ!?

そういうこと?

[イタリア栗のなめらかモンブランに

食パンと バターを合わせた
アレンジレシピ]

[まずは…]

[そして…]

(曽根)イタリア栗のモンブランを
カップのまま スプーンで

クリーム状になるまで 混ぜる!?

(曽根)で 焼いたパンの上に
たっぷり 載せる。

(曽根)
たっぷり 載せよう こうなったら。

うーわっ!

[まさかの
モンブランを ペーストに]

こりゃ うまいわ。

うわ~!

(曽根)めっちゃ おいしい!
しっかり モンブランの…。

(曽根)
これも また おいしいですね。

[そして 風間君には
このトーストに使われている

パンに関する要望が
あるそうで…]

僕…。

(風間)いっそのこと オーブン
置いてくれないかなっていう。

レジの後ろにね。
これ ちょっと…。

[セブン-イレブンさん…]

[続いて…]

これでしょ!?

どらやきマリトッツォでしょ。
2位か。

第2位は…。

ド定番が アップグレード。 ホントだ!
ここまできたら 2位でもいいよ。

シュークリームもありますよ。
(小倉)シュー・ア・ラ・クレームじゃないかな。

シュークリーム
確かに 包装も変わってるもん。

シュークリームだ!

マリトッツォか!?

どらやきマリトッツォです。
あ~ 2位か!

[イタリア生まれの
伝統的な菓子 マリトッツォを

セブン-イレブン
伝統の和菓子…]

[どらやきの餡は そのままに

あふれんばかりのクリームを
閉じ込める]

[これも…]

[そして
2位に ランクインした…]

[実は…]

(曽根)一見 このクリームが
すごい たっぷり入ってて…。

(曽根)これ あれですか?

正解です。

実は…。

(重信)北海道の 十勝産小豆を
使用しているんですけれども

小豆自体に 甘味があるので
砂糖を 控えめにしても…。

[そう! 意外にも
見た目ほど 重くなく…]

[その絶妙なバランスが…]

[スタジオ1位予想で
まだ 出ていないのは

林先生と ノブさんが選んだ
2商品]

[それでは…]

[手に入れた あの商品]

食感!?
驚きの食感。

[果たして 1位は
林先生か? それとも ノブか?]

ノブさん
ギャラ 賭けてますからね。

ヤバい!
どっち?

あっ… 大福だ。 ちょっと待って。

誰か プリン 買い足した方が…。
買い足し 駄目ですよ。

ノブさん
ギャラ 賭けてますからね。

ヤバい!
どっち?

あっ… 大福だ 絶対。

あれっ? ちょっと待って。
大福に もう1回 こい!

シュー・ア・ラ・クレームです。

[卵のコクと 風味を
感じられる…]

(曽根)うわ~!

(重信)こちら…。

(重信)することで おいしく
召し上がっていただけるように…。

[そう!
今回のリニューアルで…]

[実は
生地に ホニャララを加え

香ばしさと 従来の
シュークリームにはない食感を

手に入れたという]

[いったい 何を加えたのか?]

[それでは…]

うん!

[続いて…]

(風間)見なきゃいけないんですか。

はいはいはい! 違う!

何かね…。

(川島)豆!?

ホンマに…。

[果たして…]

[まず ベースとなる
シュー生地が焼かれ…]

(従業員)こちらでーす。

[何やら 四角い物体を
載せている]

[そして よく見ると…]

[これは
いったい 何かというと…]

(従業員)実は…。

[そう! 正解は…]

[クラッシュアーモンド入りの
生地を載せ 焼くことで

焼いたときに…]

[残った…]

[生地に…]

[シュー・ア・ラ・クレームを
使った…]

[フルーツを使った
シュークリームが…]

[まずは…]

[それを…]

(曽根)あ~! うわっ!

(曽根)見て!

あ~!

[そう! 温かいカスタードクリームを
付けて 食べる…]

[そのお味は?]

(曽根)おいしそう。 いただきます。

これ…。

(曽根)子供の…。

豆は?

豆大福 そうだ!

え~!

いや 全じゃない!

[続いては…]

[店舗数は
国内外 合わせて 圧巻の…]

[何と カレーチェーンでは

世界最多店舗数として
ギネス世界記録にも 認定]

そんなに あるんですね。 すごい!

[客を飽きさせない 多種多様の
メニューを誇る ココイチ]

[果たして
一番食べられているのは?]

[売り上げ 上位10品が こちら]

[ロースカツや メンチカツなどの
揚げ物系のカレーや

ジューシーな味わいが 魅力の
チキン系カレー]

[魚介や 野菜など

素材の味が溶け込んだ
カレーなど]

[果たして この中で

売り上げナンバーワンは
どれなのか?]

[スタジオ1位予想
ノブさんと 樋口さんは

本日 2度目 チキンカツカレーで
同じ物を選択]

よく かぶるな~。

樋口さん ありがとうございます。

ホント。
あの~…。

だから ちょっとでも…。

(井森)私は ロースカツカレー。
やっぱり 行ったらね…。

絶対 そう!

林先生は?
ロースカツカレー。

ここが割れなければ…。

やさいカレー!

なかなか 難しい!
これって…。

そうなると…。

最後 もしかしたら
とんかつも 頼むかもしれない。

足していくかもしれないけど
取りあえず まず…。

豚しゃぶカレー。
あ~ いいですねぇ。 うまいのよ。

これ 人気10位ですよね?
ベスト10なんですよね?

俺 思ってなかったから。

武田の騎馬隊みたいでしょ。

攻撃力しか ないじゃない。
すごいじゃないですか。

ていうことは…。

豚しゃぶカレー。
こっから チーズ 入れたり

トッピングできるんで。

めちゃくちゃ 好きです。
劇場の合間も もう 昔から…。

あっ! 今日…。

思うぐらい 毎回ですよね。

[それでは 参りましょう]

[あふれ出す…]

あふれ出す…。

お肉…。
あっ!

(小原)第5位は…。

あふれ出すやから…
中からやから メンチカツ。

ロースは そんなに あふれ出ない。
(川島)ビーフカツもあるのか。

ビーフカツもありますね。
えっ? えっ? やめて! ヤダ!

手仕込とんかつ。
パリパリチキン。

(小原)パリパリチキンカレーです。
(風間)あふれ出した!

[高温で揚げた
ジューシーな一枚肉の

パリパリ鶏肉の食感が
たまらない!]

あ~! うまいね!

[実は このカレーに
多くの…]

[大人気芸人
かまいたち 山内も

大好物と 公言]

[その人気の秘密を
調査するのは…]

(りゅうちぇる)あっ!

[多くの芸能人を
とりこにする…]

(りゅうちぇる)この…。

(りゅうちぇる)軟らかさ…。

[そう。 肉汁たっぷり
ジューシーチキン!]

[それを際立たせる
ルーとの相性が 抜群!]

[そして…]

ホントに おいしいな。

もうええねん。

いいね! こんな…。

じゃあ 食べてみ~! ほらっ!

ノブさん!

[そして パリパリチキンを
引き立てる この…]

見てください。 これ…。

[そう!
サラサラなのに しっかりと…]

[このサラサラソースで
どうやって 肉のうま味を

出しているのか?]

[そこで 特別許可を得て

カレーソース工場に 潜入調査!]

[中に入ると…]

[豚肉を 引っかき始めた]

[表面が あっという間に…]

[なぜ こんなことを?]

[これは サラサラソースへの…]

[作業]

[4時間かけて
丁寧に お手入れしているという]

[そして 豚肉は
ベルトコンベヤーに載せられ…]

[さらに 細かく
一口サイズにすると…]

[この後…]

[そこにあったのは
ずらーりと並ぶ…]

[深さが
2mほどある釜に

カットした豚肉を入れ

野菜などを加えて
スイッチを オン!]

[実は この羽根
かき混ぜる以外にも…]

(川添)ここが…。

[そう! かき混ぜる羽根が
斜めに 取り付けられているのが

分かるだろうか?]

[実は 羽根を
垂直に取り付けた場合

外側は よく混ざるが

中心部分は
対流が起きにくく

うまく 混ざらない]

[角度を
60度にすることによって

鍋の中 全体を 満遍なく
かき混ぜられるというのだ]

[そして この羽根で
混ぜながら 煮込むこと 何と…]

[豚肉が カレーに溶け込み

肉のうま味 たっぷりの
サラサラソースとなるのだ]

[続いて…]

[あのカレー]

トロトロ?

(小原)第4位は…。
チキンにこみかな?

チキンか 豚しゃぶ?
豚しゃぶね。

いや チキンにこみ
いってほしいな ここ。

チキンにこみ!
どうだ? 海の幸も トロトロか。

(小原)豚しゃぶカレーです。
早い!

[トロトロになるまで
煮込まれた 絶品豚肉と

タマネギ]

[第4位!]

[人気の秘密は…]

[使うことで
肉系カレーなのに

さっぱり 食べられる!
ということで…]

そういえば…。

うわっ きた!

あーん。 あーん。

読まれてる!

今 時期…。

そう。

そんな…。

[実は…]

[という 食べ方があるという]

[ココイチマニア
スパイシー丸山が教えてくれた

そのレシピが…]

[1つ目は
隠れた人気トッピング 納豆]

[そこに
何と オクラ山芋を加え

ネバネバ感を プラス!]

(りゅうちぇる)うわ~!

[そして 最後に加えるのが
何と クリームコロッケ]

[納豆 オクラ山芋の
ネバネバ感と

クリームコロッケの
トロトロ感が

絶妙だというが…]

何ていうんだろう? この…。

えっ?

何か…。

僕はですよ!? 僕は…。

正直やなぁ。

(川島)いいよ!

正直ですよね。
だから…。

[さあ 続いては ベスト3!]

リニューアル?
リニューアル…。

[果たして 第3位は!?]

ロースカツカレー あるんじゃないですか?
(小倉)そろそろ 揚げ物が…。

(川島)揚げもん 出る。 揚げもん。
(井森)やめて! ヤダ 怖い!

[果たして
リニューアルしたカレーは…]

ロースカツカレー あるんじゃないですか?
(小倉)そろそろ 揚げ物が…。

(川島)揚げもん 出る。 揚げもん。
(井森)ビーフカツカレー。

(井森)チキン。
こんな 目立つやつじゃない。

メンチカツだ… あっ! 海の幸だ。

(小原)海の幸カレーです。
ありゃ!?

海の幸。
(井森)「やった」?

[魚介たっぷり…]

[もともと あった シーフードカレーが
2013年に リニューアル!]

[具材を見直し
人気が上昇した

海の幸カレー]

(りゅうちぇる)
おいしい。 しかも…。

[そう。 イカだけ見ても

切り身から リング状にするなど
具材を大きくし

シーフード感を アップ!]

[そんな小まめな工夫を
大事にする ココイチ]

[実は カレーは
あつあつが おいしいと

ホニャララして 提供している]

[カレーが冷めないための
細やかな配慮だというが

ノブさん
10秒で お答えください]

あつあつ?
温め直す? 温め直してる?

何回 言うてるの!?

[早速 答えを探しに…]

[すると…]

(りゅうちぇる)1発目だ。

(りゅうちぇる)あったかい。

(りゅうちぇる)あっ! 入ってた!

[そう…]

[中に ヒーターが付いており

皿の温度が
40℃以上になるよう 設定]

[食べ終わりまで
冷めにくくしてくれていたのだ]

(小原)挟むぞっていう。
(りゅうちぇる)挟むぞ なくない?

(りゅうちぇる)何だろう?

[通常のトングとは違い…]

[実は ココイチのカレー作りに
おいて なくてはならない…]

[では 井森さんに
超難問クイズ]

[このトング
どうやって 使うのでしょうか?]

[10秒以内に お答えください]
(井森)ちょっと待って。

何か つまむもんじゃないよね。
あの丸の所に…。

型抜きっぽいから

キュウリの…。

あんな ちっちゃい!?

[早速 使い方を
見せてもらうと…]

(小原)こちら…。

(小原)こんな感じで 届くんですが
こちらのポットに移す際に

こちらが 大事な役割を担います。
(りゅうちぇる)そうなんだ。

(小原)絞り出すと。

(樋口)そうやって 使うんだ!
(井森)なるほど。

[正解は…]

[わざわざ…]

[続いて…]

あかん。 これは あかん。
世界3カ国?

(小原)第2位は…。

(小倉)そろそろ 揚げ物が…。
(川島)チキンカツ。

意外と やさい きちゃったりして。
(風間)やさい 王道だと思うけど。

やさいね…。
やめて! ヤダ! 怖い! カツ系?

チキン。

あ~! チキン やめて!

(小原)チキンカツカレーです。
あ~!

[サクサクの衣の中に
チキンのうま味を閉じ込めた

ボリューミーなのに
あっさりとした味わい…]

[毎月 何と
1店舗平均 400食も売れ

アメリカ イギリス
インドのココイチでは…]

[そして ココイチの
カツ系メニューの中に

今 大注目の商品]

[それが…]

[惜しくも トップ5圏外]

(りゅうちぇる)おいしい!

(りゅうちぇる)とんかつの…。

[手仕込とんかつカレーは
その名のとおり 一つ一つ…]

[そして その揚げたてを より
おいしく 楽しんでもらうため

専用のホニャララまで
開発したというのだが…]

[それでは 川島さん
10秒で お答えください]

おいしく 食べるための専用。
とんかつの相棒。

とんかつの相棒って 誰だ?

何だい?

(小原)こちらはですね…。

[そう。
手仕込シリーズのために

専用のソースを 開発した]

持ち帰りでも 付いてくるね。
そうなんすか!?

[トマトや タマネギなどの
野菜が入った

コクのある甘味が 特徴の…]

[皆さんも ぜひ お試しあれ]

[と ここで…]

[と 来ていますが
いかがでしょうか?]

(小原)また…。

(小原)ぜひ ご利用ください。

[ココイチ売上番付も
いよいよ 第1位!]

[スタジオメンバーが選んだ中で
まだ 出ていないのは

この2商品]

[それでは 堂々の…]

(川島)どっちかちゃう?
(風間)カツもある 創業から。

(小原)第1位は…。

[ナンバーワンカレーは
果たして!?]

ビーフとか くるのかな?
(小倉)ロースか やさいかな?

[ココイチ ナンバーワンカレーは
ロースカツカレー?]

[それとも やさいカレー?]

(小原)第1位は…。
(井森)どうだ?

手仕込が 6位やったからね。
ビーフとか くるのかな?

やさい。
(小倉)ロースか やさいかな?

ロースか やさいか。
どっちかやろうね。

全然 駄目だ。
はい どうだ?

ロース きた。

(小原)ロースカツカレーです。
(井森)うわっ きた!

やっぱ そうなんだ。

(りゅうちぇる)
うーん! うーん!

(りゅうちぇる)
食べた瞬間の この…。

(りゅうちぇる)でも…。

[そう。 ココイチの
ロースカツカレーは

カツカレー特有の…]

[実は
衣を 油っぽくしないために

パン粉の付け方に
ある企業秘密が!]

[風間君
10秒で お答えください]

油っぽくならないように
パン粉を…。

そんな… 人間ではできない!?
分かんないよ。

(井森)頑張って。

[早速 愛知県にある工場に
潜入調査!]

[中に入ると…]

選別?
(川島)まず それが すごい。

[レーンに載せられた
ロース肉は

小麦粉 卵などを混ぜた
衣をまとい

いよいよ パン粉を付ける工程へ]

[そこには…]

[実は このパン粉は…]

[生パン粉]

[カレーと合わさっても
サクサク感が失われないよう

何度も 改良を重ねた…]

[そして ここから
ロース肉に付いた

余分なパン粉を
落としていくのだが

果たして…]

[速過ぎて 何が起きているのか
分からないので

スローで ご覧いただこう]

[そう。 強風で
余分な衣を 一気に吹き飛ばし

油っこくならないよう…]

[こうして…]

[届けられ…]

[生まれるのだ]

最近 困ってるのが 川島さんが…。

だいたい…。

て誘ってくれるんすよ。

ルミネは…。